ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り シリーズ一覧

いのちの現場から

中村玉緒主演。東京都内の総合病院を舞台に、まもなく現役を退こうとしている婦長と看護師たちが「いのちの現場」で日夜働き続ける姿を描く。(MBS製作)

2013年03月15日 配信開始

お得なまとめ買い

#1~#40(最終回)

4320ポイント 購入する
50%
OFF

#1~#40(最終回)

8,640ポイント 4,320ポイント 50%OFF 30日間
  • #1
  • #2
  • #3
  • #4
  • #5
  • #6
  • #7
  • #8
  • #9
  • #10
  • #11
  • #12
  • #13
  • #14
  • #15
  • #16
  • #17
  • #18
  • #19
  • #20
  • #21
  • #22
  • #23
  • #24
  • #25
  • #26
  • #27
  • #28
  • #29
  • #30
  • #31
  • #32
  • #33
  • #34
  • #35
  • #36
  • #37
  • #38
  • #39
  • 最終回

#1~#20

2700ポイント 購入する
38%
OFF

#1~#20

4,320ポイント 2,700ポイント 38%OFF 30日間
  • #1
  • #2
  • #3
  • #4
  • #5
  • #6
  • #7
  • #8
  • #9
  • #10
  • #11
  • #12
  • #13
  • #14
  • #15
  • #16
  • #17
  • #18
  • #19
  • #20

#21~#40(最終回)

2700ポイント 購入する
38%
OFF

#21~#40(最終回)

4,320ポイント 2,700ポイント 38%OFF 30日間
  • #21
  • #22
  • #23
  • #24
  • #25
  • #26
  • #27
  • #28
  • #29
  • #30
  • #31
  • #32
  • #33
  • #34
  • #35
  • #36
  • #37
  • #38
  • #39
  • 最終回

各話一覧

並び順

#1

216ポイント 購入する

#1

216ポイント 8日間 23:09

真田総合病院の総婦長・杉原園絵(中村玉緒)はナース生活33年。しかしまもなく現役を退きたいと院長の真田真一郎(高松英郎)に申し入れていた。
3階混合病棟の主任・伊東玲子(沖直美)は、園絵が後継者と考える優秀なナース。彼女の下には新米ナースの新村京子(土家里織)、寺田留美子(舟喜幸子)、瀬木ひろみ(石塚智子)らがいた。
ある日の夜中、暴力団幹部・黒木(安岡力也)が日本刀で刺されて救急車で運ばれてきた。命に別状はなく、手術後しばらく入院することになったが・・・。

詳細

#2

216ポイント 購入する

#2

216ポイント 8日間 23:09

深夜、3階混合病棟に入院している患者の大動脈瘤が破裂した。深夜勤の京子(土家里織)が、外出している当直医の田原(草川祐馬)の携帯電話に電話するがつながらない。急遽、松本外科部長(西園寺章雄)が駆けつけて緊急手術が行われたが、患者は死亡した。
ところが翌日、ひろみ(石塚智子)は「昨日の深夜に田原とナースの吉岡(工藤幸子)がラブホテルに入っていくところを目撃した」と玲子(沖直美)に話し・・・。

詳細

#3

216ポイント 購入する

#3

216ポイント 8日間 23:09

玲子(沖直美)は吉岡(工藤幸子)を呼び出し、田原(草川祐馬)との関係について問い質した。プライベートに口出しして欲しくない、文句があるなら杉原婦長(中村玉緒)に言ってくれと開き直る吉岡。翌日、吉岡は無断欠勤し、その後退職願が送られてきた。
一方、患者の相沢(大竹修造)が「院長か婦長を呼べ」と騒いでいると、玲子に連絡が入り・・・。

詳細

#4

216ポイント 購入する

#4

216ポイント 8日間 23:09

相沢(大竹修造)に肺ガンとの診断結果が出た。しかし、胸部外科専門医の片桐(篠塚勝)は、告知しない方針を玲子(沖直美)らに告げる。そして精神的なケアを神経科医・三輪(沖田さとし)に任せた。
一方、認知症で入院している竹田(喜味こいし)が嫁から無理矢理、遺言状に署名させられそうになっているのを玲子が止める。しかしある夜、園絵(中村玉緒)が巡回していると、談話室で竹田が相続関係の本を読んでいるのを目撃し・・・。

