唯の不登校が続いて一週間。いまだ復帰しない彼女を心配した太一は、なんとかして助けようと再び唯の家を訪ねることを考える。だが青木は、無策のままで助けたいと考えるばかりの太一を独りよがりだと批判。2人は激しい口論となる。文研部は欲望解放に振り回され、かつての明るさを失いつつあった……。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001