人目を避けて廃ビルで過ごしていた太一たちだったが、 そんな折に唯は、中学時代の空手のライバル、三橋千夏と再会する。 そして既に空手を辞めたことについて、「わたしとの約束は?」と三橋から詰め寄られる。 また青木は、時間退行で小学生になってしまったときの言動をきっかけに、 自分は本当に唯が好きなのかと考え込んでいた。 そしてそれぞれに悩む唯と青木は、ふとしたことから衝突してしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001