ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り シリーズ一覧

クライアント・リスト シーズン2

2人の子供とともに夫に捨てられたライリー。世の中はお金がすべてで、快楽を売ることは金になるが、どんな道を選択するかは自分しだいだと知る。スパで働き始めた彼女は、同僚たちが店のメニューにない特別なサービスを提供していると知り、思いもよらず、危うい立場に追い込まれてしまう。

第01話 自分で切り開く道

無料 視聴する
無料

第01話 自分で切り開く道

無料 42:15

"ザ・ラブ"で、ライリーは夫のカイルと警官のネイサンに挟まれて立っていた。顧客名簿を隠し持っていたライリーは現行犯で逮捕されることを覚悟したが、驚いたことにネイサンが追っていたのはカイルだった。ハリス郡拘置所に駆け付けたライリーと義理の弟エヴァンは、カイルが、働いていた建設会社からトラック1台分の銅線を盗んだ容疑をかけられていることを知る。リネットやエヴァン、レイシーの忠告をよそに、ライリーはカイルの刑務所入りを阻止しようと、弁護士を探す。

カイルの逮捕が公になり、ライリーはニュースが子供たちの耳に入らないようにと心を砕くと同時に、弁護士費用の捻出に頭を悩ませる。そんな中、従業員が何人も辞めた"ザ・ラブ"は、店の運営が危ぶまれる事態に。そこへジョージアが舞い戻り、店は窮地を脱するかに思われたが、彼女は新しい恋人に店の特別サービスのことを打ち明けられず、今後どうするか決めるまで、ライリーに店を頼みたいと言う。店のために天敵のセリーナと休戦したライリーは仕事に精を出し、権力者だが変わったプレイが好きな判事のホリス・オーヴァートンに特別なサービスをする。

子供の科学展で、ママ仲間の冷たい仕打ちをうまく交わしたライリーは、彼女に同情的なカリーナ・レイクという母親と知り合う。ヒューストン市警の2人組の刑事にカイルについて質問されたライリーは、弁護士費用のためにお金を貸してくれないかと、カリーナが働く銀行を訪ねる。一方、カイルは、司法取引のためでも共犯者が誰か明かすことを拒否していたが、代わりにある特別な情報を渡すと言う。そして、ライリーは、ジョージアと自分自身の問題を一挙に解決できる案として、"ザ・ラブ"を買い取ることを思いつく。この提案を受け入れたジョージアだったが、ライリーに警察の捜査の手が迫っていることを知る。

詳細

2014年09月19日 配信開始

お得なまとめ買い

第2話~第15話

2116ポイント 購入する
30%
OFF

第2話~第15話

3,024ポイント 2,116ポイント 30%OFF 14日間
  • 第02話 汚い金の行方
  • 第03話 諦めないで
  • 第04話 家族の重荷
  • 第05話 つらい選択
  • 第06話 あなたに響く歌声
  • 第07話 最後の一線
  • 第08話 天国は罪の先にある
  • 第09話 大事な思い出
  • 第10話 無謀な仕返し
  • 第11話 懐かしい時代
  • 第12話 私が愛を誓う時
  • 第13話 響き始めた警鐘
  • 第14話 来る日への覚悟
  • 第15話 決戦の夜

各話一覧

並び順

第01話 自分で切り開く道

無料 視聴する
無料

第01話 自分で切り開く道

無料 42:15

"ザ・ラブ"で、ライリーは夫のカイルと警官のネイサンに挟まれて立っていた。顧客名簿を隠し持っていたライリーは現行犯で逮捕されることを覚悟したが、驚いたことにネイサンが追っていたのはカイルだった。ハリス郡拘置所に駆け付けたライリーと義理の弟エヴァンは、カイルが、働いていた建設会社からトラック1台分の銅線を盗んだ容疑をかけられていることを知る。リネットやエヴァン、レイシーの忠告をよそに、ライリーはカイルの刑務所入りを阻止しようと、弁護士を探す。

カイルの逮捕が公になり、ライリーはニュースが子供たちの耳に入らないようにと心を砕くと同時に、弁護士費用の捻出に頭を悩ませる。そんな中、従業員が何人も辞めた"ザ・ラブ"は、店の運営が危ぶまれる事態に。そこへジョージアが舞い戻り、店は窮地を脱するかに思われたが、彼女は新しい恋人に店の特別サービスのことを打ち明けられず、今後どうするか決めるまで、ライリーに店を頼みたいと言う。店のために天敵のセリーナと休戦したライリーは仕事に精を出し、権力者だが変わったプレイが好きな判事のホリス・オーヴァートンに特別なサービスをする。

