ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

リアル・クローズ

"リアル・クローズ"とは、着る人の人生にフィットする服" 「自分を知らなければ、似合う服など分からない」

2010年12月24日 配信開始

お得なまとめ買い

第1話~第11話

1620ポイント 購入する
55%
OFF

第1話~第11話

3,564ポイント 1,620ポイント 55%OFF 30日間
  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第5話
  • 第6話
  • 第7話
  • 第8話
  • 第9話
  • 第10話
  • 第11話

各話一覧

並び順

第1話

324ポイント 購入する

第1話

324ポイント 7日間 52:20

番組内容 越前屋百貨店に務める天野絹恵(香里奈)は、恋人の山内達也(高岡蒼甫)とパリを旅行中、ファッション業界のカリスマで百貨店やファッションブランドなど多くの成功を収めている神保美姫(黒木瞳)に出会う。 後日、帰国した絹恵は、担当のふとん売り場の仕事に戻る。同僚から厚い信頼を受け、売り場のエースとしてイキイキと働く絹恵。そんな折、婦人服統括部長に就任した美姫に会う。おしゃれが苦手な絹恵の地味な私服姿を見た美姫は「つまらない服を着ていると、つまらない人生になるわよ」と言い放つ。ところがその翌朝、絹恵に婦人服売り場への異動が言い渡される。美姫が率いる婦人服の新プロジェクトに加わることになったのだ。ファッションにまったく興味がない絹恵は、自分に務まるはずがないと戸惑うが・・・。 ファッションとは、恋とは、仕事とは、自分の生き方とは…現代女性が抱える等身大の「悩み」や「葛藤」をリアルに描きます。

詳細

第2話

324ポイント 購入する

第2話

324ポイント 7日間 46:06

未だ自分が何を着ればいいのかわからず、接客もうまくいかない絹恵(香里奈)。商品についての打ち合わせでも、ひと言も発言できず落ち込むばかり。そんな中、美姫(黒木瞳)が企画したアクセサリーフェアで凌(加藤夏希)のアシスタントを担当することを命じられる。追い詰められた絹恵は、口先だけのセールストークで客に似合わない商品を薦めてしまう。そんな態度を凌(加藤夏希)にとがめられ、ファッションも「ダサい」と批判されるが、何も言い返せない。そんな中、凌に不穏な動きが。最も厳しい同僚・凌と向き合う決意をした絹恵はある行動に出る。

詳細

第3話

324ポイント 購入する

第3話

324ポイント 7日間 46:06

美姫(黒木瞳)のアシスタントを務めることになった絹恵(香里奈)は、着任早々、ひっきりなしにやって来るセレブ客の対応と、次々と飛んでくる美姫の指示に追われるはめになる。そんな中、老舗ストッキングメーカーの専務取締役・水嶋知子(片平なぎさ)が新しいドレスを選んで欲しいと美姫を訪ねてきたが、優作(西島秀俊)はこの訪問に別の思惑があると話す。 その日、たった4時間で1千万円以上を売り上げた美姫は、夜には絹恵を連れて取り引き先の宴会に出席。寝る間も惜しんで働く猛烈な仕事ぶりを目の当たりにし、衝撃を受ける絹恵。そんな折、絹恵はマネージャー昇格試験に推薦されるが、美姫のように働く覚悟が持てず、受験を決意できない。 ようやく仕事にも慣れ、テキパキと仕事をこなすようになった絹恵。そんな中、絹恵のある行動で美姫を激怒させる事態がおこる。

詳細

第4話

324ポイント 購入する

第4話

324ポイント 7日間 45:51

絹恵(香里奈)は見事マネージャー試験に合格!優作(西島秀俊)のもとでのバイヤー修行が始まった。美姫(黒木瞳)の助言をヒントに、絹恵は、ある販促プランを思いつき、売れ残っていた商品を見事に売り切ることに成功する。成果が美姫に評価され、仕事への意欲をかきたてられる絹恵。そんな中、達也(高岡蒼甫)が自分との結婚を考え始めていることを知る。仕事を選ぶのか?結婚を選ぶのか?激しく揺れる絹恵に思わぬ事態が…!

