ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

七侠五義

実在した名裁判官と個性豊かな侠客たちが大活躍!

2016年02月19日 配信開始

お得なまとめ買い

#1~#37

5594ポイント 購入する
30%
OFF

#1~#37

7,992ポイント 5,594ポイント 30%OFF 30日間
  • #1
  • #2
  • #3
  • #4
  • #5
  • #6
  • #7
  • #8
  • #9
  • #10
  • #11
  • #12
  • #13
  • #14
  • #15
  • #16
  • #17
  • #18
  • #19
  • #20
  • #21
  • #22
  • #23
  • #24
  • #25
  • #26
  • #27
  • #28
  • #29
  • #30
  • #31
  • #32
  • #33
  • #34
  • #35
  • #36
  • #37

#1~#4

691ポイント 購入する
20%
OFF

#1~#4

864ポイント 691ポイント 20%OFF 8日間
  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

#5~#8

691ポイント 購入する
20%
OFF

#5~#8

864ポイント 691ポイント 20%OFF 8日間
  • #5
  • #6
  • #7
  • #8

#9~#12

691ポイント 購入する
20%
OFF

#9~#12

864ポイント 691ポイント 20%OFF 8日間
  • #9
  • #10
  • #11
  • #12

#13~#17

864ポイント 購入する
20%
OFF

#13~#17

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 8日間
  • #13
  • #14
  • #15
  • #16
  • #17

#18~#22

864ポイント 購入する
20%
OFF

#18~#22

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 8日間
  • #18
  • #19
  • #20
  • #21
  • #22

#23~#27

864ポイント 購入する
20%
OFF

#23~#27

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 8日間
  • #23
  • #24
  • #25
  • #26
  • #27

#28~#32

864ポイント 購入する
20%
OFF

#28~#32

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 8日間
  • #28
  • #29
  • #30
  • #31
  • #32

#33~#37

864ポイント 購入する
20%
OFF

#33~#37

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 8日間
  • #33
  • #34
  • #35
  • #36
  • #37

各話一覧

並び順

#1

216ポイント 購入する

#1

216ポイント 2日間 45:07

宋の都・開封を夜な夜なさすらう幽霊たち。白い装束を纏って黄色の紙銭を撒きながら歩む"それ"は、弔いの列に見えた。人々は相次ぐ幽霊騒動に恐れをなし、近頃では夜ともなると都はひっそりと静まり返っている。事態を重く見た朝廷の高官・ホウ吉(ほう・きつ)は、息子のホウ涛(ほう・とう)に幽霊の討伐を命令。やがて、ホウ涛は兵たちと共に幽霊の葬列を取り囲むが、斬りかかろうとするや否や、その姿は煙のように消え失せたのだった。そんなある夜、開封の長官職たる"開放府尹"に着任することとなった包拯(ほう・じょう)と2人の従僕が都に到着する。人通りの途絶えた街並みに戸惑う3人。彼らの前にもまた、幽霊が現れた。そこへ剣を携えた人影が。彼は見事な険さばきで攻め立て、幽霊を追い詰めるが・・・。

詳細

#2

216ポイント 購入する

#2

216ポイント 2日間 45:06

宋の都・開封を夜な夜なさすらう幽霊たち。白い装束を纏って黄色の紙銭を撒きながら歩む"それ"は、弔いの列に見えた。人々は相次ぐ幽霊騒動に恐れをなし、近頃では夜ともなると都はひっそりと静まり返っている。事態を重く見た朝廷の高官・ホウ吉(ほう・きつ)は、息子のホウ涛(ほう・とう)に幽霊の討伐を命令。やがて、ホウ涛は兵たちと共に幽霊の葬列を取り囲むが、斬りかかろうとするや否や、その姿は煙のように消え失せたのだった。そんなある夜、開封の長官職たる"開放府尹"に着任することとなった包拯(ほう・じょう)と2人の従僕が都に到着する。人通りの途絶えた街並みに戸惑う3人。彼らの前にもまた、幽霊が現れた。そこへ剣を携えた人影が。彼は見事な険さばきで攻め立て、幽霊を追い詰めるが・・・。

詳細

#3

216ポイント 購入する

#3

216ポイント 2日間 45:07

包拯(ほう・じょう)は代州の民謡を習得して、幽霊の集団へ潜入することに成功。しかし、運悪く蕭璟(しょう・けい)が仕掛けた罠にはまってしまう。思いがけない包拯の登場に、幽霊に扮した代州の人間たちは懸命に許しを請う。包拯は一行を開封府へ連行しようとするが、その瞬間、ホウ涛(ほう・とう)の手下が出現、次々と命が失われていく。窮地のなか、白玉堂(はく・ぎょくどう)と展昭(てんしょう)が助太刀にやって来て、包拯は何とか命拾いするのだった。皇帝は幽霊の実体を暴いたとして褒美を授けようとするが、包拯はそれを拒否。さらに、今回の騒動は完全には解決していないとして、調査の継続を提案する。代州で生じた怨恨が事件のもとであるという包拯に、皇帝は怒りを露にし・・・。

