ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

侠影仙踪

武侠ドラマスター総出演で放つ傑作TVシリーズ

2015年12月18日 配信開始

お得なまとめ買い

#1~#30

4536ポイント 購入する
30%
OFF

#1~#30

6,480ポイント 4,536ポイント 30%OFF 30日間
  • #1
  • #2
  • #3
  • #4
  • #5
  • #6
  • #7
  • #8
  • #9
  • #10
  • #11
  • #12
  • #13
  • #14
  • #15
  • #16
  • #17
  • #18
  • #19
  • #20
  • #21
  • #22
  • #23
  • #24
  • #25
  • #26
  • #27
  • #28
  • #29
  • #30

#1~#5

864ポイント 購入する
20%
OFF

#1~#5

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 8日間
  • #1
  • #2
  • #3
  • #4
  • #5

#6~#10

864ポイント 購入する
20%
OFF

#6~#10

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 8日間
  • #6
  • #7
  • #8
  • #9
  • #10

#11~#15

864ポイント 購入する
20%
OFF

#11~#15

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 8日間
  • #11
  • #12
  • #13
  • #14
  • #15

#16~#20

864ポイント 購入する
20%
OFF

#16~#20

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 8日間
  • #16
  • #17
  • #18
  • #19
  • #20

#21~#25

864ポイント 購入する
20%
OFF

#21~#25

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 8日間
  • #21
  • #22
  • #23
  • #24
  • #25

#26~#30

864ポイント 購入する
20%
OFF

#26~#30

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 8日間
  • #26
  • #27
  • #28
  • #29
  • #30

各話一覧

並び順

#1

216ポイント 購入する

#1

216ポイント 2日間 46:52

西暦344年、東晋の第五代皇帝に、わずか7歳の司馬タン(しば・たん)が即位。中原には異民族・匈奴が建国した趙が、西方にはテイ族の興した成漢があって戦火が絶えないばかりか、中国全土は災害や飢饉にも見舞われ、混乱の時代を迎えていた。そんななか、重臣の曹安(そう・あん)から、金華山に霊狐が現れたという話を聞かされた皇帝は、自らの目で確かめたいと行幸することに。しかし、それは罠だった。魏の太祖・曹操(そう・そう)の末裔である曹安は、司馬家に奪われた権力の座を取り戻すべく、幼い皇帝の暗殺を計画していたのだ。翌日、金華山には皇帝と皇太后を乗せた輿と、それを警護する一行の姿が。山道を進む列が静かに止まったとき、彼らはすでに刺客たちによって取り囲まれていた。同じ頃、医者の息子・黄楚明(こう・そめい)と幼馴染みの柳一夕(りゅう・いっせき)は、薬草を求めて金華山にいた…。

詳細

#2

216ポイント 購入する

#2

216ポイント 2日間 47:05

西暦344年、東晋の第五代皇帝に、わずか8歳の司馬タン(しば・たん)が即位。中原には異民族・匈奴が建国した趙が、西方にはテイ族の興した成漢があって戦火が絶えないばかりか、中国全土は災害や飢饉にも見舞われ、混乱の時代を迎えていた。そんななか、重臣の曹安(そう・あん)から、金華山に霊狐が現れたという話を聞かされた皇帝は、自らの目で確かめたいと行幸することに。しかし、それは罠だった。魏の太祖・曹操(そう・そう)の末裔である曹安は、司馬家に奪われた権力の座を取り戻すべく、幼い皇帝の暗殺を計画していたのだ。翌日、金華山には皇帝と皇太后を乗せた輿と、それを警護する一行の姿が。山道を進む列が静かに止まったとき、彼らはすでに刺客たちによって取り囲まれていた。同じ頃、医者の息子・黄楚明(こう・そめい)と幼馴染みの柳一夕(りゅう・いっせき)は、薬草を求めて金華山にいた…。

