ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

精霊の守り人

運命には勝てない。でも、運命には負けない。

第一話 女用心棒バルサ

無料 視聴する
無料

第一話 女用心棒バルサ

無料 25:00

短槍使いの女用心棒・バルサは、2年ぶりに訪れた新ヨゴ皇国で、突然暴走した牛車から、川に振り落とされた皇子を助ける。バルサが助けた少年は、新ヨゴ皇国の第二皇子・チャグムだった。皇子を助けたお礼に宮へ招かれ、歓待を受けたバルサは、ニノ妃から重大な秘密を聞かされる。チャグムは何か得体の知れないモノにとり憑かれ、これを疎ましく思う父帝が、彼を亡き者にしようとしているというのだ。ニノ妃は、バルサの腕を見込んで、チャグムの用心棒を引き受けてくれと頼む。帝を敵に回すという、命の保証がない仕事をなぜか引き受けたバルサは、宮に火を放つよう指示して、燃え盛る炎を背に、チャグムをつれて宮を脱出するのだった。

詳細

2016年08月12日 配信開始

お得なまとめ買い

第二話~第二十六話

1890ポイント 購入する
30%
OFF

第二話~第二十六話

2,700ポイント 1,890ポイント 30%OFF 30日間
  • 第二話 逃げる者 追う者
  • 第三話 死闘
  • 第四話 トロガイの文
  • 第五話 秘策、青い手
  • 第六話 青霧に死す
  • 第七話 チャグムの決意
  • 第八話 刀鍛冶
  • 第九話 渇きのシュガ
  • 第十話 土と英雄
  • 第十一話 花酒をタンダに
  • 第十二話 夏至祭
  • 第十三話 人でなく虎でなく
  • 第十四話 結び目
  • 第十五話 夭折
  • 第十六話 ただひたすらに
  • 第十七話 水車燃ゆ
  • 第十八話 いにしえの村
  • 第十九話 逃亡
  • 第二十話 狩穴へ
  • 第二十一話 ジグロ・ムサ
  • 第二十二話 目覚めの季
  • 第二十三話 シグ・サルアを追って
  • 第二十四話 最後の希望
  • 第二十五話 宴
  • 第二十六話 旅立ち

第二話~第六話

432ポイント 購入する
20%
OFF

第二話~第六話

540ポイント 432ポイント 20%OFF 7日間
  • 第二話 逃げる者 追う者
  • 第三話 死闘
  • 第四話 トロガイの文
  • 第五話 秘策、青い手
  • 第六話 青霧に死す

第七話~第十一話

432ポイント 購入する
20%
OFF

第七話~第十一話

540ポイント 432ポイント 20%OFF 7日間
  • 第七話 チャグムの決意
  • 第八話 刀鍛冶
  • 第九話 渇きのシュガ
  • 第十話 土と英雄
  • 第十一話 花酒をタンダに

第十二話~第十六話

432ポイント 購入する
20%
OFF

第十二話~第十六話

540ポイント 432ポイント 20%OFF 7日間
  • 第十二話 夏至祭
  • 第十三話 人でなく虎でなく
  • 第十四話 結び目
  • 第十五話 夭折
  • 第十六話 ただひたすらに

第十七話~第二十一話

432ポイント 購入する
20%
OFF

第十七話~第二十一話

540ポイント 432ポイント 20%OFF 7日間
  • 第十七話 水車燃ゆ
  • 第十八話 いにしえの村
  • 第十九話 逃亡
  • 第二十話 狩穴へ
  • 第二十一話 ジグロ・ムサ

第二十二話~第二十六話

432ポイント 購入する
20%
OFF

第二十二話~第二十六話

540ポイント 432ポイント 20%OFF 7日間
  • 第二十二話 目覚めの季
  • 第二十三話 シグ・サルアを追って
  • 第二十四話 最後の希望
  • 第二十五話 宴
  • 第二十六話 旅立ち

