ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

神馬英傑伝

武侠版「ロミオとジュリエット」!
伝説の神馬現るとき、江湖に大乱生ず――。名作武侠ドラマ(『浣花洗剣録』『連城訣』『侠客行』)の監督コンビが贈る、新機軸のアクション巨編!

第1話

無料 視聴する
無料

第1話

無料 46:38

かつて江湖にその名を轟かせた大侠・成紅梅(せい・こうばい)の死。それを悼むかのように墓前に佇んでいた彼の愛馬・黒水仙(こくすいせん)もいつしか姿を消し、人々の間には"100年に1頭の名馬"という伝説めいた噂だけが残った。それから20年――黄花草原に住む寇英傑(こう・えいけつ)は、ある日、漆黒の駿馬と出会う。それが黒水仙の子孫だと直感した彼は、なんとか手なずけようと試みるが、その馬は利口な上に気性も荒いとあって悪戦苦闘。しがみついては振り落とされてを何度も繰り返し、あの手この手でようやく黒水仙を観念させたかに思えたその時、突然現れた五小龍と名乗る男たちが馬と寇英傑を捕らえ、連れ去ってしまうのだった。縛り上げられ、水も与えられない状況で、辛抱強く好機が訪れるのを待つ寇英傑。やがて彼は、黒水仙と一緒に堡寨から脱走するのだが…。

詳細

2016年03月04日 配信開始

お得なまとめ買い

第2話~第35話

5140ポイント 購入する
30%
OFF

第2話~第35話

7,344ポイント 5,140ポイント 30%OFF 30日間
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第5話
  • 第6話
  • 第7話
  • 第8話
  • 第9話
  • 第10話
  • 第11話
  • 第12話
  • 第13話
  • 第14話
  • 第15話
  • 第16話
  • 第17話
  • 第18話
  • 第19話
  • 第20話
  • 第21話
  • 第22話
  • 第23話
  • 第24話
  • 第25話
  • 第26話
  • 第27話
  • 第28話
  • 第29話
  • 第30話
  • 第31話
  • 第32話
  • 第33話
  • 第34話
  • 第35話

第2話~第6話

864ポイント 購入する
20%
OFF

第2話~第6話

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 8日間
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第5話
  • 第6話

第7話~第11話

864ポイント 購入する
20%
OFF

第7話~第11話

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 8日間
  • 第7話
  • 第8話
  • 第9話
  • 第10話
  • 第11話

第12話~第16話

864ポイント 購入する
20%
OFF

第12話~第16話

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 8日間
  • 第12話
  • 第13話
  • 第14話
  • 第15話
  • 第16話

第17話~第21話

864ポイント 購入する
20%
OFF

第17話~第21話

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 8日間
  • 第17話
  • 第18話
  • 第19話
  • 第20話
  • 第21話

第22話~第26話

864ポイント 購入する
20%
OFF

第22話~第26話

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 8日間
  • 第22話
  • 第23話
  • 第24話
  • 第25話
  • 第26話

第27話~第31話

864ポイント 購入する
20%
OFF

第27話~第31話

1,080ポイント 864ポイント 20%OFF 8日間
  • 第27話
  • 第28話
  • 第29話
  • 第30話
  • 第31話

第32話~第35話

691ポイント 購入する
20%
OFF

第32話~第35話

864ポイント 691ポイント 20%OFF 8日間
  • 第32話
  • 第33話
  • 第34話
  • 第35話

各話一覧

並び順

第1話

無料 視聴する
無料

第1話

無料 46:38

かつて江湖にその名を轟かせた大侠・成紅梅(せい・こうばい)の死。それを悼むかのように墓前に佇んでいた彼の愛馬・黒水仙(こくすいせん)もいつしか姿を消し、人々の間には"100年に1頭の名馬"という伝説めいた噂だけが残った。それから20年――黄花草原に住む寇英傑(こう・えいけつ)は、ある日、漆黒の駿馬と出会う。それが黒水仙の子孫だと直感した彼は、なんとか手なずけようと試みるが、その馬は利口な上に気性も荒いとあって悪戦苦闘。しがみついては振り落とされてを何度も繰り返し、あの手この手でようやく黒水仙を観念させたかに思えたその時、突然現れた五小龍と名乗る男たちが馬と寇英傑を捕らえ、連れ去ってしまうのだった。縛り上げられ、水も与えられない状況で、辛抱強く好機が訪れるのを待つ寇英傑。やがて彼は、黒水仙と一緒に堡寨から脱走するのだが…。

詳細

第2話

216ポイント 購入する

第2話

216ポイント 2日間 45:48

かつて江湖にその名を轟かせた大侠・成紅梅(せい・こうばい)の死。それを悼むかのように墓前に佇んでいた彼の愛馬・黒水仙(こくすいせん)もいつしか姿を消し、人々の間には"100年に1頭の名馬"という伝説めいた噂だけが残った。それから20年――黄花草原に住む寇英傑(こう・えいけつ)は、ある日、漆黒の駿馬と出会う。それが黒水仙の子孫だと直感した彼は、なんとか手なずけようと試みるが、その馬は利口な上に気性も荒いとあって悪戦苦闘。しがみついては振り落とされてを何度も繰り返し、あの手この手でようやく黒水仙を観念させたかに思えたその時、突然現れた五小龍と名乗る男たちが馬と寇英傑を捕らえ、連れ去ってしまうのだった。縛り上げられ、水も与えられない状況で、辛抱強く好機が訪れるのを待つ寇英傑。やがて彼は、黒水仙と一緒に堡寨から脱走するのだが…。