詳細

#3

216ポイント 購入する

#3

216ポイント 2日間 47:54

刺客の残党を捜すため金華山へと出向いた慕容硯(ぼよう・けん)は、偶然にも黄楚明(こう・そめい)と再会する。からかい半分で手合わせを挑んできた慕容硯を相手に、武芸のできない黄楚明は、へっぴり腰で逃げ回るばかり。しかし、振り下ろした太刀を木剣ではね返された慕容硯は、彼の内力の強さを想像して舌を巻く。顔を近付けて声をひそめ、皇帝暗殺未遂事件の捜査でこの地を訪れたことを打ち明けた彼女は、黄楚明を残して去っていくのだった。そんな2人のやりとりを遠くから眺めていた柳一夕(りゅう・いっせき)が、やきもちを焼いてしまう。なんとかなだめた黄楚明だったが、その矢先、薬房に慕容硯が。病気を装って薬房に居座り、怪我をしているはずの刺客が現れるのを待とうという魂胆だ。黄楚明は疫病神が来たとばかりに追い返そうとするが、何も知らない柳一夕が慕容硯を気の毒がり…。

詳細

#4

216ポイント 購入する

#4

216ポイント 2日間 47:54

刺客の残党を捜すため金華山へと出向いた慕容硯(ぼよう・けん)は、偶然にも黄楚明(こう・そめい)と再会する。からかい半分で手合わせを挑んできた慕容硯を相手に、武芸のできない黄楚明は、へっぴり腰で逃げ回るばかり。しかし、振り下ろした太刀を木剣ではね返された慕容硯は、彼の内力の強さを想像して舌を巻く。顔を近付けて声をひそめ、皇帝暗殺未遂事件の捜査でこの地を訪れたことを打ち明けた彼女は、黄楚明を残して去っていくのだった。そんな3人のやりとりを遠くから眺めていた柳一夕(りゅう・いっせき)が、やきもちを焼いてしまう。なんとかなだめた黄楚明だったが、その矢先、薬房に慕容硯が。病気を装って薬房に居座り、怪我をしているはずの刺客が現れるのを待とうという魂胆だ。黄楚明は疫病神が来たとばかりに追い返そうとするが、何も知らない柳一夕が慕容硯を気の毒がり…。

詳細

#5

216ポイント 購入する

#5

216ポイント 2日間 47:45

荒くれ者たちに襲われたらしい傷だらけの男を岩屋まで運び、手当をした黄楚明(こう・そめい)。「いきなり攻撃された」と語った男は、旅商人の石空塵(せき・こうちん)と名乗った。彼の話に同情しながらも、何者かに連れ去られた柳一夕(りゅう・いっせき)の行方が気になる黄楚明は、しばらく安静にするように言い残して都を目指すのだった。その道中、彼は再び慕容硯(ぼよう・けん)に出会う。父を殺され、許嫁を誘拐されたという黄楚明の話を聞いた彼女の頭の中には、事件の黒幕であろう人物の顔が浮かんでいた。一方の黄楚明は、趙国の人間を探しているのだという慕容硯の言葉から、石空塵の姿を思い返す。そんななか、都にある曹安(そう・あん)の屋敷に軟禁されていた柳一夕は、得体の知れない薬を飲まされてしまう。"魂迷丸"――それは上官剣侍(じょうかん・けんし)が作り出した秘薬で…。

詳細

#6

216ポイント 購入する

#6

216ポイント 2日間 48:00

荒くれ者たちに襲われたらしい傷だらけの男を岩屋まで運び、手当をした黄楚明(こう・そめい)。「いきなり攻撃された」と語った男は、旅商人の石空塵(せき・こうちん)と名乗った。彼の話に同情しながらも、何者かに連れ去られた柳一夕(りゅう・いっせき)の行方が気になる黄楚明は、しばらく安静にするように言い残して都を目指すのだった。その道中、彼は再び慕容硯(ぼよう・けん)に出会う。父を殺され、許嫁を誘拐されたという黄楚明の話を聞いた彼女の頭の中には、事件の黒幕であろう人物の顔が浮かんでいた。一方の黄楚明は、趙国の人間を探しているのだという慕容硯の言葉から、石空塵の姿を思い返す。そんななか、都にある曹安(そう・あん)の屋敷に軟禁されていた柳一夕は、得体の知れない薬を飲まされてしまう。"魂迷丸"――それは上官剣侍(じょうかん・けんし)が作り出した秘薬で…。

