見放題で視聴


ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

ピュア・ラブIII

小学校教師と禅宗の雲水(修行僧)のストイックな恋を描く。
出演は小田茜、篠田三郎、石倉三郎、猪野学ら。(MBS製作)

2012年02月24日 配信開始

お得なまとめ買い

#1~#40

4320ポイント 購入する
50%
OFF

#1~#40

8,640ポイント 4,320ポイント 50%OFF 30日間
  • #1
  • #2
  • #3
  • #4
  • #5
  • #6
  • #7
  • #8
  • #9
  • #10
  • #11
  • #12
  • #13
  • #14
  • #15
  • #16
  • #17
  • #18
  • #19
  • #20
  • #21
  • #22
  • #23
  • #24
  • #25
  • #26
  • #27
  • #28
  • #29
  • #30
  • #31
  • #32
  • #33
  • #34
  • #35
  • #36
  • #37
  • #38
  • #39
  • #40

#1~#20

2700ポイント 購入する
38%
OFF

#1~#20

4,320ポイント 2,700ポイント 38%OFF 30日間
  • #1
  • #2
  • #3
  • #4
  • #5
  • #6
  • #7
  • #8
  • #9
  • #10
  • #11
  • #12
  • #13
  • #14
  • #15
  • #16
  • #17
  • #18
  • #19
  • #20

#21~#40

2700ポイント 購入する
38%
OFF

#21~#40

4,320ポイント 2,700ポイント 38%OFF 30日間
  • #21
  • #22
  • #23
  • #24
  • #25
  • #26
  • #27
  • #28
  • #29
  • #30
  • #31
  • #32
  • #33
  • #34
  • #35
  • #36
  • #37
  • #38
  • #39
  • #40

各話一覧

並び順

#1

216ポイント 購入する

#1

216ポイント 8日間 23:40

運命的な出逢いをした小学校の教師・木里子(小田茜)と禅宗の修行僧・陽春(猪野学)。白血病に侵された木里子に、陽春が2度ドナー(骨髄提供者)になったことで、2人の愛はいっそう深まっていった。再移植を受けた木里子の経過は良好で、父の周作(篠田三郎)は、担当医の白井(石倉三郎)から「再々発の危険性は低い」と聞き、ほっとしていた。その頃、木里子は陽春と、かねてからの約束通りイルカを一緒に見に行き、初めて食事を共にする。

詳細

#2

216ポイント 購入する

#2

216ポイント 8日間 23:40

陽春(猪野学)は、木里子(小田茜)が再々発した時にドナーになれるよう、龍雲寺の副住職になることを決意した。しかし、木里子に余計な心配をかけまいとその話を切り出せない。木里子は、頻繁に会えない陽春にと、ふだん身に付ける「環(かん)」を贈り、古いものと交換する。そして、木里子は学校に復帰。裕太(窪田翔太)やルナ(樋井明日香)たちクラスの生徒は、くす玉を作って彼女を温かく迎える。

詳細

#3

216ポイント 購入する

#3

216ポイント 8日間 23:40

陽春(猪野学)が龍雲寺に帰山した。しかし、その事をまだ知らない木里子(小田茜)は、検査に行った病院で陽春と同じ末梢血幹細胞移植のドナーが亡くなったことを知り、陽春を心配する。忍(尾崎麿基)は裕太(窪田翔太)を桐華大付属中学に受験させようと思っていたが、あまりの学費の高さに驚く。

詳細

#4

216ポイント 購入する

#4

216ポイント 8日間 23:40

木里子(小田茜)は周作(篠田三郎)に亡くなったドナーのことを聞いてみるが、周作も初めて聞く話だった。一方、桐華大付属中学を目指していたルナ(樋井明日香)は、母親の店が潰れて借金が残り、付属中学には行けなくなった。悔しがるルナを、木里子がやさしく慰める。

詳細

#5

216ポイント 購入する

#5

216ポイント 8日間 23:40

学費を心配する忍(尾崎麿基)に、裕太(窪田翔太)は「桐華大付属へは行かない」といい、忍は涙ぐむ。日曜日、木里子(小田茜)と典美(今村雅美)は、「かたつむり」で佐竹(林泰文)・基生(土肥徹平)親子に出会い、基生のベビーシッターとして友人を紹介することに。そんなある日、陽春(猪野学)が龍雲寺に戻っていることを忍から聞いた木里子は、陽春の身に何か起こったのではないかと、龍雲寺へ走る。