詳細

#4

216ポイント 購入する

#4

216ポイント 2日間 45:02

包拯(ほう・じょう)は代州の民謡を習得して、幽霊の集団へ潜入することに成功。しかし、運悪く蕭璟(しょう・けい)が仕掛けた罠にはまってしまう。思いがけない包拯の登場に、幽霊に扮した代州の人間たちは懸命に許しを請う。包拯は一行を開封府へ連行しようとするが、その瞬間、ホウ涛(ほう・とう)の手下が出現、次々と命が失われていく。窮地のなか、白玉堂(はく・ぎょくどう)と展昭(てんしょう)が助太刀にやって来て、包拯は何とか命拾いするのだった。皇帝は幽霊の実体を暴いたとして褒美を授けようとするが、包拯はそれを拒否。さらに、今回の騒動は完全には解決していないとして、調査の継続を提案する。代州で生じた怨恨が事件のもとであるという包拯に、皇帝は怒りを露にし・・・。

詳細

#5

216ポイント 購入する

#5

216ポイント 2日間 45:07

単独でホウ吉(ほう・きつ)襲撃を図ろうとする白玉堂(はく・ぎょくどう)に盧方(ろ・ほう)が出した条件、それは太師府の罠を模した仕掛けを破ることだった。しかし、ホウ吉の手下に襲われ負傷していた白玉堂は、それを突破することができずに終わる。それでも単独行動にこだわる白玉堂は、太師府の壁に「ホウ吉に天誅を下す」と書き、署名まで残すのだった。騒ぎの解決を任された包拯(ほう・じょう)は、早速、ホウ吉の元へ。つまらない嫌がらせだと余裕のホウ吉に、包拯は漏澤園での果たし合いに使われた軍用武器がホウ涛(ほう・とう)によって持ち出されたものであったことを突く。そんななか、仁和賭坊のいかさまを暴露した陸天良(りく・てんりょう)が、元締めの指示によって殺され・・・。

詳細

#6

216ポイント 購入する

#6

216ポイント 2日間 45:06

単独でホウ吉(ほう・きつ)襲撃を図ろうとする白玉堂(はく・ぎょくどう)に盧方(ろ・ほう)が出した条件、それは太師府の罠を模した仕掛けを破ることだった。しかし、ホウ吉の手下に襲われ負傷していた白玉堂は、それを突破することができずに終わる。それでも単独行動にこだわる白玉堂は、太師府の壁に「ホウ吉に天誅を下す」と書き、署名まで残すのだった。騒ぎの解決を任された包拯(ほう・じょう)は、早速、ホウ吉の元へ。つまらない嫌がらせだと余裕のホウ吉に、包拯は漏澤園での果たし合いに使われた軍用武器がホウ涛(ほう・とう)によって持ち出されたものであったことを突く。そんななか、仁和賭坊のいかさまを暴露した陸天良(りく・てんりょう)が、元締めの指示によって殺され・・・。

詳細

#7

216ポイント 購入する

#7

216ポイント 2日間 45:08

展昭(てん・しょう)は盧方(ろ・ほう)らの苦しみの原因を包拯(ほう・じょう)から聞き、さらにある計画への協力を依頼された。しかし、展昭は「御上に尽くすのは嫌だ」と言って断りを入れる。それに対し、官府は民のために努力していると言う包拯だったが、展昭に誘われて都を歩くと、そこには食にもありつけず、怪我をしても薬を手に入れることもできない路上生活者が。そんな都の実情を嘆いた包拯は依頼を撤回するが、展昭は「包殿のため」と言って受け入れるのだった。大相国寺での試合当日。予定通り、ホウ吉(ほう・きつ)が息子や手下を引き連れて格闘場へやって来た。そして、ついに展昭による試合開始の号令が。と同時に白玉堂(はく・ぎょくどう)がホウ吉めがけて、爆弾を投げ込み・・・。

詳細

#8

216ポイント 購入する

#8

216ポイント 2日間 45:07

展昭(てん・しょう)は盧方(ろ・ほう)らの苦しみの原因を包拯(ほう・じょう)から聞き、さらにある計画への協力を依頼された。しかし、展昭は「御上に尽くすのは嫌だ」と言って断りを入れる。それに対し、官府は民のために努力していると言う包拯だったが、展昭に誘われて都を歩くと、そこには食にもありつけず、怪我をしても薬を手に入れることもできない路上生活者が。そんな都の実情を嘆いた包拯は依頼を撤回するが、展昭は「包殿のため」と言って受け入れるのだった。大相国寺での試合当日。予定通り、ホウ吉(ほう・きつ)が息子や手下を引き連れて格闘場へやって来た。そして、ついに展昭による試合開始の号令が。と同時に白玉堂(はく・ぎょくどう)がホウ吉めがけて、爆弾を投げ込み・・・。