詳細

第3話

216ポイント 購入する

第3話

216ポイント 2日間 45:50

かつて江湖にその名を轟かせた大侠・成紅梅(せい・こうばい)の死。それを悼むかのように墓前に佇んでいた彼の愛馬・黒水仙(こくすいせん)もいつしか姿を消し、人々の間には"100年に1頭の名馬"という伝説めいた噂だけが残った。それから20年――黄花草原に住む寇英傑(こう・えいけつ)は、ある日、漆黒の駿馬と出会う。それが黒水仙の子孫だと直感した彼は、なんとか手なずけようと試みるが、その馬は利口な上に気性も荒いとあって悪戦苦闘。しがみついては振り落とされてを何度も繰り返し、あの手この手でようやく黒水仙を観念させたかに思えたその時、突然現れた五小龍と名乗る男たちが馬と寇英傑を捕らえ、連れ去ってしまうのだった。縛り上げられ、水も与えられない状況で、辛抱強く好機が訪れるのを待つ寇英傑。やがて彼は、黒水仙と一緒に堡寨から脱走するのだが…。

詳細

第4話

216ポイント 購入する

第4話

216ポイント 2日間 44:58

宇内十二令に忍び込んでいた寇英傑(こう・えいけつ)を、とっさの機転で逃がした鉄小薇(てつ・しょうび)。しかし、鉄海棠(てつ・かいとう)は侵入者を始末したという娘の言葉を信じようとはせず、兄と共に鷹千里(よう・せんり)のもとへ赴き、協力して曲者の足取りを追うように命じる。一方、寇英傑(こう・えいけつ)が家へ戻ってみると、そこには老駱駝(ろうらくだ)が待ち受けていた。彼は自分が白馬門門主・郭白雲(かく・はくうん)だと告げ、寇英傑を弟子に迎えたいと申し出る。それは、寇英傑の義侠心を見込んでのことだった。深手を負っている郭白雲は早速、白馬門の口訣"十一字真訣"を伝授することに。それに際して彼は、この口訣を決して誰にも教えないという誓いを寇英傑に立てさせるのだった。そこへ、鉄兄妹と手勢を従えた鷹千里(よう・せんり)が現れ…。

詳細

第5話

216ポイント 購入する

第5話

216ポイント 2日間 45:05

宇内十二令に忍び込んでいた寇英傑(こう・えいけつ)を、とっさの機転で逃がした鉄小薇(てつ・しょうび)。しかし、鉄海棠(てつ・かいとう)は侵入者を始末したという娘の言葉を信じようとはせず、兄と共に鷹千里(よう・せんり)のもとへ赴き、協力して曲者の足取りを追うように命じる。一方、寇英傑(こう・えいけつ)が家へ戻ってみると、そこには老駱駝(ろうらくだ)が待ち受けていた。彼は自分が白馬門門主・郭白雲(かく・はくうん)だと告げ、寇英傑を弟子に迎えたいと申し出る。それは、寇英傑の義侠心を見込んでのことだった。深手を負っている郭白雲は早速、白馬門の口訣"十一字真訣"を伝授することに。それに際して彼は、この口訣を決して誰にも教えないという誓いを寇英傑に立てさせるのだった。そこへ、鉄兄妹と手勢を従えた鷹千里(よう・せんり)が現れ…。

詳細

第6話

216ポイント 購入する

第6話

216ポイント 2日間 45:59

馬の目利きとして知られる周江(しゅう・こう)は、寇英傑(こう・えいけつ)の馬が黒水仙(こくすいせん)ではないかと目を付けた。彼は「馬を欲しがっている人がいる」と切り出し、高額な買い値を提示して黒水仙を譲り受けようとするが、きっぱりと断わられてしまう。周江から黒水仙の話を聞いた"玉観音"郭彩綾(かく・さいりょう)は、自ら交渉することに。しかし、周江を遥かに凌ぐ金額で馬を譲ってほしいと申し出ても、頭を下げて頼んでも、寇英傑には取りつく島もない。諦めた彼女が屋敷へ帰ると、事件が持ち上がっていた。愛馬の火雷紅(からいこう)が盗まれ、盗賊の手紙が残されていたのだ。謎めいた手紙を読むが早いか、郭彩綾はたちどころに盗賊の正体を見抜く。火雷紅を盗んだのは雪山派の卓瑪(たくば)公主――そう睨んだ郭彩綾は、彼女のもとを訪ねるのだが…。

詳細

第7話

216ポイント 購入する

第7話

216ポイント 2日間 45:07

馬の目利きとして知られる周江(しゅう・こう)は、寇英傑(こう・えいけつ)の馬が黒水仙(こくすいせん)ではないかと目を付けた。彼は「馬を欲しがっている人がいる」と切り出し、高額な買い値を提示して黒水仙を譲り受けようとするが、きっぱりと断わられてしまう。周江から黒水仙の話を聞いた"玉観音"郭彩綾(かく・さいりょう)は、自ら交渉することに。しかし、周江を遥かに凌ぐ金額で馬を譲ってほしいと申し出ても、頭を下げて頼んでも、寇英傑には取りつく島もない。諦めた彼女が屋敷へ帰ると、事件が持ち上がっていた。愛馬の火雷紅(からいこう)が盗まれ、盗賊の手紙が残されていたのだ。謎めいた手紙を読むが早いか、郭彩綾はたちどころに盗賊の正体を見抜く。火雷紅を盗んだのは雪山派の卓瑪(たくば)公主――そう睨んだ郭彩綾は、彼女のもとを訪ねるのだが…。