詳細

#5

216ポイント 購入する

#5

216ポイント 8日間 23:09

院長の娘・久美(吉本真由美)は小児科医。商社の経理マンだった彼女の夫・広岡(朝日完記)を事務長に迎え、真田病院は経営的危機を乗り越えた経緯があった。その広岡が、園絵(中村玉緒)が3人のナースを補充しようとしていたことに異議を唱えた。対して園絵は良心的な医療を志すには必要だと譲らず・・・。

詳細

#6

216ポイント 購入する

#6

216ポイント 8日間 23:09

入院しているヤクザの黒木(安岡力也)が出前持ちを装った男に襲われた。男の正体に最初に気付いたのは、認知症と思われていた竹田(喜味こいし)だった。黒木をかばって切られた京子(土家里織)は竹田が正気であることに気づく。
そんな中、竹田の財産を狙う息子夫婦が、竹田を別の病院の診察を受けさせようとする。それを拒否した園絵(中村玉緒)は・・・。

詳細

#7

216ポイント 購入する

#7

216ポイント 8日間 23:09

竹田(喜味こいし)が芝居をしていることを知った事務長の広岡(朝日完記)は、竹田を退院させるよう主張。しかし園絵(中村玉緒)の説得により、真田院長(高松英郎)の判断でしばらく入院させることに。園絵はナースたちに自然な態度で接するように指示する。
一方、相沢(大竹修造)は玲子(沖直美)に、本当のことを言って欲しいと迫るが・・・。

詳細

#8

216ポイント 購入する

#8

216ポイント 8日間 23:09

病院近くのスナック"エンジェル"で玲子(沖直美)と男がもめているところに、病院から「相沢(大竹修造)が自殺を図った」と連絡が入る。命を取り留めた相沢が主治医の片桐(篠塚勝)に病状の説明を求めるが、片桐は「赤ん坊をあやすようなことは出来ない」と突っぱねた。
玲子ともめていたのは妻子ある男性だったが、そのうち離婚すると玲子は言われていた。事情を知った園絵(中村玉緒)は・・・。

詳細

#9

216ポイント 購入する

#9

216ポイント 8日間 23:09

玲子(沖直美)の母が軽い狭心症で倒れ、玲子は故郷の石垣島へ行くことになった。すぐに戻ってくるという玲子に、園絵(中村玉緒)は「母親を大切に出来ない人はナース失格」と言って送り出す。一方、竹田(喜味こいし)の息子夫婦が竹田をすぐに退院させたいと申し入れてきた。退院はしないと息子たちに告げた竹田は、認知症ではないことを証明して見せる。

詳細

#10

216ポイント 購入する

#10

216ポイント 8日間 23:09

ひろみ(石塚智子)が点滴液を間違えた患者は、医師たちの処置により事なきを得たが、田原(草川祐馬)はナースの責任を追及。ひろみはナースを辞める覚悟を固めてしまう。京子(土家里織)とスナック"エンジェル"で酒を飲み、「玲子(沖直美)は鬼主任だ」と愚痴る。そこへ、東京に戻ってきた玲子が現れ・・・。

詳細

#11

216ポイント 購入する

#11

216ポイント 8日間 23:09

ナースを辞めようとしたひろみ(石塚智子)に、園絵(中村玉緒)は「尻尾を巻いて逃げ出せばミスを取り返すチャンスを失う」と諭す。患者にひろみが心から謝罪すると、患者は気にするなと優しく接してくれた。
一方、手術ですべてのガンを切除したと嘘の報告を受けていた相沢(大竹修造)は、主治医の片桐(篠塚勝)から「念のために放射線治療を行う」と言われ・・・。

詳細

#12

216ポイント 購入する

#12

216ポイント 8日間 23:09

黒木(安岡力也)は持ち直すが、精密検査が必要だった。そんな黒木を見舞った刑事・岡部(南条好輝)は、好意を持つ玲子(沖直美)を"エンジェル"に誘う。
精密検査の結果、黒木は肝硬変の末期で手遅れの状態だった。それを知った黒木は、自分を襲ったのが同じ組の人間だったということを岡部から聞く。

詳細

#13

216ポイント 購入する

#13

216ポイント 8日間 23:09

行方が分からなくなった黒木(安岡力也)から園絵(中村玉緒)らに黄色いバラの花束が届く。花言葉は「別れ」。園絵らは二度と黒木に会えないだろうという予感を抱く。
竹田(喜味こいし)の息子夫婦が竹田を転院させようとする。しかし竹田は拒否し、さらに大阪の土地を処分して、その金を娘に生前贈与すると宣言。怒った息子夫婦は今後の面倒は見ないと言い放つ。行くあての無くなった竹田だが・・・。

