流産で落ち込むレイシーの気を紛らわせるために、ライリーは同窓会に出ようと彼女を説得する。みんなが同窓会を楽しみにする中、エヴァンは一人つらい記憶から逃れようとしていた。同窓会の準備が進む中、レイシーは昔エヴァンに片思いしていたことを認め、テイラーは別居中の夫ボーが同窓会の場で彼女とよりを戻そうとしていると思い込む。一方、カイルはリネットの支えになりたいと申し出るが、リハビリの様子を教えることを拒みライリーを怒らせてしまう。同じ頃、ライリーの知らないところで、ニッキーがグレッグ・カーライルのためにひそかに動いていた。カーライルはストリップクラブのオーナーで、"ザ・ラブ"を乗っ取ろうと目論んでいたのだった。

エヴァンは、ライリーの通報でレイシーを襲った男を逮捕できたという事実を伏せておいてほしいとシェルビーに頼み込み、ライリーには報告書と話が食い違わないよう口裏を合わせろと言い含める。それを受け、ライリーは裁判で証言する可能性が出てきたことをジョージアに告げる。一方、セリーナは金持ちの客リサ・マンシーの誘惑に屈しないようデレクに警告するが、デレクはリサが新しい恋人を見つけて街を離れようとしてると知って驚く。

同窓会の夜。ボーは若い女性を連れて現れ、テイラーを落胆させる。ライリーは来ると約束したカイルが姿を見せないことを心配していたが、次第に腹立たしく思うように。会場でレイシーが流産のショックから立ち直ろうと苦しんでいたその頃、カイルはリネットを励ますため施設に立ち寄っていた。その後、カイルは同窓会に現れるが、遅れた理由を明かすようライリーに詰め寄られる。同窓会も終盤、キレたテイラーがボーの新車を破壊しようとしたのを見たライリーは止めるどころか彼女に加担し、2人とも警察に連行されてしまう。警察署で一触即発状態となったカイルとエヴァンに、ライリーはこれ以上いがみ合わないよう厳しく言う。その夜、ライリーを家に送ったカイルはまた一緒に暮らしたいと言い出す。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001