各話一覧

並び順

第一話 女用心棒バルサ

無料 視聴する
無料

第一話 女用心棒バルサ

無料 25:00

短槍使いの女用心棒・バルサは、2年ぶりに訪れた新ヨゴ皇国で、突然暴走した牛車から、川に振り落とされた皇子を助ける。バルサが助けた少年は、新ヨゴ皇国の第二皇子・チャグムだった。皇子を助けたお礼に宮へ招かれ、歓待を受けたバルサは、ニノ妃から重大な秘密を聞かされる。チャグムは何か得体の知れないモノにとり憑かれ、これを疎ましく思う父帝が、彼を亡き者にしようとしているというのだ。ニノ妃は、バルサの腕を見込んで、チャグムの用心棒を引き受けてくれと頼む。帝を敵に回すという、命の保証がない仕事をなぜか引き受けたバルサは、宮に火を放つよう指示して、燃え盛る炎を背に、チャグムをつれて宮を脱出するのだった。

詳細

第二話 逃げる者 追う者

108ポイント 購入する

第二話 逃げる者 追う者

108ポイント 2日間 25:00

燃え盛る炎を背に、チャグムをつれて宮を脱出するバルサ。二人は一旦頼まれ屋のトーヤとサヤの家に身を隠す。一方、炎上する二の宮を見つめる一人の人物がいた。若き天才星読博士のシュガである。チャグムの教育係でもあったシュガは、この国最高の賢者であるの元を訪れ、チャグム暗殺計画をやめて欲しいと頼む。しかし、聖導師は逆にヨゴの政治の裏側を語って聞かせ、自分の後を継ぐべく聖導師としての道を歩むように諭すのであった。もしチャグム皇子に取り憑いたものが本当に水妖ならば、それを倒すことが出来るのは帝だけである、と言う聖導師。それはチャグムを生きたまま宮へ連れ帰り、父である帝の手で討たせることを意味していた。聖導師が差し向けた、帝の影に仕えるたちが、バルサたちに迫り来る。

詳細

第三話 死闘

108ポイント 購入する

第三話 死闘

108ポイント 2日間 25:00

バルサたちの前に立ちはだかる狩人たち。彼らの絶妙なコンビネーションに対し、バルサはチャグムの安全を最優先する。チャグムは一人、森の奥へと逃げ、バルサは狩人たちと戦う。しかし、暗殺術に長けた彼らの攻撃に苦戦を強いられ、更に、修理することができなかった槍先が戦闘中に外れてしまう。モンの刃が、バルサの腹に襲い掛かる。しかし、バルサは自らが傷つきながらもモンに渾身の一撃を浴びせ、その場を逃れる。森の奥に逃げるバルサを見失ったジンは、本来の目的を優先して、チャグムを捕まえる。気を失ったチャグムを運ぶ最中、ジンは幼い日のチャグムと自分のふれあいを思い出すが、そこにできた隙を狙って、追いついたバルサが捨て身の攻撃に出る。バルサはチャグムの救出に成功するが、やがて、傷の影響でついに動くこともままならなくなり、チャグムにタンダを呼んでくるよう頼む。チャグムは、バルサの傷が深いことを思い、森に対する恐怖がありながらも必死でタンダの元へと向かう。ついにタンダを見つけたチャグムは、必死にバルサのことを訴えるのだった。

詳細

第四話 トロガイの文

108ポイント 購入する

第四話 トロガイの文

108ポイント 2日間 25:00

バルサがタンダに救われ、山小屋に向かっていた頃、トロガイはナユグの住人との接触を図っていた。そして、ことの始まりが「卵」であることを知る。トロガイは、彼女の命を狙って現れた狩人たちを軽くあしらい、彼女の得た情報についての文を聖導師に送る。宮では狩人のチャグム拉致失敗の報がもたらされていた。それを聞いた帝と聖導師は、次の策を練り始める。シュガは聖導師に、乾の相を打開するために必要と思われる、建国の碑文書の解読を命じられる。バルサは、山小屋で目覚めた。心配そうに見守るタンダやトーヤたちに、チャグムが新ヨゴの第二皇子であることを明かす。そして、自分が用心棒として雇われ、彼を守ることになったことも。だが、深手の傷を負ったバルサは動くことができない。しばらくの静養が必要だった。バルサは呪術師の力を持つタンダに、チャグムの体を見てもらう。そして、確かにそこに「ナユグ」のものがあることを知る。