詳細

#6

216ポイント 購入する

#6

216ポイント 8日間 23:40

陽春(猪野学)が、龍雲寺に戻って来たことを知った木里子(小田茜)は、理由を聞くため急いで寺を訪れた。あいにく陽春は留守で、宗達(川津祐介)は「直接聞いたほうがいい」という。数日後、陽春から「副住職になった」という手紙が届くが、詳しい経緯は書かれておらず、木里子の気持ちは晴れない。その頃、龍雲寺に、みつる(楊原京子)という若い女性が訪ねて来て・・・。

詳細

#7

216ポイント 購入する

#7

216ポイント 8日間 23:40

みつる(楊原京子)は、桃林寺の娘で宗達(川津祐介)や陽春(猪野学)とは顔見知り。陽春が副住職になったお祝いにやって来たという。一方、周作(篠田三郎)と菊乃(高田敏江)も、陽春が戻って来たことを知る。木里子(小田茜)と陽春の結婚を夢見る菊乃。そんな菊乃を、周作は複雑な心境で見つめていた。

詳細

#8

216ポイント 購入する

#8

216ポイント 8日間 23:40

「かたつむり」に、忍(尾崎麿基)の妹・ちづる(みやなおこ)と婚約者・真(福田賢二)がやって来た。南伊豆の旅館で働くことになった2人は結婚を決意し、娘・麻友(高屋未来)を引き取りに来たのだった。忍は「龍雲寺へ行って両親の墓に報告し、宗達(川津祐介)にも挨拶をすること」を条件に、結婚を承諾する。

詳細

#9

216ポイント 購入する

#9

216ポイント 8日間 23:40

ちづる(みやなおこ)と真(福田賢二)は、宗達(川津祐介)や麻生家へ結婚の挨拶に訪れた後、麻友(高屋未来)と一緒に旅立っていく。一方、木里子(小田茜)は仕事帰りに「かたつむり」に立ち寄った。そこで、忍(尾崎麿基)から「本山で行われる垂示式が終わったら必ず会いに行く」という陽春(猪野学)の伝言を聞く。

詳細

#10

216ポイント 購入する

#10

216ポイント 8日間 23:40

宗達(川津祐介)の薬を届けるために龍雲寺を訪れた木里子(小田茜)は、寺を手伝いに来ていたみつる(楊原京子)と初めて会う。そして、木里子はみつるの挑むような視線を感じる。そのことを伸隆(辻内将人)から聞いた陽春(猪野学)は、木里子がみつるをどう思うのか気にかかる。

詳細

#11

216ポイント 購入する

#11

216ポイント 8日間 23:40

戸ノ山(楠見薫)は、恋こがれている周作(篠田三郎)と食事に行く約束をして上機嫌。そんな中、雲水から和尚となる垂示式を終えた陽春(猪野学)が、木里子(小田茜)の家を訪れた。そして、お土産のイルカのブローチを木里子にプレゼントするが・・・。

詳細

#12

216ポイント 購入する

#12

216ポイント 8日間 23:40

忍(尾崎麿基)と裕太(窪田翔太)のところへ、真(福田賢二)からの葉書が届く。「ちづる(みやなおこ)の息切れが激しく、病気にかかっている」と言うのだ。一方、周作(篠田三郎)は、陽春(猪野学)の副住職就任のお祝いを龍雲寺に届けに行き、みつる(楊原京子)と対面。みつるはたびたび寺を訪れるようになっていた。

詳細

#13

216ポイント 購入する

#13

216ポイント 8日間 23:40

龍雲寺をたびたび訪れるようになったみつる(楊原京子)。陽春(猪野学)はあまり快く思っていなかったが、彼女のひたむきな気持ちをいじらしく思うようになっていく。一方、佐竹(林泰文)と典美(今村雅美)は「かたつむり」でデートをして、話が弾むようになる。

詳細

#14

216ポイント 購入する

#14

216ポイント 8日間 23:40

戸ノ山(楠見薫)は、周作(篠田三郎)たちと行った横浜の余韻を楽しみ、いつしか周作との生活を夢見るようになっていた。そんな中、木里子(小田茜)が陽春(猪野学)の副住職就任祝いとして注文していた環(かん)が出来上がる。木里子はその環を届けに行くが、陽春が席をはずしている時に現れたみつる(楊原京子)の胸元には、木里子と同じブローチが・・・。

