ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り シリーズ一覧

JUSTIFIED 俺の正義 シーズン1

独自の正当性を貫き、なおかつ過去を胸に秘めた連邦保安官、レイラン・ギヴンズ(ティモシー・オリファント)は故郷のケンタッキー州に戻り、そこでも今までと同じく法の執行人となる。そして、悪に染まってしまった旧友や、別れた妻、年老いた父親との問題にも直面する。国際的ベストセラー、「3時10分、決断のとき」や「ゲット・ショーティー」の著者であるエルモア・レナードによる短編小説が基となったドラマシリーズ。

第1話 過去との再会

無料 視聴する
無料

第1話 過去との再会

無料 51:53

連邦保安官補レイラン・ギヴンズはマイアミで麻薬カルテルの殺し屋を射殺してしまったために故郷のケンタッキー州へ転任となる。そこでの初仕事はハーランの炭鉱で同僚だった幼なじみのボイド・クラウダーの捜査だった。彼は凶悪な犯行を重ねる白人至上主義グループのリーダーとみなされていたのだ。レイランが捜査を始めた矢先、麻薬売買が行われていた教会が爆破される事件が起きる。主犯はボイドだったが、彼は相棒を政府の内通者と思いこんで殺害してしまった。同じ頃、ボイドの弟ボウマンが妻のエイヴァに射殺されるという事件も起きて、レイランはさらに捜査に引きずり込まれる。エイヴァは高校時代のレイランに憧れていた女性なのだ。

レイランが聴取のためにエイヴァを訪ねると、そこにボイドの子分のデューイ・クロウが現れる。ボイドの命令でエイヴァを迎えに来たのだ。レイランがボイドのみすぼらしい住処を訪れると、大胆な銀行強盗を成功させたボイドが出迎えた。一方、エイヴァは食事に来るようレイランを自宅に招くが、彼は職務上、殺人事件の被告人と親しくできないと断る。しかしモーテルで待機するレイランのところにエイヴァが助けを求める電話をかけてきたためレイランは彼女の家に急行する。その間、保安官たちはボイドの仲間たちと銃撃戦を繰り広げる。

レイランは尾行してきたボイドの仲間に逆襲をかけたのち、エイヴァの家に到着したが、ボイドがエイヴァに銃口を突きつけていた。

詳細

2014年03月20日 配信開始

お得なまとめ買い

第2話~第13話

1814ポイント 購入する
30%
OFF

第2話~第13話

2,592ポイント 1,814ポイント 30%OFF 14日間
  • 第2話 15年目の決断
  • 第3話 フィクサー
  • 第4話 優しい逃亡者
  • 第5話 父との確執
  • 第6話 コレクション
  • 第7話 本当の標的
  • 第8話 ブローバック
  • 第9話 壊れた夢
  • 第10話 ハンマー
  • 第11話 新たな真実
  • 第12話 父と子
  • 第13話 復讐の炎

各話一覧

並び順

第1話 過去との再会

無料 視聴する
無料

第1話 過去との再会

無料 51:53

連邦保安官補レイラン・ギヴンズはマイアミで麻薬カルテルの殺し屋を射殺してしまったために故郷のケンタッキー州へ転任となる。そこでの初仕事はハーランの炭鉱で同僚だった幼なじみのボイド・クラウダーの捜査だった。彼は凶悪な犯行を重ねる白人至上主義グループのリーダーとみなされていたのだ。レイランが捜査を始めた矢先、麻薬売買が行われていた教会が爆破される事件が起きる。主犯はボイドだったが、彼は相棒を政府の内通者と思いこんで殺害してしまった。同じ頃、ボイドの弟ボウマンが妻のエイヴァに射殺されるという事件も起きて、レイランはさらに捜査に引きずり込まれる。エイヴァは高校時代のレイランに憧れていた女性なのだ。

レイランが聴取のためにエイヴァを訪ねると、そこにボイドの子分のデューイ・クロウが現れる。ボイドの命令でエイヴァを迎えに来たのだ。レイランがボイドのみすぼらしい住処を訪れると、大胆な銀行強盗を成功させたボイドが出迎えた。一方、エイヴァは食事に来るようレイランを自宅に招くが、彼は職務上、殺人事件の被告人と親しくできないと断る。しかしモーテルで待機するレイランのところにエイヴァが助けを求める電話をかけてきたためレイランは彼女の家に急行する。その間、保安官たちはボイドの仲間たちと銃撃戦を繰り広げる。

