ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り シリーズ一覧

げんしけん

俺に足りないのは覚悟だ…… 平凡な大学生の日常に流れるオタクライフとその成長を描いた、アキバ系青春ストーリー!

第1話 現代における視覚を中心とした文化の研究

無料 視聴する
無料

第1話 現代における視覚を中心とした文化の研究

無料 25:17

笹原完士は大学入学を機に、それまで秘めていた「漫画・アニメ・ゲーム」への思いを分かち合えるサークルへ入ることを決意していた。ふと見学で訪れた「現代視覚文化研究会」=「現視研(げんしけん)」で、2年生・斑目の策略により根拠のないプライドを崩されてしまう。しかし、笹原は未だ自分がオタクであることを認められず、また「現視研」になじめずにいた。そんな中、アイドル並みのルックスにもかかわらず、濃く深いオタク同級生高坂の家を訪れる。

詳細

2013年08月09日 配信開始

お得なまとめ買い

第2話~第12話

1663ポイント 購入する
30%
OFF

第2話~第12話

2,376ポイント 1,663ポイント 30%OFF 14日間
  • 第2話 消費と遊興による現代青少年の比較分類
  • 第3話 地域文化振興の問題点とその功績
  • 第4話 扮装と仮装の異化による心理的障壁の昇華作用
  • 第5話 自律行動に見る排斥と受容の境界
  • 第6話 サブカルチャーをめぐる他者との関係論
  • 第7話 対人関係における行動選択の特徴
  • 第8話 量産型製造過程における比較研究
  • 第9話 特殊閉鎖状況下における説明義務の有無について
  • 第10話 経済効果から考える余暇消費のフェティシズム
  • 第11話 都市型犯罪における悪意の所在論
  • 第12話 組織の再構築時に発生する課題と対策

第2話~第6話

864ポイント 購入する
20%
OFF

第2話~第6話

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 7日間
  • 第2話 消費と遊興による現代青少年の比較分類
  • 第3話 地域文化振興の問題点とその功績
  • 第4話 扮装と仮装の異化による心理的障壁の昇華作用
  • 第5話 自律行動に見る排斥と受容の境界
  • 第6話 サブカルチャーをめぐる他者との関係論

第7話~第12話

1036ポイント 購入する
20%
OFF

第7話~第12話

1,296ポイント 1,036ポイント 20%OFF 7日間
  • 第7話 対人関係における行動選択の特徴
  • 第8話 量産型製造過程における比較研究
  • 第9話 特殊閉鎖状況下における説明義務の有無について
  • 第10話 経済効果から考える余暇消費のフェティシズム
  • 第11話 都市型犯罪における悪意の所在論
  • 第12話 組織の再構築時に発生する課題と対策

各話一覧

並び順

第1話 現代における視覚を中心とした文化の研究

無料 視聴する
無料

第1話 現代における視覚を中心とした文化の研究

無料 25:17

笹原完士は大学入学を機に、それまで秘めていた「漫画・アニメ・ゲーム」への思いを分かち合えるサークルへ入ることを決意していた。ふと見学で訪れた「現代視覚文化研究会」=「現視研(げんしけん)」で、2年生・斑目の策略により根拠のないプライドを崩されてしまう。しかし、笹原は未だ自分がオタクであることを認められず、また「現視研」になじめずにいた。そんな中、アイドル並みのルックスにもかかわらず、濃く深いオタク同級生高坂の家を訪れる。

詳細

第2話 消費と遊興による現代青少年の比較分類

216ポイント 購入する

第2話 消費と遊興による現代青少年の比較分類

216ポイント 3日間 25:17

新入生歓迎会を兼ねて、現視研メンバーは笹原を連れ立って秋葉原に向かう。笹原は初めての18禁パソゲーに心を躍らせ、男性向け同人誌を物色する。それぞれの嗜好で同人誌を買っていく斑目たち。笹原はすっかり現視研に溶け込んでいく。一方、咲は高坂を落とすべく原宿でデート。高坂をじっくり、確実に攻める咲だったが…。

詳細

第3話 地域文化振興の問題点とその功績

216ポイント 購入する

第3話 地域文化振興の問題点とその功績

216ポイント 3日間 25:17

嵐の予感の中、コミックフェスティバルに向かう現視研一行。開場前から妙にテンションの高い斑目は、列をはずれた際に滑って右手を強打してしまう。必死に痛みを堪えてブースを巡る斑目、初めてのコミフェスに興奮する笹原、コスプレ会場にいる田中、あまりの光景に駅から一歩も動けない咲。それぞれの思いをのせてコミフェスは過ぎていくなか、遂に斑目が・・・。

詳細

第4話 扮装と仮装の異化による心理的障壁の昇華作用

216ポイント 購入する

第4話 扮装と仮装の異化による心理的障壁の昇華作用

216ポイント 3日間 25:17

秋、学園祭を前に、帰国子女の大野さんが現視研の部室を訪れる。おりしも学園祭でのコスプレを勧められていた咲は、「やんないよねぇ、普通」と大野さんに同意を求める。しかし、大野さんはすでにコスプレ経験済、しかもオリジナル衣装に興味を示す始末…。そんな女オタの部屋を暴いてやろうと、咲は衣装の採寸を理由に大野さんの部屋に向かう。