詳細

#15

216ポイント 購入する

#15

216ポイント 8日間 23:40

宗達(川津祐介)は、陽春(猪野学)と木里子(小田茜)、みつる(楊原京子)に、「幸せは人と競争して求めるものではない」と話す。それは陽春を巡ってライバル意識を燃やす木里子とみつるを諭すものだった。一方、忍(尾崎麿基)のところに真(福田賢二)からの手紙が再び届いた。ちづる(みやなおこ)が肺気腫に罹っているらしいと聞いた忍は、呼吸器が専門の周作(篠田三郎)に相談をしようと考える。

詳細

#16

216ポイント 購入する

#16

216ポイント 8日間 23:40

みつる(楊原京子)は足しげく龍雲寺にやって来るようになる。宗達(川津祐介)はそんなみつるをたしなめようとするが、みつるは逃げ去ってしまう。一方、忍(尾崎麿基)は、肺気腫と診断された妹ちづる(みやなおこ)のことを周作(篠田三郎)に相談。周作は診察を約束する。正月、木里子(小田茜)と周作は龍雲寺に新年の挨拶をしに訪れるが・・・。

詳細

#17

216ポイント 購入する

#17

216ポイント 8日間 23:40

みつる(楊原京子)がイルカのブローチを付けているのに気づいた陽春(猪野学)は問いただそうとするが、みつるは帰ってしまう。一方、木里子(小田茜)は忍(尾崎麿基)に「陽春さんはみつるさんにもブローチをプレゼントしていた」と話す。そして、寺のことをよく知るみつるにはかなわないと、弱気になる。年明け、宗達(川津祐介)が陽春に伴われ、久々に周作(篠田三郎)の診察を受けに病院を訪れる。

詳細

#18

216ポイント 購入する

#18

216ポイント 8日間 23:40

病院の帰り道、宗達(川津祐介)と陽春(猪野学)は「かたつむり」を訪ね、忍(尾崎麿基)に陽春が副住職として寺に入る「入寺式」の食事の賄いを頼む。みつる(楊原京子)も手伝いにくると聞いた忍は、木里子(小田茜)にも手伝ってもらうことにする。そんなある日、忍のところへ真(福田賢二)に連れられたちづる(みやなおこ)が呼吸困難に苦しみながらやって来る。

詳細

#19

216ポイント 購入する

#19

216ポイント 8日間 23:40

陽春(猪野学)が、寺で漬けた沢庵を持って「かたつむり」を訪ねた。忍(尾崎麿基)はイルカのブローチのことで木里子(小田茜)が傷ついていたことを話す。一方、周作(篠田三郎)に診察してもらったちづる(みやなおこ)が検査入院することになり、忍(尾崎麿基)は幼い麻友(高屋未来)を世話することに。

詳細

#20

216ポイント 購入する

#20

216ポイント 8日間 23:40

宗達(川津祐介)の前でみつる(楊原京子)にイルカのブローチのことを問い詰める陽春(猪野学)。「木里子(小田茜)さんにはお土産を買ってきて、私にはなかった」と泣くみつるに、陽春は言葉を失う。そんな中、学校を無断欠席していたルナ(樋井明日香)は連絡が取れなくなっていた・・・。

詳細

#21

216ポイント 購入する

#21

216ポイント 8日間 23:40

ルナ(樋井明日香)が学校に来なくなって5日。マンションを訪ねた木里子(小田茜)は、ルナの母が経営していた店が潰れ、一家が黙って引っ越したことを知り、愕然とする。忍(尾崎麿基)から「1人で悩まないで寺を訪ねて欲しい」という陽春(猪野学)の伝言を聞いた木里子は、寺を訪ねるが・・・。

詳細

#22

216ポイント 購入する

#22

216ポイント 8日間 23:40

検査入院していたちづる(みやなおこ)が、肺リンパ管平滑筋腫症と診断された。診察した周作(篠田三郎)から、治療のために1、2カ月の入院が必要だと言われ、夫・真(福田賢二)は幼い麻友(高屋未来)を旅館の託児所に預けて働くことに。やがて、龍雲寺では陽春(猪野学)の副住職入寺式が始まる。

