ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

capeta Broad Band Edition

走りたいんだ。誰よりも速く―
熱血レーシング物語!

2009年07月31日 配信開始

お得なまとめ買い

Lap.01~Lap.52

3931ポイント 購入する
30%
OFF

Lap.01~Lap.52

5,616ポイント 3,931ポイント 30%OFF 40日間
  • Lap.01 リミッターをはずせ!
  • Lap.02 オレのカート!
  • Lap.03 初めてのサーキット!
  • Lap.04 フルスロットル!
  • Lap.05 ライバル!
  • Lap.06 チーム・カペタ!
  • Lap.07 エントリー!
  • Lap.08 クラッシュ!
  • Lap.09 コースレコード!
  • Lap.10 タイムトライアル!
  • Lap.11 スタート!
  • Lap.12 バトル!
  • Lap.13 チームオーダー!
  • Lap.14 ウィナー!
  • Lap.15 ステップ・アップ!
  • Lap.16 ペナルティー!
  • Lap.17 オーバーテイク!
  • Lap.18 スポンサー!
  • Lap.19 フェスティバル!
  • Lap.20 パートナー!
  • Lap.21 レーシング・ヒストリー!
  • Lap.22 プレッシャー!
  • Lap.23 ラストチャンス!
  • Lap.24 コンディション!
  • Lap.25 リバース!
  • Lap.26 トラクション!
  • Lap.27 ブルー・フラッグ!
  • Lap.28 チャレンジ!
  • Lap.29 スリック・タイヤ!
  • Lap.30 ハードレイン!
  • Lap.31 サイド・バイ・サイド!
  • Lap.32 ファイナル・ラップ!
  • Lap.33 プレゼンテーション!
  • Lap.34 スカウト!
  • Lap.35 パフォーマンス!
  • Lap.36 アイドリング!
  • Lap.37 ニューマシン!
  • Lap.38 フォーミュラ・ステラ!
  • Lap.39 ファースト・ステップ!
  • Lap.40 シフトアップ!
  • Lap.41 ブラインド・コーナー!
  • Lap.42 ターニング・ポイント!
  • Lap.43 ヒートアップ!
  • Lap.44 ピット・イン!
  • Lap.45 ビクトリー・ロード!
  • Lap.46 オーディション!
  • Lap.47 パーフェクト・ウィン!
  • Lap.48 ネクスト・ステージ!
  • Lap.49 バーサス!
  • Lap.50 セカンド・ドライバー!
  • Lap.51 レッドゾーン!
  • Lap.52 チェッカー・フラッグ!

Lap.01~Lap.06

518ポイント 購入する
20%
OFF

Lap.01~Lap.06

648ポイント 518ポイント 20%OFF 7日間
  • Lap.01 リミッターをはずせ!
  • Lap.02 オレのカート!
  • Lap.03 初めてのサーキット!
  • Lap.04 フルスロットル!
  • Lap.05 ライバル!
  • Lap.06 チーム・カペタ!

Lap.07~Lap.11

432ポイント 購入する
20%
OFF

Lap.07~Lap.11

540ポイント 432ポイント 20%OFF 7日間
  • Lap.07 エントリー!
  • Lap.08 クラッシュ!
  • Lap.09 コースレコード!
  • Lap.10 タイムトライアル!
  • Lap.11 スタート!

Lap.12~Lap.16

432ポイント 購入する
20%
OFF

Lap.12~Lap.16

540ポイント 432ポイント 20%OFF 7日間
  • Lap.12 バトル!
  • Lap.13 チームオーダー!
  • Lap.14 ウィナー!
  • Lap.15 ステップ・アップ!
  • Lap.16 ペナルティー!

Lap.17~Lap.21

432ポイント 購入する
20%
OFF

Lap.17~Lap.21

540ポイント 432ポイント 20%OFF 7日間
  • Lap.17 オーバーテイク!
  • Lap.18 スポンサー!
  • Lap.19 フェスティバル!
  • Lap.20 パートナー!
  • Lap.21 レーシング・ヒストリー!