詳細

第8話

216ポイント 購入する

第8話

216ポイント 2日間 44:58

朱佩瑤(しゅ・はいよう)の父に成りすました馬元賜(ば・げんし)。息子の寇英傑(こう・えいけつ)を人質に取ったと言い聞かされている彼には、神算子(しんさんし)の筋書き通り父親役を演じるより外に手はなかった。朱佩瑤は生き別れになっていた父との再会だと信じて疑わず、涙を流す。目論見が図に当たったと喜んだのも束の間、神算子は欧陽山(おうよう・さん)たちに寇英傑の居場所はどこかと問い質される。知らないと答えても信じてもらえず、彼は朱佩瑤と小豆子(しょうとうし)らと一緒に、客棧の一室に閉じ込められてしまうのだった。縛り上げられ、さるぐつわをかまされた3人は何とか逃げ出そうと悪戦苦闘。そんななか、彼らがふと床に目をやると、節穴から階下の様子が見えた。そこには今しがた通されたばかりの客――卓君明(たく・くんめい)の姿が…。

詳細

第9話

216ポイント 購入する

第9話

216ポイント 2日間 45:59

朱佩瑤(しゅ・はいよう)の父に成りすました馬元賜(ば・げんし)。息子の寇英傑(こう・えいけつ)を人質に取ったと言い聞かされている彼には、神算子(しんさんし)の筋書き通り父親役を演じるより外に手はなかった。朱佩瑤は生き別れになっていた父との再会だと信じて疑わず、涙を流す。目論見が図に当たったと喜んだのも束の間、神算子は欧陽山(おうよう・さん)たちに寇英傑の居場所はどこかと問い質される。知らないと答えても信じてもらえず、彼は朱佩瑤と小豆子(しょうとうし)らと一緒に、客棧の一室に閉じ込められてしまうのだった。縛り上げられ、さるぐつわをかまされた3人は何とか逃げ出そうと悪戦苦闘。そんななか、彼らがふと床に目をやると、節穴から階下の様子が見えた。そこには今しがた通されたばかりの客――卓君明(たく・くんめい)の姿が…。

詳細

第10話

216ポイント 購入する

第10話

216ポイント 2日間 45:13

寇英傑(こう・えいけつ)は白馬山荘を去ることを考え始める。オ大野(お・たいや)から向けられる敵意に、彼は命の危険さえ感じていたのだ。その一方で、郭白雲(かく・はくうん)が築き上げた白馬門の行く末を憂う気持ちもあった。迷いの中、寇英傑は師の亡骸が安置されている霊堂で一夜を過ごし、明くる朝、人知れず山荘を発つことを決意するのだった。同じ頃、風雷堡でもひとつの動きが。鉄海棠(てつ・かいとう)は娘・鉄小薇(てつ・しょうび)の結婚相手に、鉄孟能(てつ・もうのう)をと考えてきた。しかし、彼女は寇英傑という若者に心を寄せているようである。そしてこの男は、"魚龍百変功"を伝える秘図を手にしているに違いなく、白馬門に内紛を招きかねない火種ともなり得た。奥義の修得と仇敵の壊滅―― 一挙両得の機会を逃すまいと、鉄海棠は策を練る…。

詳細

第11話

216ポイント 購入する

第11話

216ポイント 2日間 46:01

寇英傑(こう・えいけつ)は白馬山荘を去ることを考え始める。オ大野(お・たいや)から向けられる敵意に、彼は命の危険さえ感じていたのだ。その一方で、郭白雲(かく・はくうん)が築き上げた白馬門の行く末を憂う気持ちもあった。迷いの中、寇英傑は師の亡骸が安置されている霊堂で一夜を過ごし、明くる朝、人知れず山荘を発つことを決意するのだった。同じ頃、風雷堡でもひとつの動きが。鉄海棠(てつ・かいとう)は娘・鉄小薇(てつ・しょうび)の結婚相手に、鉄孟能(てつ・もうのう)をと考えてきた。しかし、彼女は寇英傑という若者に心を寄せているようである。そしてこの男は、"魚龍百変功"を伝える秘図を手にしているに違いなく、白馬門に内紛を招きかねない火種ともなり得た。奥義の修得と仇敵の壊滅―― 一挙両得の機会を逃すまいと、鉄海棠は策を練る…。

詳細

第12話

216ポイント 購入する

第12話

216ポイント 2日間 45:07

夜の白馬山荘――その庭で、郭彩綾(かく・さいりょう)は月光を浴びて抱きあう男女の姿を見る。2人は寇英傑(こう・えいけつ)と鉄小薇(てつ・しょうび)だった。とっさに身を隠す郭彩綾。鉄小薇によれば、風雷堡の猛者たちが今まさに白馬山荘に攻め寄せつつあるのだという。そして、寇英傑が宇内十二令に寝返るのならば襲撃はやめるとも告げた。しかし、彼はこれを拒む。白馬門への義を貫きたいという思いからだったが、それを聞いた鉄小薇は怒りと悲しみに駆られ、寇英傑へ刃を向けた。跳び出した郭彩綾が彼をかばうように立ちはだかり、2人の女侠は剣を交えることに。腕前は互角。2人の争いを止めようする寇英傑も、素早く繰り出される絶技と軽功の見事さに感嘆の声を上げるのだった。やがて、わずかに不覚を取った鉄小薇に郭彩綾の剣が迫ると見るや、寇英傑は…。

