時にはマナー違反をおかしてでも、とにかく相手のペースを乱すことに特化した独特なテニスを展開する高木(たかぎ)に、栄一郎は苦戦を強いられてしまう。いくら冷静になろうとしても結果につながらないため、今度は逆に怒りを力に変えて戦おうとするがうまくいかず、栄一郎は次第に追い込まれていく。冷静になろうと精神統一に努めるが、今度は審判に時間超過の警告を受けてしまい・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001