井出(いで)への大歓声を気にせずプレーしていたはずの栄一郎だが、体は思った以上にプレッシャーを感じていた。井出中心のドラマチックな展開に、気付かないうちに飲まれていたのだ。この状況を打開するにはどうすればいいのか?考え抜いた栄一郎は自分が感じているプレッシャーをノートに書き、目をそらしていたものと向き合い始める。応援を背に絶好調な井出と、勝利の道を模索する栄一郎との試合の行方は!?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001