詳細

第13話

216ポイント 購入する

第13話

216ポイント 2日間 45:09

夜の白馬山荘――その庭で、郭彩綾(かく・さいりょう)は月光を浴びて抱きあう男女の姿を見る。2人は寇英傑(こう・えいけつ)と鉄小薇(てつ・しょうび)だった。とっさに身を隠す郭彩綾。鉄小薇によれば、風雷堡の猛者たちが今まさに白馬山荘に攻め寄せつつあるのだという。そして、寇英傑が宇内十二令に寝返るのならば襲撃はやめるとも告げた。しかし、彼はこれを拒む。白馬門への義を貫きたいという思いからだったが、それを聞いた鉄小薇は怒りと悲しみに駆られ、寇英傑へ刃を向けた。跳び出した郭彩綾が彼をかばうように立ちはだかり、2人の女侠は剣を交えることに。腕前は互角。2人の争いを止めようする寇英傑も、素早く繰り出される絶技と軽功の見事さに感嘆の声を上げるのだった。やがて、わずかに不覚を取った鉄小薇に郭彩綾の剣が迫ると見るや、寇英傑は…。

詳細

第14話

216ポイント 購入する

第14話

216ポイント 2日間 45:11

郭彩綾(かく・さいりょう)が西閣楼に駆けつけると、やはり寇英傑(こう・えいけつ)の姿はなく、寝台に手紙が残されているだけだった。そこに書きつけられていたのは郭彩綾への悪口ばかり。一読、怒り心頭に発した彼女は、絶対に寇英傑を捕まえてやると気勢を上げる。だが、この手紙は司空遠(し・くうえん)がでっちあげたものだった。いち早く手紙の存在に気付いた彼は中身を書き換え、寇英傑が手紙と共に添え置いた郭白雲(かく・はくうん)の形見・水晶の瓶も懐に収めていた。司空遠は在りし日の郭白雲に水晶の瓶を託されたと嘘を言い、それが亡き師匠の遺志であったかのように偽って郭彩綾に結婚を迫るのだった。一方、五クウ松客棧に辿り着いた小豆子(しょうとうし)は、女将たちに熱烈な歓迎を受ける。しかし、ここで落ち合おうと約束した寇英傑の姿はなく…。

詳細

第15話

216ポイント 購入する

第15話

216ポイント 2日間 45:07

郭彩綾(かく・さいりょう)が西閣楼に駆けつけると、やはり寇英傑(こう・えいけつ)の姿はなく、寝台に手紙が残されているだけだった。そこに書きつけられていたのは郭彩綾への悪口ばかり。一読、怒り心頭に発した彼女は、絶対に寇英傑を捕まえてやると気勢を上げる。だが、この手紙は司空遠(し・くうえん)がでっちあげたものだった。いち早く手紙の存在に気付いた彼は中身を書き換え、寇英傑が手紙と共に添え置いた郭白雲(かく・はくうん)の形見・水晶の瓶も懐に収めていた。司空遠は在りし日の郭白雲に水晶の瓶を託されたと嘘を言い、それが亡き師匠の遺志であったかのように偽って郭彩綾に結婚を迫るのだった。一方、五クウ松客棧に辿り着いた小豆子(しょうとうし)は、女将たちに熱烈な歓迎を受ける。しかし、ここで落ち合おうと約束した寇英傑の姿はなく…。

詳細

第16話

216ポイント 購入する

第16話

216ポイント 2日間 45:55

鉄孟能(てつ・もうのう)から寇英傑(こう・えいけつ)の間者だと疑われた神算子(しんさんし)と朱佩瑤(しゅ・はいよう)は、有無を言わさず風雷堡へと連行された。しかし、神算子が瀋傲霜(しん・ごうそう)の文字を見て、その悩みをぴたりと言い当てたことから、逆に彼女の信頼を勝ち取ることに成功。やがて、2人は鉄小薇(てつ・しょうび)の部屋へと通された。朱佩瑤はまたしても神憑りの巫女に成りすまして、早く卓君明(たく・くんめい)の身柄を解放するように迫る。そうすれば災いから寇英傑を守ることができるのだと言い含め、神算子は卓君明に渡すようにと密書を託すのだった。その夜、鉄小薇は義母を酔わせて眠らせると、こっそり符牌を持ち出した。向かった先は卓君明が幽閉されている牢である。寇英傑との仲を説明する鉄小薇の言葉を聞き、事情を飲み込んだ卓君明は牢を抜け出すと…。

