朽木の言葉に振り返ったその人は、波戸の憧れの人"神永先輩"であった。高校時代に美術部に所属していた波戸は、先輩の絵に憧れを抱いていた。しかしそれは、BL全開の絵。先輩をはじめ、同級生である今野や藤が自分たちの好きなBL楽しむ一方、波戸は腐男子であることを打ち明けられずにいた。ある日、部室に置き忘れられた先輩の絵をきっかけに、波戸は今野に、自分が腐男子であることを告白するが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001