ガスとの取引が不順になり、弁護士ソールはウォルターとジェシー二人を呼び出し最後の結論を迫る。ソウルはこれからも麻薬製造を続けるよう二人を脅しつけ、ガスから新しい製造施設を見せられるとウォルターは自分の行く道が一つにしかないことを悟る。スカイラーは夫の麻薬製造を幇助する疑いがあると離婚を相談中に弁護士からアドバイスされ悩むが、ちょうどその時ウォルターは離婚に応じて書類にサインをする。ハンクは捜査の新しい手がかりを得て、真相に迫る。手がかりとはウォルターとジェシーが最初に使用したキャンピングカーだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001