ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

ラブ・オブ・ザ・ゲーム

ケビン・コスナー&ケリー・プレストン共演+サム・ライミ監督作!
野球に人生を捧げてきた男の最後のゲーム―愛する女性との未来を賭けて、いま渾身の一球を投げる!

2016年09月09日 配信開始

各話一覧

ラブ・オブ・ザ・ゲーム

324ポイント 購入する

ラブ・オブ・ザ・ゲーム

標準版:324ポイント  Full HD/2K:432ポイント 2日間 02:17:59

デトロイト・タイガースのベテラン・ピッチャー、ビリー・チャペル(ケビン・コスナー)は、ワールドシリーズ目前、ヤンキースの優勝を阻止するために絶対に落とせない試合の日に、オーナーからある決断を迫られる。球団を売りに出すことになり、ビリーには引退かトレードしか道がないというのだ。同じ日、恋人のジェーン(ケリー・プレストン)からは“もう会えない”と告げられ、重い気持ちを抱えたままヤンキー・スタジアムへと向かったビリー。先発投手としてマウンドに立った彼は、選手生命の全てを賭けて相手チームに挑んでいく。その脳裏には、ジェーンとの想い出が走馬灯のように甦っていくのだった・・・。
「スパイダーマン」を大ヒットさせたサム・ライミ監督作としては異色といえる、等身大のラブ・ストーリー。試合の経過とともに、ビリーとジェーンの過去が挿入されていき、二人の関係が変化していく様子が丹念に綴られる。当時44歳のケビン・コスナーが、ベテラン投手の悲哀をにじませながら、自ら投球シーンも見事にこなした。また、ジェーンの娘を演じたジェナ・マローン(「海辺の家」「ドニー・ダーコ」)が、ヤング・アーティスト賞他各賞でノミネートされる好演を見せているほか、ジョン・C・ライリー(「シカゴ」「めぐりあう時間たち」)が、ビリーを長年支え続けてきたキャッチャー役で、味のある演技を披露している。

詳細

キャスト

製作年 1999年 製作国   アメリカ

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001