ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

木曜日の食卓

古谷一行と篠ひろ子が7年ぶりに夫婦役で共演。2世帯住宅用に建て替えた家を舞台に、お互いの微妙なすれ違いから生まれる家族の悲喜劇をユーモアたっぷりに描いたドラマ。

2015年12月11日 配信開始

お得なまとめ買い

第1回~最終回

1620ポイント 購入する
55%
OFF

第1回~最終回

3,564ポイント 1,620ポイント 55%OFF 30日間
  • 第1回 悲劇の始まり
  • 第2回 いるの?いらないの?
  • 第3回 引っ越しました
  • 第4回 イワシvsビーフシチュー
  • 第5回 母さんだってしてみたい
  • 第6回 ただならぬ予感
  • 第7回 父さんだって好かれたい
  • 第8回 今夜は鍋から始まった
  • 第9回 みんな出て行った
  • 第10回 だから一緒に暮らせない
  • 最終回 世界中の誰よりも

各話一覧

並び順

第1回 悲劇の始まり

324ポイント 購入する

第1回 悲劇の始まり

324ポイント 8日間 46:48

宮沢家は恒雄(古谷一行)・東子(篠ひろ子)夫婦と、子ども3人の5人家族。長女・千奈美(夏川結衣)の婚約を機に家を2世帯住宅に建て替え、結婚後は2階が新居になる予定だった。ある日、東子は千奈美の部屋で妊娠検査薬を発見する。夫婦は、娘と婚約者の晃(池田政典)を問い詰める。
そんな時、長男の達郎(西島秀俊)がウエディングドレス姿の女性を連れて戻って来る。彼女はガールフレンドの摩耶(富田靖子)で、達郎は結婚式の最中に彼女を略奪してきたという。恒雄と東子は、千奈美の一件も忘れるくらい驚いて2人を詰問するが、大事件を引き起こした割にはどうも頼りない。そこへ、摩耶の父・重松(泉谷しげる)と新郎・要(別所哲也)の姉・唄子(高橋ひとみ)が、気弱な要を連れて怒鳴り込みに来て、彼女を無理やり連れ帰る。

詳細

第2回 いるの?いらないの?

324ポイント 購入する

第2回 いるの?いらないの?

324ポイント 8日間 46:48

花嫁を略奪されたにも関わらず要(別所哲也)は、親の言うままに連れ戻された摩耶(富田靖子)と新婚旅行に出かけようとする。しかし、気の弱い彼は摩耶の本心を聞き、達郎(西島秀俊)に彼女をあっさり渡してしまう。簡単に身を引いた要のおかげで達郎と摩耶は結婚を決意。
一方、恒雄(古谷一行)と東子(篠ひろ子)は、息子の不始末を謝りに奔走。しかし、口の悪い重松(泉谷しげる)とはケンカ、要の両親には皮肉混じりに摩耶を譲るとまで言われてしまう。気まずい思いで帰宅すると、またも摩耶が来ている。要と話し合った結果、連れて帰ったのだと達郎は言う。そこに、摩耶を探す重松がやって来た。「結婚させて下さい」と真剣に頭を下げる達郎に、恒雄と東子、そして重松はしぶしぶ承諾する。結局、長女夫婦の為に建てた二世帯住宅の2階に、急きょ達郎たちが住むことになった。

詳細

第3回 引っ越しました

324ポイント 購入する

第3回 引っ越しました

324ポイント 8日間 46:47

達郎(西島秀俊)と摩耶(富田靖子)の結婚が急きょ決まり、2人は千奈美(夏川結衣)の為に用意された2階に新居を構えることになった。新婚生活が始まったが、順調にはいかない。東子(篠ひろ子)は摩耶とうまくやっていこうとするが、生活は別と考える達郎は他人行儀で何となく寂しい。恒雄(古谷一行)までが「2階は別の家なのだよ」とやけに物分かりがよく、東子は面白くない。
ある日、東子が偶然2階で鳴った電話を取ると、摩耶の元婚約者・要(別所哲也)からの電話だった。摩耶に未練のある要は、その後も彼女の勤め先に現れ一緒に買った電化製品を取りに来て欲しいと告げて帰る。夜、東子から要の電話のことを聞かされた達郎は、摩耶が今でも要と会っていることを知り、「アイツとは会うな!」と怒鳴ってしまう。