詳細

#7

216ポイント 購入する

#7

216ポイント 2日間 47:32

司馬タン(しば・たん)の叫び声を聞いて、上官絶(じょうかん・ぜつ)と劉(りゅう)公公が駆けつける。しかし、それは柳一夕(りゅう・いっせき)と鬼ごっこをして遊ぶ幼帝が上げた歓声だった。劉公公たちを怒鳴りつけて追い払った司馬?は鬼ごっこの続きをしようと促す。その時、柳一夕に異変が。彼女は突然、皇帝に掴みかかると首を絞め始めたのだ。司馬?は助けを求めるが、外に控える衛兵たちは幼い皇帝が遊んでいるのだろうと勘違いをして、また叱られるのは御免だとばかりに知らんぷりを決め込むのだった。そこへたまたま通りかかった皇太后は、ただならぬ声色を不審に思い、劉公公らを伴って建物の中へ入ることに。そこには気を失って倒れている柳一夕と、何かに脅え、正気を失った幼帝の姿があった。皇太后は事件の真相を知ろうと、自ら柳一夕の尋問を始めるのだが…。

詳細

#8

216ポイント 購入する

#8

216ポイント 2日間 47:19

司馬タン(しば・たん)の叫び声を聞いて、上官絶(じょうかん・ぜつ)と劉(りゅう)公公が駆けつける。しかし、それは柳一夕(りゅう・いっせき)と鬼ごっこをして遊ぶ幼帝が上げた歓声だった。劉公公たちを怒鳴りつけて追い払った司馬?は鬼ごっこの続きをしようと促す。その時、柳一夕に異変が。彼女は突然、皇帝に掴みかかると首を絞め始めたのだ。司馬?は助けを求めるが、外に控える衛兵たちは幼い皇帝が遊んでいるのだろうと勘違いをして、また叱られるのは御免だとばかりに知らんぷりを決め込むのだった。そこへたまたま通りかかった皇太后は、ただならぬ声色を不審に思い、劉公公らを伴って建物の中へ入ることに。そこには気を失って倒れている柳一夕と、何かに脅え、正気を失った幼帝の姿があった。皇太后は事件の真相を知ろうと、自ら柳一夕の尋問を始めるのだが…。

詳細

#9

216ポイント 購入する

#9

216ポイント 2日間 47:39

皇太后は官位を授けることを条件に、皇帝の治療に励むよう黄楚明(こう・そめい)を促す。しかし、彼は地位にも名声にも興味はなく、ただ宮中から柳一夕(りゅう・いっせき)を取り戻したいという一心だった。柳一夕を諦めるようになだめる皇太后の言葉も、黄楚明の耳には入らない。会話が途切れ、皇太后が薬に口を付けようとしたその時、黄楚明の部屋に駆け込んできたのは上官絶(じょうかん・ぜつ)だった。彼は配下の兵に黄楚明を取り押さえさせると、皇太后の持つ椀の中に毒が入れられていたことを示す。薬を煎じたのも黄楚明なら、椀も彼の物――どんなに無実を叫んでも言い逃れのできる状況ではなかった。黄楚明が捕らえられたことを知りってほくそ笑む曹安(そう・あん)は、黄楚明が処刑される前に王羲之(おう・ぎし)を皇太后毒殺計画の黒幕に仕立て上げようと策動を始め…。

詳細

#10

216ポイント 購入する

#10

216ポイント 2日間 47:50

皇太后は官位を授けることを条件に、皇帝の治療に励むよう黄楚明(こう・そめい)を促す。しかし、彼は地位にも名声にも興味はなく、ただ宮中から柳一夕(りゅう・いっせき)を取り戻したいという一心だった。柳一夕を諦めるようになだめる皇太后の言葉も、黄楚明の耳には入らない。会話が途切れ、皇太后が薬に口を付けようとしたその時、黄楚明の部屋に駆け込んできたのは上官絶(じょうかん・ぜつ)だった。彼は配下の兵に黄楚明を取り押さえさせると、皇太后の持つ椀の中に毒が入れられていたことを示す。薬を煎じたのも黄楚明なら、椀も彼の物――どんなに無実を叫んでも言い逃れのできる状況ではなかった。黄楚明が捕らえられたことを知りってほくそ笑む曹安(そう・あん)は、黄楚明が処刑される前に王羲之(おう・ぎし)を皇太后毒殺計画の黒幕に仕立て上げようと策動を始め…。

