ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

雨よりも優しく

浅野ゆう子TBS連続ドラマ初主演!30歳を目前にした29歳の男女7人が同窓会で再会。そんな彼らの"揺れる日常"をややコミカルなタッチで描くシティ・ロマン。

2016年09月16日 配信開始

お得なまとめ買い

第1回~最終回

1620ポイント 購入する
58%
OFF

第1回~最終回

3,888ポイント 1,620ポイント 58%OFF 30日間
  • 第1回 再会
  • 第2回 その電話
  • 第3回 嘘
  • 第4回 大人の恋
  • 第5回 抱擁
  • 第6回 激しく
  • 第7回 揺れる心
  • 第8回 切ない夜に
  • 第9回 そこに誰がいるの
  • 第10回 タイム・カプセル
  • 第11回 対決
  • 最終回スペシャル さよなら29歳

各話一覧

並び順

第1回 再会

324ポイント 購入する

第1回 再会

324ポイント 8日間 46:30

吉祥寺でひとり暮らしをする鈴木今雨子(浅野ゆう子)は29歳。彼女は上司の菊池孝二(小野寺昭)との不倫を精算するために会社を辞めたが、菊池からは毎日電話がかかってくる。そんな中、一流商社勤務の友人・庄司絵里(阿知波悟美)が、同窓会を提案してきた。そして集まった6人は20年ぶりに再会。外国人向け日本語教師の並木泉(黒木瞳)、歯科技工士の青山有紀(田中美佐子)、広告代理店の営業マンの荒井保(宅麻伸)、信用金庫勤務の鮫島昇(郷田ほづみ)。全員独身の29歳。それぞれ30歳を目前に悩みを抱えていたが、酒が入って陽気になっていた。絵里は保と昇の両方に興味を持ち、保は今雨子にモーションをかける。有紀は何か隠し事をしているようだし、泉はさりげなく1人で帰ろうとする。だが、今雨子が密かに期待していた渋谷晴男(時任三郎)は来なかった。

詳細

第2回 その電話

324ポイント 購入する

第2回 その電話

324ポイント 8日間 46:23

今雨子(浅野ゆう子)は保(宅麻伸)の紹介で、彼が勤める広告代理店に入社。仕事をしながら晴男(時任三郎)とのデートで、「主人がいる」とウソをついたことを思い出していた。保はそれを見抜き、今雨子を飲みに誘う。そこへ保が過去に関係を持った黒沢のぞみ(田中美奈子)が割り込んできた。保は出来心だったが、のぞみはのぼせ上がり保に迫っていた。一方、晴男は同棲相手の泉(黒木瞳)と共同生活について、いさかいになっていた。後日、勤務中の今雨子に有紀(田中美佐子)から「遅くなるから子どもを迎えに行ってほしい」と連絡が入る。しかしそれは、恋人に会うためのウソだった。そんな中、今雨子はのぞみに「話を聞いてほしい」と呼び止められる。

詳細

第3回 嘘

324ポイント 購入する

第3回 嘘

324ポイント 8日間 46:23

今雨子(浅野ゆう子)は絵里(阿知波悟美)から2回目の同窓会を提案される。絵里は泉(黒木瞳)にも連絡を入れ、晴男(時任三郎)の番号を聞く。泉は晴男と同棲中であることを隠して番号を教えるが、絵里から晴男宛の電話につい出てしまった。慌てて「妹です」と言うが、絵里はだまされなかった。同窓会当日、泉と晴男は別々に現れた。そして会話の中で晴男に妹がいないことが判明して、今雨子も独身であることがバレそうになる。その後、2次会に泉と晴男は参加しなかった。泉は晴男が今雨子に引かれていることに気付き、探り始める。一方、同窓会を欠席した有紀(田中美佐子)には、5歳下の学生・及川晋太郎(戸田研一郎)という新しい恋人ができていた。

詳細

第4回 大人の恋

324ポイント 購入する

第4回 大人の恋

324ポイント 8日間 46:23

晴男(時任三郎)とのデート当日、今雨子(浅野ゆう子)は保(宅麻伸)から真剣に誘いを受ける。さらに泉(黒木瞳)が近くに来たからと言って、会社を訪ねてきた。そんな中、晴男は仕事でトラブルが発生して、今雨子とのデートに遅れることに。今雨子は仕方がないので、保と泉と3人で飲むことにする。一方、有紀(田中美佐子)は晋太郎(戸田研一郎)に、子どもは好きかを問いかける。自分に3歳の娘がいる事実を、まだ打ち明けられないでいたのだ。そんな中、今雨子はトラブル対応で仕事をしている晴男の元に、差し入れを持って向かう。晴男は窓際に立つ今雨子の肩を抱き、引き寄せる。

