ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り シリーズ一覧

高原へいらっしゃい(田宮二郎主演)

山田太一原作・脚本。荒廃したホテルを一流にするべく立ち上がった男性と、スタッフたちの奮闘を描く。出演は田宮二郎、由美かおる、池波志乃、尾藤イサオ、前田吟ほか。

2013年07月26日 配信開始

お得なまとめ買い

#1~#17

1620ポイント 購入する
71%
OFF

#1~#17

5,508ポイント 1,620ポイント 71%OFF 30日間
  • #1
  • #2
  • #3
  • #4
  • #5
  • #6
  • #7
  • #8
  • #9
  • #10
  • #11
  • #12
  • #13
  • #14
  • #15
  • #16
  • #17

各話一覧

並び順

#1

324ポイント 購入する

#1

324ポイント 8日間 47:13

八ヶ岳で廃墟となっている"ハイランドホテル"を再建させるため立ち上がった面川清次(田宮二郎)は、従業員として、北上冬子(由美かおる)、高間麟二郎(益田喜頓)、鳥居ミツ(池波志乃)ら6人をスカウトする。面川から素晴らしいホテルだと聞かされてやって来た6人は、ハイランドホテルの荒廃ぶりに唖然。その後、ホテルの運用資金を持った大貫徹夫(前田吟)が現れ、「ホテルのフロント係を務める」と言い出し・・・。

詳細

#2

324ポイント 購入する

#2

324ポイント 8日間 47:19

面川(田宮二郎)たちは、ホテルのオープンに向けて早速準備に取り掛かる。しかし、大貫(前田吟)は自分の意見を聞こうとしない面川に腹を立て、ついに別居中である面川の妻・祐子(三田佳子)の話をしてしまう。面川は酒に溺れ、祐子に愛想を尽かされてしまったのだ。祐子が面川に未練があることを知った彼女の父・大場専造(岡田英次)が、面川にホテルの再建を任せたらしいのだが・・・。

詳細

#3

324ポイント 購入する

#3

324ポイント 8日間 47:18

コック長・高間(益田喜頓)が高額な食器を購入し、身元のわからない男・村田日出男(常田富士男)に仕入れを任せ、泥酔状態で帰宅した。さすがの面川(田宮二郎)も、ホテルの先行きに不安を感じ始める。高間はそんな面川に対し、食器は最低限度必要な物だったと告げ、料理に対するこだわりを語る。高間は大貫(前田吟)たちの疑いを晴らすため、全員の前でオムレツを作ることに。しかし、味見をした有馬フク江(北林谷栄)は高間に酷評を下す。

詳細

#4

324ポイント 購入する

#4

324ポイント 8日間 47:05

ホテル開業当日、面川(田宮二郎)をはじめ一同が待つ中、ついに最初の団体客が訪れた。が、彼らはホテルに着くなり食堂で麻雀をはじめてしまった。その上、このホテルには麻雀をしに来ただけだと言い放ち、面川たちの言葉に全く耳を貸そうとしない。それでも最高のサービスを提供しようと考える面川に対し、団体客は怒り出してしまった。面川や高間(益田喜頓)は、激怒する客を落ち着かせようと試みるが・・・。

詳細

#5

324ポイント 購入する

#5

324ポイント 8日間 47:14

雑用係の杉山七郎(尾藤イサオ)が、客に食ってかかった責任を取り、ホテルを辞めると言い出した。そんな中、面川(田宮二郎)は自らの過去を語り始める。面川は以前勤めていたホテルで横柄な客を殴り倒し、解雇になったと言う。一方、全く予約が入らないことを心配した大貫(前田吟)は、面川に東京での営業を強く勧める。翌日、面川は東京でホテルの売込みを開始するが・・・。

詳細

#6

324ポイント 購入する

#6

324ポイント 8日間 47:24

八ヶ岳高原ホテルを取材したいと申し出た週刊誌記者・柳田(杉浦直樹)を迎えるにあたり、面川(田宮二郎)はある提案をする。柳田にいい印象を与えるため、偽の客を作り出そうと言うのだ。一同は面川の意見に賛成し、フク江(北林谷栄)を大富豪の宿泊客に見たてることとなる。当日、柳田から他の宿泊客について尋ねられた面川は、思わず「流行作家も泊まりに来ている」と嘘をついてしまい・・・。

詳細

#7

324ポイント 購入する

#7

324ポイント 8日間 47:19

柳田(杉浦直樹)の紹介で、地元の団体客がやって来た。予定している海外旅行に備え、テーブルマナー等の予行演習をしたいと言う。その夜、もう1組の客がホテルを訪れた。このホテルに思い出があるという若い夫婦は、2人きりで静かな夜を過ごしたいと希望。面川(田宮二郎)はこの夫婦を受け入れるが、新たな宿泊客が来ているとは知る由もない大貫(前田吟)は、団体客に宴会を勧めてしまう。

詳細

#8

324ポイント 購入する

#8

324ポイント 8日間 47:21

外出先から戻った面川(田宮二郎)は、フロントに誰もいなかったことについて、大貫(前田吟)を叱りつける。一方、面川に代わって東京に営業に行った大貫の前に、面川の妻・祐子(三田佳子)が現れる。祐子は面川に不満を抱いており、離婚も考えていると言う。妻を失えば、面川はホテルの仕事を投げ出すだろうと直感した大貫は・・・。