詳細

#14

216ポイント 購入する

#14

216ポイント 8日間 23:09

大学病院に戻った田原(草川祐馬)の後任に、院長の親友の息子である安西(金竹雅浩)が着任した。好青年の安西に留美子(舟喜幸子)は興味を抱く。
患者は自分の病状を正確に知る権利があり、知ったうえで病気に立ち向かうべきだという考えを持つ片桐(篠塚勝)が相沢(大竹修造)に末期ガンの告知を行い・・・。

詳細

#15

216ポイント 購入する

#15

216ポイント 8日間 23:09

園絵(中村玉緒)の元夫・森田(岡村嘉隆)の再婚相手・愛子(宮田圭子)が園絵を訪ねてきた。2歳の時に別れた園絵の娘・幸子が3週間前から家に帰っていないという。動揺した園絵は刑事・岡部(南条好輝)に相談する。
一方、京子(土家里織)は恋人・浅見(右田晃)からプロポーズされていた。半年後の海外赴任が決まったので付いてきて欲しいと言われた京子は・・・。

詳細

#16

216ポイント 購入する

#16

216ポイント 8日間 22:54

玲子(沖直美)が"エンジェル"で倒れた。診断の結果、過労と分かるが、連日ハードなローテーションで働いている影響が出たと園絵(中村玉緒)は申し訳なく思うのだった。
一方、玲子は石垣島でナースをしている母から、「自分が仕事を続けられなくなれば跡を継いで欲しい」と言われていた。玲子を見舞った岡部(南条好輝)はその事実を知り・・・。

詳細

#17

216ポイント 購入する

#17

216ポイント 8日間 23:09

相沢(大竹修造)の娘・律子(松本マキ)は、アメリカにいる母と連絡を取り、相沢を渡米させて残りの人生を母と一緒に過ごさせてやりたい、と考えていた。神経科医の三輪(沖田さとし)の賛成もあり、相沢は抗ガン剤投与を受けるようになるなど生きる気力を持つようになる。

詳細

#18

216ポイント 購入する

#18

216ポイント 8日間 23:09

石垣島から玲子(沖直美)に、母が亡くなったという連絡が入る。翌日、玲子は石垣島に行く。
その後、葬儀に参列して戻ってきた岡部(南条好輝)が、玲子から預かってきた手紙を園絵(中村玉緒)に渡す。手紙には、跡を継いで欲しいという母の遺志を尊重し、故郷で僻地医療に携わることを決意したと記してあった。

詳細

#19

216ポイント 購入する

#19

216ポイント 8日間 23:09

沖縄から戻ってきた玲子(沖直美)と直接顔を合わせた園絵(中村玉緒)は、玲子の決意の固さを知り、慰留することはしなかった。岡部(南条好輝)は刑事を辞めて玲子とともに沖縄へ行くことに。
一方、相沢(大竹修造)の抗ガン剤投与は効果を上げることが出来ず、逆にガン細胞は大きくなっていた。主治医の片桐(篠塚勝)は「アメリカ行きは許可できない」と相沢に告げる。

詳細

#20

216ポイント 購入する

#20

216ポイント 8日間 23:09

玲子(沖直美)が病院を去る日が近付いた。園絵(中村玉緒)は後任の主任ナースを外部から引き抜いてくるつもりだったが、事務長の広岡(朝日完記)は内部昇進でまかなうように進言する。そして、玲子は、「病院を去るときはここから出て行こうと決めていた」と、助けられなかった多くの患者を送り出した裏口から去っていく。

詳細

#21

216ポイント 購入する

#21

216ポイント 8日間 23:09

依然として園絵(中村玉緒)の娘・幸子の行方は分からなかった。そんな時、別れた夫・森田(岡村嘉隆)が園絵を訪ねてくる。そして、幸子のことは忘れて欲しいと園絵に告げる。
一方、3階混合病棟の新たな主任が外部から来るという噂に留美子(舟喜幸子)らナースは動揺。ナースたちは大久保(徳田尚美)が昇進するものだと考えていて・・・。

詳細

#22

216ポイント 購入する

#22

216ポイント 8日間 23:09

3階混合病棟のナースたちは、大久保(徳田尚美)を主任にして欲しいと園絵(中村玉緒)に直訴するが、園絵はそれには応えない。一方、ひろみ(石塚智子)は自然気胸で入院している中尾(村松亮太郎)を弟のように世話していた。しかし、検査の結果、中尾にはオペが必要だと分かる。