詳細

第5回 抱擁

324ポイント 購入する

第5回 抱擁

324ポイント 8日間 46:30

今雨子(浅野ゆう子)が有紀(田中美佐子)と飲んでいると、泉(黒木瞳)もやってきた。そこで今雨子は好きな人が晴男(時任三郎)であることを打ち明ける。今雨子は晴男に同棲相手がいることは知っていたが、それが泉だとは気付いていなかった。帰宅した泉は、今雨子の好きな人を聞いたことを晴男に話し、試してみる。そんな中、今雨子と晴男は土曜日に会う約束をしていた。しかし、今雨子と2人きりになりたい保(宅麻伸)のたくらみで、休日出勤を頼まれる。今雨子は晴男との約束をキャンセルするが、晴男は今雨子を待つという。保と別れた今雨子は、急いで晴男が待つ店に向かう。深夜まで飲み、話し、2人はもつれ合いながらホテルへと入る。

詳細

第6回 激しく

324ポイント 購入する

第6回 激しく

324ポイント 8日間 46:30

今雨子(浅野ゆう子)とホテルで一夜を過ごした翌朝、帰宅した晴男(時任三郎)は泉(黒木瞳)に「会社の人と飲んでいた」と話す。しかし、テーブルの上にはその会社の人からの電話メモが置いてあり、晴男はウソをついたことを謝罪する。一方、今雨子は有紀(田中美佐子)の家に遊びに行く。するとそこに晋太郎(戸田研一郎)が帰ってきた。彼は有紀と結婚すると言っているらしい。後日、今雨子は泉から食事に誘われたので、絵里(阿知波悟美)と保(宅麻伸)も誘って店に向かう。そして帰りのタクシーの中で保は、晴男の同棲相手が泉だと暴露。翌日、晴男に会った今雨子は泉とのことを聞いてみると、「彼女との関係は冷めているが、別れるつもりはない」と言われてしまう。この一言で今雨子はある作戦を思い付く。昼食をとる晴男の前に今雨子の夫を名乗る男が現れて・・・。

詳細

第7回 揺れる心

324ポイント 購入する

第7回 揺れる心

324ポイント 8日間 46:23

タイムカプセルが勝手に掘り起こされたと絵里(阿知波悟美)から連絡が入る。驚いた今雨子(浅野ゆう子)、有紀(田中美佐子)、泉(黒木瞳)、昇(郷田ほづみ)が集まった。盛り上がったみんなに泉は自分の家に移動することを提案。今雨子は仕方なく同行するが、居心地が悪くなり帰ろうとする。するとそこに晴男(時任三郎)が帰宅し、みんなを驚かせる。一方、有紀は夕食の支度をするが晋太郎(戸田研一郎)が帰ってこない。電話をすると、法事で実家の日光に帰るというので、見送りに行くことに。翌日、晋太郎が乗った電車の発車ベルが鳴ると、有紀は反射的に飛び乗ってしまう。それなのに晋太郎は、何も言ってはくれない。その夜、今雨子に「死にたい」と有紀から電話が入る。今雨子は日光へ急ぐが、到着すると有紀はケロリとしていた。そんな中、今雨子が日光にいると聞いた晴男は車で日光へと向かう。

詳細

第8回 切ない夜に

324ポイント 購入する

第8回 切ない夜に

324ポイント 8日間 46:23

今雨子(浅野ゆう子)は保(宅麻伸)から妙な話を聞く。泉(黒木瞳)が酔った勢いで、行方不明になったタイムカプセルのことを口走り、深夜にもかかわらず探しに行くそぶりまでしたという。保は泉が隠したのではないかと疑っていた。晴男(時任三郎)はそのことを聞かされてとまどうが、疑いを捨てきれないでいた。一方、泉は崩れそうになる自分を懸命に支えているが、今雨子と晴男の件で希望も意地も失くしてしまう。あるのは晴男をつなぎとめたいという気持ちだけ。そして、迷いの中にいる今雨子に衝撃的なニュースをもたらしたのは、またしても保だった。晴男と泉が正式に入籍することになり、「パーティーを開くので来てほしい」と晴男から伝言を頼まれたという。そんな中、有紀(田中美佐子)は晋太郎(戸田研一郎)から「実家に行こう」と言われ、有頂天になっていた。