Lap.22~Lap.26

432ポイント 購入する
20%
OFF

Lap.22~Lap.26

540ポイント 432ポイント 20%OFF 7日間
  • Lap.22 プレッシャー!
  • Lap.23 ラストチャンス!
  • Lap.24 コンディション!
  • Lap.25 リバース!
  • Lap.26 トラクション!

Lap.27~Lap.31

432ポイント 購入する
20%
OFF

Lap.27~Lap.31

540ポイント 432ポイント 20%OFF 7日間
  • Lap.27 ブルー・フラッグ!
  • Lap.28 チャレンジ!
  • Lap.29 スリック・タイヤ!
  • Lap.30 ハードレイン!
  • Lap.31 サイド・バイ・サイド!

Lap.32~Lap.36

432ポイント 購入する
20%
OFF

Lap.32~Lap.36

540ポイント 432ポイント 20%OFF 7日間
  • Lap.32 ファイナル・ラップ!
  • Lap.33 プレゼンテーション!
  • Lap.34 スカウト!
  • Lap.35 パフォーマンス!
  • Lap.36 アイドリング!

Lap.37~Lap.41

432ポイント 購入する
20%
OFF

Lap.37~Lap.41

540ポイント 432ポイント 20%OFF 7日間
  • Lap.37 ニューマシン!
  • Lap.38 フォーミュラ・ステラ!
  • Lap.39 ファースト・ステップ!
  • Lap.40 シフトアップ!
  • Lap.41 ブラインド・コーナー!

Lap.42~Lap.46

432ポイント 購入する
20%
OFF

Lap.42~Lap.46

540ポイント 432ポイント 20%OFF 7日間
  • Lap.42 ターニング・ポイント!
  • Lap.43 ヒートアップ!
  • Lap.44 ピット・イン!
  • Lap.45 ビクトリー・ロード!
  • Lap.46 オーディション!

Lap.47~Lap.52

518ポイント 購入する
20%
OFF

Lap.47~Lap.52

648ポイント 518ポイント 20%OFF 7日間
  • Lap.47 パーフェクト・ウィン!
  • Lap.48 ネクスト・ステージ!
  • Lap.49 バーサス!
  • Lap.50 セカンド・ドライバー!
  • Lap.51 レッドゾーン!
  • Lap.52 チェッカー・フラッグ!

各話一覧

並び順

Lap.01 リミッターをはずせ!

108ポイント 購入する

Lap.01 リミッターをはずせ!

108ポイント 2日間 23:05

小学4年生の平勝平太ことカペタは、父の茂雄と二人で暮らしていた。仕事が忙しい父に運動会にきて欲しいと言えないカペタは、徒競走でノブ(安藤信)が父の声援を受ける様子を見て、ペースを落としてしまう。その頃、仕事先でレーシングカートを目にした茂雄は、クルマ好きのカペタを乗せてやりたいと思い…。

詳細

Lap.02 オレのカート!

108ポイント 購入する

Lap.02 オレのカート!

108ポイント 2日間 23:05

カペタのために、毎晩遅くまで仕事場に残ってレーシングカートを組み立てていた茂雄。だが、廃棄場にある部品だけではかんじんのエンジンが調達できなかった。そんな父のことを心配したカペタがモナミ(鈴木茂波)と一緒に彼の仕事場に潜入すると、そのガレージには「平勝平太」と書かれたカペタ専用のカートがあって…。

詳細

Lap.03 初めてのサーキット!

108ポイント 購入する

Lap.03 初めてのサーキット!

108ポイント 2日間 23:05

エンジンが12万円もすることを知ったカペタは、カートに乗りたいかと聞く茂雄に笑顔で「だいじょーぶ」と答えた。だが、カペタの本当の思いに気づいた茂雄は入門書をめくる。「日本のカートは発電機などに使われるエンジンを用いたことが始まり」という1文を目にした茂雄は、イカリ(井狩)舗装の社長にかけ合い…。

詳細

Lap.04 フルスロットル!

108ポイント 購入する

Lap.04 フルスロットル!