詳細

#11

216ポイント 購入する

#11

216ポイント 2日間 47:12

慕容硯(ぼよう・けん)は趙の間者・石空塵(せき・こうちん)を探し当てた。剣を交える2人。それを遮るように現れた"一剣送葬"丁凱(てい・がい)は、石空塵を逃がすと慕容硯に勝負を挑んだ。やむなく受けて立った慕容硯だったが、"あの時の力"とやらに拘泥し、しきりに「本気を出せ」と繰り返す丁凱の真意が分からない。やがて何事かを合点した様子の丁凱は、「期待した相手ではなかった」とつぶやいて剣を振りかざした。慕容硯の喉元に刺突を繰り出す丁凱。しかし、その剣が彼女を貫くことはなかった。慕容硯が首から下げていた玉に気付いた彼が、すんでのところで動きを止めたのだ。そして丁凱は現れた時と同じように、にわかに姿を消したのだった。一方、宮中では黄楚明(こう・そめい)が皇太后のもとを訪ね、自分を助けるために2人の侍女の命を犠牲にしたことを非難し…。

詳細

#12

216ポイント 購入する

#12

216ポイント 2日間 47:06

慕容硯(ぼよう・けん)は趙の間者・石空塵(せき・こうちん)を探し当てた。剣を交える3人。それを遮るように現れた"一剣送葬"丁凱(てい・がい)は、石空塵を逃がすと慕容硯に勝負を挑んだ。やむなく受けて立った慕容硯だったが、"あの時の力"とやらに拘泥し、しきりに「本気を出せ」と繰り返す丁凱の真意が分からない。やがて何事かを合点した様子の丁凱は、「期待した相手ではなかった」とつぶやいて剣を振りかざした。慕容硯の喉元に刺突を繰り出す丁凱。しかし、その剣が彼女を貫くことはなかった。慕容硯が首から下げていた玉に気付いた彼が、すんでのところで動きを止めたのだ。そして丁凱は現れた時と同じように、にわかに姿を消したのだった。一方、宮中では黄楚明(こう・そめい)が皇太后のもとを訪ね、自分を助けるために2人の侍女の命を犠牲にしたことを非難し…。

詳細

#13

216ポイント 購入する

#13

216ポイント 2日間 47:17

視力の回復を目指し、伊人剣法の修練を続ける黄楚明(こう・そめい)。しかし、柳一夕(りゅう・いっせき)の身を案じる彼は集中力を欠き、成果はなかなか上がらなかった。根気強く教えてきた慕容硯(ぼよう・けん)の心には、焦りとは別の、苛立ちに似た感情が広がってゆく。それは、黄楚明へ寄せる想いが強くなってきたことの証しでもあった。一方、柳一夕は自分が薬によって操られていたことに気付く。しかし、黄楚明の命が上官剣侍(じょうかん・けんし)らの手に握られていると聞かされては薬を飲むことを拒めようはずもなかった。様々な策を弄し、曹安(そう・あん)は野望の実現へ向けて暗躍を続ける。既に兵権の半分を掌握した彼と、幼い皇帝の後ろ盾となる皇太后の指揮下にある兵力は、今やほぼ互角となっていた。そんななか、曹安のもとに石空塵(せき・こうちん)が現れ…。

詳細

#14

216ポイント 購入する

#14

216ポイント 2日間 47:08

視力の回復を目指し、伊人剣法の修練を続ける黄楚明(こう・そめい)。しかし、柳一夕(りゅう・いっせき)の身を案じる彼は集中力を欠き、成果はなかなか上がらなかった。根気強く教えてきた慕容硯(ぼよう・けん)の心には、焦りとは別の、苛立ちに似た感情が広がってゆく。それは、黄楚明へ寄せる想いが強くなってきたことの証しでもあった。一方、柳一夕は自分が薬によって操られていたことに気付く。しかし、黄楚明の命が上官剣侍(じょうかん・けんし)らの手に握られていると聞かされては薬を飲むことを拒めようはずもなかった。様々な策を弄し、曹安(そう・あん)は野望の実現へ向けて暗躍を続ける。既に兵権の半分を掌握した彼と、幼い皇帝の後ろ盾となる皇太后の指揮下にある兵力は、今やほぼ互角となっていた。そんななか、曹安のもとに石空塵(せき・こうちん)が現れ…。