子供の科学展で、ママ仲間の冷たい仕打ちをうまく交わしたライリーは、彼女に同情的なカリーナ・レイクという母親と知り合う。ヒューストン市警の2人組の刑事にカイルについて質問されたライリーは、弁護士費用のためにお金を貸してくれないかと、カリーナが働く銀行を訪ねる。一方、カイルは、司法取引のためでも共犯者が誰か明かすことを拒否していたが、代わりにある特別な情報を渡すと言う。そして、ライリーは、ジョージアと自分自身の問題を一挙に解決できる案として、"ザ・ラブ"を買い取ることを思いつく。この提案を受け入れたジョージアだったが、ライリーに警察の捜査の手が迫っていることを知る。

詳細

第02話 汚い金の行方

216ポイント 購入する

第02話 汚い金の行方

216ポイント 2日間 42:22

ライリーは、家族を守るためにカイルを刑務所送りにしないよう奮闘する中、"ザ・ラブ"の代金をジョージアに払う方法を探す。カイルの保釈金が7万5千ドルと設定されたにも関わらず、ライリーは子供たちが真実を知る前に彼を連れ戻す決意をし、友人で銀行のローンマネージャーのカリーナ・レイクに助けを求める。そんな折、ジョージアから電話があり、顧客名簿をどこかに隠すように警告される。カイルが盗んだ銅線を売って得たとされる金を探しに警察がやってきたのは、その数分後だった。"ザ・ラブ"の仕事を円滑に回すために、ライリーは新規採用のための面接を始める。学生でストリッパーのバイトをしていたニッキーと話をして、この子なら名簿に載っている顧客との仕事も助けてくれるかもしれないと考える。セリーナは稼ぎを分けることに不満だが、ライリーは、ニッキーの一緒にやりたいという意志を聞いて、信頼できる従業員を得たと確信する。

カイルの拘置所仲間が釈放され、彼との約束を果たした結果、ライリーは盗まれた銅線の売り上げ数千ドルを手にすることになる。カイルが不正に手にした金を持っていると危険だと考えたライリーは、銅線盗難の被害者である建設会社のいかがわしい社長ミック・ヴァンダーマイヤーにその金を戻しに行く。しかし彼はライリーからその金を受け取りながらも、カイルの告訴を取り下げることは拒否する。

ジョージアは警察が"ザ・ラブ"を捜索しないように手を回すことをライリーに申し出る。その頃ライリーは、エヴァンとデートして様々な問題をひととき忘れようとしていた。しかしカイルから電話が入りムードはぶち壊しに。リネットはライリーとエヴァンが付き合っているのを知っていると明かす。ライリーは母親が所有する小さな農場に顧客名簿を埋める。"ザ・ラブ"の常連客であるオーヴァートン判事の働きかけで捜索令状が出なくなると、ヒューストン市警のモンロー刑事は隠し事はそう長くは続かないとライリーに警告する。エヴァンと再びいいムードになろうかという時に、ライリーはリネットが事故に遭ったことを知らされる。

詳細

第03話 諦めないで

216ポイント 購入する

第03話 諦めないで

216ポイント 2日間 41:29

運転中に事故を起こしたリネットだったが、その原因は新恋人ディック・プレストンとエッチなメールをやり取りしていたからだった。リネットの回復を見守りながら、カイルの保釈金を集めようと頭を悩ませるライリーは、ジョージアの警告を無視し、女性客を取り込むために男性のマッサージ師を雇おうと考える。その一方で、ライリーは何か隠し事をしていそうなエヴァンが気になっていた。エヴァンは警官への転職を考えていることを認めるが、説明のつかないアザやケガについては口を濁す。転職のことしか言おうとしないエヴァンを、ライリーは追い返してしまう。

エヴァンのことを心配するライリーは、レイシーに頼んで、彼女の夫デイルに探りをいれてもらうことにする。話すのを渋っていたデイルだったが、結局、ある場所へ行ってみろとヒントを出す。そこはロデオ会場だった。ライリーはエヴァンのカウボーイ姿を見て驚くが、賞金を保釈金に使ってほしいと言われてさらに驚く。その申し出を断ったライリーは、会場にいた理学療法士デレク・マロイに目を留め、"ザ・ラブ"に来て面接を受けないかと誘う。一方、リネットはディックとのエッチなメールのやり取りを楽しんでいたものの、実際に会ってデートすべきかどうか悩んでいた。