詳細

#23

216ポイント 購入する

#23

216ポイント 8日間 23:40

宗達(川津祐介)らに見守られ、龍雲寺でおごそかに陽春(猪野学)の副住職入寺式が執り行われた。木里子(小田茜)の目に正装した陽春がまぶしく映る。一方、黙っていなくなったルナ(樋井明日香)のことを心配する裕太(窪田翔太)。木里子も転校の手続きすらしてこないルナが気がかりだ。そして入院しているちづる(みやなおこ)には、毎日のように真(福田賢二)から励ましの便りが届いていた。

詳細

#24

216ポイント 購入する

#24

216ポイント 8日間 23:40

裕太(窪田翔太)は、自分を忍(尾崎麿基)に預けっぱなしにしていた母・ちづる(みやなおこ)の見舞いに行こうとしない。そんな時、同級生の未央(岡本奈月)が桐華大の付属中学に合格したと報告にくる。裕太はルナ(樋井明日香)のことを思って涙ぐむ。そのころ陽春(猪野学)は宗達(川津祐介)に「子供たちの座禅会を催したい」と相談していた。

詳細

#25

216ポイント 購入する

#25

216ポイント 8日間 23:40

陽春(猪野学)は木里子(小田茜)のマンションを訪れ、子供座禅会の協力を求める。木里子は生徒たちに声をかけるが、反応はいまひとつ。そして、当日の朝、やって来たのは・・・。

詳細

#26

216ポイント 購入する

#26

216ポイント 8日間 23:40

陽春(猪野学)が提案した子供座禅会の日、待ち合わせの場所に集まったのは木里子(小田茜)と裕太(窪田翔太)だけ。木里子の胸を不安がよぎるが、木里子のためにと7人の子供たちが集まり、座禅会は無事に終わった。一方、周作(篠田三郎)を巡り、婦長・牧子(衣通真由美)に対抗心を抱いた戸ノ山(楠見薫)は・・・。

詳細

#27

216ポイント 購入する

#27

216ポイント 8日間 23:40

ルナ(樋井明日香)の父・俊也(藤本幸広)が、ルナの在学証明書を取りに木里子(小田茜)のもとを訪れた。ルナと連絡を取りたい木里子は、自分の携帯電話番号を俊也に託す。一方、入院生活が続くちづる(みやなおこ)を真(福田賢二)が見舞う。周作(篠田三郎)は、ちづるの兄・忍(尾崎麿基)に治療の効果が出ていないと告げる。

詳細

#28

216ポイント 購入する

#28

216ポイント 8日間 23:40

木里子(小田茜)のクラスでは卒業式の準備が進んでいた。忍(尾崎麿基)は麻友(高屋未来)に手づくりの雛人形を作ろうと、戸ノ山(楠見薫)に手伝ってもらう。翌日、周作(篠田三郎)に頼まれて病院へ届け物を持って行った戸ノ山は、周作と昼食をともにして上機嫌。婦長の牧子(衣通真由美)に優越感を抱く。

詳細

#29

216ポイント 購入する

#29

216ポイント 8日間 23:40

白井(石倉三郎)が周作(篠田三郎)に、「横浜の病院が、佐竹(林泰文)を欲しがっている」という話を持ちかける。周作を慕う佐竹は嫌がるが、最後には転勤を承諾する。「かたつむり」では、木里子(小田茜)や菊乃(高田敏江)、戸ノ山(楠見薫)らも集まり、麻友(高屋未来)のためにひな祭りが催された。

詳細

#30

216ポイント 購入する

#30

216ポイント 8日間 23:40

「かたつむり」を訪れた周作(篠田三郎)は、忍(尾崎麿基)と真(福田賢二)に、治療のためのちづる(みやなおこ)の卵巣切除手術について説明する。ちづるは、「真との子供が生めなくなる」と拒絶するが、真の説得で手術を承諾する。そんな中、龍雲寺を訪れた木里子(小田茜)は、みつる(楊原京子)が手際よく陽春(猪野学)の衣をたたむ姿を見て、深い敗北感を味わう。

詳細

#31

216ポイント 購入する

#31

216ポイント 8日間 23:40

陽春(猪野学)のもとを訪れた木里子(小田茜)は、みつる(楊原京子)が彼の衣を鮮やかにたたんだことにショックを受ける。そんな中、真(福田賢二)が忍(尾崎麿基)のところにやって来た。伊豆の旅館をクビになったのだと言うが・・・。