詳細

#15

216ポイント 購入する

#15

216ポイント 2日間 47:38

黄楚明(こう・そめい)を打ちのめした柳一夕(りゅう・いっせき)の心変わり。王羲之(おう・ぎし)は彼女のあまりの変貌ぶりに不可解なものを感じていた。柳一夕は偽者とすり替わったのか、それとも"生ける屍"として何者かに魂を操られているのか――。いずれにしても、放っておいては皇帝と皇太后の身に危険が及ぶと判断した王羲之は、裴成(はい・せい)に真相究明を命じるのだった。一方、曹安(そう・あん)の屋敷に、治療を再開した黄楚明が皇帝は3日で完治すると宣言したことが伝えられる。曹安は慌てる左豊(さ・ほう)と上官剣侍(じょうかん・けんし)をよそに、仮に皇帝が正気を取り戻したとしても、実質的な権力を握る皇太后と引き離してしまえば、自らの野望の妨げにはならないと読んでいた。やがて3日が経ち、黄楚明の見立て通りに幼帝の治療は終わるのだが…。

詳細

#16

216ポイント 購入する

#16

216ポイント 2日間 47:08

黄楚明(こう・そめい)を打ちのめした柳一夕(りゅう・いっせき)の心変わり。王羲之(おう・ぎし)は彼女のあまりの変貌ぶりに不可解なものを感じていた。柳一夕は偽者とすり替わったのか、それとも"生ける屍"として何者かに魂を操られているのか――。いずれにしても、放っておいては皇帝と皇太后の身に危険が及ぶと判断した王羲之は、裴成(はい・せい)に真相究明を命じるのだった。一方、曹安(そう・あん)の屋敷に、治療を再開した黄楚明が皇帝は4日で完治すると宣言したことが伝えられる。曹安は慌てる左豊(さ・ほう)と上官剣侍(じょうかん・けんし)をよそに、仮に皇帝が正気を取り戻したとしても、実質的な権力を握る皇太后と引き離してしまえば、自らの野望の妨げにはならないと読んでいた。やがて3日が経ち、黄楚明の見立て通りに幼帝の治療は終わるのだが…。

詳細

#17

216ポイント 購入する

#17

216ポイント 2日間 48:03

「陛下がいなければすべて太師の思うままに」。幼帝が行方不明となっているこの期に乗じて全権を掌握してはどうかと進言する左豊(さ・ほう)を、曹安(そう・あん)は静かにたしなめた。彼は自らが権力者として君臨するのではなく、行方不明になっている幼帝を誰よりも早く見つけ出して意のままに操ること、そしてそれまでに王羲之(おう・ぎし)を処刑することを目論んでいたのだ。大臣たちとの連名で王羲之の罪を問う上奏文を提出せんと画策する一方で、皇帝を連れ戻すよう上官剣侍(じょうかん・けんし)に密命を下す曹安。その頃、司馬タン(しば・たん)の姿は、金華山のとある岩屋の中にあった。傍らには黄楚明と柳一夕が。すると突然、眠っていた彼女がうなされて「殺してやる」と声をあげた。その瞬間、幼帝の脳裏に首を絞めようと手を伸ばす柳一夕の姿がまざまざと蘇り…。

詳細

#18

216ポイント 購入する

#18

216ポイント 2日間 47:36

「陛下がいなければすべて太師の思うままに」。幼帝が行方不明となっているこの期に乗じて全権を掌握してはどうかと進言する左豊(さ・ほう)を、曹安(そう・あん)は静かにたしなめた。彼は自らが権力者として君臨するのではなく、行方不明になっている幼帝を誰よりも早く見つけ出して意のままに操ること、そしてそれまでに王羲之(おう・ぎし)を処刑することを目論んでいたのだ。大臣たちとの連名で王羲之の罪を問う上奏文を提出せんと画策する一方で、皇帝を連れ戻すよう上官剣侍(じょうかん・けんし)に密命を下す曹安。その頃、司馬タン(しば・たん)の姿は、金華山のとある岩屋の中にあった。傍らには黄楚明と柳一夕が。すると突然、眠っていた彼女がうなされて「殺してやる」と声をあげた。その瞬間、幼帝の脳裏に首を絞めようと手を伸ばす柳一夕の姿がまざまざと蘇り…。