108ポイント 2日間 23:05

カペタはみんなで作ったカートでサーキットを走っていた。だが、コーナーに差しかかるとタイヤが横滑りを起こしてしまう。このカートは右前輪が浮いていて走れないと聞かされるが、走れるからと言ってコースに戻るカペタ。そして、カペタは前を走る青いヘルメットのカートを抜きたいとアクセルを踏み込むが…。

詳細

Lap.05 ライバル!

108ポイント 購入する

Lap.05 ライバル!

108ポイント 2日間 23:05

不利な4サイクルエンジンで2サイクルのカートを追うカペタだったが、結局そのカートを追い抜くことができなかった。戦いは終わり、カペタは青いヘルメットをかぶった少年のナオミ(源奈臣)と、その母である奈々子と対面する。彼らの前で、勝敗を決めるのはカートの性能だけなのかと憤るカペタ。それを見たナオミは…。

詳細

Lap.06 チーム・カペタ!

108ポイント 購入する

Lap.06 チーム・カペタ!

108ポイント 2日間 23:05

情熱あふれるカペタの走りを見た奈々子は、負け知らずで感情を乱すことがないナオミに彼をぶつけたいと考えた。そこでイカリ舗装を訪ねた奈々子は、カペタにレースで使用されるものと同型のエンジンを提供すると申し出る。その代わり、彼女はオートハウスレーシングの一員になって欲しいという条件をカペタに出して…。

詳細

Lap.07 エントリー!

108ポイント 購入する

Lap.07 エントリー!

108ポイント 2日間 23:05

チームカペタが始動した。クラスのみんながデザインしたヘルメットも完成してフレームのゆがみも直り、カペタたちのカート場での走りは快調だった。そして、迎えたSLレース。ナオミに会えたカペタが「明日は同じエンジンで戦える」と口にしたことに対し、彼は鋭い言葉とその走りで"格の違い"を見せつけて…。

詳細

Lap.08 クラッシュ!

108ポイント 購入する

Lap.08 クラッシュ!

108ポイント 2日間 23:04

レース用のKTエンジンを載せ、カペタたちの練習走行が始まった。アクセルを踏んだ途端、突き飛ばされたような感覚を覚えるが、「びびってちゃダメだ」とアクセルを踏み込んだ彼の前にオートハウスのナンバー3が乗るカートがいた。コーナーに近づいても減速しないそのカートを目と足で追った瞬間、カペタのカートは…。

詳細

Lap.09 コースレコード!

108ポイント 購入する

Lap.09 コースレコード!

108ポイント 2日間 23:05

クラッシュしたことで、カペタは"速いクルマ"を操る難しさを知った。そんな中、最後の練習走行に臨むカペタは、自分のカートに「今日、お前はどんな風に走りたい?」と語りかける。そしてレース中、他のカートが強いブレーキングで急激にコーナーを曲がっていく中で、カペタはアクセルを抜いてゆっくりと進んでいき…。

詳細

Lap.10 タイムトライアル!

108ポイント 購入する

Lap.10 タイムトライアル!

108ポイント 2日間 23:05

ジュニア・カデットクラスの最終練習走行で、カペタは堂々のトップタイムを出した。しかも、そのタイムは昨年ナオミが出したコースレコードを抜いたという。休憩時間、こちらに向かってくるナオミを見つけたカペタは、彼の言葉を待つ。東日本ジュニアで5戦全勝してきたナオミは、自分の記録を抜かれて何と言うのか…?

詳細

Lap.11 スタート!

108ポイント 購入する

Lap.11 スタート!

108ポイント 2日間 23:04

ついに決勝が始まった。隊列が整うまで周回するローリングスタートに戸惑うカペタ。そんな彼のペースをオートハウスのタケシとイサムが乱しにかかった。最終練習走行でコースレコードを出したカペタは、奈々子の指示でマークされていたのだった。フラッグが振られ、カペタは複数のカートに後ろから追い抜かれてしまい…。

詳細

Lap.12 バトル!

108ポイント 購入する

Lap.12 バトル!

108ポイント 2日間 23:05

後ろから5番目と最悪のスタートを切ったカペタ。彼のカートに刻まれた傷跡がレースが熾烈な格闘戦であることを物語っていた。練習の時のように誰にも邪魔されず気持ち良く走るにはと考えたカペタは、前にいるカートの"隙間"に突っ込んでいく。その姿に奈々子とナオミ、そして観客の目は釘づけになり…。

詳細

Lap.13 チームオーダー!