デレクの面接中、店に客のトム・メイズが立ち寄る。予約を入れてあるという彼だったが、勘違いだと指摘されると怒りを爆発させる。PTSDの症状だと気づいたデレクは、うまくその場を収め、トムに専門的な治療を受けさせようとする。ライリーの家にみんなが集い、夕食を楽しんだ夜。エヴァンは警官になりたいという夢を語り、保釈金のための金を置いて帰る。その金を受け取り、エヴァンの夢を応援すると決めたライリーだったが、カイルが逮捕されたせいでエヴァンは警官になれないかもしれないと知る。そこでライリーは、美容室のオーナーのテイラー・バークホルターを訪ね、署長に口添えしてほしいと頼む。ジョージアはついに店の経営方針に干渉するのをやめ、デレクを雇うというライリーの決断を支持する。カイルはエヴァンとどうなっているのかとライリーを問い詰めるが、保釈金のための金は受け取ることにする。警察学校に受かったエヴァンはライリーが裏で動いてくれたことを見抜く。

詳細

第04話 家族の重荷

216ポイント 購入する

第04話 家族の重荷

216ポイント 2日間 42:58

ライリーは夫カイルの保釈のために準備をしていた。ライリーへの深まる気持ちをオープンにしたいと願うエヴァンは、拘置所に赴き、力になると申し出たが、ライリーは自分たち2人が一緒にいるのをカイルに見せるのはよくないと断る。ライリーとカイルは、審問後の父と子の再会を楽しみにしていたが、検察はカイルがメキシコの麻薬組織と関わっていたと主張。それを受けて判事は保釈請求の却下を言い渡し、再会はかなわなくなる。一方、プロのアメフトチームのクオーターバックであるダシール・コッドは"ザ・ラブ"で変質的なレベルのサービスを要求する。ライリーはリネットに事故の負傷が回復するまで、自分たちの家で同居するよう強く求める。

新人のニッキーが自分の物をあさっているのをセリーナが目撃したことで、"ザ・ラブ"は不穏な状況に陥る。ライリーはニッキーの辞職に動揺するが、ジョージアに気にすることはないと励まされる。人員不足の中で何とか仕事を回そうとしていたライリーは、デレクが通常は顧客名簿にある男性客にのみ提供される特別サービスを女性客におこなっていることを知る。クビを心配するデレクだったが、予想に反し、ライリーから顧客の性的要求に対応するためのルールを教えられて驚く。エヴァンは警察学校の同期の新入生から兄の逮捕のせいで嫌がらせを受ける。ただ1人、シェルビー・プリンスは進んで彼を擁護する。

ニッキーから心のこもった謝罪を受けたセリーナは、彼女を誤解してたのかもしれないと考える。ライリーとデレクは、ストリップクラブの経営者グレッグ・カーライルがニッキーともめているのを目撃し、彼女を救うことにする。そしてそれを知ったセリーナを伴って、決着をつけるためにクラブへ。しかしカーライルがニッキーを渡すには1500ドルでは足りないと主張したため、ライリーはモンロー刑事の協力を得てこの暴力的な経営者を押さえ、自分の思いどおりに事を運ぶ。悩んだ末にライリーは子供たちを拘置所にいる父親に会わせても問題ないとリネットを説得する。

詳細

第05話 つらい選択

216ポイント 購入する

第05話 つらい選択

216ポイント 2日間 42:55

デレクの存在がセリーナのライバル心に火をつけると同時に、2人は性的にも惹かれあうようになる。ライリーはリネットが娘の自分にしたように孫のケイティもミスコンに出場させようとしていることを知り、反発する。だが、リネットは自分の意見を押し切り、ケイティとライリーを"ボーモントベルズ母と娘のミスコン大会"に出場させようとする。ライリーは幼い頃からミスコンに夢中にならなければ人生がどんなに変わっただろうかと思いを馳せ、自分の娘には同じ道を歩ませたくないと思う。一方、レイシーはなぜ子供ができないのか原因を突き止めるべく、デイルと医院で検査を受けることに。J.D. ウィットマン・シニアは10代でまだ女性経験のない息子を"ザ・ラブ"に連れてきて、ライリーの特別サービスを受けさせようとする。

ケイティのミスコン出場を阻止しようと、ライリーはカイルにアドバイスを求め、リネットは大会での最大のライバル"カールアップ&ドライ"のオーナー、テイラー・バークホルターがミスコンの審査員ハッチ・ワイラートを味方につけているのではないかと疑う。実はそのハッチは"ザ・ラブ"の常連でもあった。店では、新しい客が大学の教授だったため、ニッキーが不安になっていたが、セリーナはそんな彼女に授業以外での出会いをうまく利用すればいい成績がもらえるとアドバイスする。そんな中、ケイティにエヴァンとキスしているところを見られてしまったライリーは、2人の関係を終わらせようと決意する。