詳細

#19

216ポイント 購入する

#19

216ポイント 2日間 47:31

「全く変わってないな、鈴鐺(れいとう)」。丁凱(てい・かい)の口から出た名前は、慕容硯(ぼよう・けん)を驚かせた。何故自分の幼い頃のあだ名を知っているのかと問い質そうとした矢先に上官絶(じょうかん・ぜつ)たちが襲来、真相は分からずじまいとなってしまう。時を同じくして黄楚明(こう・そめい)も金華山にやって来るが、柳一夕(りゅう・いっせき)と話すことも叶わぬまま、慕容硯と共に追っ手を避けて都へと舞い戻る羽目に。一方、金華山での不首尾を知った曹安(そう・あん)は、王羲之(おう・ぎし)の暗殺を急ぐ。実行を命じられたのは蘇瞳(そ・とう)だったが、彼女は以前のように王羲之を悪人だと信じることができなくなっていた。渡された毒薬の包みを手に逡巡する蘇瞳。そこへ、当の王羲之が。蘇瞳は尋ねる。「旦那様は善人でいらっしゃいますか」と…。

詳細

#20

216ポイント 購入する

#20

216ポイント 2日間 47:43

「全く変わってないな、鈴鐺(れいとう)」。丁凱(てい・かい)の口から出た名前は、慕容硯(ぼよう・けん)を驚かせた。何故自分の幼い頃のあだ名を知っているのかと問い質そうとした矢先に上官絶(じょうかん・ぜつ)たちが襲来、真相は分からずじまいとなってしまう。時を同じくして黄楚明(こう・そめい)も金華山にやって来るが、柳一夕(りゅう・いっせき)と話すことも叶わぬまま、慕容硯と共に追っ手を避けて都へと舞い戻る羽目に。一方、金華山での不首尾を知った曹安(そう・あん)は、王羲之(おう・ぎし)の暗殺を急ぐ。実行を命じられたのは蘇瞳(そ・とう)だったが、彼女は以前のように王羲之を悪人だと信じることができなくなっていた。渡された毒薬の包みを手に逡巡する蘇瞳。そこへ、当の王羲之が。蘇瞳は尋ねる。「旦那様は善人でいらっしゃいますか」と…。

詳細

#21

216ポイント 購入する

#21

216ポイント 2日間 47:33

石空塵(せき・こうちん)が落として逃げた巻物には詩が書かれていた。間者である彼がこの巻物を趙に持ち帰る目的であったとすれば、詩には暗号が隠されているのではないか。そう考えた慕容硯(ぼよう・けん)だったが、解読の糸口を掴むことができない。王羲之(おう・ぎし)に知恵を借りようと、詩の文句を語って聞かせる慕容硯。そこへふらりと現れた曹駿(そう・しゅん)は、でたらめな詩だと言い残すと、そそくさと帰って行った。慕容硯はその様子に、何か不自然なものを感じるのだった。同じ頃、謎の男に連れ去られた柳一夕(りゅう・いっせき)は、不可思議な場所で目を覚ましていた。屋根は無く空は見えるのだが、幾つもの壁によって取り囲まれており、その隙間は迷路のように入り組んでいる。彼女がそこを抜け出そうとすると、壁は意思があるかのように動いて…。

詳細

#22

216ポイント 購入する

#22

216ポイント 2日間 48:17

石空塵(せき・こうちん)が落として逃げた巻物には詩が書かれていた。間者である彼がこの巻物を趙に持ち帰る目的であったとすれば、詩には暗号が隠されているのではないか。そう考えた慕容硯(ぼよう・けん)だったが、解読の糸口を掴むことができない。王羲之(おう・ぎし)に知恵を借りようと、詩の文句を語って聞かせる慕容硯。そこへふらりと現れた曹駿(そう・しゅん)は、でたらめな詩だと言い残すと、そそくさと帰って行った。慕容硯はその様子に、何か不自然なものを感じるのだった。同じ頃、謎の男に連れ去られた柳一夕(りゅう・いっせき)は、不可思議な場所で目を覚ましていた。屋根は無く空は見えるのだが、幾つもの壁によって取り囲まれており、その隙間は迷路のように入り組んでいる。彼女がそこを抜け出そうとすると、壁は意思があるかのように動いて…。