詳細

第17話

216ポイント 購入する

第17話

216ポイント 2日間 45:07

鉄孟能(てつ・もうのう)から寇英傑(こう・えいけつ)の間者だと疑われた神算子(しんさんし)と朱佩瑤(しゅ・はいよう)は、有無を言わさず風雷堡へと連行された。しかし、神算子が瀋傲霜(しん・ごうそう)の文字を見て、その悩みをぴたりと言い当てたことから、逆に彼女の信頼を勝ち取ることに成功。やがて、2人は鉄小薇(てつ・しょうび)の部屋へと通された。朱佩瑤はまたしても神憑りの巫女に成りすまして、早く卓君明(たく・くんめい)の身柄を解放するように迫る。そうすれば災いから寇英傑を守ることができるのだと言い含め、神算子は卓君明に渡すようにと密書を託すのだった。その夜、鉄小薇は義母を酔わせて眠らせると、こっそり符牌を持ち出した。向かった先は卓君明が幽閉されている牢である。寇英傑との仲を説明する鉄小薇の言葉を聞き、事情を飲み込んだ卓君明は牢を抜け出すと…。

詳細

第18話

216ポイント 購入する

第18話

216ポイント 2日間 45:44

日月渓谷で修行を続ける寇英傑(こう・えいけつ)は、そこに隠れ住む口のきけない侠客が、郭白雲(かく・はくうん)の知己であることを知った。そして、師匠が残した「日月渓谷へ行け」という言葉が、自身とこの侠客を引き合わせるためのものであったことを悟る。謎の侠客の手ほどきを受けながら、寇英傑は"魚龍百変功"の修得に精を出すのだった。そんななか、白馬山荘に鉄孟能(てつ・もうのう)が。彼は白馬門に帰順を勧告するための使者として遣わされたのだ。しかし、司空遠(し・くうえん)はこれを一蹴。鉄孟能は「今日が白馬門最後の夜になる」と不敵な言葉を残し、山荘を後にする。風雷堡との一戦に決死の覚悟で臨むことを誓い合う司空遠と門弟たち。その夜、瀋傲霜(しん・ごうそう)率いる風雷堡の一団が、再び白馬山荘に攻め寄せた。乱戦の最中、白馬門に潜入していた間者がその正体を現し…。

詳細

第19話

216ポイント 購入する

第19話

216ポイント 2日間 45:42

日月渓谷で修行を続ける寇英傑(こう・えいけつ)は、そこに隠れ住む口のきけない侠客が、郭白雲(かく・はくうん)の知己であることを知った。そして、師匠が残した「日月渓谷へ行け」という言葉が、自身とこの侠客を引き合わせるためのものであったことを悟る。謎の侠客の手ほどきを受けながら、寇英傑は"魚龍百変功"の修得に精を出すのだった。そんななか、白馬山荘に鉄孟能(てつ・もうのう)が。彼は白馬門に帰順を勧告するための使者として遣わされたのだ。しかし、司空遠(し・くうえん)はこれを一蹴。鉄孟能は「今日が白馬門最後の夜になる」と不敵な言葉を残し、山荘を後にする。風雷堡との一戦に決死の覚悟で臨むことを誓い合う司空遠と門弟たち。その夜、瀋傲霜(しん・ごうそう)率いる風雷堡の一団が、再び白馬山荘に攻め寄せた。乱戦の最中、白馬門に潜入していた間者がその正体を現し…。

詳細

第20話

216ポイント 購入する

第20話

216ポイント 2日間 45:02

黒水仙(こくすいせん)を、そして寇英傑(こう・えいけつ)を賭けて、鉄小薇(てつ・しょうび)と郭彩綾(かく・さいりょう)の真剣勝負が始まった。黄花草原のやじ馬たちは初めのうちこそ2人をはやし立てて面白がっていたが、熱気を帯びる戦いに気圧されて、とうとう仲裁に入る。「寇英傑と結婚できると思い込んでるのね」と、憎まれ口を残して去っていく郭彩綾。一方、気持ちの治まらない鉄小薇は彼女を追いかけ、寇英傑と結婚の約束をしたのだと挑発するのだった。2人がまたしても剣を交えたとき、何処からともなく白衣の女侠が現れた。気勢をそがれた鉄小薇は逃げ去り、郭彩綾はこの女侠の、まるで親が子を叱るような居丈高な口ぶりに反発する。そして、隠された女侠の素顔を目の当たりにした彼女は、続く言葉に息を飲んだ。「私はあなたの母親よ」――女侠は亡くなったはずの母・成玉霜(せい・ぎょくそう)だというのだ…。

詳細

第21話

216ポイント 購入する

第21話

216ポイント 2日間 45:01

黒水仙(こくすいせん)を、そして寇英傑(こう・えいけつ)を賭けて、鉄小薇(てつ・しょうび)と郭彩綾(かく・さいりょう)の真剣勝負が始まった。黄花草原のやじ馬たちは初めのうちこそ2人をはやし立てて面白がっていたが、熱気を帯びる戦いに気圧されて、とうとう仲裁に入る。「寇英傑と結婚できると思い込んでるのね」と、憎まれ口を残して去っていく郭彩綾。一方、気持ちの治まらない鉄小薇は彼女を追いかけ、寇英傑と結婚の約束をしたのだと挑発するのだった。2人がまたしても剣を交えたとき、何処からともなく白衣の女侠が現れた。気勢をそがれた鉄小薇は逃げ去り、郭彩綾はこの女侠の、まるで親が子を叱るような居丈高な口ぶりに反発する。そして、隠された女侠の素顔を目の当たりにした彼女は、続く言葉に息を飲んだ。「私はあなたの母親よ」――女侠は亡くなったはずの母・成玉霜(せい・ぎょくそう)だというのだ…。