詳細

#9

216ポイント 購入する

#9

216ポイント 2日間 45:07

包拯(ほう・じょう)は太師府にて、代州の民を祀った位牌を見つけることに成功。皇帝は信頼していたホウ吉(ほう・きつ)の背信に、しばし茫然とする。包拯はさらにホウ吉を追い込もうと、遺体が埋まっている千人坑を掘るための許可を皇帝に願い入れた。すると、ホウ吉が自ら柱に頭を打ち付け、自害を図る。血を流し、気を失うホウ吉。しかし、なんとか一命は取り留めるのだった。そんななか、包拯のもとに詔が。それは代州の遺族に銀5千両、子孫には税の免除を約束するものだったが、ホウ吉は正当な裁きから逃れ陵墓守に就くという無念の結果に終わってしまう。展昭(てん・しょう)は盧方(ろ・ほう)らへ報告に行くが、言葉を発することはできなかった。しかし包拯が、そこであきらめるわけはなく・・・。

詳細

#10

216ポイント 購入する

#10

216ポイント 2日間 45:07

包拯(ほう・じょう)は太師府にて、代州の民を祀った位牌を見つけることに成功。皇帝は信頼していたホウ吉(ほう・きつ)の背信に、しばし茫然とする。包拯はさらにホウ吉を追い込もうと、遺体が埋まっている千人坑を掘るための許可を皇帝に願い入れた。すると、ホウ吉が自ら柱に頭を打ち付け、自害を図る。血を流し、気を失うホウ吉。しかし、なんとか一命は取り留めるのだった。そんななか、包拯のもとに詔が。それは代州の遺族に銀5千両、子孫には税の免除を約束するものだったが、ホウ吉は正当な裁きから逃れ陵墓守に就くという無念の結果に終わってしまう。展昭(てん・しょう)は盧方(ろ・ほう)らへ報告に行くが、言葉を発することはできなかった。しかし包拯が、そこであきらめるわけはなく・・・。

詳細

#11

216ポイント 購入する

#11

216ポイント 2日間 45:07

摩天嶺での出来事を語った崔十九(さい・じゅうく)の講談は瞬く間に民衆に広がり、皇帝の前でも披露するまでに。包拯(ほう・じょう)の作戦は、見事成功したのだ。自首した盧方(ろ・ほう)らは蒋平(しょう・へい)が捕らえられている牢へ入り、皇帝から千人坑掘り起こしの許しが出るのを待つことにする。陳(ちん)公公は弓の製作過程を例にとり、事を伏せておくべきだと皇帝に示すが、包拯はそれを覆してしまう。牢へと出向き、盧方、白玉堂(はく・ぎょくどう)、蒋平ら、1人1人と話をした皇帝は長年の冤罪の悔しさを知り、ついに掘り起こしを実行に移すのだった。千人坑から出てきたのは3115名の遺体。皇帝は、このまま放置するわけにはいかないと、すぐさま詔勅を起草しようとするが・・・。

詳細

#12

216ポイント 購入する

#12

216ポイント 2日間 45:07

摩天嶺での出来事を語った崔十九(さい・じゅうく)の講談は瞬く間に民衆に広がり、皇帝の前でも披露するまでに。包拯(ほう・じょう)の作戦は、見事成功したのだ。自首した盧方(ろ・ほう)らは蒋平(しょう・へい)が捕らえられている牢へ入り、皇帝から千人坑掘り起こしの許しが出るのを待つことにする。陳(ちん)公公は弓の製作過程を例にとり、事を伏せておくべきだと皇帝に示すが、包拯はそれを覆してしまう。牢へと出向き、盧方、白玉堂(はく・ぎょくどう)、蒋平ら、1人1人と話をした皇帝は長年の冤罪の悔しさを知り、ついに掘り起こしを実行に移すのだった。千人坑から出てきたのは3115名の遺体。皇帝は、このまま放置するわけにはいかないと、すぐさま詔勅を起草しようとするが・・・。

詳細

#13

216ポイント 購入する

#13

216ポイント 2日間 45:08

包拯(ほうじょう)は第2代太宗(たいそう)帝の聖旨と第3代真宗(しんそう)帝の驚堂木を携え、ホウ吉(ほう・きつ)に裁きを言い渡す。立ち会っていた慮方(ろ・ほう)や白玉堂(はく・ぎょくどう)らは皇帝の許可なく斬首に処そうとする包拯を止め、自分たちの手でホウ吉を葬ろうとするが、包拯は自ら手を下すのだった。その頃、祥符県では生娘を狙った殺人事件が多発していた。皇帝は包拯への処分として、七品への降格と事件解決のため祥符県への赴任を命じる。一方、包拯に出会って民のために働くことの意義を感じた展昭(てん・しょう)は、そばで働かせて欲しいと懇願。しかし、具体的な理由もなく拒否されてしまうのだった。そんななか、皇帝は蕭璟(しょう・けい)の元へと出向き・・・。