108ポイント 購入する

Lap.13 チームオーダー!

108ポイント 2日間 23:05

次々とライバルを追い抜いて4位に浮上し、さらに3位にまで勝ち上がってきたカペタの前に2位のイサムが立ちはだかった。同じチームのタケシを先にいかせるため、ブロックに徹するイサム。果たして、普通のドライバーと違う走りをするカペタのラインを見極めようとするイサムと、前を塞がれたカペタの勝負は…!?

詳細

Lap.14 ウィナー!

108ポイント 購入する

Lap.14 ウィナー!

108ポイント 2日間 23:05

カペタは、イサムとタケシを相手にデットヒートを繰り広げていた。そして、チェッカーフラッグが振り下ろされる。泣きじゃくって喜ぶモナミたちとは裏腹に、カペタの表情は重かった。最後まで気持ち良く走れなかったと落ち込むカペタに、イカリ舗装の社長は"戦いに勝った者が最初になすべきこと"を語る…。

詳細

Lap.15 ステップ・アップ!

108ポイント 購入する

Lap.15 ステップ・アップ!

108ポイント 2日間 23:04

14歳になったカペタは、アルバイトをしながらカートを続けていた。前年度の成績が全日本ジュニア選手権優勝と順調だったカペタの元に、全日本カート選手権のICAクラスへの特別昇格の知らせが届いた。だが、遠征資金もままならず、3年目のフレームで戦わざるを得ない今の体制にカペタやノブの不安は尽きなかった…。

詳細

Lap.16 ペナルティー!

108ポイント 購入する

Lap.16 ペナルティー!

108ポイント 2日間 23:05

バイトに励むあまり、授業中に居眠りをしてしまったカペタは、担任の渋谷から土日の補習授業を言い渡された。今はレースより受験だと言う渋谷に、今じゃなきゃダメなんだと必死で訴えるカペタ。すると、副担任のまどかが中間テストの5科目で合計300点以上取れたら補習は免除という条件を出してきて…。

詳細

Lap.17 オーバーテイク!

108ポイント 購入する

Lap.17 オーバーテイク!

108ポイント 2日間 23:05

レースもバイトも勉強も"結果"を出すと決めたカペタは、モナミやノブの協力で中間テストの勉強に取り組んでいた。まどかと渋谷にも300点以上取れたらレースを観にきて欲しいと頼むカペタ。そんな彼が臨んだICA第2戦。3番手につけて順調に走っていたカペタに、後続のカートが追い抜きをかけて接触してしまい…。

詳細

Lap.18 スポンサー!

108ポイント 購入する

Lap.18 スポンサー!

108ポイント 2日間 23:05

ICAに進み、ますます資金不足に悩まされるようになったチームカペタ。スポンサー集めを思い立ったノブは、近所の真田町商店街の店主たちにかけ合う。だが、別の問題が気がかりだったカペタは、ついもらした一言でノブを怒らせてしまう。そして翌日、ノブたちはイカリ舗装の社長にスポンサーの話をするが…。

詳細

Lap.19 フェスティバル!

108ポイント 購入する

Lap.19 フェスティバル!

108ポイント 2日間 23:04

カペタが雲原カートランドまつりでデモランをすることになった。遠征資金を工面したいノブは、KTエンジンが1等賞の賞品であるメインイベント「2時間耐久レース」に目をつける。その耐久レースのドライバーは交代制だったため、カペタをアンカーにすえてモナミとともに出場することになったノブだったが…。

詳細

Lap.20 パートナー!

108ポイント 購入する

Lap.20 パートナー!

108ポイント 2日間 23:05

茂雄が仕事先で倒れたという連絡を受けたカペタに、ノブは病院へいくよう促した。そしてモナミもカペタとともに病院に向かった今、ノブには交代メンバーがいない状況だった。高熱と苦手な押しがけスタートを繰り返した身体の痛みに耐えながら走るノブ。だが、時間の経過とともにノブの疲労は極限に達してしまい…。

詳細

Lap.21 レーシング・ヒストリー!