父親の命令に逆らえず"ザ・ラブ"に来たJ.D. ジュニアの気持ちを汲み、ライリーは特別サービスをせず、彼の父親にはうまく言い繕う。医院でデイルの気分を盛り上げて検査を受けさせたレイシーだったが、子供ができないのは自分に問題があるからだと知らされる。リネットはテイラーがハッチと親しげなのは弁護士である彼に離婚問題を相談しているからだと知り、初めての舞台で上がってしまったケイティは、もうミスコンに出ないと言い出し、ライリーを安心させる。

詳細

第06話 あなたに響く歌声

216ポイント 購入する

第06話 あなたに響く歌声

216ポイント 2日間 41:38

不妊検査の結果に落ち込んでいたレイシーは、デイルがひどくよそよそしくなったと漏らし、浮気ではないかとライリーに話す。そして、デイルの携帯電話に仕込んだ追跡装置を頼りにライリーと追跡した結果、ある家に到着。そこで彼が別の女といるのを目撃する。不貞を働いたと夫を責めるレイシーだったが、デイルはその家でかつてのバンド、リング・ポップスをリードボーカルのライリーとギタリストのカイルを除いて再結成していただけだと分かる。それを秘密にしていた理由を問いただすと、デイルは子作りのプレッシャーから逃げる必要があったこと、レイシーとのセックスが機械的に思えることを告白する。一方、自分の誕生日のお祝いを避けようとするリネットは、鎮痛剤への依存が強くなることに密かに苦しんでした。

ライリーは、デイルの再燃した音楽への興味を応援するようにレイシーを促す。そしてジョージアの恋人ハロルドのクラブでリング・ポップスが演奏できるようお膳立てし、"ザ・ラブ"の顧客である音楽プロモーター、ルイス・クラークを招待する。ライリーはステージで1曲歌うことに同意。そのパフォーマンスを見たクラークは彼女こそ真のスターだと確信する。セリーナとデレクはバンドのライブを利用して密会を試みる。一方、ライリーとエヴァンは2人の恋愛関係の終わらせ方が分からずに苦しんでいた。

カイルは元雇用主の収賄捜査に協力すれば検察が便宜を図るだろうと弁護士から話を持ちかけられる。家族の安全を考えるカイルだったが、ライリーはその取り引きに応じるよう強く求める。しかしカイルは他の受刑者がライリーに放った言葉に怒ってその男に殴りかかり、保釈の可能性を遠ざけてしまう。エヴァンと警察学校の新入生シェルビー・プリンスとの友情は、親密さを増していく。レイシーはデイルがセックスの最中に寝てしまったと愚痴をこぼす。クラークはライリーの歌を聴かせるべく有名な音楽エージェントをクラブに連れてくるが、リネットがケイティとトラヴィスの子守中に酔い潰れたことで、ライリーはやむなくその場を後にする。

詳細

第07話 最後の一線

216ポイント 購入する

第07話 最後の一線

216ポイント 2日間 42:58

リネットが薬物依存症を克服するため、リハビリセンターに入ることになる。カイルは拘置所でケンカ沙汰を起こしたため、面会禁止に。"ザ・ラブ"では、電気関係のトラブルが起き、修理を依頼することになる。なじみの修理人にマッサージと交換で修理を頼めると思っていたライリーだったが、何千ドルもかかると言われて驚く。さらに悪いことに、学校でのカンニング事件をきっかけに、トラヴィスが学習障害を抱えていることが発覚。治療を受けるためには多くの費用が必要になると知る。一方、レイシーはデイルの横柄な妹アーリーンの出産前パーティーを開くことになり、ライリーに助けを求める。

ライリーは店と家庭の両方でたまっていく請求書に悩まされるが、そんな時投資の仕事をする裕福な客ディラン・モナハンから"ザ・ラブ"以外で会わないかと誘われる。外でのデートは店のルールで固く禁じられているが、ディランは出張で半年間海外に行く前に一晩だけ付き合ってくれれば5万ドル払うと言う。ジョージアに相談したライリーは、カイルを裏切りたくないと誘いを断る決心をする。しかし、かさむ修理代とトラヴィスの治療費という現実を前にして、ライリーはディランの待つホテルの部屋へ向かってしまう。その頃、出産前パーティーの会場では、レイシーがアーリーンと彼女の友達の要望に応えようと懸命に頑張っていた。しかし、手伝うと約束したライリーが姿を現さないこともあり、レイシーは兄のデイルをこきおろすアーリーンに不満を爆発させてしまう。

