スカイラーからの離婚申し立てを受け落ち着かないウォルターは、警察官と小競り合いをして警察に逮捕されてしまう。ハンクに助けを求め、逮捕した警官に謝り署を出た。ガスからの麻薬の新しい依頼について弁護士ソウルに相談。もちろんソールは取引に応じるようアドバイスする一方ウォルターに看視役マイクをつける。ギャングのタコの叔父が高齢者施設におり、その叔父に会いにトゥコの従兄弟である殺し屋二人組が施設を訪れウォルターの名前を知る。殺し屋はウォルターを追って家に侵入。シャワーを浴びるウォルターに迫る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001