詳細

第5話

324ポイント 購入する

第5話

324ポイント 7日間 46:16

達也(高岡蒼甫)のプロポーズを受け入れた絹恵(香里奈)は仕事を辞める決意を。その矢先、絹恵の企画したオリジナルウエディングドレスが美姫(黒木瞳)に採用され、商品化が決定。そんな中、退職の意志を美姫に言い出すことができない絹恵は思い悩み、仕事に身が入らない。 それでも最後の仕事になると腹をくくった絹恵は「倒れてでもやり遂げる」と優作(西島秀俊)に宣言。結婚退職を打ち明けられた優作は、次々と仕事を言い渡して絹恵をきりきり舞いさせる。そのお陰で仕事に追われる絹恵は、結婚の準備を着々と進める達也の話にもどこか上の空だ。 そんな折、蜂矢(小泉孝太郎)をアドバイザーに迎えたライバル百貨店が、絹恵らが考えていたものと同じコンセプトのブライダル企画をぶつけてきた!その夜、遅く帰宅した絹恵に、仕事にかまけて2人の将来に真剣に向き合おうとしないと達也が激怒。「お前は変わった」と部屋を出て行き…。

詳細

第6話

324ポイント 購入する

第6話

324ポイント 7日間 46:06

達也(高岡蒼甫)と別れた絹恵(香里奈)。「これからは仕事に生きる」と宣言するが、一人になると浮かんでくるのは達也のことばかりだ。 その頃、越前屋では企業イメージアップイベントとして予定されていた企画が中止となり、急遽、別の企画を立ち上げることに。 達也のことを忘れようと仕事に励む絹恵は、この企画立案に挑戦しようと奮闘。そんな中、優作(西島秀俊)に婚約者がいると知り、ショックを受けている自分に戸惑う。その夜、寂しさと会いたい気持ちが抑えきれず、絹恵は達也のマンションへ。そこで目にしたのは、晴美(山田麻衣子)と達也の仲睦まじい姿だった。達也は「俺たち、終わったんだよ」と絹恵に決別を告げ…。そんな折、まゆ(IMALU)が作ったTシャツにヒントを得た絹恵は、あるイベント企画を思いつく。美姫(黒木瞳)はこれを即決で採用。絹恵を中心に一大プロジェクトが組まれる。突然の大抜擢に驚く絹恵だが…。

詳細

第7話

324ポイント 購入する

第7話

324ポイント 7日間 46:01

美姫(黒木瞳)がヤングカジュアル売り場にアンテナコーナーを新設するプロジェクトを始動。そのチームマネージャーに任命された絹恵(香里奈)は、契約社員ながらチーフとして売り場をまとめるカリスマ販売員・小西まみ(中別府葵)に出会う。有能な、まみにプロジェクトの重要な仕事を任せようとする絹恵。ところが、まみは契約社員が失敗すればクビを切られかねないと渋り、仕事を引き受けようとしない。絹恵はまみとの間に大きな"壁"を感じ始める。仕事に高い能力を持ちながら、大きなプロジェクトに関わるチャンスを自ら潰そうとするまみに、歯がゆさを感じた絹恵は、なおもまみを説得しようとする。ところが、まみはそんな絹恵を無神経だと激怒。絹恵はまみを傷つけてしまったと思い悩む。 そんな中、二人はあることで大ゲンカに…。

詳細

第8話

324ポイント 購入する

第8話

324ポイント 7日間 46:00

越前屋が松善との合併協議に揺れる中、優作(西島俊秀)は役員への引き上げを打診される。異例の大抜擢だが、それは優作が現場の仕事から離れることを意味していた。美姫(黒木瞳)は新しいニット商品のプロジェクトを立ち上げ、ニットデザイナー・双葉公彦(中村靖日)との交渉を絹恵(香里奈)に託す。絹恵は優作とともに動き出そうとするが、婚約者の雪乃(奥貫薫)にフラれて以来、仕事が手につかない優作は心ここにあらず。そんな折、双葉が突然プロジェクトを降りたいと言い出す。 すべては蜂矢(小泉孝太郎)が仕組んだことだった。双葉に取り入り、越前屋を差し置いて契約を結んだのだ。これを知り、契約を早々にあきらめてデザイナーの変更を決めた優作を絹恵は「田渕さんらしくない」と非難。1人で双葉のもとに通い詰め、辛抱強く説得を続ける。そんな中、絹恵はニコラ(黄川田将也)の頼みで雪乃に会い、寄りを戻したい優作と会ってくれるよう頭を下げる。だが、雪乃にやり直す気はなかった。ショックを受けた優作は絹恵を相手にやけ酒を煽る。酔い潰れた優作を抱え、絹恵が優作のマンションに向かうと…。

