ライリーは夫カイルの保釈のために準備をしていた。ライリーへの深まる気持ちをオープンにしたいと願うエヴァンは、拘置所に赴き、力になると申し出たが、ライリーは自分たち2人が一緒にいるのをカイルに見せるのはよくないと断る。ライリーとカイルは、審問後の父と子の再会を楽しみにしていたが、検察はカイルがメキシコの麻薬組織と関わっていたと主張。それを受けて判事は保釈請求の却下を言い渡し、再会はかなわなくなる。一方、プロのアメフトチームのクオーターバックであるダシール・コッドは"ザ・ラブ"で変質的なレベルのサービスを要求する。ライリーはリネットに事故の負傷が回復するまで、自分たちの家で同居するよう強く求める。

新人のニッキーが自分の物をあさっているのをセリーナが目撃したことで、"ザ・ラブ"は不穏な状況に陥る。ライリーはニッキーの辞職に動揺するが、ジョージアに気にすることはないと励まされる。人員不足の中で何とか仕事を回そうとしていたライリーは、デレクが通常は顧客名簿にある男性客にのみ提供される特別サービスを女性客におこなっていることを知る。クビを心配するデレクだったが、予想に反し、ライリーから顧客の性的要求に対応するためのルールを教えられて驚く。エヴァンは警察学校の同期の新入生から兄の逮捕のせいで嫌がらせを受ける。ただ1人、シェルビー・プリンスは進んで彼を擁護する。

ニッキーから心のこもった謝罪を受けたセリーナは、彼女を誤解してたのかもしれないと考える。ライリーとデレクは、ストリップクラブの経営者グレッグ・カーライルがニッキーともめているのを目撃し、彼女を救うことにする。そしてそれを知ったセリーナを伴って、決着をつけるためにクラブへ。しかしカーライルがニッキーを渡すには1500ドルでは足りないと主張したため、ライリーはモンロー刑事の協力を得てこの暴力的な経営者を押さえ、自分の思いどおりに事を運ぶ。悩んだ末にライリーは子供たちを拘置所にいる父親に会わせても問題ないとリネットを説得する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001