詳細

第五話 秘策、青い手

108ポイント 購入する

第五話 秘策、青い手

108ポイント 2日間 25:00

トロガイは、山小屋にいる一同にチャグムに宿るものが「精霊の卵」であることを教える。精霊の卵は100年に一度現れる水の精霊の卵だった。チャグムはナユグの精霊から「精霊の守り人」として選ばれた者だったのだ。バルサはトロガイに、「一生この子の面倒を見るつもりか?」と、きかれる。バルサが背負わねばならないのは、チャグム一人の命ではなく、チャグムの守護に失敗したときに起こるであろう干ばつも含めた新ヨゴとヤクーの人々の命であった。しかし、バルサの決意は変わることはなかった。一方、都ではチャグムは死んだものとして、民へと発表され、葬儀が着々と進められていた。帝は「チャグムは死んだもの」として、宮殿に火を放ったバルサに、大規模な山狩りによる追っ手を堂々と差し向ける。それを知ったバルサは、過去に因縁のある「青い手」に使いとしてタンダを送る。バルサは、青い手が持っている商品「人間」を、二の妃から受け取った、王宮の宝で全て買い取り、その人々を全て解放するように青い手に頼む。それこそが、バルサの秘策であった。さらにバルサは、青い手から馬も買い取り、山狩りの開始に備え始めるのだった。

詳細

第六話 青霧に死す

108ポイント 購入する

第六話 青霧に死す

108ポイント 2日間 25:00

翌朝、出発を前に髪を下ろし、平民の姿になるチャグム。無事逃げる為と理解しながらも、外見が皇子ではなくなってしまった事、母妃と遠く離れてしまった事を改めて実感し、悔し涙をこぼす。都では、討伐隊が青い手が解放した人々に手こずっていた。討伐隊を率いる狩人達は、バルサの策により、むやみに動くことが出来ずにいた。様々な目撃情報が伝えられる中、モンたちはバルサの行動の裏の裏を読み、考えをめぐらせる。「沈思黙考!」バルサは北の故郷カンバルを目指して青霧山脈を越えるはずだと判断したその時、西に向かう短槍を持った子連れのカンバル人の目撃情報が入る。完全に分断された、狩人たちだった。モンとゼンが、青霧山脈へ向かう。そして山中、青弓川の渓流沿いで逃げるバルサとチャグムをついに見つける。

詳細

第七話 チャグムの決意

108ポイント 購入する

第七話 チャグムの決意

108ポイント 2日間 25:00

バルサはチャグムと共に扇ノ下に新居を構える事にする。死んだ事になっているとは言え噂の的になっている二人が都で暮らすことを心配するタンダ。しかしバルサはそんなタンダを他所に、街の人相手に自分の噂話までしてみせる。誰もバルサ本人がこんなところにいるとは思わない。噂ばかりが大きくなり、バルサの正体が見抜かれる様子はなかった。そんな中、チャグムは、街では何をするにもお金が必要になることに驚いていた。自分が暮らす分のお金までバルサやタンダに頼るのでは、二人にとって迷惑なのではと心配し始めるチャグム。普段なら、バルサの用心棒の仕事は、敵を退けた所で終わりである。ましてバルサにとって自分は他人の子に過ぎない。チャグムは、タンダが12歳の頃から薬の調合を始めたと聞き、自分も独り立ちしなければと思いつめる。

