ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

ひと夏のラブレター

2組の夫婦がお互いに不倫に走る過程を通し、夫婦の幸せの在り方を問いかける恋愛ドラマ。松下由樹と神田正輝、黒木瞳と高橋克典がそれぞれ演じる。

2016年08月05日 配信開始

お得なまとめ買い

第1回~最終回

1620ポイント 購入する
58%
OFF

第1回~最終回

3,888ポイント 1,620ポイント 58%OFF 30日間
  • 第1回 雨のめぐり逢い
  • 第2回 恋愛初期症状
  • 第3回 逢わない約束
  • 第4回 涙のキス
  • 第5回 お願い、忘れて!
  • 第6回 愛してる…
  • 第7回 今、恋してるの!?
  • 第8回 雨に抱かれて…
  • 第9回 愛が壊れるとき
  • 第10回 この世の果てまで
  • 第11回 ついに結ばれて…
  • 最終回 真実の愛

各話一覧

並び順

第1回 雨のめぐり逢い

324ポイント 購入する

第1回 雨のめぐり逢い

324ポイント 8日間 47:04

夫や娘のために忙しく主婦業をこなす北村亜樹(松下由樹)は、円満な日々を生き生きと暮らす活発な若奥様。ある日、突然の雨に見舞われて急いで帰宅すると、自宅の軒下で見知らぬ男性が雨宿りをしていた。慌てて雨宿りの事情を説明する田辺黎(高橋克典)に、亜樹は何か新鮮な感情を覚える。そして、ごく自然に黎を家に入れ、タオルを差し出していた。一方、亜樹の夫・浩一(神田正輝)は、喫茶店である女性に出会う。雨に濡れて店内に入って来て、泣きながらウイスキーのロックを一気飲みする池島美佳(黒木瞳)に、浩一は何かを感じていた。

詳細

第2回 恋愛初期症状

324ポイント 購入する

第2回 恋愛初期症状

324ポイント 8日間 47:04

作家の品川富子(野際陽子)にエッセイを引き受けてもらったお礼をするために、黎(高橋克典)の妻・美佳(黒木瞳)はホームパーティーを開くことにする。亜樹(松下由樹)は黎からホームパーティーの誘いを受けるが、行く気にはなれなかった。しかし、浩一(神田正輝)が一緒ならと出席を決める。後日、亜樹は仕事を始めようと生協に交渉へ向かう。するとそこで黎と遭遇。2人で喫茶店に入ると、黎がついに亜樹に告白をしてしまう。さらに、その様子を偶然通りかかった富子の息子・弘(渡辺いっけい)が目撃。一方、浩一は美佳に会いたくて、出会った喫茶店へ。すると美佳が姿を現し・・・。

詳細

第3回 逢わない約束

324ポイント 購入する

第3回 逢わない約束

324ポイント 8日間 47:04

亜樹(松下由樹)と黎(高橋克典)が働く生協の新店舗オープン日。残業を頼まれた黎の代わりに、亜樹は美佳(黒木瞳)の連れ子・歩(明石亮太朗)を家で預かった。仕事を終えた黎も一緒に夕食を食べることになり、亜樹の娘・理沙(市川麻里奈)も含め4人で食卓を囲む。会話の中で週末に江の島に行くという黎と歩に、理沙は自分も行きたいと言い出す。そんな中、美佳と会っていた浩一(神田正輝)が帰宅。その夜、黎が自分の席に座っていたことが不満な浩一は、亜樹に「家族の食卓を黎と囲むのはおかしい」と告げる。また、仕事がうまくいっていないことを打ち明けられた亜樹は、今まで通り夫を愛して、支えると心に決めるが・・・。

詳細

第4回 涙のキス

324ポイント 購入する

第4回 涙のキス

324ポイント 8日間 47:04

黎(高橋克典)は仕事が入ってしまい、週末に歩(明石亮太朗)と約束していた海へ行けなくなる。黎は江の島の実家に遊びに行く北村家に、歩も連れて行ってほしいと頼む。北村家は依頼を引き受け、歩も一緒に実家での時間を楽しんでいた。しかし、浩一(神田正輝)が急用で東京に戻ることに。その頃、浩一と入れかわるように、仕事を終えた黎が江の島へと向かっていた。突然現れた黎の姿に驚く亜樹(松下由樹)。その夜、ホテルに泊まる黎と実家にいる亜樹は互いへの思いで眠れず、それぞれ浜辺へと向かう。そこで遭遇した2人は、思いを止めることができず、自然に身を寄せ・・・。

詳細

第5回 お願い、忘れて!