詳細

#14

216ポイント 購入する

#14

216ポイント 2日間 45:07

包拯(ほうじょう)は第2代太宗(たいそう)帝の聖旨と第3代真宗(しんそう)帝の驚堂木を携え、ホウ吉(ほう・きつ)に裁きを言い渡す。立ち会っていた慮方(ろ・ほう)や白玉堂(はく・ぎょくどう)らは皇帝の許可なく斬首に処そうとする包拯を止め、自分たちの手でホウ吉を葬ろうとするが、包拯は自ら手を下すのだった。その頃、祥符県では生娘を狙った殺人事件が多発していた。皇帝は包拯への処分として、七品への降格と事件解決のため祥符県への赴任を命じる。一方、包拯に出会って民のために働くことの意義を感じた展昭(てん・しょう)は、そばで働かせて欲しいと懇願。しかし、具体的な理由もなく拒否されてしまうのだった。そんななか、皇帝は蕭璟(しょう・けい)の元へと出向き・・・。

詳細

#15

216ポイント 購入する

#15

216ポイント 2日間 45:08

蕭璟(しょう・けい)が街で知り合った西瓜売りの何江(か・こう)と淫賊について話をしていると、熊発(ゆう・はつ)という名の男が何江の店へ取り立てにやって来た。返済期限を守らなければ母親の墓を荒らすと脅す熊発に腹を立てた蕭璟は、彼の希望どおり一緒に酒を飲む約束を交わす。その晩、待ち合わせの店に熊発が姿を現すと、そこには展昭(てん・しょう)と白玉堂(はく・ぎょくどう)が。蕭璟は2人を利用して何江の借金を帳消しにする魂胆だったのだ。しかし、事情を聞かされていなかった2人は気を悪くし、立ち去ってしまう。そんな彼らの態度に逆上したものの、蕭璟は罪滅ぼしのために淫賊の手がかりとなりそうな蒙汗薬という名の秘薬を探し回り、ある男から入手するのだが・・・。

詳細

#16

216ポイント 購入する

#16

216ポイント 2日間 45:07

蕭璟(しょう・けい)が街で知り合った西瓜売りの何江(か・こう)と淫賊について話をしていると、熊発(ゆう・はつ)という名の男が何江の店へ取り立てにやって来た。返済期限を守らなければ母親の墓を荒らすと脅す熊発に腹を立てた蕭璟は、彼の希望どおり一緒に酒を飲む約束を交わす。その晩、待ち合わせの店に熊発が姿を現すと、そこには展昭(てん・しょう)と白玉堂(はく・ぎょくどう)が。蕭璟は2人を利用して何江の借金を帳消しにする魂胆だったのだ。しかし、事情を聞かされていなかった2人は気を悪くし、立ち去ってしまう。そんな彼らの態度に逆上したものの、蕭璟は罪滅ぼしのために淫賊の手がかりとなりそうな蒙汗薬という名の秘薬を探し回り、ある男から入手するのだが・・・。

詳細

#17

216ポイント 購入する

#17

216ポイント 2日間 45:08

必死に何かを隠そうとしている様子の何江(か・こう)、途中で証言内容を180度変えた麗珠(れい・じゅ)ーー包拯(ほうじょう)と展昭(てん・しょう)は熊発(ゆう・はつ)殺害の犯人探しに頭を悩ませていた。そんななか、包拯は蕭璟(しょう・けい)を見張るよう展昭に指示を出す。その日の晩、蕭璟の元に「麗珠に証言を撤回させ何江を救え」と書かれた紙が届いた。差出人も分からぬまま麗珠を訪ねた蕭璟は、大金と引き換えに何江が無実であると包拯に証言するよう取り引きをする。そしてその翌日、蕭璟は約束の時間に金の渡し場所へ。すると、そこに展昭らがやって来て、偽証を促した罪で捕らえられてしまった。さらには事件の夜、何江が熊家の門の前にいたとの目撃情報が入り・・・。

詳細

#18

216ポイント 購入する

#18

216ポイント 2日間 45:07

必死に何かを隠そうとしている様子の何江(か・こう)、途中で証言内容を180度変えた麗珠(れい・じゅ)ーー包拯(ほうじょう)と展昭(てん・しょう)は熊発(ゆう・はつ)殺害の犯人探しに頭を悩ませていた。そんななか、包拯は蕭璟(しょう・けい)を見張るよう展昭に指示を出す。その日の晩、蕭璟の元に「麗珠に証言を撤回させ何江を救え」と書かれた紙が届いた。差出人も分からぬまま麗珠を訪ねた蕭璟は、大金と引き換えに何江が無実であると包拯に証言するよう取り引きをする。そしてその翌日、蕭璟は約束の時間に金の渡し場所へ。すると、そこに展昭らがやって来て、偽証を促した罪で捕らえられてしまった。さらには事件の夜、何江が熊家の門の前にいたとの目撃情報が入り・・・。