詳細

#23

216ポイント 購入する

#23

216ポイント 2日間 47:03

都には疫病のような症状を呈する患者が溢れていた。隔離された病人たちの中には、殺されるのではないかと不安に駆られて逃走を計る者も。裴成(はい・せい)はそうした人々に、これが疫病ではなく何者かが撒いた毒によるものだと説明。その上で、全ての患者に治療を受けさせることと悪党を捕まえることを約束し、彼らを落ち着かせようと努めるのだった。とはいえ、たった3日のうちに都の住人の半数が発症、感染の勢いがなおも増すばかりか、混乱に乗じての強盗も横行している。予想以上の成り行きに曹安(そう・あん)はほくそ笑み、毒を作った張本人である上官剣侍(じょうかん・けんし)は怯えと恍惚が入り混じったような感慨を抱いていた。一方、石空塵(せき・こうちん)は念願かなって丁凱(てい・かい)から剣を譲り受けることに。だが、そこに黒い仮面の男が現れ…。

詳細

#24

216ポイント 購入する

#24

216ポイント 2日間 47:22

都には疫病のような症状を呈する患者が溢れていた。隔離された病人たちの中には、殺されるのではないかと不安に駆られて逃走を計る者も。裴成(はい・せい)はそうした人々に、これが疫病ではなく何者かが撒いた毒によるものだと説明。その上で、全ての患者に治療を受けさせることと悪党を捕まえることを約束し、彼らを落ち着かせようと努めるのだった。とはいえ、たった4日のうちに都の住人の半数が発症、感染の勢いがなおも増すばかりか、混乱に乗じての強盗も横行している。予想以上の成り行きに曹安(そう・あん)はほくそ笑み、毒を作った張本人である上官剣侍(じょうかん・けんし)は怯えと恍惚が入り混じったような感慨を抱いていた。一方、石空塵(せき・こうちん)は念願かなって丁凱(てい・かい)から剣を譲り受けることに。だが、そこに黒い仮面の男が現れ…。

詳細

#25

216ポイント 購入する

#25

216ポイント 2日間 47:11

黄楚明(こう・そめい)と石空塵(せき・こうちん)が都に戻れば、全ての企みが露呈してしまう――。曹安(そう・あん)は焦っていた。上官絶(じょうかん・ぜつ)は2人の暗殺を提案するが、失敗続きの部下の意見に耳を貸す曹安ではない。上官絶は激しく叱責されたばかりか、密偵として右軍府に潜り込んでいる蘇瞳(そ・とう)を殺すように命じられてしまった。親を亡くし、同じような境遇のもとで育った蘇瞳を家族のように感じていた上官絶は逡巡する。しかし、妹の上官剣侍(じょうかん・けんし)は大恩ある曹安の命令に背こうとする兄に憤りをぶつけるのだった。そんなある夜、八卦陣に閉じ込められていた柳一夕(りゅう・いっせき)はヤギの小葉に起こされて目を覚ます。とことこ歩いていく小葉を思わず追いかける柳一夕。気が付くと彼女は、迷路のような八卦陣を抜け出していて…。

詳細

#26

216ポイント 購入する

#26

216ポイント 2日間 48:24

黄楚明(こう・そめい)と石空塵(せき・こうちん)が都に戻れば、全ての企みが露呈してしまう――。曹安(そう・あん)は焦っていた。上官絶(じょうかん・ぜつ)は3人の暗殺を提案するが、失敗続きの部下の意見に耳を貸す曹安ではない。上官絶は激しく叱責されたばかりか、密偵として右軍府に潜り込んでいる蘇瞳(そ・とう)を殺すように命じられてしまった。親を亡くし、同じような境遇のもとで育った蘇瞳を家族のように感じていた上官絶は逡巡する。しかし、妹の上官剣侍(じょうかん・けんし)は大恩ある曹安の命令に背こうとする兄に憤りをぶつけるのだった。そんなある夜、八卦陣に閉じ込められていた柳一夕(りゅう・いっせき)はヤギの小葉に起こされて目を覚ます。とことこ歩いていく小葉を思わず追いかける柳一夕。気が付くと彼女は、迷路のような八卦陣を抜け出していて…。

