クリスティーナは、罪悪感から悪夢にうなされる。彼女はセラピストの元を訪れ、自分の過去を話し始める。一方、罪を告白されたトムも思い悩んでいた。そんな時、救命士のトニーが救急車から足を滑らせ頭を強打する。スティーブは重大な神経疾患を疑うが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001