詳細

第八話 刀鍛冶

108ポイント 購入する

第八話 刀鍛冶

108ポイント 2日間 25:00

ボロボロの槍を直してもらおうと、バルサはチャグムを連れて馴染みの鍛冶屋に向かう。そこの鍛冶は名匠と評判で、宮にも刀を納めていた。死んだはずのバルサが現われ、驚く鍛冶。すぐに新しい槍を打って欲しいというバルサに対して鍛冶は、帝に弓を引いたという街の噂が本当ならば、バルサには協力出来ないという。バルサはそれでも真実を語ろうとしない。事情が分からない限り、槍を打つかどうかの判断が出来ないという鍛冶は、他の客が来るからと二人を隣の部屋に追いやる。その時、客が入ってくる。やって来たのは狩人のモンとジンだったのだ!二人はバルサとの戦いで傷ついた刀をこの鍛冶に預けており、打ち上がった新しい刀を取りに来たのであった。その二人に対して鍛冶は、人の身を斬らずただ業だけを断ち切る、そんな刀をいつか打ちたい、という自分の夢を語って聞かせる。しかしそれにはその刀を持つ武人の技量も問われる。鍛冶は、過去にただ一人、そう思えた武人の話を始める……。その武人は異国人で、恐ろしく腕が立ったが、母国で、宮廷内の抗争に巻き込まれた友人から託された不釣合いな子供を一人連れていた……。

詳細

第九話 渇きのシュガ

108ポイント 購入する

第九話 渇きのシュガ

108ポイント 2日間 25:00

シュガは、チャグムを救えなかったという深い無力感と自責の念に駆られていた。そしてその思いは、消えていない空の――干ばつの予兆――に気付かない星読み達への苛ちとして表れる。チャグムを可愛がり、その死を悼んでいたはずの兄、サグム皇太子も、この所は人が変わったように自信に満ち溢れ、チャグムの遺品を焼いて水妖の呪いを祓う仕事なども進んで引き受けるようになっている。そんな中、皇太子の教育係ガカイが、チャグムの遺品を捜そうと、シュガの私室に無断で立ち入る。それを見てガカイと言い争いになるシュガ。揉みあいになった勢いでガカイを強く打ってしまい、謹慎処分を言い渡される。

詳細

第十話 土と英雄

108ポイント 購入する

第十話 土と英雄

108ポイント 2日間 25:00

物覚えのいいチャグムは、順調に仕事を覚え、里での生活に慣れて行く。そんな賢すぎるチャグムを見て、バルサはこのままでは息が詰まってしまうと心配する。そんな中、狩人たちとの一件以来、身を隠していた根っからの街っ子のトーヤが、街に戻ってくると知ったバルサは、チャグムを街の生活により馴染ませようと、ちょっとした荒療治を思いつき、頼まれ屋の仕事を手伝うようにと、トーヤに頼む。トーヤと街に出るチャグム。買い物での料金交渉など扇ノ下の社会を体感していくなか、賭博をしている現場に出くわす。これも社会勉強だと、参加するトーヤ。傍でみているだけのチャグムは、持ち前の探究心で、トーヤが負けていく様子をじっくり観察し、ルールを覚えるどころか、この賭場のイカサマを見抜く。有り金をすってしまったトーヤは取り返そうとするが、胴元たちに軽くあしらわれてしまう。トーヤは諦めようとするが、チャグムはそうではなかった。その聡明な正義感が彼を駆り立て、チャグムは賭博に参加する。

詳細

第十一話 花酒をタンダに

108ポイント 購入する

第十一話 花酒をタンダに

108ポイント 2日間 25:00

ひとりで落ち込んでいるトーヤ。その理由は、サヤが嫁にいってしまうかららしい。サヤがお見合いを受けると言ったため、兄替わりだったトーヤは賛成したものの、やはり独りになると、その喪失感はお金では埋められないものだった。しかし、そのおめでたいはずの見合いの席上、花酒を飲んだサヤが急に倒れた。しかも、どうやら"魂抜け"になってしまい、そのまま戻らない。バルサからサヤが倒れたことを聞かされ、急ぎお見合いの場に駆けつけるトーヤ。そこであらためて、このお見合いが誰の了承も得てない物だったと判明する。サヤはお見合いが嫌でこんなことになってしまっているのだ。サヤの魂を戻すために、タンダは師匠のトロガイから止められていた術"魂呼ばい"をして、ナユグの世界へと入っていく。