詳細

#19

216ポイント 購入する

#19

216ポイント 2日間 45:08

無実の何江(か・こう)を自害へと追いやった怒りから、開封府を燃やそうとする蕭璟(しょう・けい)。それに対し包拯(ほう・じょう)は、冤罪を作ってしまったことを認めたうえで開封府の重要性を説き、さらに真犯人逮捕を約束して何とか蕭璟を思いとどまらせる。その一方で、蕭璟自身も何江の死に責任を感じ、展昭(てん・しょう)の前で泣き崩れるのだった。そんななか、展昭は麗珠(れい・じゅ)がかつての幼馴染みであり、許嫁でもあった青児(せいに)であることを包拯に告白。そして事件解決のため、姿を消した麗珠の捜査を開始する。一方、丁兆蘭(てい・ちょうらん)は陳(ちん)公公から麗珠殺害を任されるが彼女を殺せるわけはなく、一刻も早く逃げるよう指示し・・・。

詳細

#20

216ポイント 購入する

#20

216ポイント 2日間 45:07

無実の何江(か・こう)を自害へと追いやった怒りから、開封府を燃やそうとする蕭璟(しょう・けい)。それに対し包拯(ほう・じょう)は、冤罪を作ってしまったことを認めたうえで開封府の重要性を説き、さらに真犯人逮捕を約束して何とか蕭璟を思いとどまらせる。その一方で、蕭璟自身も何江の死に責任を感じ、展昭(てん・しょう)の前で泣き崩れるのだった。そんななか、展昭は麗珠(れい・じゅ)がかつての幼馴染みであり、許嫁でもあった青児(せいに)であることを包拯に告白。そして事件解決のため、姿を消した麗珠の捜査を開始する。一方、丁兆蘭(てい・ちょうらん)は陳(ちん)公公から麗珠殺害を任されるが彼女を殺せるわけはなく、一刻も早く逃げるよう指示し・・・。

詳細

#21

216ポイント 購入する

#21

216ポイント 2日間 45:07

護衛兵の死体を見つけた艾虎(がい・こ)は毒針に触れ、意識を失ってしまう。蒋平(しょう・へい)の診断によると、3日以内に解毒しなければ意識が戻らない可能性もあるという。兄弟たちに事件を伝えた蒋平は、その暗器の使い手が遼の鉄血殺手隊の一員、"銀針太婆"こと柳秋萍(りゅう・しゅうへい)であることを突き止める。その報告を受けた包拯(ほう・じょう)は、陸淵(りく・えん)が遼と接触があったのかと疑問を抱くのだった。その頃、皇帝は親しくなった蕭璟(しょう・けい)と庶民の遊びを楽しんでいた。すっかり威厳を失ってしまったような皇帝の姿にあきれた陳(ちん)公公は立場をわきまえるよう進言するが、皇帝は「本当は皇帝などやめて庶民になりたい」と漏らす。さらにその後も皇宮から脱出し・・・。

詳細

#22

216ポイント 購入する

#22

216ポイント 2日間 45:08

護衛兵の死体を見つけた艾虎(がい・こ)は毒針に触れ、意識を失ってしまう。蒋平(しょう・へい)の診断によると、3日以内に解毒しなければ意識が戻らない可能性もあるという。兄弟たちに事件を伝えた蒋平は、その暗器の使い手が遼の鉄血殺手隊の一員、"銀針太婆"こと柳秋萍(りゅう・しゅうへい)であることを突き止める。その報告を受けた包拯(ほう・じょう)は、陸淵(りく・えん)が遼と接触があったのかと疑問を抱くのだった。その頃、皇帝は親しくなった蕭璟(しょう・けい)と庶民の遊びを楽しんでいた。すっかり威厳を失ってしまったような皇帝の姿にあきれた陳(ちん)公公は立場をわきまえるよう進言するが、皇帝は「本当は皇帝などやめて庶民になりたい」と漏らす。さらにその後も皇宮から脱出し・・・。

