悲惨な感謝祭のあと、レベッカは流産した胎児の葬式を行うことを決意。キャシーがやりすぎだと言っても聞き入れず、熱心な葬儀社の協力を得て趣向を凝らしたセレモニーにしようとする。その準備段階でキャシーとポールは自分たちを埋める墓地をまだ持っていないことに気づき、キャシーは購入しておく必要があると判断する。ショーンが地元の新聞に載せた、赤ちゃんの死亡報告はキャシーが死んだとの誤解を生み、キャシーの家には突然花や食べ物が大量に届く。一方、ショーンは自分たちの子供を失った悲しみを正面から受け止めるために投薬をやめる。キャシーはアンドレアにミックとのセックスについての助言をする。

キャシーは、しぶしぶ書くことを承知した弔辞に頭を悩ませながら、ポールを引き連れて、墓地を見に行く。その頃、彼女が死んだという誤ったニュースが流れたことで町は悲しみに包まれていた。

キャシーが葬式の会場に着くと、そこには彼女に敬意を払おうと高校時代の水泳部仲間たちが集まっていた。キャシーはこの機会を利用し、まだ生きていることを楽しもうと決意する。しかし、大いに盛り上がっていた時、アダムが年上の女性と現れたのを見て仰天する。さらに、ポールのラグビーチームの"ガールフレンド"ティナが現れ、ポールの必要な時には力になるという姿勢を見せたために、事態は複雑になる。キャシーはティナにポールに近づかないよう忠告。その後、ショーンがおかしなスピーチをしたことで出席者たちは怯え、出口へと向かうが、キャシーが弔辞を読み始めたことで、なんとかその場に留まる。キャシーは死んだ胎児にみんなを集めてくれたことへの感謝を述べた。アンドレアとミックはチャンスを見つけ、バンの中でセックスする。レベッカはショーンとの未来はないと結論づけて、シカゴに戻ることを決意。そんな中、ポールは最高の墓地を注文する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001