ディランの離婚話に胸を打たれたライリーは態度を和らげ、彼の助けになれればと服を脱ぎ捨て、ベッドへ入る。その時、彼女の携帯にカイルからの着信が… 事が終わった後、罪悪感にさいなまれながらバスルームでカイルからの電話に出たライリー。部屋に戻ると、既にディランの姿はなく、約束の5万ドルだけが残されていた。出産前パーティーを手伝うはずだったのを思い出したライリーは急いで会場へ向かうが、レイシーは裏切られたと腹を立てていた。ディランから受け取った金で請求書の支払いを済ませることができたライリーは久々にカイルと面会し、カイルが司法取引に応じ、近いうちに拘置所を出られそうだと知る。

詳細

第08話 天国は罪の先にある

216ポイント 購入する

第08話 天国は罪の先にある

216ポイント 2日間 42:54

ディラン・モナハンと一夜を過ごし、5万ドルを受け取ったライリーは、カイルに対して不貞を働いた罪悪感に苦しめられる。また、出産前パーティーを欠席したことでレイシーがまだ怒っていることもつらかった。そこで友情を取り戻すべく、レイシーにディランのことを打ち明ける。また、ライリーはそのことが気になって、顧客名簿の客への特別サービスができなくなる。アドバイスを必要とする彼女に、ジョージアは、自分が恋人のハロルドと行っている教会に来るように誘う。エヴァンがケイティを父と娘のダンス大会に連れていくことに同意したあと、保釈されたカイルが何の連絡もなしに家を訪れてきた。

カイルは弁護士から、元雇用主の刑事事件における契約条件の説明を受ける。ライリーはレイシーを伴って教会に出かける。説教で罪の意識が膨れ上がったライリーに、ハロルドは、カイルと一緒に教会に来て牧師による夫婦カウンセリングを受けてはどうかと提案する。その直後、ハロルドはジョージアにプロポーズして礼拝に来ていた人々を驚かせる。 その頃、エヴァンは勇気を出してシェルビーをデートに誘う。また、デレクが顧客と望まない関係でいることに、"お楽しみ仲間"であるセリーナは嫉妬を抱く。

カイルとエヴァンはぎくしゃくした状態だったが、エヴァンにダンス大会に連れていってもらう約束を守るべきだと言うケイティにカイルは同意する。行くあてのないカイルは、自宅に戻れる日まで弟のアパートに泊めてもらうことにする。カイルが子供たちの世話をもっとしたいと頼むと、ライリーはカウンセリングを受けるのが先だと主張する。しかしカウンセリングが始まってすぐに、ライリーが別の男性と寝たことを告白するという波乱が起きる。その後、ストリップクラブのオーナー、グレッグ・カーライルがジョージアにライリーよりもいい値段で"ザ・ラブ"を買うと申し出る。

詳細

第09話 大事な思い出

216ポイント 購入する

第09話 大事な思い出

216ポイント 2日間 42:55

店でニッキーがデレクに2人で食事に行こうと誘っていると、セリーナへ離婚申請の書類が届く。何年も別居中のジョーイという夫がいると認めたセリーナは、すぐにでも離婚手続きをすると決意する。だが、ジョーイ・コルサリーニは2人の馬であるヘンリーの所有権を求めており、彼から買い取るには3万ドル必要だった。カイルはライリーの背信行為を知り苦しんでいたが、積極的に子供たちの面倒を見ることで家族を元に戻そうとする。デイルはカイルを昔一緒にやっていたバンド"リング・ポップス"に誘いカイルの力になろうとするが、それを知ったレイシーは裏切りだとデイルを責める。援軍になってくれると思ったライリーもカイルにチャンスをやってくれと言い出し、レイシーは納得がいかない。

店の客で弁護士の道を捨てて画家になったヴィクター・コリンズは、ジョーイが不正摘発監査を要求するだろうと指摘し、セリーナに馬を諦めろとアドバイスする。しかし、頑固なセリーナはお金を用意してみせると譲らない。"ザ・ラブ"の財務状況に監査のメスが入るのは避けねばと頭を悩ませるライリーは、セリーナのブランド品に目をつけ、ニッキーやデレクにも手伝わせて、ネットオークションでそれらを売りさばくことにする。落ち込むセリーナを見てデレクは気晴らしをしようと誘うが、セリーナは職場での火遊びは終わりにしたいと断る。一方、エヴァンはレイシーに警察学校の仲間シェルビー・プリンスと急接近していることを打ち明ける。

ライリーに言われてカイルに会いに行ったレイシーは、彼がライリーや子供たちを捨てたことを責める。カイルは自分が間違いを犯したことを認め、家族の愛を取り戻すためには何でもすると言う。デイルから力仕事を斡旋してもらったカイルは、ライリーの信頼を勝ち取ろうと"リング・ポップス"のライブに彼女を招待する。エヴァンとシェルビーは遂に2人の関係を進展させ、ライリーはセリーナの件に決着をつけようと、ジョーイの弱みをついて取引を成立させる。