詳細

第4回 イワシvsビーフシチュー

324ポイント 購入する

第4回 イワシvsビーフシチュー

324ポイント 8日間 46:47

摩耶(富田靖子)が愛煙家であることを知った東子(篠ひろ子)は、遠慮せず自分達の前でも吸うように言いたいが、気を回し過ぎてうまく伝わらない。摩耶も、自分が越してきたばかりに、久良子(大寳智子)らが窮屈な思いをしているのではと気が気でない。思い余って家賃を払うと恒雄(古谷一行)に申し出るが、逆に久良子が勉強するときだけ2階の部屋を使わせて欲しいと頼まれる。達郎(西島秀俊)は面白くないが摩耶は賛成し、毎晩せっせと久良子の夜食を作って"良い妻"を演じる。
ある日、給料日前だった摩耶は夕食にイワシを出す。だが、達郎はイワシが苦手。1階のメニューがビーフシチューだと聞いた彼は、摩耶を置いて1人下に降りてきた。事情を聞いた恒雄と東子は、無神経だと達郎をしかり追い返す。そんな時、唄子(高橋ひとみ)が正式に慰謝料を請求してきた。

詳細

第5回 母さんだってしてみたい

324ポイント 購入する

第5回 母さんだってしてみたい

324ポイント 8日間 46:47

東子(篠ひろ子)に占い本執筆の依頼がきた。彼女は依頼を受けるつもりだったが、恒雄(古谷一行)に猛反対され、「私だってやりたいことがしたい」とケンカになってしまう。恒雄は出版社の尾形(美木良介)への嫉妬もあって、東子に仕事を許す気になれないのだ。東子は恒雄に内緒で仕事を始めようとするが、偽名を使ってかけてきた尾形の電話を恒雄が受けてしまう。恒雄は激怒し、2人の仲はさらに険悪化する。
そんな中、摩耶(富田靖子)が慰謝料の件を知ってしまった。責任を感じた彼女は、「私に払わせて」と恒雄らに申し出る。しかし、東子は「無理して払って、達郎(西島秀俊)の食事が粗末になるんじゃ・・・」とつい口を滑らせてしまう。そんな状況を見かねた恒雄は、「仕事を始めることで東子のイライラが解消するなら」と占い本の話を許すことにする。

詳細

第6回 ただならぬ予感

324ポイント 購入する

第6回 ただならぬ予感

324ポイント 8日間 46:49

東子(篠ひろ子)は家の中をのぞき込んでいる唄子(高橋ひとみ)を見かける。声をかけるが唄子は逃げるように走り去ってしまう。慰謝料のことなら堂々と訪ねて来ればいいのに、どうも様子が変だ。東子は恒雄(古谷一行)が唄子と不倫をしているのではと疑う。一方、バイト先をクビになった達郎(西島秀俊)は、摩耶(富田靖子)の職場に立ち寄る。すると、楽しそうに食事をする摩耶と要(別所哲也)を目撃。帰宅後、2人はケンカになり摩耶は家を飛び出してしまう。
そんな中、夫のことでムシャクシャしている東子は占い本の打合せの後、尾形(美木良介)を相手にヤケ酒をあおり酔い潰れてしまう。尾形から「今夜は泊める」と連絡を受けて2人の関係を疑った恒雄は、血相を変えて彼の事務所に向かい、ソファで寝ている東子を無理やり家へ連れ帰る。

詳細

第7回 父さんだって好かれたい

324ポイント 購入する

第7回 父さんだって好かれたい

324ポイント 8日間 46:47

達郎(西島秀俊)は家を出た摩耶(富田靖子)を実家まで迎えに行くが、重松(泉谷しげる)から摩耶が2世帯同居に不満を持っていると聞かされ、「帰ってこなくていい」と言ってしまう。しかし、そうは言っても摩耶が気になって仕方ない彼は、再度迎えに行く。だが、要(別所哲也)と話す摩耶を目撃してショックを受け、その場を立ち去る。一方、占い本の仕事を始めた東子(篠ひろ子)は、相変わらず帰りが遅い。恒雄(古谷一行)は尾形(美木良介)との関係を心配し、仕事を辞めるよう頼む。そんな時、千奈美(夏川結衣)が家族に内緒で晃(池田政典)と部屋を借りていたことが発覚。恒雄はマンションに怒鳴り込み、「部屋を解約しろ」と迫るが、逆に「1階の部屋に久良子(大寳智子)と一緒じゃ狭すぎる」と言い返される。何かと問題の多い毎日に嫌気がさした恒雄は、偶然会った唄子(高橋ひとみ)を誘い飲みに出かける。