詳細

#32

216ポイント 購入する

#32

216ポイント 8日間 23:40

ちづる(みやなおこ)は、旅館をクビになった真(福田賢二)が、旅館の人に頼んで伊豆から投函してもらっている彼のハガキを楽しみにしていた。一方、木里子(小田茜)が担任をしていた6年生の授業がすべて終わった。子供たちの言葉に、木里子はみんなと過ごした日々を懐かしく思い出す。

詳細

#33

216ポイント 購入する

#33

216ポイント 8日間 23:40

裕太(窪田翔太)の入学式の帰り、忍(尾崎麿基)と裕太は龍雲寺を訪れる。そこへ、みつる(楊原京子)がやって来て、裕太に陽春(猪野学)と木里子(小田茜)との関係を聞く。一方、ちづる(みやなおこ)を見舞った真(福田賢二)は、旅館をクビになった事をまだ言えないでいた。

詳細

#34

216ポイント 購入する

#34

216ポイント 8日間 23:40

みつる(楊原京子)が突然、木里子(小田茜)の家を訪ねてきた。木里子は学校の帰りに病院へ行く予定があり、電話で明後日の同じ時間に会う約束をする。病院では真(福田賢二)がちづる(みやなおこ)を見舞っていた。周作(篠田三郎)の力添えで就職の決まった真は、ようやくちづるに旅館をクビになっていたことを話す。

詳細

#35

216ポイント 購入する

#35

216ポイント 8日間 23:40

木里子(小田茜)の家を訪ねたみつる(楊原京子)は、陽春(猪野学)の妻になって、子供をたくさん生みたいと話す。健康に不安を抱える木里子はみつるに「陽春さんに命をもらっただけで十分。私の分まで幸せになってください」と言うのだった。その夜、木里子はこみ上げる涙をこらえることが出来ず・・・。

詳細

#36

216ポイント 購入する

#36

216ポイント 8日間 23:10

龍雲寺に、みつる(楊原京子)と陽春(猪野学)の縁談が持ち込まれた。宗達(川津祐介)は、陽春にみつると木里子(小田茜)のことをよく考えるようにといい、陽春の母・千加子(吉野佳子)からの手紙を差し出す。それは「節目を迎えた時に渡して欲しい」と千加子から頼まれ、宗達が預かっていたものだった。手紙を読んだ陽春は・・・。

詳細

#37

216ポイント 購入する

#37

216ポイント 8日間 23:10

千加子(吉野佳子)はすでに亡くなっていた。母の供養を終えた陽春(猪野学)は、宗達(川津祐介)にみつる(楊原京子)との縁談を断ると告げる。一方、退院して真(福田賢二)や麻友(高屋未来)と暮らすちづる(みやなおこ)は、日常生活での呼吸の苦しさから弱気になっていた。裕太(窪田翔太)はそんなちづるを励ます。そんな中、麻生家に陽春から電話が入り・・・。

詳細

#38

216ポイント 購入する

#38

216ポイント 8日間 23:10

麻生家を訪れた陽春(猪野学)は、木里子(小田茜)に結婚を申し込む。突然のことに驚く木里子。しかし、再発の不安と子供が産めないことを考えると、返事が出来ない。その夜、周作(篠田三郎)は、木里子に亡き母のことを話し・・・。

詳細

#39

216ポイント 購入する

#39

216ポイント 8日間 23:10

木里子(小田茜)は、白井(石倉三郎)から病院へ呼ばれる。白血病の再々発を恐れる木里子に、白井は「木里子ちゃんが幸せになることは、みんなの幸せになる」と励ます。その帰り、「かたつむり」の忍(尾崎麿基)を訪れた木里子は・・・。

詳細

#40

216ポイント 購入する

#40

216ポイント 8日間 23:10

みつる(楊原京子)に向かい合って自分の気持ちを伝えておきたいと、木里子(小田茜)はみつるを訪ねる。しかし、木里子は自分の気持ちを告げることはできなかった。やがて陽春(猪野学)との結納が終わり、木里子は学校に辞表を出す。そしていよいよ結婚式の日。そんな時、急な移植で式に出られなくなった白井(石倉三郎)から木里子のもとに電報が届き・・・。

詳細

キャスト

製作年 2003年 製作国   日本

これもチェック

 ピュア・ラブIIIを見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001