詳細

第十二話 夏至祭

108ポイント 購入する

第十二話 夏至祭

108ポイント 2日間 24:57

聖祖トルガル帝が新ヨゴ皇国を建てたのを記念するお祭り"夏至祭"が近づいてきた。農民たちも祭りへ向けての準備で盛り上がっている。そんな中、チャグムは、近所の友人たちに、祭りの日に行われる格闘技の"ルチャ"の大会へ向けての稽古へと誘われる。会場に来たチャグムたちの前に現れた、隣国ロタ人の子ヤーサムの挑発に乗った、ガキ大将は、勝負するが、その強さに全く歯が立たず、負けてしまう。調子に乗ったヤーサムのヨゴへの侮辱、さらには帝の悪口に腹をたてたチャグムは、翌日の祭りでの勝負を約束する。家に帰ってバルサに勝負のことを話すチャグム。バルサは勝つ方法はあると言うが、祭りの大会で勝負すると聞き、その勝負はあきらるようにと諭す。大勢の人が集まり、誰が見てるかわからない場で目立つことはできないのだ。チャグムが思い悩む中、夏至祭りが始まった・・・。

詳細

第十三話 人でなく虎でなく

108ポイント 購入する

第十三話 人でなく虎でなく

108ポイント 2日間 25:00

バルサの存在が、過去に因縁のある武人カルボに見つかった。手紙を受けたバルサは、彼に会いに行き、自分と会ったことは忘れてくれるようにと頼む。しかし、カルボは過去にバルサから受けた屈辱を晴らすために今日まで生きてきたという。そしてチャグムのことで揺さぶりをかけ、さらには翌日から、街道の関門で最初に来た旅人を一人ずつ毎日斬っていくと言い放ち、その場を去っていくのだった・・・。翌朝気になったバルサは、関門にくるが、カルボの姿は見当たらない。そこへ、旅人が通りかかる。バルサは彼らがカルボの標的になると、その旅人から目を離そうとしない。そんな中、姿を現さないカルボは遠くから執拗に旅人を付け狙ってくるのだった。精神的に追い詰められていくバルサ。しかし、カルボの思惑とは別に、バルサの中で眠っていた野生が目覚め始めてきた・・・。

詳細

第十四話 結び目

108ポイント 購入する

第十四話 結び目

108ポイント 2日間 25:00

世に伝わる『建国正史』。大聖導師ナナイが残した碑文を読み解くうちに、シュガはこの建国正史が、捏造された物語だったことに気付き、水の精霊こそが水の恵みをもたらすという事実にもっと早く気付いていれば、チャグムを守れたと、後悔するのだった。同じ頃、サグとナユグが折り合う地"結び目"にて、トロガイもまた、水の民との話により、建国正史の嘘に気付いていた。ナユグのものたちに襲われながらも、バルサたちのところに戻って来て、その事実を皆に伝える。安心するチャグムに、それ以上のことは言えないトロガイであった・・・。

詳細

第十五話 夭折

108ポイント 購入する

第十五話 夭折

108ポイント 2日間 25:00

トロガイは、バルサとタンダに "卵食い"ラルンガの存在を話す。チャグムにとって最大の敵が何者なのか?卵が孵る"宴の地"とは?とにかくじっとしていても始まらないと、少しでも手掛かりを見つけるためにバルサたちは、ヤクーの伝承が残っているトウミ村に行くことを決める。シュガは碑文をさらに読み解き、チャグム生存の手がかりを見つける。しかし、まずは聖導師の断り無く入った碑文の間を出なくてはならない。シュガに味方する無人たちの協力で、外に出たシュガは、ついにその手がかりを見つけ、チャグムの生存を確信する。喜び、皇太子サグムのところを訪れるシュガ。病気に犯されながらも、死んでしまったチャグムの分もと、気を張って役務をこなすその姿を見て、シュガはチャグムの存在を話すことができなかった。

詳細

第十六話 ただひたすらに

108ポイント 購入する

第十六話 ただひたすらに

108ポイント 2日間 25:00

シュガは、青霧山脈に来ていた。バルサとチャグムが落ちていった谷は前日の雨で、あの時立ち込めていた毒霧が晴れていた。シュガが谷底へ降りようとしたそのとき、聖導師の指示により後を追ってきた狩人たちが現れる。誰もがチャグムの生存を願っているのだ。その確認に崖を降りていくモン。谷底に存在していたのは、馬の死骸と二人の衣装のみだった。聖導師にチャグムの生存を確信したことと、碑文を読み解いた結論を報告するシュガは、さらに帝の許しを得て、チャグム捜索の全権を任される。狩人を借り受け、捜索に乗り出すシュガ。武術のみならず、むしろ諜報を得意とする狩人たちの手が、ヤクーの村へと出発するバルサたちの準備を頼まれたトーヤのもとにしのびよる・・・。