詳細

第9回 そこに誰がいるの

324ポイント 購入する

第9回 そこに誰がいるの

324ポイント 8日間 45:45

晴男(時任三郎)と泉(黒木瞳)の入籍パーティーの後、酔った晴男、泉、有紀(田中美佐子)、保(宅麻伸)、昇(郷田ほづみ)、絵里(阿知波悟美)は、仮病で欠席した今雨子(浅野ゆう子)を見舞いに行く。晴男はシングルベッドが1つしかない今雨子の寝室を見て、「結婚している」と言った言葉がウソだったと初めて気付く。その夜、晴男はわざと今雨子の部屋に忘れ物をして、再度会う口実をつくる。約束の待ち合わせ場所に向かうと、忘れ物は喫茶店の店員に預けられていて、今雨子は姿を見せなかった。彼女は断腸の思いで未練を断ち切ろうとしたのだ。1人で時間を費やすことに耐えかねた今雨子は、有紀の家へ足を運ぶ。するとそこで意外な物を発見してしまう。

詳細

第10回 タイム・カプセル

324ポイント 購入する

第10回 タイム・カプセル

324ポイント 8日間 46:30

今雨子(浅野ゆう子)が独身だと気付いた晴男(時任三郎)の心は揺さぶられていた。泉(黒木瞳)との入籍をみんなに発表した手前、今雨子と会ってどうする当てはない。だが、感情を抑えきれず、今雨子の家へと車を走らせる。再会した2人に言葉はなかった。すると晴男は、壊れて閉まらなくなっている水道栓が目に入る。スパナを取りに車に向かい、トランクを開けるとそこには行方不明だったタイムカプセルが入っていた。晴男は泉が犯人だと確信して彼女を問い詰めた。泉は自分が書いた作文を見られたくなかったと告白する。しかし、その内容についてはかたくなに口を閉じた。その夜、晴男から事実を聞いた同級生たちは有紀(田中美佐子)の家に集まり、タイムカプセルの話で盛り上がった。

詳細

第11回 対決

324ポイント 購入する

第11回 対決

324ポイント 8日間 46:15

20年ぶりに掘り起こされたタイムカプセルの話で同級生たちは盛り上がった。中に入れた作文を読み返すと、そこには将来への希望や不安などが書かれていた。一方、今雨子(浅野ゆう子)は今度こそ晴男(時任三郎)への思いを断ち切ろうとしていた。やはり泉(黒木瞳)を裏切ることはできなかった。そして寂しさを紛らわすためか、自分から保(宅麻伸)を飲みに誘った。酔った今雨子はそのまま保の家に向かった。しかしそこにのぞみ(田中美奈子)がやってきた。冷静さを取り戻した今雨子は、2人の関係を悟った。保に関しては自信を持っていただけにショックでもあった。一方、晴男と泉は入籍を済ませたにもかかわらず、ギクシャクした関係が続いていた。口では気にしていないと言う泉だが、彼女の心に受けた傷は深かったのだ。

詳細

最終回スペシャル さよなら29歳

324ポイント 購入する

最終回スペシャル さよなら29歳

324ポイント 8日間 01:10:58

今雨子(浅野ゆう子)との浮気が尾を引いて、入籍したばかりの晴男(時任三郎)と泉(黒木瞳)は争いが絶えない。ついに2人は別居することに。一方、保(宅麻伸)の気持ちが今雨子にあると知ったのぞみ(田中美奈子)は、今雨子に退社を迫る。迷ったあげく今雨子は退社を決意する。そして、有紀(田中美佐子)の身辺にも変化があった。有紀が未婚の母となった原因の石田(益岡徹)が訪ねてきたのだ。さらに、有紀に片思いをしていた昇(郷田ほづみ)は会社を辞めて、以前からの夢だった漫画家になることに。恋の糸は複雑に絡まり、29歳の男女たちの心を揺さぶっていた。

詳細

キャスト

製作年 1989年 製作国   日本

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001