108ポイント 購入する

Lap.21 レーシング・ヒストリー!

108ポイント 2日間 23:05

サルッキーの元の飼い主である田川上桃太郎が自分のカートレース初入賞記念パーティーにカペタたちを招待した。その中で、桃太郎はカペタをコレクションルームに連れていく。そこには、モータースポーツの歴史を物語るような本物のマシンが並んでいた。そして、桃太郎はカペタに"勝負"を申し込んできて…。

詳細

Lap.22 プレッシャー!

108ポイント 購入する

Lap.22 プレッシャー!

108ポイント 2日間 23:04

M4シリーズ第2戦の第1レースも、いつものようにトップで走り抜けたナオミ。だが、周囲から賞賛されてもその顔に笑みはなかった。続く第2レースも終わり、徹夜でレポートをまとめ、スポンサーへ報告にいくナオミの目標とは!? そして、奈々子からナオミの今後の話を聞いたカペタは大きな衝撃を受ける…。

詳細

Lap.23 ラストチャンス!

108ポイント 購入する

Lap.23 ラストチャンス!

108ポイント 2日間 23:05

ナオミが来年からクルマのレースに移行することになった。そうなれば資金不足で彼に追いつけなくなるカペタは、今、彼の乗るカートではあと1戦しかもたないため、次のICA第3戦を欠場し、15歳を待ってナオミと同じクラスで"最後の勝負"がしたいと決意する。そんな中、モナミはナオミと同じバスに乗り合わせて…。

詳細

Lap.24 コンディション!

108ポイント 購入する

Lap.24 コンディション!

108ポイント 2日間 23:04

迎えたICA第3戦。カペタは亀裂の入ったフレームで戦わざるを得なかった。そのフレームを応急処置して臨んだ練習走行中、アタックをかけてコーナーを曲がった瞬間、カペタのカートが浮き上がってしまった! 跳ね上がり、コントロールが効かなくなったカートを必死に押さえ込みながら走るカペタだったが…。

詳細

Lap.25 リバース!

108ポイント 購入する

Lap.25 リバース!

108ポイント 2日間 23:05

ICA第3戦、決勝当日。カペタは昨年の全日本ジュニアで1位を取った時のことを思い出していた。一方、イサムも同じレースを振り返っていた。予選で2位だったイサムに「このレース、もう終わったわ」と言い切った奈々子。イサムを変えたその言葉の意味とは…!? さらに、新たなライバルの志波リョウも現れて…。

詳細

Lap.26 トラクション!

108ポイント 購入する

Lap.26 トラクション!

108ポイント 2日間 23:05

フリー走行中にカートの跳ね上がりの対策を試行錯誤していたカペタとノブ。カペタはシートを後ろにずらし、重心をリア(後輪)に集めることにする。だが、前輪が浮き上がってしまい、ハンドルを切ってもカートは曲がらなかった。そんな中、始まったタイムアタックで、カペタはシートを最後部にしたままスタートするが…。

詳細

Lap.27 ブルー・フラッグ!

108ポイント 購入する

Lap.27 ブルー・フラッグ!

108ポイント 2日間 23:05

カペタは、カートに全体重をかけてコーナーを曲がっていた。タイムアタックの1周だけで彼の右脇腹が腫れ上がり、予選、決勝への不安がつのる。そんな時、イサムがカペタに声をかけた。カペタに憧れ、全日本の舞台に立ったと語るイサム。そして予選ヒート中、脇腹の痛みに耐えながら走るカペタの背後に現れたのは…!?

詳細

Lap.28 チャレンジ!

108ポイント 購入する

Lap.28 チャレンジ!

108ポイント 2日間 23:05

リタイアしてしまい、あれ以上走っても無駄だから降りたと答えるカペタにノブはぼう然としていた。リタイアしたせいで決勝では最後尾スタートになる。そこでカペタが提案してきた新たなセットアップに対し、危険だと大反対するカート場管理人の熊田。そんな時、モナミが言ったとおりに雨雲が広がってきて…。

詳細

Lap.29 スリック・タイヤ!