詳細

#23

216ポイント 購入する

#23

216ポイント 2日間 45:08

蕭璟(しょう・けい)の誕生日の酒宴に集った展昭(てん・しょう)、盧方(ろ・ほう)ら兄弟たち。酒を飲み、大いに盛り上がっていたところ、蕭璟は人が訪ねてきたと聞き外へ出る。するとその瞬間、何者かに気絶させられてしまった。目を覚ますと、そこには蕭毅(しょう・い)が。彼は蕭璟を幼名の"玉児(ぎょくに)"と呼ぶと、自分が叔父であることを告げる。父から叔父は死んだと聞かされていた蕭璟は信じられずにいたが、遼の令碑を見せられ納得。彼から蕭家に伝わる家宝を贈られ、絶対に手放さないよう約束させられるのだった。そんななか、包拯(ほう・じょう)のもとに白玉堂(はく・ぎょくどう)から辺境付近で遼の大軍を見たとの知らせが。さらに白は軍営に侵入し、密書を盗んできており・・・。

詳細

#24

216ポイント 購入する

#24

216ポイント 2日間 45:07

蕭璟(しょう・けい)の誕生日の酒宴に集った展昭(てん・しょう)、盧方(ろ・ほう)ら兄弟たち。酒を飲み、大いに盛り上がっていたところ、蕭璟は人が訪ねてきたと聞き外へ出る。するとその瞬間、何者かに気絶させられてしまった。目を覚ますと、そこには蕭毅(しょう・い)が。彼は蕭璟を幼名の"玉児(ぎょくに)"と呼ぶと、自分が叔父であることを告げる。父から叔父は死んだと聞かされていた蕭璟は信じられずにいたが、遼の令碑を見せられ納得。彼から蕭家に伝わる家宝を贈られ、絶対に手放さないよう約束させられるのだった。そんななか、包拯(ほう・じょう)のもとに白玉堂(はく・ぎょくどう)から辺境付近で遼の大軍を見たとの知らせが。さらに白は軍営に侵入し、密書を盗んできており・・・。

詳細

#25

216ポイント 購入する

#25

216ポイント 2日間 45:07

蕭毅(しょう・い)と智化(ち・か)は家族を安全な場所に移し、李達(り・たつ)らとの戦いに備えようと話し合う。さらに蕭毅は「いざという時、きっと頼りになる」と、ある人物の住所を智化に渡した。しかし、そんな2人の前に突如、李達らが現れる。城外から宮殿に通じる地下道の地図さえ渡せば助けてやるという李達だったが、蕭毅は「さっさと命を持ってゆけ」と言い放つ。蕭毅と智化を殺しにかかる鉄血殺手隊。人数で劣る2人に勝ち目はない。蕭毅は我が身を盾に、なんとか智化を逃がすのだった。包拯が蕭府に駆けつけると、すでに蕭毅は虫の息。自分の素性を話し、「大切な仲間の命を守ってほしい」と願い息絶えるのだった。一方、李達らは陸淵のもとへ向かっており・・・。

詳細

#26

216ポイント 購入する

#26

216ポイント 2日間 45:07

蕭毅(しょう・い)と智化(ち・か)は家族を安全な場所に移し、李達(り・たつ)らとの戦いに備えようと話し合う。さらに蕭毅は「いざという時、きっと頼りになる」と、ある人物の住所を智化に渡した。しかし、そんな2人の前に突如、李達らが現れる。城外から宮殿に通じる地下道の地図さえ渡せば助けてやるという李達だったが、蕭毅は「さっさと命を持ってゆけ」と言い放つ。蕭毅と智化を殺しにかかる鉄血殺手隊。人数で劣る2人に勝ち目はない。蕭毅は我が身を盾に、なんとか智化を逃がすのだった。包拯が蕭府に駆けつけると、すでに蕭毅は虫の息。自分の素性を話し、「大切な仲間の命を守ってほしい」と願い息絶えるのだった。一方、李達らは陸淵のもとへ向かっており・・・。

詳細

#27

216ポイント 購入する

#27

216ポイント 2日間 45:07

残月隊のもとに、李達(り・たつ)が百香(はくこう)の生首を持って現れた。さらに彼は、包拯(ほう・じょう)を信じた智化(ち・か)が投獄された事実を挙げ、もはや残された道は計画を実行するほかないと迫る。包拯らがなんとか間者たちを救う方法を考えようとしていた矢先、街から彼らの姿が一斉に消えた。胸騒ぎがした包拯は、艾虎(がい・こ)に陳(ちん)公公への事態の報告を急がせる。包拯の予想どおり、残月隊は李達の指揮のもと、皇帝を暗殺する者と包拯を襲撃する者との二班に分かれ、ついに行動に出ようとしていた。残月隊の1人は仕立て屋を装って皇宮に侵入するが、皇帝のふりをしていた公公に殺されてしまう。一方、梨売りと人形売りの男は包拯を襲うはずだったが・・・。

