司法省の調査委員会による調査は続いている。
ダンバー特別検察官は、外出記録からウォーカー夫妻がラーキンのカウンセリングを受けていたことを突き止める。
ウォーカーは資金洗浄の事実を全く知らず、計画にも一切関与していない。
だがカウンセリングが発覚したことで、ダンバーによる厳しい追及が始まる。
このときラーキンは聖職者としての秘密保持を根拠に、カウンセリングの内容は明かせないと突っぱねる。
ところが、フォンが亡命を条件に資金洗浄を認めたことから、ウォーカーたちへの風当たりが一気に強まる。
この時点で彼は、全てがフランシスの計画だったことに気づく。
だがウォーカーがフランシスを遠ざけた時には、手遅れの事態となっている。
間もなくウォーカーは秘匿特権を放棄せざるを得なくなり、ラーキンは不本意にも夫妻へ精神安定剤を処方していたことを認める。
この結果、ウォーカー夫妻はメディアの前で結婚カウンセリングを受けていたことを正式に認め、「不完全な自分に挑む」と力強い声明を発表する。この声明は好意的に取り上げられ、一定の成果を上げる。
だがフランシスの方がうわてだった。彼はウォーカーを弾劾で追求するべくジャッキーを呼び出す。
この場にはクレアも同席している。
彼女は少し前、性暴力防止法案についてジャッキーの提案を完全に呑むと伝えており、フランシスも「未来に向けて協力しよう」と提案する。
その頃レミーは窮地に立たされている。
彼は、フランシスと裏取引したことをセス経由でタスクにばらされている。
またタスクは、調査委員会に召喚されるが全ての質問に黙秘を貫く。
一方、メーガンは積極的にメディアに登場するが、テレビでジャッキーの反撃に遭い、さらにジャッキー寄りの法案で可決されることを知り、ショックを受ける。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001