詳細

第8回 今夜は鍋から始まった

324ポイント 購入する

第8回 今夜は鍋から始まった

324ポイント 8日間 46:47

摩耶(富田靖子)は宮沢家への帰途、つい要(別所哲也)のマンションの前まで来てしまい、唄子(高橋ひとみ)に見つかる。彼女は要から「いつでもおいで」と言われ、複雑な気持ちになる。一方、宮沢家では千奈美(夏川結衣)が借りたマンションをめぐって口論が続いていた。結局、1軒を全員で使うことに話はまとまり、恒雄(古谷一行)が2階の達郎(西島秀俊)夫婦の説得役に選ばれた。
翌日、夕食の買い物をしていた東子(篠ひろ子)は達郎たちに会い、鍋料理をするから来ないかと持ちかける。一家がそろって家族会議を兼ねた食事が始まるが、みんな主張するばかりでまとまらない。見かねた恒雄は、自分たちの寝室を千奈美に貸すという結論を出す。東子は仕事場を失い、尾形(美木良介)の事務所を使う羽目になる。そんなある日、恒雄は唄子から摩耶が要の家を訪れていたことを聞かされる。

詳細

第9回 みんな出て行った

324ポイント 購入する

第9回 みんな出て行った

324ポイント 8日間 46:48

恒雄(古谷一行)のもとに重松(泉谷しげる)が訪ねてきた。達郎(西島秀俊)とアパートを借りることにしたと摩耶(富田靖子)から連絡があったのだ。そんな中、千奈美(夏川結衣)から、晃(池田政典)とマンションに泊まると連絡が入る。夫婦の部屋を提供してまでもマンションを解約させようとしていた恒雄は、翌日帰宅した彼女に激怒。洋服を持ち出そうとする娘の強行姿勢にカギを取り上げるが、父親の態度に反発した彼女は家出してしまう。
一方、達郎と摩耶も引っ越しの準備を進め、留まってほしいという恒雄の話には耳を傾けない。東子(篠ひろ子)も、「仕事ができない」と尾形(美木良介)の事務所に入り浸るようになり、ついに愛を告白されてしまう。恒雄は何の為に建てた二世帯住宅かとむなしくなり、離れ離れになっていく家族に頭を抱える。そして、誰もいなくなった家で意地になってリビングに自分の布団を敷く。

詳細

第10回 だから一緒に暮らせない

324ポイント 購入する

第10回 だから一緒に暮らせない

324ポイント 8日間 46:48

恒雄(古谷一行)とケンカして家を出て、尾形(美木良介)の事務所で2晩過ごした東子(篠ひろ子)。恒雄の留守中に着替えを取りに戻ると、リビングに恒雄の布団が敷かれていた。こんなにしてまで家族にいてほしいのかと、東子は恒雄がかわいそうになる。一方、重松(泉谷しげる)は、摩耶(富田靖子)が宮沢家で苦労している様子に、要(別所哲也)と結婚させればよかったと後悔し始める。要が摩耶に未練があると知り「今からでも遅くない」と要をたきつける。
ある日、唄子(高橋ひとみ)に誘われ飲み過ぎた恒雄は、唄子に家まで送ってもらうが、帰ってきた東子と鉢合わせ。「そっちがその気なら」と、東子は怒って家を出てしまう。家族がバラバラになるのを恐れた恒雄は、家族全員が集まってクリスマスパーティーを開くことを提案。しかし、千奈美(夏川結衣)は晃(池田政典)と、東子は尾形とデートをするとパーティーを断る。

詳細

最終回 世界中の誰よりも

324ポイント 購入する

最終回 世界中の誰よりも

324ポイント 8日間 46:13

恒雄(古谷一行)はバラバラになってしまった家族に「クリスマスイブは一緒に過ごそう」と声をかける。しかし、東子(篠ひろ子)は尾形(美木良介)とデートの約束があると断る。一方、摩耶(富田靖子)は要(別所哲也)からイブのデートに誘われ心が揺れる。悩んだあげく東子に相談すると「会って自分の気持ちを確かめたら」と優しく言われる。イブの夜、恒雄は尾形の事務所を訪問。東子と会うつもりかと尾形に詰め寄り、あげくの果てにケンカをしてしまう。
そんな中、唄子(高橋ひとみ)から要が摩耶と会うらしいという電話を受けた恒雄は、2人が約束するレストランに向かう。そこには心配して駆けつけた東子や唄子、重松(泉谷しげる)らが集まっていた。その後、摩耶を連れて家へ戻った恒雄らは、帰ってきた千奈美(夏川結衣)らと共にパーティーを始める。2世帯住宅はこりごりという千奈美や達郎(西島秀俊)とは別に、家族の温かさに触れた摩耶は2階へ戻ることを決意する。

詳細

キャスト

製作年 1992年 製作国   日本

これもチェック

 木曜日の食卓を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001