レイランは尾行してきたボイドの仲間に逆襲をかけたのち、エイヴァの家に到着したが、ボイドがエイヴァに銃口を突きつけていた。

詳細

第2話 15年目の決断

216ポイント 購入する

第2話 15年目の決断

216ポイント 2日間 42:47

ボイド・クラウダーが撃たれた傷から回復するころ、レイランは彼の手下のデューイ・クロウを刑務所へと移送していた。逃走を試みるデューイをかわして移送を終えたレイランに、囚人バンドのメンバー2人がパーティの現場から脱走したとの連絡が入った。捜査に向かう途中で寄ったガソリンスタンドで、レイランは運悪く脱走犯プライスとクーパーにでくわす。彼らは店を乗っ取り潜伏していたのだ。クーパーは相棒のプライスを追い払い、レイランの銃を奪って倉庫に閉じこめると逃走した。

同僚のレイチェル・ブルックやティム・ガターソンと捜査を開始したレイランは、クーパーの元妻でストリッパーをしていたシェリー・ケルソを訪ねる。彼女は従兄弟のデュプリーとトレーラーに住んでいるが、クーパーは現れていないと言い張る。しかしレイランらが立ち去った直後にクーパーが現れ、彼が隠したカネをシェリーたちが捜していることを聞き出して、3人で協力してカネを奪還する話が決まる。ところがクーパーが記憶をたどって押し入った家には隠したカネはなかった。クーパーが役に立たないと見たデュプリーは彼を撃ってシェリーと立ち去る。そのころボイドの義妹エイヴァがレイランの元に現れるが、彼は関係を持つことを避ける。そしてふと、クーパーのカネの隠し場所に思い当たるのだった。

デュプリーとシェリーはついにカネが隠された家を突き止めて侵入。そのころレイランとレイチェルは傷を負ったクーパーを発見する。彼が家を間違えたと聞いたレイランたちは、デュプリーらが押し入ったロンナー家を突き止める。家の中ではデュプリーに脅されたロンナー夫妻が、床下からカネを発見し使い果たしたと認めた。怒ったデュプリーはロンナーの足を撃つが、その直後に保安官チームが現れる。レイランは家に入るがロンナー夫妻を人質に取られ、銃をつきつけられる不利な状況に。しかし最後はティムが狙撃銃でデュプリーを射殺し、シェリーは逮捕される。

詳細

第3話 フィクサー

216ポイント 購入する

第3話 フィクサー

216ポイント 2日間 40:04

レイランは父親が飲酒運転で逮捕されたことを知らされる。エイヴァとの関係はレイランが距離感を計っている状態だった。そんなある日アーノルド・ピンターという秘密情報提供者の担当を押しつけられる。ピンターは行きつけのステーキハウスに陣取ってスポーツ賭博の胴元として生計を立てていた。彼は訪ねてきたレイランにタイニーという狂暴な指名手配犯の情報を教える。レイランが帰るとカーティスという男を呼び出し、トラヴィス・トラヴァースから賭博の負債を取り立てるよう依頼する。トラヴィスはかつては裕福だった家庭で育ったプレイボーイである。カーティスが古い屋敷に住むトラヴィスを訪ねると、ピンターがため込んでる金を強奪する計画を持ちかけられる。
一方、無事にタイニーの身柄を確保できたレイランは、2万ドルの懸賞金を携えてステーキハウスへ行くがピンターの姿はなかった。その後ピンターの家を訪ねたレイランはトラヴィスと出くわしピンターは休暇でフロリダに行ったと告げられる。しかし実際ピンターはトラヴィスの家に監禁されていたのだった。金のありかを聞き出そうとするトラヴィスとカーティスだったがピンターが口を割らないため拷問を始めようとする。サマンサが部屋の中に連れてこられ、カーティスが彼女の指を切断すると脅すがピンターは覆面をかぶったカーティスとトラヴィスの正体を見破っただけでなくサマンサも計画に一枚かんでいることも見破る。そしてそこへ訪ねてきたレイランから懸賞金のことを聞いたトラヴィスは、金を独り占めしようとカーティスを撃ち殺す。
トラヴィス宅の異変を感じ取ったレイランは一旦オフィスに戻った後、再び懸賞金を携えてトラヴィスの家に向かう。サマンサが隙を見てピンターを解放する一方でレイランがトラヴィスを射殺するが、レイランもまた負傷してしまう。救出されたピンターはサマンサもまた被害者だと言い張って彼女をかばう。

