スカイラーは離婚の話の中で上司テッドと関係を持ったことをウォルターに告げる。逆上するウォルターはテッドに会いに行くが、軽くいなされる。そうした一連の姿を目撃していたソウルが雇った監視役マイクはウォルターが殺し屋に狙われていることに気が付く。ジェシーは独自に麻薬製造を再び始める。ウォルターにガスを紹介するよう迫るがウォルターは拒否する。やむをえず一人でガスに接触するジェシーだが、約束の金は得られず、捜査官ハンクに手がかりを残してしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001