詳細

第9話

324ポイント 購入する

第9話

324ポイント 7日間 46:05

松善百貨店の合併により、越前屋には契約を解除したいという取引先からの申し出が殺到。年末商戦を前に、越前屋は存続の危機に陥っていた。そこで美姫(黒木瞳)はニューヨークの日本未上陸ブランドとの専属契約に乗り出す。先方の契約の条件は、製造を浅草の老舗靴工場『竹内』に委託すること。美姫は『竹内』との契約交渉を絹恵(香里奈)に託す。一方、絹恵は、職場で優作(西島秀俊)の顔を見るたび胸が苦しくなり、仕事が手につかない。恋をしていると凌(加藤夏希)らに指摘され、絹恵は慌てて否定するが…。 同じ頃、蜂矢(小泉孝太郎)が凌に接触。正社員として松善に迎えたいと執拗に誘いをかける。一方、絹恵は『竹内』の社長・竹内祐造(田山涼成)に契約を持ちかけるが、相手にされず断られてしまう。なんとか説得しようと『竹内』に通い詰める絹恵は工場の片隅で1枚の写真を見つける。そこに写っていたのは20年前の美姫だった…!

詳細

第10話

324ポイント 購入する

第10話

324ポイント 7日間 46:00

松善に客足を奪われた越前屋の売り上げは大幅ダウン。深刻な危機に陥った越前屋の社運が、美姫(黒木瞳)の進める日本初上陸ブランド『Siela&Keith』との契約交渉に託される中、ブランドの幹部が緊急来日。明朝、契約を決する最終プレゼンをして欲しいと連絡してきた。プレゼンの時間までわずか24時間。資料作成の準備に追われていた絹恵(香里奈)は、優作(西島秀俊)が蜂矢(小泉孝太郎)と密かに会っていたことを知る。最近、越前屋から優秀なスタッフが松善に引き抜かれているだけに、優作も誘われているのではと動揺する絹恵…。さらに絹恵は、蜂矢が凌(加藤夏希)とも接触していたと知ってがく然。越前屋を離れる気配を見せる仲間たちに、絹恵の動揺は激しくなるばかり。 そんな折、蜂矢ら松善陣営も『Siela&Keith』と契約交渉を進めていたことが判明。美姫は急遽、プレゼンの大きな方針転換を思いつく。絹恵らは夜を徹して準備に励むが…。

詳細

第11話

324ポイント 購入する

第11話

324ポイント 7日間 45:43

『Siela&Keith』との契約を逃した美姫(黒木瞳)は責任を問われ、統括部長を解任された。代わって絹恵(香里奈)は、クリスマス商戦企画の代替案を出すよう命じられる。美姫は自分の代わりにこのプロジェクトの指揮を取れと指示。だが、松善に対抗できる企画をクリスマスまでに立ち上げるのは至難の業だ。絹恵は優作(西島秀俊)に相談しようとするが、転職先との契約のためロンドンに発ってしまう。 美姫と優作の支えを失った絹恵は「私ががんばらなきゃ」と奮起。"打倒!松善"を掲げて人気ブランドとコラボした限定アイテムの販売を企画するが、商品はなかなか集まらない。焦った絹恵は、スタッフを交渉にあたらせようとするが、その強引さに凌(加藤夏希)らが反発。絹恵はついに孤立してまう。やがて、松善に勝つことだけにとらわれていた自分に気づく絹恵。クリスマス企画を練り直すうち、百貨店の常識を覆すあるアイデアが浮かぶ…。

詳細

キャスト

製作年 2009年 製作国   日本

これもチェック

 リアル・クローズを見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001