108ポイント 購入する

Lap.29 スリック・タイヤ!

108ポイント 2日間 23:05

雨はついにこなかった。レインではなくスリックタイヤを履かせて臨んだ決勝レース、脇腹の痛みを抱えながらカペタは走る。お金もチームの体力も尽きてチームカペタは終わろうとしている。雨という最後の望みも消えてしまった。その中でも、この先レースを続けられる"何か"が俺にあるのならと思っていたカペタは…。

詳細

Lap.30 ハードレイン!

108ポイント 購入する

Lap.30 ハードレイン!

108ポイント 2日間 23:05

まさかの大雨が降ってきた。溝のないスリックタイヤを履いた上、バランスの取れないフレームで苦戦するカペタ。タイヤが滑ってしまい、アクセルを踏み込むとスピンするため、カペタは足が震えてアクセルを踏めずにいた。さらに、クラッシュした選手がタンカで運ばれていくところを見てしまったカペタは…。

詳細

Lap.31 サイド・バイ・サイド!

108ポイント 購入する

Lap.31 サイド・バイ・サイド!

108ポイント 2日間 23:05

他のカートがコーナーで苦戦する中、カペタは独自の走法でペースを上げていた。一方、トップのイサムは焦っていた。ハンドルを切ったままアクセルを踏めば即スピンという状況だが、背後から突っ込んでくるリョウを見たイサムは…。そして、体重を右側にかけて脇腹の痛みをこらえながら左コーナーを曲がったカペタは…。

詳細

Lap.32 ファイナル・ラップ!

108ポイント 購入する

Lap.32 ファイナル・ラップ!

108ポイント 2日間 23:05

1位のリョウと2位のカペタ、レースはこの2人の勝負に絞られた。ウエットに強いリョウは、絶妙なコントロールでカペタの切り込みを防ぎ、トップを譲らなかった。そして最終コーナー。カペタがアウトにマシンを振ってリョウを抜き去ろうとしたその時、カペタの進路上に周回遅れだった1台のカートが現れて…。

詳細

Lap.33 プレゼンテーション!

108ポイント 購入する

Lap.33 プレゼンテーション!

108ポイント 2日間 23:05

レースでの無茶がたたり、肋骨を折って入院したカペタ。そこへナオミが見舞いにやってきた。その頃、ノブは"フォーミュラ・ステラ"レーシングスクール(FSRS)運営事務局にきていた。カペタをスカラシップ生(奨学生)オーディションに参加させて欲しいと願い出たノブに、事務局の田中はその厳しさを言い渡して…。

詳細

Lap.34 スカウト!

108ポイント 購入する

Lap.34 スカウト!

108ポイント 2日間 23:05

下校途中のモナミは、謎の美人に呼び止められた。一方、レーシングゲームとFSRSの参加申込書を持ったノブが、カペタの病室を訪れた。去年ナオミも受けたオーディションに受かれば、来夏からナオミと同じ条件でレースに出られると喜ぶカペタの元に桃太郎がやってきた。ノブは彼にカペタとのゲーム対戦を持ちかけて…。

詳細

Lap.35 パフォーマンス!

108ポイント 購入する

Lap.35 パフォーマンス!

108ポイント 2日間 23:05

アイドルになるためのレッスンを受け始めたモナミ。自己紹介の時にとんでもないことを口にして周囲を唖然とさせたモナミだったが、隠れた才能を発揮し始める。そんなモナミにローカルCM出演の仕事がきた。撮影場所はミナモトクリニックで、その経営者は奈々子だった。クライアントが"敵"という事態に、モナミは…。

詳細

Lap.36 アイドリング!

108ポイント 購入する

Lap.36 アイドリング!

108ポイント 2日間 23:05

「月刊Jカート」で特集を組まれたカペタの元に、桃太郎からニューマシンが送られてきた。だが、カペタは肋骨が治るまでカートに乗れなかった。さらにフォーミュラ・ステラのオーディション費用も未解決だったために焦ってバイトをこなすカペタと、夜勤や残業を増やす茂雄。そんな時、バイト中のカペタが倒れてしまい…。

詳細

Lap.37 ニューマシン!