詳細

第5話 自律行動に見る排斥と受容の境界

216ポイント 購入する

第5話 自律行動に見る排斥と受容の境界

216ポイント 3日間 25:17

サークル自治委員会から、活動が見られないサークルは12月末日をもって削減するとの通告がなされた。その削減リストの一つには現視研の名もあった。弱りはてる一同の前に、追い討ちをかけるようにハラグーロこと原口が出現。自治会の一方的な態度、原口の嫌味、そして座して待つばかりの現視研メンバーに憤りを感じた咲は、大野さんとともに(?)存続に向けて行動を開始する。

詳細

第6話 サブカルチャーをめぐる他者との関係論

216ポイント 購入する

第6話 サブカルチャーをめぐる他者との関係論

216ポイント 3日間 25:17

ゲームもしない、アニメも見ない咲は、オタクの高坂との距離を感じはじめていた。せっかく二人でいい雰囲気になっても高坂はアニメを見始めてしまうのだ。咲は友人の事として、現視研メンバーに相談、ゲームを覚えることに。一方、笹原は一般人(?)ギャルの妹から突然呼び出しの連絡が入る。「妹」と聞いて、興味津々の現視研一同は笹原のあとをつけるが…。

詳細

第7話 対人関係における行動選択の特徴

216ポイント 購入する

第7話 対人関係における行動選択の特徴

216ポイント 3日間 25:17

笹原が現視研に入ってから1年が経とうとしていた。初代会長もいよいよ卒業準備ということで、斑目を二代目(!)現視研会長として推薦し、斑目もこれを受けることに。斑目新会長の下、コスプレできる機会はすべてやりたいという大野さんを擁した勧誘会の結果、二人の仮入会者が現れる。が、早くも咲の洗礼を受けることとなる。

詳細

第8話 量産型製造過程における比較研究

216ポイント 購入する

第8話 量産型製造過程における比較研究

216ポイント 3日間 25:17

春、プラモ作りには一番いい季節。そこで田中がプラモデル作りを初心者の笹原や大野さん向けに教えることに。ついプラモの話になると饒舌になってしまう田中。そんな田中と、大野さんや笹原が楽しそうにプラモ作りを進めていくのをみると、入りたくもないものの微妙な疎外感を感じてしまう咲。そして遂に完成した大野さんのプラモを咲が・・・。

詳細

第9話 特殊閉鎖状況下における説明義務の有無について

216ポイント 購入する

第9話 特殊閉鎖状況下における説明義務の有無について

216ポイント 3日間 25:17

最近の斑目のお気に入りは、「部室の机の上にエロゲー雑誌を大量に置いておく」こと。今日も大量の雑誌を購入し、部室に向かうと、そこには咲がただ一人。思えば1年も経つのに部室で咲と二人っきりになるのは初めての斑目。二人っきりの空間に妙な意識をしてしまって落ち着かない。そんな中、斑目は咲の顔に重大な発見をしてしまう…。

詳細

第10話 経済効果から考える余暇消費のフェティシズム

216ポイント 購入する

第10話 経済効果から考える余暇消費のフェティシズム

216ポイント 3日間 25:17

夏、現視研、海に!しかし、せっかくの海にもかかわらず、日焼けしてのコミフェスは恥ずかしいという意味不明の理由やら、体力温存のためとか言い訳して、海に入らない斑目たち。そして笹原の妹、恵子が高坂目当てで勝手に付いてきてしまって・・・。そんな海での一日のあとに、現視研にとって夏最大のイベント、コミフェスがいよいよ開催される。

詳細

第11話 都市型犯罪における悪意の所在論

216ポイント 購入する

第11話 都市型犯罪における悪意の所在論

216ポイント 3日間 25:17

あらゆるオタクグッズで溢れかえる高坂の部屋。そんな乱雑な部屋でつまづいた咲は頭をゲーム機に強打してしまい、なんとなく機嫌が悪い。そして部室でも同じところをぶつけてしまった咲は、部室の大掃除を決意。過去の貴重な(?)同人誌などを片付け、ふと一服したところ、なんとボヤ騒ぎに発展・・・。火の不始末の責任をとって咲は学園祭でコスプレをする羽目になってしまう。

詳細

第12話 組織の再構築時に発生する課題と対策

216ポイント 購入する

第12話 組織の再構築時に発生する課題と対策

216ポイント 3日間 25:17

ボヤ騒ぎによって、部室使用禁止処分になってしまった現視研。それぞれの部屋を持ちまわりで集まっていたが、それも徐々に重い雰囲気に。そんなある日、斑目の一言で咲は思わず涙を流してしまう。咲は自身も責任を感じ、また火に対する恐怖を持ち続けていたのだ。そして、現視研への処分としてボランティアでの奉仕活動が決定したが、なんとボランティア活動の日程と冬のコミフェスがバッティングしてしまっていた・・・。

詳細

キャスト

製作年 2004年 製作国   日本

これもチェック

 げんしけんを見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001