324ポイント 購入する

第5回 お願い、忘れて!

324ポイント 8日間 47:12

富子(野際陽子)は、喫茶店で亜樹(松下由樹)と黎(高橋克典)が見つめ合う姿を目撃。その頃、浩一(神田正輝)と美佳(黒木瞳)はいつもの喫茶店にいた。そして美佳は、「私たちが求め合った夜に、黎と亜樹にも何か起こっている」と言い出し、浩一を動揺させる。そんな中、浩一の亜樹に対する疑惑と、亜樹の浩一に対する後ろめたさが交差して、2人の気持ちはすれ違い始める。一方、黎と美佳にもすれ違いが見え始め、2組の夫婦に危機が訪れようとしていた。さらに弘(渡辺いっけい)は、この危機に気付いた富子のエッセイが勢いを増しそうな嫌な予感がしていた。

詳細

第6回 愛してる…

324ポイント 購入する

第6回 愛してる…

324ポイント 8日間 47:04

亜樹(松下由樹)は富子(野際陽子)と喫茶店にいた。"燃えるような真実の愛"を語る富子に、亜樹は黎(高橋克典)とキスしたことを話してしまう。そんな中、恵(稲森いずみ)から、「浩一(神田正輝)と美佳(黒木瞳)が抱き合っているのを見た」と連絡が入る。亜樹が恵のいる喫茶店を訪れると、そこにたまたま美佳がやってくる。気まずい雰囲気の中、美佳は「この店は仕事でよく使用するだけ」だと説明した。その後、美佳は区役所に向かい、婚姻届を受け取るが・・・。

詳細

第7回 今、恋してるの!?

324ポイント 購入する

第7回 今、恋してるの!?

324ポイント 8日間 47:04

ある日、亜樹(松下由樹)が品川家に配達に行くと、黎(高橋克典)が弘(渡辺いっけい)と仕事の打ち合わせをしていた。そこで亜樹は黎から、美しの丘で開催されるスタンプラリーに、理沙(市川麻里奈)と歩(明石亮太朗)を連れて行こうと誘われる。一方、浩一(神田正輝)と美佳(黒木瞳)は、亜樹と黎が愛しあっているという不安を打ち明け合っていた。スタンプラリー当日、弓絵(横山めぐみ)はカメラ片手に、今日こそ2人の決定的瞬間を撮ろうと張り切っていた。そしてとうとう、手をつなぎ幸せそうに子どもたちを見つめる姿が撮られてしまう。亜樹と黎は、この写真をめぐってひと騒動起きるとは知る由もなく・・・。

詳細

第8回 雨に抱かれて…

324ポイント 購入する

第8回 雨に抱かれて…

324ポイント 8日間 47:12

浩一(神田正輝)は自分がリストラ対象になったことを亜樹(松下由樹)に言えずにいた。亜樹は仕事に大忙しで、娘の理沙(市川麻里奈)も黎(高橋克典)の家に行きたがり、浩一は孤独を感じ始める。一方、美佳(黒木瞳)は婚姻届にサインをしない黎にイラついていた。なんとか黎にサインをさせた美佳は、早速区役所へ向かう。だが、区役所には先日のスタンプラリーで撮影された亜樹と黎の写真が展示されていた。写真を見た美佳は思わず浩一に電話をかける。しかし、電話に出た瞬間、浩一は恵(稲森いずみ)から強引にキスをされる。驚く浩一に更にキスを続ける恵に、いつの間にか浩一もそれに応えていた。その後、美佳が黎に写真を見せたのがきっかけで、黎は亜樹への気持ちを美佳に告白してしまう。