詳細

第10話 無謀な仕返し

216ポイント 購入する

第10話 無謀な仕返し

216ポイント 2日間 42:51

ライリーは、花嫁付添人のドレスは気に入らないながらも、ジョージアの結婚式を心待ちにしていた。そんな折、カイルにデートに誘われて驚く。ライリーがカイルと乗馬を楽しんでいる頃、レイシーはリネットがしまっておいたヘアカラーを取りにライリーの家に行って泥棒に遭遇し、逃げようとしたその男にケガをさせられる。知らせを受けたライリーが病院に駆けつけると、デイルはうっかりレイシーが妊娠しているとばらしてしまう。泥棒の狙いが顧客名簿ではないかと心配するライリーに、ジョージアは護身用の銃を渡そうとする。シェルビーはエヴァンとの関係が急速に進んでいることを不安に思う。セリーナはニッキーにデレクと関わらないよう忠告する。

レイシーは容体が急変し流産してしまう。それを受けてライリーは、犯人が捕まるよう一層の努力をする。警察の捜査に口を出さないよう言われた彼女は、エヴァンのパソコンで容疑者ショーン・フォスターの写真を見て、ジョージアに居場所を突き止めるための協力を求める。"ザ・ラブ"では、同僚女性2人がデレクを巡って対立し、職場の平和を脅かす。カイルは、邪悪な元雇用者ミック・ヴァンダーマイヤーが泥棒の糸を引いているのではないかと恐れる。 カイルがヴァンダーマイヤーに家族に近づくなと警告する頃ライリーはフォスターを突き止める。

ライリーは、エヴァンとシェルビーにフォスターの居場所を教えると、色仕掛けで彼をその場にとどめようとする。限界が近づいた頃、エヴァンとシェルビーが現れてフォスターを逮捕する。ライリーはカイルに、ヴァンダーマイヤーに不利な証言をするという取引を無効にしないよう警告したのち、ソファで寝ることを条件に家に戻ってほしいと頼む。デレクはセリーナとニッキーを和解させようと努力する。ジョージアはライリーにドレスはやめて、自分が幸せな気分になれる服を着るように言う。何があってもレイシーの味方でいると心に決めたライリーは、尾行されていることに気づかずに、顧客名簿を埋めた場所に行く。

詳細

第11話 懐かしい時代

216ポイント 購入する

第11話 懐かしい時代

216ポイント 2日間 42:54

流産で落ち込むレイシーの気を紛らわせるために、ライリーは同窓会に出ようと彼女を説得する。みんなが同窓会を楽しみにする中、エヴァンは一人つらい記憶から逃れようとしていた。同窓会の準備が進む中、レイシーは昔エヴァンに片思いしていたことを認め、テイラーは別居中の夫ボーが同窓会の場で彼女とよりを戻そうとしていると思い込む。一方、カイルはリネットの支えになりたいと申し出るが、リハビリの様子を教えることを拒みライリーを怒らせてしまう。同じ頃、ライリーの知らないところで、ニッキーがグレッグ・カーライルのためにひそかに動いていた。カーライルはストリップクラブのオーナーで、"ザ・ラブ"を乗っ取ろうと目論んでいたのだった。

エヴァンは、ライリーの通報でレイシーを襲った男を逮捕できたという事実を伏せておいてほしいとシェルビーに頼み込み、ライリーには報告書と話が食い違わないよう口裏を合わせろと言い含める。それを受け、ライリーは裁判で証言する可能性が出てきたことをジョージアに告げる。一方、セリーナは金持ちの客リサ・マンシーの誘惑に屈しないようデレクに警告するが、デレクはリサが新しい恋人を見つけて街を離れようとしてると知って驚く。

同窓会の夜。ボーは若い女性を連れて現れ、テイラーを落胆させる。ライリーは来ると約束したカイルが姿を見せないことを心配していたが、次第に腹立たしく思うように。会場でレイシーが流産のショックから立ち直ろうと苦しんでいたその頃、カイルはリネットを励ますため施設に立ち寄っていた。その後、カイルは同窓会に現れるが、遅れた理由を明かすようライリーに詰め寄られる。同窓会も終盤、キレたテイラーがボーの新車を破壊しようとしたのを見たライリーは止めるどころか彼女に加担し、2人とも警察に連行されてしまう。警察署で一触即発状態となったカイルとエヴァンに、ライリーはこれ以上いがみ合わないよう厳しく言う。その夜、ライリーを家に送ったカイルはまた一緒に暮らしたいと言い出す。