詳細

第十七話 水車燃ゆ

108ポイント 購入する

第十七話 水車燃ゆ

108ポイント 2日間 25:00

狩人たちとの隠れ家から、一旦宮へ帰ろうと、扇の下を歩いていたシュガは、偶然我が目を疑う人物を見かける。チャグム皇子だ!あまりにも突然の再会、一人で買い物をする行為、庶民的な容姿、そして言葉遣いに戸惑いながらも、シュガはすぐにでも宮に戻るよう、水の精霊の誤解がとけたことを説明する。しかし、どうしていいか愕然と立ち尽くすチャグム。と、そこに立ちはだかったのは、バルサだった・・・。一方、トーヤは、バルサにたのまれたものを届けに、水車小屋に到着する。トーヤを尾行していたゼンとユンは、その小屋をつきとめ、近隣住人の聞き込みを開始する・・・。再び小屋に戻ってきて、そこにバルサとチャグムが住んでいるという2人の確信は、モンへと伝わり、ついに水車小屋へと狩人たちが集結する・・・。

詳細

第十八話 いにしえの村

108ポイント 購入する

第十八話 いにしえの村

108ポイント 2日間 25:00

トーヤのおかげで難を逃れたバルサは、チャグム、タンダ、トロガイと合流し、直接トウミ村を目指す。しかしチャグムは、シュガから聞かされた兄サグムの事が気になり、自分が兄を気遣うこと以上の理由で、バルサたちと行動を共にすることに納得がいかない。ラルンガのことを話すことで、チャグムにさらなる精神的苦痛を負わせたくないバルサは、強引に彼を連れて行くのだった・・・。再びバルサたちを見失ったシュガと狩人たちは、トーヤが水車小屋に届けた荷物から、その行き先を推測する。そんな中、直接対峙したシュガは、バルサが自分と同じく新たな知識を得ようとしているのではと考えた。今までの行動とも合点がいくヤクーとの関わりを確信した狩人たちは、選択肢をしぼって、バルサたちを追い始める。そのひとつにあるトウミ村へは、モンとジンが向かっていた・・・。

詳細

第十九話 逃亡

108ポイント 購入する

第十九話 逃亡

108ポイント 2日間 25:00

トウミ村の少女ニムカから、"卵食い"ラルンガのことを聞いてしまったチャグム。そのことを教えてくれなかったバルサに対する不信感と、自分が精霊の守り人であり、ラルンガの餌食になってしまう運命にあることへの恐怖から、チャグムは宮に戻る決意をする。一方、トロガイたちは、ニムカの祖母から伝えられた話から、ラルンガのことや精霊の卵がどうやって孵るのかという謎の答えが、誰もが知っている田植え歌の中にあることに気付くのだった。しかし同じ頃、チャグムを奪回するべく、シュガと狩人達はトウミ村へと迫っていた。

詳細

第二十話 狩穴へ

108ポイント 購入する

第二十話 狩穴へ

108ポイント 2日間 25:00

バルサがチャグムを追いかけている頃、トウミ村に入ってきたシュガと狩人達。彼らの前に現れたトロガイは、ニュンガ・ロ・チャガとしての宿命を負ったチャグムのこと、 "卵食い"ラルンガのことをすべて説明する。皇子を守れるのはヤクーか?ヨゴか?プライドを傷つけられた狩人達が力ずくでその場を制圧しようとするが、ヨゴの大軍勢をもってしても、皇子を守ることに疑問を持ったシュガは、トロガイへの信用から、初代聖導師の碑文の存在を明かす。