詳細

第4話 優しい逃亡者

216ポイント 購入する

第4話 優しい逃亡者

216ポイント 2日間 42:07

カリフォルニアのビスタハイツにある駐車場で、ピーター・オールドハムという医師が患者を襲った。このニュースを聞いたレイランとアートは、それが数年前にレイランから逃れた逃亡犯のローランド・パイク、通称ローリーであることに気づく。彼は麻薬カルテルの会計士だったが、組織から25万ドルを盗んで逃亡していたのだ。レイチェルをリーダーとして捜査がスタートする。受付のミンディ・スプリンガーに聴取するために彼の診療所に来たレイランとレイチェルを、ローリーはすぐ近くから観察していた。ローリーの恋人でもあるミンディは彼の素性を知って驚くが診療所から数千ドル相当の金板を持ち出して彼の元へと急ぐ。

ローリーが麻薬カルテルに追われていると知ったミンディは一緒にベリーズに逃亡することに同意する。そしてローリーは逃亡のために、身障者の老人と車を交換する。そのころレイランはミンディの隣人ショーニ・バーネットに頼んで、彼女の携帯からミンディに電話をさせる。電話に出たローリーに、出頭するしか生き延びる道はないと説得するが、カルテルの殺し屋が迫っていることに気づかぬローリーは、その警告を無視して国境へ向かう。しかし国境を越えるための身分証が偽造できないと知って、メキシコ人患者に助けを求めることにした。ローリーを追う殺し屋はカルテルのリーダーから、レイラン殺しも請け負った。

ローリーの元患者ペーニャは、逃亡者である彼への協力を拒否して警察に通報するが、父親が道案内役の密輸業者を紹介する。レイランは自分とローリーを狙う殺し屋に、計画を断念するよう警告するが、それを無視した彼らを射殺する。結局、道案内の男を殺して自分も傷を負ったローリーは、レイランの目の前で狙撃手の銃弾に身をさらした。

詳細

第5話 父との確執

216ポイント 購入する

第5話 父との確執

216ポイント 2日間 43:59

連邦保安官のチームは逃亡犯ウィルソン・トゥーミーが潜伏しているとみられる自宅前で張り込み捜査をしていた。そのころ、65歳になるレイランの父親アーロは、スタン・パーキンスという男が貸家の家賃を払わないと怒って、バットでその家の室内を破壊していた。そして目撃者を装って通報したものの、その場で意識を失ってハンター・モズリー保安官に発見される。ハンターはアーロにパーキンスに謝罪し損害を負担するよう命じるが、アーロは帰宅したパーキンスに襲いかかり逮捕される。そのころレイランはエイヴァとモーテルにいたが、電話をかけてきたヘレンから父の逮捕の話を聞き、しぶしぶ保釈に向かう。その翌日、パーキンスが2人の甥とともにアーロの家に現れ、アーロが盗んだ物を返せとヘレンを脅す。

アーロはヘレンにケガをさせたことでパーキンスを責めるが、レイランがそれを止める。彼はパーキンスから事情を聞くうちにアーロとヘレンが家賃を受け取ったのを忘れていることに気づき、問題の解決は保安官に任せるようにと説得する。しかしアーロはパーキンスの甥2人をバットで襲ったうえに、心臓マヒで倒れてしまった。一方、エイヴァは連邦検事からボイド・クラウダーの射殺について聴取され、レイランとレイチェルはトゥーミーの逮捕にこぎつける。

パーキンスが麻薬売買で服役し、最近釈放されたばかりだと聞いたレイランは、入院中のアーロに危険だから手を出すなと警告する。その後 バーを経営するジョニー・クラウダーと再会したレイランはパーキンスがオキシコンチンという麻薬を売買していることを知ったが、パーキンスは家に隠した麻薬をアーロに盗まれたと主張する。それを聞いてレイランは父の巧妙な計画を疑い始めた。襲撃で逮捕されて息子に保釈させたのも、心臓マヒで倒れたのも、パーキンスから麻薬を奪うための計画の一環なのかもしれないと。