108ポイント 購入する

Lap.37 ニューマシン!

108ポイント 2日間 23:05

3年落ちのカートで激戦を繰り広げたカペタに注目が集まっていた。その中で行われた全日本第4戦、カペタをライバル視するリョウとイサムは、フリー走行でタイムを競い合っていた。そんな時、イカリ舗装の社長の車に乗ったカペタがレース会場に降り立つ。そして、カペタはその車からニューマシンを出して…。

詳細

Lap.38 フォーミュラ・ステラ!

108ポイント 購入する

Lap.38 フォーミュラ・ステラ!

108ポイント 2日間 23:05

フォーミュラ・ステラのレースを見学にきたカペタたち。その際、会場にきていた岡から、レース終了後にリョウがフォーミュラ・ステラのマシンを借りて練習するのだと聞いて驚くモナミ。オーディション参加者の多くは事前にフォーミュラ・ステラで練習してくるのだというが、マシンを借りるツテもないチームカペタは…。

詳細

Lap.39 ファースト・ステップ!

108ポイント 購入する

Lap.39 ファースト・ステップ!

108ポイント 2日間 23:05

3日間に渡るFSRSの初日。同じA組のリョウや元全日本ドライバーだった泰選手の娘である紀子など、全国から集まった強豪たちを前に緊張気味のカペタ。さらにフォーミュラのシート合わせが終わった後、マシンの操作をやったことがない人だけ集合と言われてカペタと事前練習に反対したノブは大パニックになり…。

詳細

Lap.40 シフトアップ!

108ポイント 購入する

Lap.40 シフトアップ!

108ポイント 2日間 23:05

2日目の基本走行で順調なスタートを切ったカペタは、フォーミュラの操作と楽しさを身体で覚えていった。その夜、担当講師の新河にレクチャーを受けて1人でイメトレしていたカペタは、リョウに声をかけられる。榛名のレースで周回遅れにぶつかって曲がったのはわざとか?というリョウの挑発的な言葉にカペタは…。

詳細

Lap.41 ブラインド・コーナー!

108ポイント 購入する

Lap.41 ブラインド・コーナー!

108ポイント 2日間 23:05

フリー走行が終わり、A組のカペタやリョウ、そしてベースセッターである石原たちのベストタイムが発表された。石原を除くと、リョウが他のメンバーより頭1つ出ていた。その結果を受けたカペタは、始まった予選タイムアタックで新河のアドバイスと自らの工夫で周(ラップ)を重ねるごとにタイムを上げていくが…。

詳細

Lap.42 ターニング・ポイント!

108ポイント 購入する

Lap.42 ターニング・ポイント!

108ポイント 2日間 23:05

同じA組である伊佐のマシンとの激突で大破したカペタのマシン。吊り上げられたそのマシンを見たカペタは、マシンを壊したら多額の修理費がかかり、合格の目はないというノブの言葉を思い出す。そして、全てが終わったと崩れるように座り込んでしまうカペタ。そんなカペタを見た茂雄が、田中と新河の元に駆け寄って…。

詳細

Lap.43 ヒートアップ!

108ポイント 購入する

Lap.43 ヒートアップ!

108ポイント 2日間 23:04

FSRSの決勝を4番グリッドでスタートしたカペタは、紀子の背後からインに突っ込み追い抜きをかけるが、トライする度に阻まれていた。だが6周目、紀子は左ミラーに映るカペタのマシンの角度が違ってきたことに気づく。そして8周目に起こったカペタと紀子の大勝負! そんなカペタのドライビングを見ていた新河は…?

詳細

Lap.44 ピット・イン!

108ポイント 購入する

Lap.44 ピット・イン!

108ポイント 2日間 23:05

ついに終了したFSRS。受講生ファステストラップを叩き出したカペタだが、予選でクラッシュした彼にスカラシップの最終選考会に呼ばれる望みはあるのか? それを聞くため、ノブは田中の元を訪れた。一方、雲原カートランド・キッズレース大会で子供たちに指導していたカペタは、奈々子から声をかけられて…。

詳細

Lap.45 ビクトリー・ロード!

108ポイント 購入する

Lap.45 ビクトリー・ロード!

