クレアの寝姿を撮った写真がゴシップ紙に掲載され、アンダーウッド夫妻はスキャンダルに巻き込まれる。
情報はタスクの指示により、ダントン経由で流された。
これを知ったクレアはアダムに連絡し「撮影したのは自分ではない」と記者会見で否定させる。
その1時間後、アンダーウッド夫妻は思わぬ発言をする。
それは「写真はフランシスへの誕生祝いとして、アダムが撮影した。その場にはフランシスも同席していた」という内容だった。
これを聞いたアダムは激怒する。間もなく、彼の元にレミー・ダントンが現れ、アダムの婚約者の父親が母国コロンビアで拘束されたと告げる。これはダントンの差し金だった。
このためアダムは父親を自由にするため、ダントンの指示通り別の写真を提供する。それは昨年の秋、クレアがアダムのスタジオでシャワーを浴びている写真だった。
これに対しセスはモデルを使い、同じ構図の写真を撮影。「1日足らずで自分たち素人に撮影できたので、アダムが捏造するのは簡単だ」とテレビで主張する。
この直後フランシスはアダムを呼び出し「デュラント経由でコロンビアを動かし婚約者の父親を解放させる」と確約する。
こうしてアダムは写真の捏造を発表する。権力闘争の前に彼は犠牲となり、アンダーウッド家のゴシップ騒動は収束へ向かう。
この頃、フランシス対タスクの争いに巻き込まれた人物がもう一人いる。フレディだ。
彼の店は新聞で紹介されてから評判となり、チェーン展開の話が持ち上がっていた。
だがタスクの指示で過去の犯罪歴が暴露されてしまう。
このとき息子で仮釈放中のダーネルが、集まる記者に腹を立て、銃を振り回す騒ぎを起こす。
こうしてチェーン展開の話は立ち消えとなり、フレディは保釈金を捻出するため店を手放す。
フレディは更生し、二十年も堅気の暮らしをしてきた。だが彼は権力闘争に巻き込まれ、全てを失ったのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001