詳細

#23

216ポイント 購入する

#23

216ポイント 8日間 23:09

新主任・美和子(塚田きよみ)の登場は、3階のナースたちに緊張と戸惑いを与えた。
一方、人工透析の患者・佐久間めぐみ(酒井雅代)は病気のせいで婚約解消となり、そのとき以来、透析を拒否するようになっていた。同世代の美和子はめぐみに、失恋して自殺未遂を起こしたという自分の過去を語る。

詳細

#24

216ポイント 購入する

#24

216ポイント 8日間 23:09

美和子(塚田きよみ)は、めぐみ(酒井雅代)が自殺を図るのではないかと心配する。順風満帆だったが、突如、病気によって仕事も恋も崩れてしまったからだ。そして、真田院長(高松英郎)に、自前のコーヒーを時々めぐみのもとに届けて欲しいと頼む。
一方、留美子(舟喜幸子)は京子(土家里織)を伴って、浅見(右田晃)の見合いの席に押しかけ・・・。

詳細

#25

216ポイント 購入する

#25

216ポイント 8日間 23:09

浅見(右田晃)は京子(土家里織)に妊娠の真偽を確かめようとするが、京子は答えなかった。中尾(村松亮太郎)はひろみ(石塚智子)に次第に惹かれ、ラブレターを渡した。受け取ったひろみは動揺しつつも、自分も中尾に惹かれていることに気付く。
そんな中、久美(吉本真由美)が離婚を考えていることを知った真田院長(高松英郎)は・・・。

詳細

#26

216ポイント 購入する

#26

216ポイント 8日間 22:50

深夜、救急車で運び込まれてきた若い女性は、身元を示すものを身に着けていなかった。意識が回復しても記憶をなくしており、しかも妊娠3ヶ月だった。
一緒に暮らしていたという男が見舞いに来たときに呼んだ彼女の名前は"森田幸子"だった。
園絵(中村玉緒)は、彼女が行方不明になっている実の娘・幸子(高見沢美樹)であることを確信する。

詳細

#27

216ポイント 購入する

#27

216ポイント 8日間 23:09

園絵(中村玉緒)から連絡を受け、駆けつけた森田(岡村嘉隆)と妻・愛子(宮田圭子)。しかし、2人の顔を見ても、幸子(高見沢美樹)の記憶は戻らなかった。神経科医の三輪(沖田さとし)は、事故のショック以外にいくつかの要因がストレスとなり、記憶障害を起こしていると診断する。

詳細

#28

216ポイント 購入する

#28

216ポイント 8日間 23:09

幸子(高見沢美樹)を転院させようとする森田(岡村嘉隆)に、園絵(中村玉緒)は元気になって退院するまではここで見守らせて欲しいと頼んだ。愛子(宮田圭子)は了承し、幸子はしばらく入院することに。
一方、片桐(篠塚勝)が倒れ、救急車で真田病院に運ばれてきた。検査の結果、片桐は末期の肺ガンで手術不可能だと分かる。

詳細

#29

216ポイント 購入する

#29

216ポイント 8日間 23:09

肺ガン治療の権威である片桐(篠塚勝)に、本当の病名を隠して治療を施すことは難しいことだった。しかし片桐はごまかしたカルテやレントゲン写真を見ても気付かず、相変わらずナースたちに横柄な態度を取り続けていた。そんな片桐に我慢ならないナースたちに、美和子(塚田きよみ)は、医師としての片桐が嫌いでも、ひとりの患者として接するよう指示する。

詳細

#30

216ポイント 購入する

#30

216ポイント 8日間 23:09

真田院長(高松英郎)は片桐(篠塚勝)の妻・典子(田中恵理)に、片桐は末期の肺ガンであることを告知した。衝撃を受ける典子に、園絵(中村玉緒)は「一番大事な役割を担って欲しい」と頼む。
一方、園絵は、幸子(高見沢美樹)と同年齢の京子(土家里織)、留美子(舟喜幸子)、ひろみ(石塚智子)を幸子の担当ナースとする。

詳細

#31

216ポイント 購入する

#31

216ポイント 8日間 23:09

入院して10日目の深夜、片桐(篠塚勝)が少量の喀血をした。本人が肺ガンだと気付くのは時間の問題だと考えた真田院長(高松英郎)や園絵(中村玉緒)らは、告知すべきかどうかを協議する。元々患者には告知する主義の片桐だが、自分が告知されれば自暴自棄になる可能性が非常に高いと思われるので、最後まで告知はしない方針を貫くことに・・・。