108ポイント 2日間 23:05

カペタだけでなくリョウも残っていたFSRSの最終選考。その最終選考前に、カペタはフォーミュラ・ステラのマシンで練習しておきたかったのだが、マシンを貸してくれるあてが見つからなかった。そのため、ノブは最後の手段として新河の元を訪れる。一方、宿敵であるナオミの元に向かったリョウだったが…。

詳細

Lap.46 オーディション!

108ポイント 購入する

Lap.46 オーディション!

108ポイント 2日間 23:05

タイムアタック形式で始まったFSRSの最終選考は、カペタとリョウの一騎討ちになった。午後からはニュータイヤが支給され、両者ともタイムを上げていく。だが、タイヤのおいしい状態が終わってしまい、両者のタイムはガクンと落ちてしまう。そこで、最終セッションを前にカペタはメカニックにある調整を頼んで…。

詳細

Lap.47 パーフェクト・ウィン!

108ポイント 購入する

Lap.47 パーフェクト・ウィン!

108ポイント 2日間 23:05

最終選考でのリョウとカペタのタイムが1000分の1まで同じだったため、スカラシップの最終選考会に呼ぶべき人物の選考に難航していた。3日間に渡るFSRSの中で一番伸びたのだが厳禁のクラッシュも起こしてしまったカペタと、優等生のリョウ。果たして、FSRSの加賀美校長が選ぶのはどちらなのか…!?

詳細

Lap.48 ネクスト・ステージ!

108ポイント 購入する

Lap.48 ネクスト・ステージ!

108ポイント 2日間 23:05

FSRSで声をかけられたパーセックモータースポーツへ通い始めたカペタに16歳の誕生日がきた。フォーミュラ・ステラの正規ドライバーとしてマシンを与えられ、感激もひとしおのカペタ。そして、ようやく"アイツ"と戦えると張り切るカペタは、デビュー第1戦となる静岡のサーキットでリョウに声をかけられて…。

詳細

Lap.49 バーサス!

108ポイント 購入する

Lap.49 バーサス!

108ポイント 2日間 23:05

練習走行で、カペタとリョウを瞬く間に追い抜いたナオミ。練習走行とは思えない気迫を見せつけるナオミもまた、カペタとの勝負を待ち望んでいたのだった。だが、そんなナオミにユーロチームからテスト走行のオファーがきた。その招集時間に到着するために、ナオミは今すぐ日本を発たねばならないのだが…。

詳細

Lap.50 セカンド・ドライバー!

108ポイント 購入する

Lap.50 セカンド・ドライバー!

108ポイント 2日間 23:05

ポールポジションを気迫でもぎ獲った駒沢のマシンがクラッシュして、決勝で使えなくなってしまった。その時、パーセックの坪巻から「平、駒沢に車譲れ」と言われたカペタは、スペアカーで決勝に挑むこととなった。だが、一晩でエンジンを載せ換えただけのそのスペアカーは、練習走行でほとんど曲がらなくて…。

詳細

Lap.51 レッドゾーン!

108ポイント 購入する

Lap.51 レッドゾーン!

108ポイント 2日間 23:05

スペアカーで決勝に挑んだカペタだったが、コーナーを曲がりきれずに飛び出してしまった。砂をかぶったカペタの横を紀子ともう2台が追い抜いていく。そこで"マシンが一番気持ちいい走り"が何かを考えたカペタは、コーナーに深く突っ込んでフルブレーキングすると横滑りしてしまう4輪から何かを見出して…。

詳細

Lap.52 チェッカー・フラッグ!

108ポイント 購入する

Lap.52 チェッカー・フラッグ!

108ポイント 2日間 22:55

残り4周になったところで3位に浮上したカペタのマシンに異変が起こった。このまま走ればエンジンが焼きついてしまう上に、ブレーキも効かなくなってしまったのだ。だが、それでもやるしかないというカペタの執念がリョウを捉える。壊れる寸前のマシンで臨んだメインストレート、チェッカーフラッグを受けたのは…!?

詳細

キャスト

製作年 2005年 製作国   日本

これもチェック

 capeta Broad Band Editionを見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001