詳細

第6話 コレクション

216ポイント 購入する

第6話 コレクション

216ポイント 2日間 42:32

レイランはアートと共にハンゼルマンという画廊オーナーを訪ねる。ヒトラーの絵のコレクターでもあるハンゼルマンは、連邦保安局が横領犯、カーンズの資産を凍結するのを手伝うことになったのだ。レイランたちはカーンズに、全資産を凍結すると言い渡す。ヒトラーの絵を鑑定していたハンゼルマンは、絵が贋作であると主張する。カーンズはアート・コンサルタントのデヴィッドを呼び出すよう妻に命じる。しかし、レイランたちが引き上げた後、カーンズの妻はデヴィッドの目の前で馬の調教師、グレッグに夫を殺させ、自殺に見せかける工作を行った。カーンズが死ねば詐欺罪が不起訴となり、カーンズの財産が妻のものになるからである。また、偽物の絵を売ったことをバラすと脅してデヴィッドを口止めした。翌朝、FBIがカーンズを逮捕しにやって来たが、カーンズが死んだことを知るとさっさと引き上げていった。暖炉にはカーンズが自殺する前、偽物だと知って燃やしたと思われる絵の灰が残されていた。死体の状況から他殺を疑ったレイランは、暖炉に残っていた灰はヒトラーの絵の贋作ではないというハンゼルマンの言葉を聞き、ますます疑惑を深めるのだった。

ティムから、暖炉の灰はヒトラーの絵の贋作ではなかったと知ったデヴィッドは、カーンズの妻にそのことを問いただす。カーンズの妻は別の絵を燃やしたことを認めるが、再びデヴィッドを脅して口止めする。しかし、レイランが彼らの企みを見破ったと知ると、グレッグに命じてデヴィッドを殺そうとする。だが実はグレッグはレイランによって隠しマイクを仕込まれ、デヴィッドに銃を向けながら、カーンズの妻の自白を引き出そうとしていたのだ。結果、カーンズの妻は殺人罪で逮捕される。
事件を解決したレイランは、元妻のウィノナと和解する。また、数日後にハンゼルマンの画廊を訪れたレイランは、ハンゼルマンから彼のヒトラー・コレクションの秘密を明かされ、がく然とする。

詳細

第7話 本当の標的

216ポイント 購入する

第7話 本当の標的

216ポイント 2日間 42:16

エイヴァがジョニー・クラウダーに脅された。彼女に息子を殺されたボー・クラウダーが復讐を計画しているというのだ。その矢先、エイヴァが自宅の寝室で銃撃されて、レイランが彼女を救う。彼はハンター・モズリー保安官と銃撃犯の追跡を開始したが、ハンターとクラウダー家の間には長い確執があったことを知る。ジョニーが銃撃犯でないことを確かめたレイランはエイヴァを安全な場所にかくまおうとする。そのころマイアミから来た殺し屋のデュークは、ケガをした相棒のレッドを介抱しながらレイラン殺害の次なる計画を練っていた。

アートは、またしても銃撃事件に関わったレイランが連邦検事局の追及を受けることを心配する。裁判所に避難していたエイヴァはウィノナから連邦保安官と付き合うと危険だと告げられ、そこに現れたハンターに連れ出される。レイランは服役中のボイドを訪ね、彼の父の計画を探ろうとするが、ボイドは本当の標的がレイランではないかと予想する。そのころハンターは命の危険を感じてデュークを殺し、エイヴァをエサにレイランをおびき出す計画を開始した。

エイヴァが連れ去られたと知ったレイランは、自分が標的だったことを確信する。ハンターは彼を呼び出して、姪を殺した犯人に復讐するために、マイアミのカルテルと関わったことを告げ、自分が逃げられればエイヴァを無事に解放すると言う。ところがエイヴァがレッドを襲い、その機に乗じてレイランがハンターを取り押さえる。連邦刑務所の中では、スパイだと疑われた息子のボイドを父のボーが救う。

