見放題で視聴


ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

向田邦子 ドラマの小箱(久世光彦編)

向田邦子ドラマを手がけたプロデューサー・久世光彦へのインタビュー番組。ドラマ制作当時の裏話などを語る。

2011年08月26日 配信開始

各話一覧

向田邦子 ドラマの小箱(久世光彦編)

216ポイント 購入する

向田邦子 ドラマの小箱(久世光彦編)

216ポイント 8日間 31:40

#1「寺内貫太郎一家 配役エピソード」・・・当時音楽家として既に名を馳せていた小林亜星を大抜擢。久世のオファーに応え、長髪をばっさりカットし坊主頭になった亜星の潔さ。 #2「大切にした""ことば""」・・・向田の脚本にしばしば登場する「辛抱」「料簡」「冥利」など、現在では死語と呼ばれる""ことば""をあえて大事にした彼女の想い。 #3「テレビドラマ演出術」・・・配役から始まる演出だが、俳優・女優には手の内をわざと見せないで、混ざり合った上での完成度を目指す。 #4「同じ時代に生きて」・・・2つの世界大戦の狭間に生きた久世の世代、視聴者と茶の間を結ぶ受け渡しとしてホームドラマがあった。 #5「時代を彩ってきたドラマ群」・・・時間ですよ、寺内貫太郎一家、ムーなどのテレビドラマと自分史とを照らし合わせる視聴者たち。 #6「初めに人間ありき」・・・""役を演じる""というより""役を生きる""ことが大事なので、役者のアップは撮らない。殴られた者の痛みと、殴った者の心の痛みを両方表現する。

詳細

キャスト

製作年 2002年 製作国   日本

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001