ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り シリーズ一覧

落語研究会「五貫裁き」三遊亭歌武蔵

国立劇場小劇場で人気落語家の口演が披露されるTBS主催の「落語研究会」から、珠玉の演目を厳選!今回は三遊亭歌武蔵による「五貫裁き(ごかんさばき)」をお届け。

2016年08月05日 配信開始

各話一覧

落語研究会「五貫裁き」三遊亭歌武蔵

432ポイント 購入する

落語研究会「五貫裁き」三遊亭歌武蔵

432ポイント 8日間 39:04

「落語研究会」は、明治38年に当時の落語界に危機感を持った落語家たちが、"落語の研究、後進の養成、寄席改良"をスローガンに、本格の落語を目指して始まった歴史ある会。現在では、落語家が人前で演じることによって芸を研くことに重点がおかれ、TBS主催により毎月国立劇場小劇場で当代の人気落語家たちによって、珠玉の演目が披露されている。お届けするのは、三遊亭歌武蔵(さんゆうてい・うたむさし)による「五貫裁き(ごかんさばき)」。

「五貫裁き」
ある日。神田三河町の長屋に住む八五郎が、大家の元へ。ばくち場の下働きをしているが、堅気になり八百屋を始めたいという八五郎は、元手を借りに来たのだ。そこで大家は、まず、物持ちの知り合いを訪ね歩いて寄進を募るよう勧め、彼を送り出す。ところが、八五郎はすぐに戻って来た。額からが血が流れている。八五郎は最初に、祖父が昔、恩を売ったという徳力屋万右衛門の家へ向かった。だが、たった一文しか出さないのに腹を立てた八五郎は、銭を万右衛門に投げつけて詰め寄ったものの、逆にきせるで額を叩かれたという。大家は八五郎を伴い、南町奉行所に訴え出ることに。

詳細

キャスト

製作年 2016年 製作国   日本

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001