詳細

第22話

216ポイント 購入する

第22話

216ポイント 2日間 46:14

宦官にされる直前で難を逃れた神算子(しんさんし)と小豆子(しょうとうし)。しかし、そのまま無罪放免という訳にはいかなかった。占いが当たれば釈放されるというが、その相手が皇帝とあっては、神算子ならずとも気楽に構えていられようはずがない。一方の皇帝は密かに近衛兵と着物を交換し、自分の替え玉となるように命じていた。その腕前は本物だと公主が請け合ったインチキ占い師にひと泡吹かせようというのだ。やがて、神算子と小豆子は、ニセ皇帝と皇帝が化けた近衛兵とが待ち構える部屋に通される。だが、神算子はひざまずこうともせず突っ立ったままで、「わしはただの農夫で占い師ではない」と言い放つ。そればかりか、皇帝の生年月日が記された紙を渡されても、ろくに目も通さずに破り捨ててしまう始末。やがて、神算子は死を覚悟で猛然と皇帝を批判し始め、「えせ皇帝」とさえ口にするのだが…。

詳細

第23話

216ポイント 購入する

第23話

216ポイント 2日間 45:11

宦官にされる直前で難を逃れた神算子(しんさんし)と小豆子(しょうとうし)。しかし、そのまま無罪放免という訳にはいかなかった。占いが当たれば釈放されるというが、その相手が皇帝とあっては、神算子ならずとも気楽に構えていられようはずがない。一方の皇帝は密かに近衛兵と着物を交換し、自分の替え玉となるように命じていた。その腕前は本物だと公主が請け合ったインチキ占い師にひと泡吹かせようというのだ。やがて、神算子と小豆子は、ニセ皇帝と皇帝が化けた近衛兵とが待ち構える部屋に通される。だが、神算子はひざまずこうともせず突っ立ったままで、「わしはただの農夫で占い師ではない」と言い放つ。そればかりか、皇帝の生年月日が記された紙を渡されても、ろくに目も通さずに破り捨ててしまう始末。やがて、神算子は死を覚悟で猛然と皇帝を批判し始め、「えせ皇帝」とさえ口にするのだが…。

詳細

第24話

216ポイント 購入する

第24話

216ポイント 2日間 45:36

誤解と失意の中、鉄小薇(てつ・しょうび)と郭彩綾(かく・さいりょう)が日月渓谷を去った。思い悩む寇英傑(こう・えいけつ)は、その胸の内を朱(しゅ)兄に打ち明ける。朱の答えは「敵討ちを忘れるな」――寇英傑は再び魚龍百変功の修行に打ち込むのだった。そんななか、卓君明(たく・くんめい)は宴会の支度に余念がなかった。宇内十二令の魔手から白馬門を救うべく有志を集めようというのだ。しかし、江湖の豪傑たちへ宛てた招待状への返事はいずれも欠席。嘆いてばかりもいられない卓君明は、最後の望みをかけてある人物のもとへ向かうことに。一方、武林制覇という野望に着々と近付きつつある鉄海棠(てつ・かいとう)は、新たに従えた白馬門をはじめとする西方の門派への支配を確かなものにする秘策を練り上げていた。彼はそれを、間近に迫った成紅梅(せい・こうばい)の25周忌の場で明かそうというのだが…。

詳細

第25話

216ポイント 購入する

第25話

216ポイント 2日間 45:49

誤解と失意の中、鉄小薇(てつ・しょうび)と郭彩綾(かく・さいりょう)が日月渓谷を去った。思い悩む寇英傑(こう・えいけつ)は、その胸の内を朱(しゅ)兄に打ち明ける。朱の答えは「敵討ちを忘れるな」――寇英傑は再び魚龍百変功の修行に打ち込むのだった。そんななか、卓君明(たく・くんめい)は宴会の支度に余念がなかった。宇内十二令の魔手から白馬門を救うべく有志を集めようというのだ。しかし、江湖の豪傑たちへ宛てた招待状への返事はいずれも欠席。嘆いてばかりもいられない卓君明は、最後の望みをかけてある人物のもとへ向かうことに。一方、武林制覇という野望に着々と近付きつつある鉄海棠(てつ・かいとう)は、新たに従えた白馬門をはじめとする西方の門派への支配を確かなものにする秘策を練り上げていた。彼はそれを、間近に迫った成紅梅(せい・こうばい)の25周忌の場で明かそうというのだが…。

詳細

第26話

216ポイント 購入する

第26話

216ポイント 2日間 45:57

瀋傲霜(しん・ごうそう)が編んだ烏蚕蚕糸の襟巻きが鉄海棠(てつ・かいとう)の命を救った。一方、辺鉄山(へん・てつざん)は鉄海棠を打ち倒すことも、その悪事を暴くこともかなわぬまま暗殺者として葬られ、彼を討ち取った鷹千里(よう・せんり)は、宇内十二令 副総令主の地位を授かることに。暗殺計画の影の首謀者であった鷹千里は、腹の内が読み切れない鉄海棠への警戒心から、唯一事件の真相を知る卓君明(たく・くんめい)の抹殺を急がせるのだった。命を受けた欧陽山(おうよう・ざん)は手下を引き連れて、卓君明の陶芸仲間である翠蓮(すいれん)のもとへ。彼女を脅しつけ、卓君明の居場所を聞き出そうとしていたところへ、当の本人が現れた。物陰に隠れ、襲いかかる隙をうかがう欧陽山たち。「逃げて」という翠蓮の叫びを聞き、危険を察知した卓君明は賊を返り討ちにするが…。