詳細

#28

216ポイント 購入する

#28

216ポイント 2日間 45:07

残月隊のもとに、李達(り・たつ)が百香(はくこう)の生首を持って現れた。さらに彼は、包拯(ほう・じょう)を信じた智化(ち・か)が投獄された事実を挙げ、もはや残された道は計画を実行するほかないと迫る。包拯らがなんとか間者たちを救う方法を考えようとしていた矢先、街から彼らの姿が一斉に消えた。胸騒ぎがした包拯は、艾虎(がい・こ)に陳(ちん)公公への事態の報告を急がせる。包拯の予想どおり、残月隊は李達の指揮のもと、皇帝を暗殺する者と包拯を襲撃する者との二班に分かれ、ついに行動に出ようとしていた。残月隊の1人は仕立て屋を装って皇宮に侵入するが、皇帝のふりをしていた公公に殺されてしまう。一方、梨売りと人形売りの男は包拯を襲うはずだったが・・・。

詳細

#29

216ポイント 購入する

#29

216ポイント 2日間 45:07

地下道の地図を奪取した北苑(ほくえん)大王は勝利を確信し、開封に大軍を待機させる。逆に地図がなければ遼の侵入を防ぎようがない包拯(ほう・じょう)らは頭を悩ませていた。そんななか、蕭璟(しょう・けい)が誕生日に蕭毅(しょう・い)から贈られた玉を手にすると、そこから光が放たれ地図が映し出された。宋軍はそれを基に、遼の大軍が移動中している地下道を爆破し窮地を逃れるのだった。しかし、皇帝と安国(あんこく)王が宋と遼の末永い友好関係を誓った矢先、生き残った李達(り・たつ)が包拯を誘拐する。彼の狙いは、20年前に師匠を死に至らしめた陳琳(ちん・りん)の首だ。それを知った陳琳は、自分の命と引き換えに包拯を守ってほしいと皇帝に申し出るが・・・。

詳細

#30

216ポイント 購入する

#30

216ポイント 2日間 45:07

地下道の地図を奪取した北苑(ほくえん)大王は勝利を確信し、開封に大軍を待機させる。逆に地図がなければ遼の侵入を防ぎようがない包拯(ほう・じょう)らは頭を悩ませていた。そんななか、蕭璟(しょう・けい)が誕生日に蕭毅(しょう・い)から贈られた玉を手にすると、そこから光が放たれ地図が映し出された。宋軍はそれを基に、遼の大軍が移動中している地下道を爆破し窮地を逃れるのだった。しかし、皇帝と安国(あんこく)王が宋と遼の末永い友好関係を誓った矢先、生き残った李達(り・たつ)が包拯を誘拐する。彼の狙いは、20年前に師匠を死に至らしめた陳琳(ちん・りん)の首だ。それを知った陳琳は、自分の命と引き換えに包拯を守ってほしいと皇帝に申し出るが・・・。

詳細

#31

216ポイント 購入する

#31

216ポイント 2日間 45:08

四方鎮で、ある男が経脈を絶たれて殺害された。包拯(ほう・じょう)と展昭(てん・しょう)は前日、彼と言い争っていた切り絵売りの婦人を探そうと、街で聞き込みを開始。しかし、街の者は口裏を合わせたように「知らない」と答える。さらに2人は、男の銭入れを拾った子供とその父親に話を聞こうとするが、彼らもまた同じ手口で殺されていた。包拯は、開封を縮小したような街・四方鎮に奇妙な空気を感じ取る。その頃、蕭璟(しょう・けい)は盧方(ろ・ほう)らに頼み込んで展昭の気を引く策を練っていた。それは、盧方らが覆面をして展昭を襲ったところを蕭璟が救うという筋書きの芝居だ。しかし、展昭はすぐに蕭璟の仕業と気づき失敗に終わる。その後、展昭は包拯らと合流するが、展昭は黒衣の集団の罠にかかり・・・。

詳細

#32

216ポイント 購入する

#32

216ポイント 2日間 45:07

四方鎮で、ある男が経脈を絶たれて殺害された。包拯(ほう・じょう)と展昭(てん・しょう)は前日、彼と言い争っていた切り絵売りの婦人を探そうと、街で聞き込みを開始。しかし、街の者は口裏を合わせたように「知らない」と答える。さらに2人は、男の銭入れを拾った子供とその父親に話を聞こうとするが、彼らもまた同じ手口で殺されていた。包拯は、開封を縮小したような街・四方鎮に奇妙な空気を感じ取る。その頃、蕭璟(しょう・けい)は盧方(ろ・ほう)らに頼み込んで展昭の気を引く策を練っていた。それは、盧方らが覆面をして展昭を襲ったところを蕭璟が救うという筋書きの芝居だ。しかし、展昭はすぐに蕭璟の仕業と気づき失敗に終わる。その後、展昭は包拯らと合流するが、展昭は黒衣の集団の罠にかかり・・・。