詳細

第8話 ブローバック

216ポイント 購入する

第8話 ブローバック

216ポイント 2日間 42:25

モズリー保安官が逮捕されたことで彼が捕らえた多くの囚人が釈放されることになり、ボー・クラウダーも町に戻り、さっそくエイヴァを脅してきた。レイランはマイアミで殺し屋のバックリーを射殺した件で連邦検事補ヴァスケスの聴取を受けることになっており、アートと事前打ち合わせをしていた。すると突然、オフィスの中で人質事件が発生した。連邦刑務所に収監されている囚人、ウォレスは、最厳戒刑務所への移送に先がけた審議会のために保安局を訪れていたが、護送官を人質に取って立てこもったのだ。一方、レイランの元妻ウィノナが帰宅すると、家の中にダフィがいた。怯えるウィノナに、ダフィは防犯顧問だと名乗り、ウィノナの夫、ゲイリーに依頼されたのだと語る。

レイランは、人質を殺すと脅すウォレスを射殺する許可を与えられた。ヴァスケスが成り行きを見守る中、アートとレイランはウォレスの説得を試みるが、ウォレスはアートの話に聞く耳を持たず、レイランを交渉役に指名する。アートはレキシントン市警の戦術チームに応援を要請する。一方、ゲイリーは帰宅してウィノナからダフィが来たことを知らされる。ウィノナは、ゲイリーが危険なことに手を染めていると疑い、ダフィもその関係者の1人だと推測する。

レイランはウォレスを投降させるのにフライドチキンを使うことにし、ティムが店に買いに行く。その間、戦術チームの指揮官、スティーヴンソンはフライドチキンを待たず、ただちに突入することを主張する。ヴァスケスは、市警の訴訟問題がこじれるとスティーヴンを脅し、突入はひとまず保留になる。そして再びチームが突入しようとしていたその時、フライドチキンが届き、レイランはウォレスに人間らしい食事を提供することで説得に成功する。人質事件は死者を出さずに解決する。そのあとで行われたレイランの聴取では、ヴァスケスがエイヴァと写っているレイランの写真を出し、2人が証人としての資格を失ったので、ボイドを釈放せざるを得ないと告げる。

詳細

第9話 壊れた夢

216ポイント 購入する

第9話 壊れた夢

216ポイント 2日間 42:26

銃撃事件の内部調査を避けるために休暇をとったレイランは、さびれたバーで2人の酔っぱらいとケンカしてトレードマークの帽子を奪われる。その後、元妻のウィノナに相談を持ちかけられ、ウィノナの夫ゲイリー・ホーキンスを脅しているウィン・ダフィというマフィアの事務所を訪れるが、ウィノナに近づくなと警告した直後、ダフィは手下にレイランの調査と殺害を命じた。一方ゲイリーは高利貸しのエミット・アーネットへの返済に苦しみ、友人で元フットボール選手のトビー・グリフィンに助けを求める。しかし逆にダフィと手下のビリーがトビーの家に現れて乱暴し、ゲイリーの借金問題に口を出すなと言い、アーネットは交渉には応じないとつっぱねる。そのころレイランは仕事の情報源を使って、アーネットとダフィの素性を調べていた。

レイランはビリーを脅してダフィの計画を聞き出し、自殺を図ろうとするゲイリーを止める。翌日、ゲイリーがレイランを伴ってアーネットをたずね、借金の代わりに開発地の譲渡を提案すると、アーネットは暴力沙汰で評判を落としたくないと言って受け入れる。それを聞いて怒ったダフィとビリーが銃を抜いて撃ち合いになり、結局ダフィが死亡、ビリーもケガを負うことに。レイランは帽子を取り返すべく、シラフでバーを訪れ、酔っぱらいから帽子を奪還する。

詳細

第10話 ハンマー

216ポイント 購入する

第10話 ハンマー

216ポイント 2日間 42:26

エイヴァの身を案じたレイランは、ボイドが6人の前科者たちと森の中でキャンプを張っていることを突き止め、訪ねていく。レイランは、ボイド逮捕につながる情報を提供すれば、5万ドルの懸賞金を払うと彼らに申し出るが、ボイドを売り、彼の“教会”を去ろうとする者は誰もいない。ボイドの動向を警戒しつつ、レイランはマイケル・リアドンの警護任務に就く。リアドンは厳しい判決を下すことで有名な連邦判事で、ベッドの中に毒ヘビを仕込まれて暗殺されかかったのだ。レイランが警護に就いた直後にも、何者かがリアドンの車の排気システムに細工をし、一酸化炭素中毒による暗殺を謀るが、レイランによって阻止される。

