近所中がハロウィーンの飾り付けを始める中、キャシーはガン治癒への望みをかけて臨床試験を受ける準備に入る。ポールを必要とするキャシーだが、彼はタイミング悪く仕事の問題をいくつも抱える。ようやく2人が病院に着くと、今度はキャシーが駐車スペースを探そうとしてほかの患者に車をぶつけてしまう。幸い、患者にケガはない。ショーンはハロウィーンの準備をするうちに、家がマーリーンにとりつかれていると恐れる。

キャシーは病院で受付を済ませると、ひっきりなしにかかる仕事の電話に追われるポールに、会社へ戻るよう頼む。大量の書類を1人で片付けるはめになったキャシーは、保険の情報を聞くため、ポールに電話しなければならない。そこへ駐車場でぶつけた相手リーが現れ、彼も臨床試験を受けることが分かる。その頃、クラスメートにからかわれたアダムは問題を起こし、夫のポールは会社を解雇される。

ストレスが溜まる一方のキャシーは、ポールに電話をかけるがつながらない。不満が限界に達しようとした時、リーがキャシーを落ち着かせようとする。大切な日なのにすべてが悪いほうへ進んでいると愚痴を言うキャシー。血が出ていることをリーに指摘されると、彼女は気を失う。一方、新しい同級生エミリーに慰められたアダムだが、彼女の親切を拒んでしまう。ショーンはマーリーンの霊を追い払おうとして、かえってハロウィーンに近所の子どもたちから敬遠されるはめになる。病院へ戻ったポールは、怒って待っていたキャシーに、解雇されたことを白状する。やがて、アンドレアのはからいで家の主人たちは落ち着きを取り戻した。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001