詳細

#9

324ポイント 購入する

#9

324ポイント 8日間 47:51

コック長・高間(益田喜頓)の友人らしき女性客がホテルにやって来た。彼女は調理場を見学したいと希望。面川(田宮二郎)は、高間を引き抜かれると直感する。面川の予感は的中し、彼女は神戸に新しくできるホテルの料理長として高間を迎えたいと言い出した。しかし、高間は申し出をきっぱりと断る。大貫(前田吟)らは安心するが、高間の愛弟子・亥太郎(徳川龍峰)は、彼に再び大きなホテルの料理長をやらせたいと思っており・・・。

詳細

#10

324ポイント 購入する

#10

324ポイント 8日間 46:52

フク江(北林谷栄)は冬子(由美かおる)ら若い従業員たちに、少しは客を集める努力をしたらどうかと説く。冬子らは友人に声を掛けるが、そう簡単に客は集まらない。ホテルを繁盛させようというフク江らの気持ちに心打たれた面川(田宮二郎)と大貫(前田吟)は営業に出かけ、それぞれ団体客の予約を取ってくる。しかし、2組の宿泊日が重なってしまい・・・。

詳細

#11

324ポイント 購入する

#11

324ポイント 8日間 46:44

フク江(北林谷栄)が、入院している夫の看病をしたいと言い出した。一同は驚くが、気持ち良く送り出すことに。しかし本当の理由は、夫が作った借金返済のため、もっと賃金の良い場所で働きたいからだと判明。真実を知った面川(田宮二郎)は、フク江を助けられないことを悔やむ。一方、団体客の予約が重なる中、突然、亥太郎(徳川龍峰)が「料理をする自信がない」と言い出し・・・。

詳細

#12

324ポイント 購入する

#12

324ポイント 8日間 47:38

団体客を迎えようと張り切っている矢先、突然ボイラーが壊れてしまった。全室暖房が効かなくなり、湯も出なくなってしまう。面川(田宮二郎)はやむを得ず、20数名もの客を他のホテルに引き渡す。一方、大貫(前田吟)は面川に、オーナーである大場(岡田英次)から金を借りてほしいと迫る。面川は大場のもとへ向かうが、大場は面川を厳しく突き放すのだった。

詳細

#13

324ポイント 購入する

#13

324ポイント 8日間 47:04

大場(岡田英次)から金を借りられなかった面川(田宮二郎)は、ついに酒を飲んでしまった。泥酔状態で帰ってきた面川を目の当たりにした大貫(前田吟)らは唖然とする。翌朝、靖雄(潮哲也)たちは面川に対し、ホテルを辞めると告げる。靖雄の言葉を受けた大貫はなんとか思い留まるよう、必死に説得を試みる。しかし、杉山(尾藤イサオ)や亥太郎(徳川龍峰)、そして冬子(由美かおる)までもが東京へ戻ると言い出し・・・。

詳細

#14

324ポイント 購入する

#14

324ポイント 8日間 47:32

気難しいことで有名な画家・原田(大滝秀治)とその弟子・野沢(平泉成)がホテルを訪れた。原田は別のホテルに泊まっていたのだが、子供の団体にうんざりし、このホテルにやって来たという。その日は、偶然にも子供連れの女性客が宿泊していたが特に問題もなく、面川(田宮二郎)は胸を撫で下ろす。しかし夜遅く、子供が喘息の発作を起こしたという知らせが・・・。

詳細

#15

324ポイント 購入する

#15

324ポイント 8日間 47:16

夫の借金を返すため、松本の旅館で働いていたフク江(北林谷栄)が突然帰って来た。面川(田宮二郎)をはじめ一同は、フク江の帰りを喜ぶ。一方、靖雄(潮哲也)、七郎(尾藤イサオ)、史朗(古今亭八朝)はたんかを切ってホテルを飛び出した後、東京で共同生活をしていた。だが、3人は安定しない東京の暮らしに嫌気が差している様子。そんなある日、我慢ができなくなった七郎は、ついにホテルへ帰る決意を固める。

詳細

#16

324ポイント 購入する

#16

324ポイント 8日間 47:20

学習塾を営んでいるという夫妻が面川(田宮二郎)のもとを訪れた。子供たちをひとり3千円という低額で宿泊させて欲しいと言う。ホテルの存続を諦めかけていた面川は皆に、子供たちを迎え入れ、それを最後の仕事にしたいと訴えるのだった。当日、子供たちと一緒に、以前ホテルに泊まった週刊誌記者・柳田((杉浦直樹))も訪れ、このホテルの紹介記事を書きたいと言う。後日、雑誌にホテルの紹介記事が掲載され、ホテルは途端に満室となった。ホテルが軌道に乗ったにも関わらず、祐子(三田佳子)を迎えに行こうとしない面川を見た大貫は・・・。

詳細

#17

324ポイント 購入する

#17

324ポイント 8日間 46:55

大貫(前田吟)は面川(田宮二郎)のため、祐子(三田佳子)を迎えに東京へ向かう。だが、祐子は「面川自身の気持ちが知りたい」と言い、高原で暮らすことを拒む。一方、従業員たちは祐子を迎えに行かない面川に苛立っていた。皆の気持ちを知った面川は東京へ向かう。祐子のアパートや職場を訪ねる面川だったが、彼女の姿は見当たらない。妻を探し回る面川のもとに、突然大場(岡田英次)が現れ・・・。

詳細

キャスト

製作年 1976年 製作国   日本

これもチェック

 高原へいらっしゃい(田宮二郎主演)を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001