ボイドは仲間たちを引き連れて、メタンフェタミンの精製所を閉鎖するよう脅しに行く。ジョニー・クラウダーはいとこのボイドが何をたくらんでいるのか探るためにやって来るが、ボイドは前科者たちを導き、改心させるために教会を作ったのだと言い張る。その後、ボイドたちは再び精製所を訪れ、脅しのとおりに精製所を爆破するがその際、中にいた警察の秘密情報提供者を結果的に殺してしまう。一方、レイランはエイヴァの保護観察の件をリアドンに相談するが、リアドンは管轄外だと言って取り合わない。また、ボイドに教会を爆破されたファンディ牧師に、ボイドが犯人だと証言するよう説得するが、彼にも拒否される。

地元のバーでリアドン判事を見張ってるヴァージル・コルムを見つけたレイランは、判事に近づかないよう警告する。だがその数日後、判事はバーの外でヴァージルから銃を突きつけられる。判事に厳しい判決を下されたせいで自分や家族が苦しんだのだと訴えるヴァージルに向かって判事が携帯している銃を発砲したが一命を取り留め、保険金を手に入れようとしたヴァージルのもくろみは外れる。その事件後、レイランはエイヴァを呼び出し、クラウダー一族の脅威から逃れるため、ケンタッキーを出るようにと諭す。精製所の爆破でボイドがまた殺人を犯したと知ったレイランは、再びファンディのもとを訪れるが、彼が本当に犯人であるボイドの顔を見ていなかったことを知ってがく然とする。レイランはボイドがまた新たな殺人を犯す前に、彼を刑務所に送り返す他の手段を探さなければならないのである。

詳細

第11話 新たな真実

216ポイント 購入する

第11話 新たな真実

216ポイント 2日間 42:23

メタンフェタミン精製所の爆発を受け、目撃者と思われるボイドの信者から証言を得るため、レイランたちはボイドのキャンプへの手入れを行ったが失敗に終わる。依然としてボイドは野放しで、彼の爆破によってボーの犯罪組織の勢力が増すことになっていた。レイランは服役中の郡保安官ハンターに面会し、クラウダー家の撲滅に役立つ情報を得ようとするが、ボーの服役中に組織を動かしていたのが父アーロだと知らされる。ボイドは父にヤクの精製所の爆破は“神の行い”だと主張するが、おかげでハーランを再び支配できたと父に感謝されてしまう。

レイランはティム・ガターソン保安官補の助けで退役軍人クラブの中に入るが、そこで酒を飲んでいた父のアーロがクラウダーの情報を話さないことにいらだつ。その後、爆破された精製所の持ち主2人の銃殺死体が発見され、捜査陣に衝撃が走る。その頃、ボーは自分の服役中にビジネスを不振に陥らせたアーロに5万ドルを支払うよう要求する。カネはないとアーロがつっぱねるとボーは24時間以内に用意しろと言って立ち去った。一方、ボイドは復讐のための強力な武器を入手しようとしていた。そしてレイランはキャンプを追い出されたボイドの手下デューイから、ボビー・ジョー・パーカーという男が、爆破された精製所で働いていたことを聞き出す。だがレイランたちがキャンプを捜索するころにはボイドが彼を巧妙に隠していた。

ヘレン・ギヴンズは庭に埋めておいたカネをアーロが盗んだことを発見。地元のバーでエイヴァと会ったレイランは、店にいたヘスラー・ジョーンズを痛めつけエイヴァに近づくなと脅して、彼女をウィノナに預ける。その夜、アーロとヘレンはボーに襲撃され、翌朝、ボイドの代わりにボビー・ジョーが、精製所を爆破したとして自主する。

