化学療法を終えて学校の仕事に戻ったキャシーは、生徒たちに同情され居心地の悪い思いをしていた。しかし、アンドレアだけはキャシーが戻ってきたことを素直に喜んでくれ、以前と態度を変えるようなことはしなかった。学校での居心地の悪さについてポールに愚痴をこぼしたキャシーだったが、いよいよアティカス・シャーマン医師の診察を受けることになった。そこで、治験によって効果があったというナディーンに出会い、キャシーとポールは希望をいだく。しかし、シャーマン医師には、治験の枠の空きがないと言われてしまい、キャシーはすぐに失望を味わうことに。一方、キャシーの病気について教えてもらえなかったことについて抗議し、家の外のテントでの寝泊まりを続けるショーンは、レベッカの説得を受けても、かたくなな態度を崩さなかった。

自分の診察から戻ったキャシーは、超音波診断を受けるレベッカに付き添う。ショーンの双極性障害が赤ん坊に遺伝するかどうか、医師に尋ねるレベッカだったが、診断の結果、生まれてくる赤ん坊が女の子であることを知り、出産前祝いのパーティーをすぐにでも開きたいと言いだすのだった。キャシーはパーティーの準備を進め、レベッカは赤ん坊の性別をショーンに教える。

出産前祝いのパーティーの日、キャシー、ポール、アダム、アンドレアは、レベッカの友人と共に、レベッカの妊娠を祝っていた。しかし、レベッカの友人が連れてきたティーンエイジャーの娘ルビーが、自分はドラッグのリハビリ施設に入る予定だと告白したことから、パーティーは不穏な空気に。レベッカが赤ん坊に自分と同じキャシーという名前をつけるつもりであることを知ったキャシーは当惑するが、時を同じくして、シャーマン医師がキャシーに治験を受けさせることを決めたという連絡が入る。キャシーはいいニュースを知らせようとナディーンに電話するが、実はナディーンが急死したことで、1人分の枠が空いたのだということを知る。アダムはパーティーで、思いがけずルビーと性的行為を行う羽目に。そしてキャシーは、シャーマン医師のところへ行き、自分が治験を受けられるようになった理由をきちんと説明しろと抗議する。ショーンとキャシーはお互いへの態度について謝るが、ショーンは、自分の症状を以前のように薬によって落ち着かせるべきだという提案については、まだ受け入れられないのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001