詳細

第12話 私が愛を誓う時

216ポイント 購入する

第12話 私が愛を誓う時

216ポイント 2日間 42:53

シェルビーとうまくいかないストレスから筋肉が張ってしまったエヴァンはそれを和らげてもらうために"ザ・ラブ"を訪れる。ウエディングケーキが行方不明になったことで、もともとナーバスになっていたジョージアは理性を失い、ライリーはジョージアの大切な日のためにさらに骨を折ることになる。デレクは結婚式の同伴者になるとセレーナに申し出る。カイルは仕事の面接の報告をするために予告なしに"ザ・ラブ"を訪問。ライリーは自分の仕事についてどこまで話すべきか悩まされることになるが、カイルが職が決まれば家計面でライリーの負担を軽減できると言うと、"ザ・ラブ"のオーナーであることを認めないわけにはいかないと覚悟する。

エヴァンはシェルビーの信頼を得るためにデイルにアドバイスを求めたのち、新人警官たちは売春を行っているマッサージスパへのおとり捜査に起用される。エヴァンはシェルビーとの問題を話題にし誘導することで売春婦を摘発し、彼女にボスが誰かを吐かせることに成功。 それはライリーとジョージアの宿敵グレッグ・カーライルだった。シェルビーはエヴァンに反発していたものの、彼の情熱的な別れのキスで考え直し、彼の家を訪れる。

経歴を調べられた結果、仕事が不採用になったカイルは結婚式の直前にジョージアのためにウエディングケーキを焼くと申し出る。結婚がダメになりそうな危うい状態だと知ったライリーはゲストがまだそろわないうちに、ジョージアを説得し、この難局を乗り切らせる。 セリーナが結婚式でデレクに気があることを明かす頃、ライリーはカイルが貴重なギターを売ってリネットの治療費に充てていたことを知る。デイルがレイシーのために手の込んだ結婚記念日のサプライズをおこなった後、カイルはライリーに彼の真剣な気持ちの証しとして新しい結婚指輪を渡す。ちょうどその時、ライリーは"ザ・ラブ"が警察の次のターゲットになるかもしれないと知る。

詳細

第13話 響き始めた警鐘

216ポイント 購入する

第13話 響き始めた警鐘

216ポイント 2日間 42:11

カイルは家に戻ったものの、ライリーとは寝室に入るとぎくしゃくし、まだかつてのような夫婦関係は取り戻せないでいた。そんな折、カイルがトラヴィスのフットボールチームをライリーの許可なく家に泊まらせることに同意したことでケンカに。過熱する争いを見たレイシーはデイルと一緒に子供たちの世話を助けると申し出る。しかも2人は、養子縁組を決意したところ話がトントン拍子に進み、赤ちゃんを迎える準備に追われていた。一方ライリーはチャリティーゴルフ大会でスタッフをボランティアで働かせることに。ジョージアは"ザ・ラブ"が注目を集めすぎることを心配する。

売春捜査が評価されたエヴァンとトリンブルはテキサスレンジャーのバッジを与えられる。エヴァンはシェルビーも同等に評価されるべきだと主張するが、ボスにそのように掛け合うと言うエヴァンに対し、シェルビーは自力でやれると言う。リバーノールズ・ゴルフクラブで、大会に参加する"ザ・ラブ"の常連客がライリーに過度に親しくするのを見たジョージアは不安を募らせる。ライリーも売春捜査の特殊部隊が自分をターゲットにするのではないかと心配するが、店の客であり、 その捜査のメンバーでもあるホリス・オーヴァートン判事に、用心している限りは大丈夫だと言われる。セレーナとニッキーはデレクにゴルフクラブで再会した彼の友達を紹介するよう迫る。デレクは軍隊時代の友人が自殺したことを知る。

"ザ・ラブ"の警報器が鳴ったとの情報を受け、ライリーはデレクを連れて状況を調べに行く。盗まれたものは何もなく、ライリーは泥棒の狙いは顧客名簿ではないかと疑う。問題はなかったとジョージアを安心させた後、名簿を埋めた農場に行き、名簿がなくなっていることを発見する。ニッキーは恋人でストリップクラブの経営者であるグレッグ・カーライルに侵入について問い詰めると、彼は約束の名簿を持ってこないニッキーを即座に切り捨てる。ライリーは、ジョージアに状況を説明するために電話をするが、留守電になってしまい、ライリーは家に戻る。カイルが元ボスの裁判で証言をする必要がなくなったと告げると、ライリーは彼と共にベッドになだれ込む。