詳細

#32

216ポイント 購入する

#32

216ポイント 8日間 23:09

片桐(篠塚勝)はナースステーションで自分のカルテを確認するが、それは偽のカルテだった。しかし症状から、自分は肺ガンであることを確信する。
一方、京子(土家里織)が町の産婦人科で受診したところ、妊娠はしていないことが発覚した。浅見(右田晃)は「妊娠していたら強引に海外へ連れて行こうと思っていた」と京子に告げる。

詳細

#33

216ポイント 購入する

#33

216ポイント 8日間 23:09

留美子(舟喜幸子)とひろみ(石塚智子)は、幸子(高見沢美樹)の別れた恋人・小野沢(竹内隆治)に会いに行き、幸子の入院と妊娠について話す。小野沢は幸子を見舞うが、やってきた森田(岡村嘉隆)が逆上して追い返そうともみ合い、巻き込まれた幸子が再び大腿骨を折ってしまう。しかし小野沢と会ったことで記憶が戻った幸子は・・・。

詳細

#34

216ポイント 購入する

#34

216ポイント 8日間 23:09

片桐(篠塚勝)が深夜、腹痛のあまり取り乱して大久保(徳田尚美)を殴り飛ばした。駆けつけた美和子(塚田きよみ)に、自分が肺ガンであることは確実なのに、なぜ隠すのかと詰め寄る。翌日の深夜、片桐は誰もいないナースステーションに忍び込み、隠してあった自分の本当のカルテを盗み見てしまう。

詳細

#35

216ポイント 購入する

#35

216ポイント 8日間 23:09

幸子(高見沢美樹)は子供を産むと宣言。愛子(宮田圭子)は賛成する。さらに愛子は、園絵(中村玉緒)に「実の母親だと名乗りたければ名乗ってもいい」と告げる。
ある日の深夜、めぐみ(酒井雅代)が病室から姿を消した。自殺するのではないかと思った美和子(塚田きよみ)は京子(土屋里織)と共に必死で行方を捜すが・・・。

詳細

#36

216ポイント 購入する

#36

216ポイント 8日間 22:54

自殺を図っためぐみ(酒井雅代)を、美和子(塚田きよみ)と京子(土屋里織)が真田病院まで緊急搬送した。めぐみは肺に損傷があり緊急手術が必要だったが、医師の手配がつかない。園絵(中村玉緒)の発案で片桐(篠塚勝)に手術を要請するが、今の体力では自信が無いと片桐は固辞。園絵は"エンジェル"のマスター・児玉(佐川満男)を急遽呼び寄せ・・・。

詳細

#37

216ポイント 購入する

#37

216ポイント 8日間 22:54

園絵(中村玉緒)が実の母親ではないかと感じ始めていた幸子(高見沢美樹)は、直接、園絵を問い質す。しかし園絵は「子供を産んだことはない」と断固否定。幸子は留美子(舟喜幸子)にも尋ねるが否定され、留美子を嘘つき呼ばわりする。京子(土屋里織)、留美子、ひろみ(石塚智子)は園絵に「実の母だと名乗って欲しい」と直談判するが・・・。

詳細

#38

216ポイント 購入する

#38

216ポイント 8日間 22:54

片桐(篠塚勝)が身体の痛みを伴って喀血した。美和子(塚田きよみ)は苦しむ片桐の唇に思わず自分の唇を重ねる。
美和子の取った行動が理解できなかった京子(土屋里織)、留美子(舟喜幸子)、ひろみ(石塚智子)の3人に、児玉(佐川満男)は・・・。

詳細

#39

216ポイント 購入する

#39

216ポイント 8日間 22:54

自覚症状の克明な記録とナースたちのケアについての批評と感想を書き記した闘病ノートを残して、片桐(篠塚勝)は息を引き取った。
一方、園絵(中村玉緒)は、幸子(高見沢美樹)に、かつて結婚していて娘を産んだが離婚した、ということを認めた。なぜ娘を置いていったのか、という幸子の質問に、園絵は・・・。

詳細

最終回

216ポイント 購入する

最終回

216ポイント 8日間 22:39

娘を置いていったのは足手まといだったからと園絵(中村玉緒)から聞いてショックを受けていた幸子(高見沢美樹)。留美子(舟喜幸子)は園絵に、ナースは"嘘つき天使"だと話す。
そんな中、幸子は退院した。園絵は最後まで名乗ることはせず、幸子も園絵を問い詰めることはしなかった。
そして、園絵が病院を去る日がやってきた・・・。

詳細

キャスト

製作年 1992年 製作国   日本

これもチェック

 いのちの現場からを見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001