詳細

第27話

216ポイント 購入する

第27話

216ポイント 2日間 45:11

瀋傲霜(しん・ごうそう)が編んだ烏蚕蚕糸の襟巻きが鉄海棠(てつ・かいとう)の命を救った。一方、辺鉄山(へん・てつざん)は鉄海棠を打ち倒すことも、その悪事を暴くこともかなわぬまま暗殺者として葬られ、彼を討ち取った鷹千里(よう・せんり)は、宇内十二令 副総令主の地位を授かることに。暗殺計画の影の首謀者であった鷹千里は、腹の内が読み切れない鉄海棠への警戒心から、唯一事件の真相を知る卓君明(たく・くんめい)の抹殺を急がせるのだった。命を受けた欧陽山(おうよう・ざん)は手下を引き連れて、卓君明の陶芸仲間である翠蓮(すいれん)のもとへ。彼女を脅しつけ、卓君明の居場所を聞き出そうとしていたところへ、当の本人が現れた。物陰に隠れ、襲いかかる隙をうかがう欧陽山たち。「逃げて」という翠蓮の叫びを聞き、危険を察知した卓君明は賊を返り討ちにするが…。

詳細

第28話

216ポイント 購入する

第28話

216ポイント 2日間 45:25

神算子(しんさんし)と小豆子(しょうとうし)は、まるで奴隷のようにこき使われていた五クウ松客棧の女将を助け出すことに成功した。鷹千里(よう・せんり)もよくこの酒楼に出入りしていると知った2人は、女将ひとりを先に行かせ、自分たちも朱佩瑤(しゅ・はいよう)と一緒に逃げ出そうと決める。鷹千里は手下の劉二拐(りゅう・じかい)と李快刀(り・かいとう)を通じて、紅水晶酒楼に集まる客から、江湖の情報を得ようとしているのではないか――朱佩瑤の部屋の中、"鉄拐快刀"がどうして五クウ松客棧を乗っ取ったのかを得意げに語って聞かせる神算子。しかし、その声は廊下で朱佩瑤の部屋の様子をうかがっていた当の2人の耳にも届いていた。逃げ出す間もなく、朱佩瑤たちはあえなく捕らわれの身に。一方、なんとか逃げおおせた女将は助けを求めようと卓君明(たく・くんめい)のもとへ…。

詳細

第29話

216ポイント 購入する

第29話

216ポイント 2日間 45:07

神算子(しんさんし)と小豆子(しょうとうし)は、まるで奴隷のようにこき使われていた五クウ松客棧の女将を助け出すことに成功した。鷹千里(よう・せんり)もよくこの酒楼に出入りしていると知った2人は、女将ひとりを先に行かせ、自分たちも朱佩瑤(しゅ・はいよう)と一緒に逃げ出そうと決める。鷹千里は手下の劉二拐(りゅう・じかい)と李快刀(り・かいとう)を通じて、紅水晶酒楼に集まる客から、江湖の情報を得ようとしているのではないか――朱佩瑤の部屋の中、"鉄拐快刀"がどうして五クウ松客棧を乗っ取ったのかを得意げに語って聞かせる神算子。しかし、その声は廊下で朱佩瑤の部屋の様子をうかがっていた当の2人の耳にも届いていた。逃げ出す間もなく、朱佩瑤たちはあえなく捕らわれの身に。一方、なんとか逃げおおせた女将は助けを求めようと卓君明(たく・くんめい)のもとへ…。

詳細

第30話

216ポイント 購入する

第30話

216ポイント 2日間 45:33

再会を喜ぶ寇英傑(こう・えいけつ)と鉄小薇(てつ・しょうび)。彼らが顔を合わせるのは、実に1年ぶりのことだった。しかし、言葉を交わすほどに、お互いの立場の違いは際立つばかり。寇英傑によって暴かれる、鉄海棠(てつ・かいとう)の野望と悪行――それが真実なのではないかと感じ始めた鉄小薇は、父を改心させて真相を公表するよう説得すべく、ひとり風雷堡へと取って返す。同じ頃、瀋傲霜(しん・ごうそう)は、寇英傑が繰り出した技とわずかに目にした魚龍百変図の記憶を手繰りながら、秘図を再現しようと苦心していた。風雷堡へと戻った鉄小薇も、義母に面会を求めるが療養中だと断わられてしまう。次いで父と対面した彼女は、様々な疑惑を問い質すが、狡知に長けた鉄海棠にかなうはずもなく、うまく丸め込まれてしまうのだった。そんななか、雪山派の扎西(さつせい)王子のもとに、風雷堡から使者が…。