詳細

第14話 来る日への覚悟

216ポイント 購入する

第14話 来る日への覚悟

216ポイント 2日間 42:07

ライリーはカイルが家に戻った喜びを感じる一方で、売春捜査班が"ザ・ラブ"を狙ったら家族はどうなるのかという不安をぬぐえないでいる。追い詰められた場合に備え、子供たちに自分の不在を説明する動画を残すと、カイルとレイシーに自分の心配を悟られることなく、顧客名簿を紛失したことと、グレッグ・カーライルが盗んだ可能性が高いことをジョージアに伝えようとする。エヴァンが、ライリーも捜査に巻き込まれる危険があると感じ取る中、ライリーは自分とジョージア、それに顧客を守ろうとする。

オーヴァートン判事が警察の特殊任務をやめさせるよう脅迫されたことを知ったライリーは、顧客名簿を紛失したことと、ニッキーとカーライルの関係が怪しいことをセリーナに話す。ニッキーへの警察の尋問によって、カーライルと"ザ・ラブ"、さらにレイシーが襲われたことが結びつくと、ライリーはエヴァンに自分が次の捜査対象なのかを強引に聞き出す。出産を控えた若い妊婦はレイシーとデイルを赤ん坊の養父母に選ぶ。カイルは高校のフットボール部のコーチになれると興奮していたが、裏方の仕事しかもらえないと知って落ち込む。

ライリーと対面したニッキーは、顧客名簿を盗んだことは認めたが、カーライルには渡していないと主張。ライリーに返そうとして、カーライルに奪われていたことを発見する。シェルビーは、エヴァンとライリーの関係を監視すれば、刑事に昇格させるというオファーを受ける。デイルとレイシーは赤ん坊の父親が養子縁組にストップをかけるのではないかと心配していたが、急に産気づいた母親を助けた彼らは、赤ん坊をロックリン家の一員として迎えることになる。オーヴァートン判事は、警察がカーライルのストリップクラブの手入れを行うとライリーに忠告する。ライリーは、顧客名簿を取り戻すまでそれを阻止できないかと尋ねるが、もう止めることはできないと言われる。しかしカーライルが自分と家族を脅迫すると、ライリーはカイルには何も言わないまま、また一歩、捜査班の標的へと近づく。

詳細

第15話 決戦の夜

216ポイント 購入する

第15話 決戦の夜

216ポイント 2日間 42:18

カイルとエヴァンが疑うのも構わず、ライリーは何もかも順調だと言い張ってその場を取り繕う。翌日、ニッキーとジョージアに協力を取り付けたライリーは、グレッグ・カーライルの脅しをはねつけようと、顧客名簿を取り返す作戦を練る。"ザ・ラブ"をセリーナに任せ、カーライルへの捜査の開始をできるだけ遅らせるよう、オーヴァートン判事に指示を出す。ボーモント警察では、シェルビーがエヴァンに内務調査課への異動を告げていたが、そこへニッキーがやってくる。彼女はカーライルが東欧から売春婦たちを密入国させていると密告しに来たのだ。同じ頃、"ザ・ラブ"にはフランス人のカップルが特別サービスを目当てに訪れ、セリーナとデレクがルールを守るべきかどうか決断を迫られていた。一方、リハビリ中のリネットは、ライリーとレイシーを呼び、退院したらオースティンへ移って旧友と美容室を開くと告げる。

オーヴァートン判事はカーライルの特定のクラブに捜査を限定するよう、部下に指示する。ニッキーはカーライルの計画に役立つ情報を渡すと言って彼をおびき出し、ライリーは"ワイルドナイト"の店内に潜入すべく、変装してストリッパーのオーディションを受けに向かう。ライリーが店長のバディの注意を引いているまさにその時、ジョージアが警察内部の協力者のふりをしてバディに電話をかけ、すぐに手入れがあると教える。一方、レイシーに問い詰められたライリーは、流産の原因となった泥棒は顧客名簿を狙っていたと打ち明けて、レイシーを激怒させてしまう。

"ワイルドナイト"に仕込まれたカメラを通して店内を偵察していたエヴァンとトリンブルは、オーディションを受けているライリーの姿を目にする。トリンブルに口外しないよう告げたエヴァンは、ライリーがトラブルに巻き込まれているとカイルに知らせる。ジョージアの電話を受けたバディは、顧客名簿がしまわれた金庫のあるオフィスにライリーを置き去りにしてしまう。からくりに気付いたカーライルはライリーを追うべくニッキーを問い詰める。とうとう顧客名簿を取り返したライリーは、"ザ・ラブ"にやってきたカーライルを撃退し、彼女と家族を苦しめる問題と決別しようと、顧客名簿に火を放つ。

詳細

キャスト

製作年 2013年 製作国   アメリカ

これもチェック

 クライアント・リスト シーズン2を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001