詳細

第二十一話 ジグロ・ムサ

108ポイント 購入する

第二十一話 ジグロ・ムサ

108ポイント 2日間 25:00

厳しい冬を越すための狩穴生活で、チャグムは、肉体的にたくましくなっていくが、精神的には、まだ精霊の守り人としての運命を受け入れられないでいた。そんなある日、バルサは自分にとってかけがえの無い存在、ジグロのことをチャグムに話す。幼きバルサ六歳の頃。それは、隣国カンバルの王室付きの医者であったバルサの父、カルナ・ヨンサが宮中の陰謀に巻き込まれ、親友のジグロ・ムサに、最愛の娘バルサを託した、壮絶なる悲劇の話であった・・・。

詳細

第二十二話 目覚めの季

108ポイント 購入する

第二十二話 目覚めの季

108ポイント 2日間 25:00

バルサの話はなおも続く・・・。ジグロと親友"王の槍"たちとの戦い・・・。二人の逃避行・・・。そして、バルサがジグロから学んだもの・・・。すべての話が終わったとき、チャグムはバルサとジグロに、自分とバルサを重ね合わせていた。そしてチャグムは、自らの運命に立ち向かう決意をし、バルサに武術を教えてもらうことを請うのだった。やがてトロガイは別の場所で春の準備をするために狩穴を出て行き、残ったバルサ、チャグム、タンダの三人は、それぞれの想いを胸に、狩穴生活を続けていく・・・。

詳細

第二十三話 シグ・サルアを追って

108ポイント 購入する

第二十三話 シグ・サルアを追って

108ポイント 2日間 25:00

ついに春がやってきた・・・。シュガは、すべての碑文を読み解くことは出来なかったが、ラルンガの弱点を見つけ出したことの成果を持って、狩人とともにヨゴの軍勢を率いて出立する。一方戻ってきたトロガイは、冬の狩穴暮らしで、すっかり男らしくなったチャグムに、新しい服と短剣を渡す。それはチャグムが一人前になった証しとして、バルサが頼んだものだった。バルサたち一行は、チャグムの導くままに宴の地・青池へと向かう。そこでシュガ率いるヨゴ軍と合流したのも束の間、チャグムはシグ・サルアの咲き乱れる青池の中心へと、卵に導かれるように歩みだす。

詳細

第二十四話 最後の希望

108ポイント 購入する

第二十四話 最後の希望

108ポイント 2日間 25:00

卵に導かれるままに青池を離れ、森へと去っていったチャグム。シュガは混乱する軍勢を立て直し、トロガイと共にお互いが持っている知識を共有することで、再び現れるであろうチャグムとラルンガに対応するための準備をする。チャグムを追って森に入ったバルサとタンダは、同じ行動をとった狩人たちと合流するが、双方チャグムを完全に見失ってしまう。宴の地が青池ならばチャグムは明け方には戻って来るはずだが、バルサは卵の行動に何らかの理由があると考え、再び襲ってくるであろうラルンガからチャグムを守るために、さらに森を探すことを決める。一方、シュガのもとに、残りの碑文を読み続けていたガカイからの伝令が届く。その残りの石版には、重大な情報が記されていた。

詳細

第二十五話 宴

108ポイント 購入する

第二十五話 宴

108ポイント 2日間 25:00

タンダの捨て身の行動によって、ナユグのものと接触できるようになったバルサと狩人たち。宴の地に現れたチャグムを食らおうと次々と出現するラルンガたちに対し、狩人は大松明を駆使して撃退しながら、身を挺してバルサをチャグムの所へと行かせる。ついにチャグムの体の中の卵が孵る準備を始め動き出した。これを感じたチャグムは、サグとナユグの折り合いをつけられないままに、国のため、民のために自己を犠牲にすることを選ぶ・・・。

詳細

第二十六話 旅立ち

108ポイント 購入する

第二十六話 旅立ち

108ポイント 2日間 25:00

運命の戦いは終わった・・・。光扇京へ戻る一行。チャグムは、帝や二ノ妃の待つ宮中に迎えられ、帝直々に悪しき魔物から国を救った英雄として生きることを命じられる。そして、バルサのことは忘れるようにと・・・。十分な歓待と報酬を受け取ったバルサたちは、チャグムとは話をすることもなく、宮を去ろうとするのだった・・・。

詳細

キャスト

製作年 2006年 製作国   日本

これもチェック

 精霊の守り人を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001