詳細

第31話

216ポイント 購入する

第31話

216ポイント 2日間 45:33

再会を喜ぶ寇英傑(こう・えいけつ)と鉄小薇(てつ・しょうび)。彼らが顔を合わせるのは、実に1年ぶりのことだった。しかし、言葉を交わすほどに、お互いの立場の違いは際立つばかり。寇英傑によって暴かれる、鉄海棠(てつ・かいとう)の野望と悪行――それが真実なのではないかと感じ始めた鉄小薇は、父を改心させて真相を公表するよう説得すべく、ひとり風雷堡へと取って返す。同じ頃、瀋傲霜(しん・ごうそう)は、寇英傑が繰り出した技とわずかに目にした魚龍百変図の記憶を手繰りながら、秘図を再現しようと苦心していた。風雷堡へと戻った鉄小薇も、義母に面会を求めるが療養中だと断わられてしまう。次いで父と対面した彼女は、様々な疑惑を問い質すが、狡知に長けた鉄海棠にかなうはずもなく、うまく丸め込まれてしまうのだった。そんななか、雪山派の扎西(さつせい)王子のもとに、風雷堡から使者が…。

詳細

第32話

216ポイント 購入する

第32話

216ポイント 2日間 45:36

新たな総令主に就任することを宣言した鷹千里(よう・せんり)。その途端、鉄海棠(てつ・かいとう)の遺体を納めた棺が動き出したかと思うと、その棺を内側から破って伸びた腕が、がっしりと鷹千里の喉笛を掴んだ。棺の中から響く声は、郭白雲(かく・はくうん)を弾指飛針で殺したのは鷹千里だと告発、驚愕のあまり誰もが身動きもできないうちに彼の命を奪った。鉄海棠は生きていたのだ。以前にも増して配下の者たちの心を掌握した鉄海棠は、いよいよ寇英傑(こう・えいけつ)をおびき出す計画を実行に移すのだった。しばらくして、宇内十二令からの特使・鉄孟能(てつ・もうのう)が白馬山荘に現れた。彼が携えていたのは沢山の結納の品――寇英傑を鉄小薇(てつ・しょうび)の婿として迎えようというのだ。愛する鉄小薇と添い遂げるか、亡き師との誓いを貫いて郭彩綾(かく・さいりょう)を娶るか。寇英傑の下した決断は…。

詳細

第33話

216ポイント 購入する

第33話

216ポイント 2日間 45:17

新たな総令主に就任することを宣言した鷹千里(よう・せんり)。その途端、鉄海棠(てつ・かいとう)の遺体を納めた棺が動き出したかと思うと、その棺を内側から破って伸びた腕が、がっしりと鷹千里の喉笛を掴んだ。棺の中から響く声は、郭白雲(かく・はくうん)を弾指飛針で殺したのは鷹千里だと告発、驚愕のあまり誰もが身動きもできないうちに彼の命を奪った。鉄海棠は生きていたのだ。以前にも増して配下の者たちの心を掌握した鉄海棠は、いよいよ寇英傑(こう・えいけつ)をおびき出す計画を実行に移すのだった。しばらくして、宇内十二令からの特使・鉄孟能(てつ・もうのう)が白馬山荘に現れた。彼が携えていたのは沢山の結納の品――寇英傑を鉄小薇(てつ・しょうび)の婿として迎えようというのだ。愛する鉄小薇と添い遂げるか、亡き師との誓いを貫いて郭彩綾(かく・さいりょう)を娶るか。寇英傑の下した決断は…。

詳細

第34話

216ポイント 購入する

第34話

216ポイント 2日間 45:37

突如、風雷堡に現れた黒水仙(こくすいせん)。鉄海棠(てつ・かいとう)は、黒水仙を荊の鞭で打ち、力でねじ伏せて服従させようとする。重ねて、馬の目利きとして名高い周江(しゅう・こう)に、黒水仙の敵意を失わせる方法がないかを尋ねる鉄海棠。魚龍百変功の極意は人馬一体となること。奥義を完成させるには、どうしてもこの"神馬"を手なずける必要があるのだ。そんななか、こっそりと風雷堡を飛び出した鉄小薇(てつ・しょうび)は、瀋傲霜(しん・ごうそう)の墓前で、苦しい胸の内を吐露していた。そして、寇英傑(こう・えいけつ)の死を暗示する卦が出たことで悲嘆にくれた彼女は、清風(せいふう)庵主に出家したいと涙ながらに訴える。しかし、清風(せいふう)庵主は「俗世との縁が切れていない」と、彼女の願いを退けるのだった。絶望の淵で、鉄小薇は自ら死を選ぶことを決意し…。

詳細

第35話

216ポイント 購入する

第35話

216ポイント 2日間 45:47

突如、風雷堡に現れた黒水仙(こくすいせん)。鉄海棠(てつ・かいとう)は、黒水仙を荊の鞭で打ち、力でねじ伏せて服従させようとする。重ねて、馬の目利きとして名高い周江(しゅう・こう)に、黒水仙の敵意を失わせる方法がないかを尋ねる鉄海棠。魚龍百変功の極意は人馬一体となること。奥義を完成させるには、どうしてもこの"神馬"を手なずける必要があるのだ。そんななか、こっそりと風雷堡を飛び出した鉄小薇(てつ・しょうび)は、瀋傲霜(しん・ごうそう)の墓前で、苦しい胸の内を吐露していた。そして、寇英傑(こう・えいけつ)の死を暗示する卦が出たことで悲嘆にくれた彼女は、清風(せいふう)庵主に出家したいと涙ながらに訴える。しかし、清風(せいふう)庵主は「俗世との縁が切れていない」と、彼女の願いを退けるのだった。絶望の淵で、鉄小薇は自ら死を選ぶことを決意し…。

詳細

キャスト

製作年 2005年 製作国   中国

これもチェック

 神馬英傑伝を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001