一向に進展しない事態の打開を図るため、米国からカリー国防長官とストロー上級顧問がやって来た。マーカスとサムは正装して彼らを出迎え、緊迫の交渉に臨む。同じ頃、グレースは艦長代理としてソナー・アレイのバッテリー交換作業の指揮を執っていた。ダイバーは海軍特殊部隊シールズの一員ジェームズ。順調に見えた作業だが、不覚にも作業ドリルの音でコロラドの位置を気づかれてしまう。マーカスらが不在の中、コロラドに最大の危機がふりかかる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001