詳細

第9回 愛が壊れるとき

324ポイント 購入する

第9回 愛が壊れるとき

324ポイント 8日間 47:04

亜樹(松下由樹)は黎(高橋克典)への思いと、浩一(神田正輝)が恵(稲森いずみ)の家に泊まったことも知り、浩一との危機感で不安だった。そんな中、浩一の気を引こうと一途に突き進む恵の姿に、次第に浩一の心は動かされていた。さらに恵は、亜樹に電話をかけてきて、「浩一は今後私の家に帰ってくる」と宣言。一方、亜樹と黎の間に生まれた恋愛感情に焦りを感じた美佳(黒木瞳)の強引な行動に、黎と歩(明石亮太朗)の生活もバランスを崩し始めていた。そこで美佳は、亜樹を訪ねる。美佳は亜樹に「亜樹に対する黎の思いは全てゲーム。イラストレーターとしていい絵を描くための恋愛だ」と忠告。亜樹が黎と恋愛していることを認めないでいると、美佳はスタンプラリーのときの写真を見せつける。

詳細

第10回 この世の果てまで

324ポイント 購入する

第10回 この世の果てまで

324ポイント 8日間 47:04

思いつめた亜樹(松下由樹)は、浩一(神田正輝)の会社に向かう。すっかり落ちぶれた夫の姿を見た亜樹は驚き、「今夜は早く帰ってきて」と伝えるのが精いっぱいだった。恵(稲森いずみ)が会社を休んでいたため、亜樹はそのまま恵の家へと足を向けていた。恵は「来ると思っていた」と余裕の表情で出てきた。その上、「あなたはもう浩一に愛されていない」とまで言われ、亜樹は思わず手をあげてしまう。反抗的になった恵は、ついに3人で話し合うことを提案。呼び出された浩一は困惑しながら亜樹を家に連れ戻すが、2人は激しく口論に。浩一への不信感や抑えていた思いに追い込まれた亜樹は、ついに黎(高橋克典)への気持ちを浩一に告白してしまう。

詳細

第11回 ついに結ばれて…

324ポイント 購入する

第11回 ついに結ばれて…

324ポイント 8日間 46:57

浩一(神田正輝)に黎(高橋克典)への思いを告白してしまった亜樹(松下由樹)は、理沙(市川麻里奈)を送りにきた黎の車に乗り込む。このまま駆け落ちをするのではと不安になった浩一は、すぐに美佳(黒木瞳)にも連絡。亜樹と黎は一緒にいたい気持ちを押し殺して、その日は帰宅。駆けつけた美佳は、「この場ではっきりしよう」と言い出し、亜樹と黎はついに互いに愛しあっていることを告白。2人はこの街から出て行く覚悟までできていた。それを聞いた富子(野際陽子)は自分の常宿を手配。子どもを連れた2人は早速箱根へと向かった。自然の中で手をつないで散歩をしたり、語り合う幸せな亜樹と黎の前に、突然富子が現れる。さらに、その富子の後をつけて美佳まで現れて・・・。

詳細

最終回 真実の愛

324ポイント 購入する

最終回 真実の愛

324ポイント 8日間 46:42

富子(野際陽子)は、亜樹(松下由樹)と黎(高橋克典)の真実の愛を皆に見せようと、ホームパーティーを企画。亜樹と黎は箱根から戻る途中に小さなアンティーク店を見つけ、街を一緒に出るときはこの店で待ち合わせると決める。ホームパーティー当日、一同の視線は亜樹と黎に向けられていた。そんな中、美佳(黒木瞳)は「夢を捨てて幸せになれるのか?」と黎に詰め寄る。黎は美佳と浩一の前で、「亜樹と理沙(市川麻里奈)を幸せにする。そしてもう油絵は描かない」と約束した。先に出て行った黎に「必ず後を追う」と伝えた亜樹は、黎の待つアンティーク店に向かうことができるのか・・・。

詳細

キャスト

製作年 1995年 製作国   日本

これもチェック

 ひと夏のラブレターを見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001