詳細

#27

216ポイント 購入する

#27

216ポイント 2日間 46:59

謀反を企んでいた曹安(そう・あん)の野望は潰えた。蘇瞳(そ・とう)が隠し持っていた巻物が皇太后へと渡り、曹安と趙国との密約が白日の下にさらされたのだ。左豊(さ・ほう)からの報告で、抱き込んでいたつもりの劉(りゅう)公公が、実は皇太后の密偵だったと知って愕然とする曹安。予期せぬ報せはそれだけではなかった。掌握していた荊州の軍権が奪い返されたばかりか、長男の曹猛(そう・もう)は捕らえられ、次男の曹烈(そう・れつ)は死亡。曹駿(そう・しゅん)と上官絶(じょうかん・ぜつ)は、どこへ行ったものか行方が知れないのだという。万策尽きたことを悟った曹安は側近の左豊を逃がそうとするが、彼は忠義を貫き、自害して果てるのだった。やがて、曹府に王羲之(おう・ぎし)と近衛軍が。門扉を開け放ち、端座して待ち構えていた曹安は…。

詳細

#28

216ポイント 購入する

#28

216ポイント 2日間 47:12

謀反を企んでいた曹安(そう・あん)の野望は潰えた。蘇瞳(そ・とう)が隠し持っていた巻物が皇太后へと渡り、曹安と趙国との密約が白日の下にさらされたのだ。左豊(さ・ほう)からの報告で、抱き込んでいたつもりの劉(りゅう)公公が、実は皇太后の密偵だったと知って愕然とする曹安。予期せぬ報せはそれだけではなかった。掌握していた荊州の軍権が奪い返されたばかりか、長男の曹猛(そう・もう)は捕らえられ、次男の曹烈(そう・れつ)は死亡。曹駿(そう・しゅん)と上官絶(じょうかん・ぜつ)は、どこへ行ったものか行方が知れないのだという。万策尽きたことを悟った曹安は側近の左豊を逃がそうとするが、彼は忠義を貫き、自害して果てるのだった。やがて、曹府に王羲之(おう・ぎし)と近衛軍が。門扉を開け放ち、端座して待ち構えていた曹安は…。

詳細

#29

216ポイント 購入する

#29

216ポイント 2日間 47:00

柳一夕(りゅう・いっせき)を預かった。今すぐ断魂谷へ来られたし――黄楚明(こう・そめい)のもとに届いた手紙には、そう書かれていた。驚き慌てる黄楚明と慕容硯(ぼよう・けん)と前に、血だらけの姿で丁凱(てい・かい)が現れた。苦しい息の下で、全ては曹駿(そう・しゅん)仕業なのだと説明した丁凱は、莫邪剣と干将剣を彼に渡してはいけないと警告する。そして、黄楚明に妹のことを頼むと言い残し、息絶えるのだった。こうした一切を慕容硯から聞かされた王羲之(おう・ぎし)は、皇帝の許しを得て曹駿討伐軍を出兵させようとする。これに反対したのは黄楚明だった。彼は、兵たちの命を犠牲にするべきではないと考え、手紙の主が要求しているように単身で断魂谷へ赴く決心を固めていたのだ。慕容硯は身を挺して黄楚明を押し留めようとするが…。

詳細

#30

216ポイント 購入する

#30

216ポイント 2日間 47:38

柳一夕(りゅう・いっせき)を預かった。今すぐ断魂谷へ来られたし――黄楚明(こう・そめい)のもとに届いた手紙には、そう書かれていた。驚き慌てる黄楚明と慕容硯(ぼよう・けん)と前に、血だらけの姿で丁凱(てい・かい)が現れた。苦しい息の下で、全ては曹駿(そう・しゅん)仕業なのだと説明した丁凱は、莫邪剣と干将剣を彼に渡してはいけないと警告する。そして、黄楚明に妹のことを頼むと言い残し、息絶えるのだった。こうした一切を慕容硯から聞かされた王羲之(おう・ぎし)は、皇帝の許しを得て曹駿討伐軍を出兵させようとする。これに反対したのは黄楚明だった。彼は、兵たちの命を犠牲にするべきではないと考え、手紙の主が要求しているように単身で断魂谷へ赴く決心を固めていたのだ。慕容硯は身を挺して黄楚明を押し留めようとするが…。

詳細

キャスト

製作年 2004年 製作国   中国

これもチェック

 侠影仙踪を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001