詳細

#33

216ポイント 購入する

#33

216ポイント 2日間 45:07

陳琳(ちん・りん)が仕掛けを作動させたことで、包拯(ほう・じょう)らが幽閉されている部屋の壁が狭まり始めた。このままでは包拯らは押しつぶされて死んでしまう。李(り)太后は停止するよう命じるが、陳琳は聞く耳を持たない。展昭(てん・しょう)や盧方(ろ・ほう)たちが必死に壁の動きを止めようとするなか、運よく包拯の懐に硫黄弾が。上空で硫黄弾の爆発を見た皇帝と蕭璟(しょう・けい)は合図と気づき、陳琳のもとへと辿り着く。皇帝の命令により陳琳はようやく操作を止め、包拯たちは九死に一生を得るのだった。陳琳が包拯を殺そうとした理由を「朝廷のため」と語るなか、皇帝はそこに見知らぬ夫人の姿を見つけ、誰かと尋ねる。包拯から、その女性が実の母であることを聞かされた皇帝は・・・。

詳細

#34

216ポイント 購入する

#34

216ポイント 2日間 45:03

陳琳(ちん・りん)が仕掛けを作動させたことで、包拯(ほう・じょう)らが幽閉されている部屋の壁が狭まり始めた。このままでは包拯らは押しつぶされて死んでしまう。李(り)太后は停止するよう命じるが、陳琳は聞く耳を持たない。展昭(てん・しょう)や盧方(ろ・ほう)たちが必死に壁の動きを止めようとするなか、運よく包拯の懐に硫黄弾が。上空で硫黄弾の爆発を見た皇帝と蕭璟(しょう・けい)は合図と気づき、陳琳のもとへと辿り着く。皇帝の命令により陳琳はようやく操作を止め、包拯たちは九死に一生を得るのだった。陳琳が包拯を殺そうとした理由を「朝廷のため」と語るなか、皇帝はそこに見知らぬ夫人の姿を見つけ、誰かと尋ねる。包拯から、その女性が実の母であることを聞かされた皇帝は・・・。

詳細

#35

216ポイント 購入する

#35

216ポイント 2日間 45:07

李(り)太后が帰京したことを知り、劉(りゅう)太后は思わず息を呑む。しかし20余年もの間、ずっと罪を背負って生きてきた劉太后は、何が起きても受け入れる覚悟を決めるのだった。一方、李太后は帰京して以来、頻繁に皇帝が自分のもとを訪ねてくることに不安を感じていた。皇宮で悪い評判が立ちかねないからだ。そんななか、劉太后の弟は皇帝を殺して包拯(ほう・じょう)に罪をなすりつけ、天下を手に入れようと画策。姉にそれを提案していたところに丁度、皇帝がやって来た。毒入りの人参湯を皇帝に用意する劉太后の弟。劉太后は横目で皇帝を見つめながら、湯を飲もうとする瞬間に止めるのだった。その晩、劉太后の弟は近衛軍を引き連れて開封府にやって来て・・・。

詳細

#36

216ポイント 購入する

#36

216ポイント 2日間 45:07

李(り)太后が帰京したことを知り、劉(りゅう)太后は思わず息を呑む。しかし20余年もの間、ずっと罪を背負って生きてきた劉太后は、何が起きても受け入れる覚悟を決めるのだった。一方、李太后は帰京して以来、頻繁に皇帝が自分のもとを訪ねてくることに不安を感じていた。皇宮で悪い評判が立ちかねないからだ。そんななか、劉太后の弟は皇帝を殺して包拯(ほう・じょう)に罪をなすりつけ、天下を手に入れようと画策。姉にそれを提案していたところに丁度、皇帝がやって来た。毒入りの人参湯を皇帝に用意する劉太后の弟。劉太后は横目で皇帝を見つめながら、湯を飲もうとする瞬間に止めるのだった。その晩、劉太后の弟は近衛軍を引き連れて開封府にやって来て・・・。

詳細

#37

216ポイント 購入する

#37

216ポイント 2日間 45:07

李(り)太后が帰京したことを知り、劉(りゅう)太后は思わず息を呑む。しかし20余年もの間、ずっと罪を背負って生きてきた劉太后は、何が起きても受け入れる覚悟を決めるのだった。一方、李太后は帰京して以来、頻繁に皇帝が自分のもとを訪ねてくることに不安を感じていた。皇宮で悪い評判が立ちかねないからだ。そんななか、劉太后の弟は皇帝を殺して包拯(ほう・じょう)に罪をなすりつけ、天下を手に入れようと画策。姉にそれを提案していたところに丁度、皇帝がやって来た。毒入りの人参湯を皇帝に用意する劉太后の弟。劉太后は横目で皇帝を見つめながら、湯を飲もうとする瞬間に止めるのだった。その晩、劉太后の弟は近衛軍を引き連れて開封府にやって来て・・・。

詳細

キャスト

製作年 2011年 製作国   中国

これもチェック

 七侠五義を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001