指の爪が落ちたキャシーは化学療法の効果が上がっていることを実感し、いいニュースを報告しようと、新しい友人のリーの家に急いだ。しかしリーには同じような反応が出ていないことを知り、彼女にだけ効果が出ていることに気づいた彼が治療効果を悲観してしまうことを恐れ、急いで話題を変え、家族や友人と一緒に感謝祭を祝う計画があることを話すのだった。キャシーは、感謝祭を祝う予定がないと言うリーを家に招き、彼の家庭で伝統的に用意されていたバスクケーキを焼いてあげることを約束した。一方ポールはミックをディナーに招待し、七面鳥を揚げてふるまう予定があると話していた。レベッカはキャシーの婚約指輪を褒めたが、それはキャシーの母親の形見の品だった。キャシーは自分が死んだ時にレベッカに譲ると約束する。ショーンは事前の約束どおり、放牧で育てた七面鳥を入手してきたが、まだ生きている状態で家に持ち帰ってきたので、キャシーはぎょっとする。

しかしディナー用の七面鳥が逃げ出したことをきっかけに、パーティーはだんだんと不穏な雰囲気に。アダムが七面鳥に名前をつけてしまったため、ショーンには殺せなくなってしまったのだった。七面鳥はそのまま行方不明になり、キャシーはケーキ作りに専念し、ポールとリーは揚げ物にできる新たな食材を探しはじめる。そしてポールはミックと2人きりになると、ミックが職場で売り物の携帯電話を何台も盗んでいることを責めた。

リーの男性とのセックスに関する武勇伝を聞いているうちに、ポールは、自分が感謝祭で一番求めているものはセックスだと気づいた。しかしキャシーはパーティーの準備を中断することを嫌がり、さっさとディナーの開始を告げて全員を食卓に呼んでケーキと棒に刺したマカロニチーズのフライをふるまうのだった。食卓では、キャシーとポールが感謝祭に一番欲しいものを語ったあと、ミックが、アンドレアにどう思われようとも、自分が本気で彼女を愛していることを告白した。その告白に心を動かされたレベッカは、ショーンとの結婚を望んでいると宣言する。しかしそのあとに口論が起き、ディナーは台なしに…。キャシーは感謝祭のパーティーを救うべく立ちあがり、逃げた七面鳥を追いかけてシメることに成功した。だがその時、ショーンとレベッカの家に救急車が到着し、キャシーはショックを受ける。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001