詳細

第12話 父と子

216ポイント 購入する

第12話 父と子

216ポイント 2日間 42:01

マイアミに飛んだボー・クラウダーは、麻薬の大物売人、ジオ・レイスからメタンフェタミンの原料を大量に仕入れる契約を結ぶが、取引の条件として、レイランをジオに差し出すことを要求される。レキシントンの連邦保安局では、ボイドがメタンフェタミン精製所爆破に関わった証拠を得ようと、アーロ・ギヴンズに協力を求めようとしていた。レイランの反対をよそに、アートと連邦検事補のデヴィッド・ヴァスケスはアーロに2万ドルを渡すことに同意した。レイランはアーロに盗聴器を着けるよう要求するが、アーロは激しく拒絶する。一方、ホーキンス家で目覚めたエイヴァは、しばらく友達の家に世話になると言って出ていく。エイヴァが自宅に戻ると、ボーの子分、ヘスラー・ジョーンズが待ち構えていた。エイヴァはレイランのモーテルに向かう。モーテルに到着すると、ちょうどウィノナがレイランの部屋から出てくるところだった。エイヴァは護身用の銃を調達するため、ヘレンを訪ねるが、自分がハーランに戻ったことをレイランに言わないようにとヘレンに口止めする。

ボイドは父親のボーとともに地元の教会を訪れるが、ボーに反旗を翻し、2人の間に緊張が走る。退役軍人クラブでは若い兵士が手榴弾を手に立てこもり、アーロが人質となっていた。レイランも現場に到着して成り行きを見守る中、アーロは兵士を説き伏せて無事、投降させる。その出来事のあと、アーロは盗聴器を着けることに同意する。また、エイヴァはショットガンを手にボーの前に現れ、嫌がらせをやめるようにと脅す。

レイランたちはバンの中で盗聴器の音声に耳を傾ける。しかしアーロは、盗聴されていることをこっそりとボーに教える。そしてボーに自分を雇うようにと要求する。レイランは、アーロとボーの会話から、エイヴァがハーランに戻ったことを知る。レイランは、町を出るよう説得するため、エイヴァの家を訪れる。エイヴァは町を出るつもりがないと告げ、レイランとウィノナの関係を問い詰める。ジオ・レイスの部下たちはボーに届ける薬品を積み、トラックを走らせていたが、途中でボイドたちの待ち伏せに遭い、トラックを爆破される。

詳細

第13話 復讐の炎

216ポイント 購入する

第13話 復讐の炎

216ポイント 2日間 44:12

ボイドはエイヴァに過去の行為を謝罪するが冷たくあしらわれ、続いて従兄弟のジョニーに麻薬の原料を爆破したことを激しく責められる。一族のリーダーであるボーはドラム缶12個の原料を爆破したのが息子のボイドで、父親のビジネスを故意に邪魔しているのではないかと怪しむ。一方でアートとレイランはアーロから情報を得て、ボイドが父親の違法な麻薬ビジネスを止めようとしていることを知る。そのころ、マイアミの麻薬王ジオの腹心であるエルネストとピラールの姉弟に、ボーはジオの取り分の200万ドルは支払うと請け負う。そしてボイドと親子の縁を切ると、彼の信徒たちを殺し、アーロにはレイランをだますよう持ちかける。

だがレイランは父のアーロが自分をボーに引き渡そうとしていることに気づき、ボーの手下2人を殺す。そこへ6人の信徒を埋葬したボイドが現れてレイランを驚かす。ボーは自分の失脚を狙って息子と結託したジョニーを撃ち、エイヴァを人質にしてレイランを呼び出すが、出発するレイランにボイドが力を貸すと申し出る。

レイランがボーと小屋の外で話しているうちに、ボイドは裏に回りこんでエイヴァの見張りを殺す。その音で混乱が生じたすきに、レイランはボーと手下の銃を取り上げる。そこにボイドが現れ、自分に父親を始末させろと言い張る。だがボイドが撃つ前にジオの手下の撃った弾がボーを撃ち抜き、レイランたちは何とか小屋に逃げ込む。激しい銃撃戦ののちレイランはエルネストと2人の殺し屋を倒す。生き残ったピラールが逃走を図ると、ボイドがレイランとエイヴァを残して後を追う。

詳細

キャスト

製作年 2010年 製作国   アメリカ

これもチェック

 JUSTIFIED 俺の正義 シーズン1を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001