ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

The Hit

日本初!ゲーム・フィッシング専門番組

第1052回 南港沖で釣れまくり!お手軽アジング!楠本直樹

108ポイント 購入する
新着

第1052回 南港沖で釣れまくり!お手軽アジング!楠本直樹

108ポイント 3日間 16:39

▽ 今週は、リポーターの和多田藍が、楠本直樹さんと松本猛司さんの3人で、大阪・南港沖でボートアジングを堪能する。
▽ ジグヘッドに1~1.5インチのワームを付け、落としてシャクってステイを繰り返す。
▽ 終わってみれば大爆釣のアジ祭り!34センチのデカアジには一同仰天!

詳細

2014年08月01日 配信開始

各話一覧

並び順

第1052回 南港沖で釣れまくり!お手軽アジング!楠本直樹

108ポイント 購入する

第1052回 南港沖で釣れまくり!お手軽アジング!楠本直樹

108ポイント 3日間 16:39

▽ 今週は、リポーターの和多田藍が、楠本直樹さんと松本猛司さんの3人で、大阪・南港沖でボートアジングを堪能する。
▽ ジグヘッドに1~1.5インチのワームを付け、落としてシャクってステイを繰り返す。
▽ 終わってみれば大爆釣のアジ祭り!34センチのデカアジには一同仰天!

詳細

第1051回 前歯出て集中?磯部公彦&清水盛三in青野ダム

108ポイント 購入する

第1051回 前歯出て集中?磯部公彦&清水盛三in青野ダム

108ポイント 3日間 16:37

▽ 今週は、番組メイン司会の磯部公彦が清水盛三プロと、兵庫・青野ダムを釣行する。
▽ 今季一番の冷え込みの中、2人が最終的に辿り着いたのは“ヘビキャロ”。超スローな釣りで、わずかなバイトに神経を集中させる。
▽ところで、集中したら前歯が出るの?

詳細

第1050回 スゴイぞ秋のおかっぱり!トップ連発!本堂靖尚

108ポイント 購入する

第1050回 スゴイぞ秋のおかっぱり!トップ連発!本堂靖尚

108ポイント 3日間 16:24

▽ 今週は、リポーターの阪口なつが本堂靖尚プロと、香川・府中湖を釣行する。
▽ この難しい時期にも関わらず、本堂プロはトップでビッグバスを連発。しかも陸っぱりからの釣果に一同ア然としてしまう。
▽ 秋は釣れるも釣れないも紙一重。まだまだトップは効くんです!

詳細

第1049回 自信満々!マジックアワーに秘策あり?清水盛三

108ポイント 購入する

第1049回 自信満々!マジックアワーに秘策あり?清水盛三

108ポイント 3日間 17:05

▽ 今週は、番組解説の福本文幸がアメリカから帰国した清水盛三プロと、兵庫県の東条湖でビッグバスを狙う。
▽ 「今日は秘策があります!」と断言していた盛三プロだが思いのほか大苦戦。過去にビッグバスを仕留めたエリアも不発に終わる。
▽ 果たして盛三プロの秘策とは一体何なのか?起死回生のビッグヒットに期待が膨らむ。

詳細

第1048回 秋イカ狙って人生の危機?風のバカッ!重見典宏

108ポイント 購入する

第1048回 秋イカ狙って人生の危機?風のバカッ!重見典宏

108ポイント 3日間 16:34

▽ 今週は、リポーターのAISAが重見典宏さんと、和歌山・湯浅の磯で秋のデカイカを狙う。
▽ AISAのキャスティングに成長の跡を見る重見さん。一方のAISAは、人生最大のピンチを迎え大騒ぎ。
▽期待した朝まづめを逃し、2人の珍釣行は長時間に及ぶことに。

詳細

第1047回 三重尾鷲の磯で簡単根魚フィッシング!松本猛司

108ポイント 購入する

第1047回 三重尾鷲の磯で簡単根魚フィッシング!松本猛司

108ポイント 3日間 16:43

▽ 今週は、リポーターの和多田藍が松本猛司さんと、三重・尾鷲の磯からアカハタをメインに根魚を狙う。
▽ テキサスリグとジグヘッドリグでリフト&フォールを繰り返すだけの意外と簡単な釣り。
▽ 初心者のアイが1投目からヒットし何だか爆釣の予感が。果たして何匹釣れることやら。

詳細

第1046回 狙いすまして秋バスヒット 上笹慎哉やってもうた

108ポイント 購入する

第1046回 狙いすまして秋バスヒット 上笹慎哉やってもうた

108ポイント 3日間 16:03

▽ 今週は、リポーターの阪口なつが上笹慎哉さんと、和歌山・合川ダムで秋バスを狙う。
▽ ボート屋さんの「将軍川がおすすめ」というアドバイスを聞かず、自分の信じたエリアを巡っていく上笹さん。
▽ しかも渾身のオチで周りを爆笑の渦に。でも狙いすましたヒットはお見事でした。

詳細

第1045回 大変でした!雨中のボート&陸っぱり!菊元俊文

108ポイント 購入する

第1045回 大変でした!雨中のボート&陸っぱり!菊元俊文

108ポイント 3日間 16:37

▽ 今週は、菊元俊文プロが高知・波介川(はげがわ)を雨でずぶ濡れになりながら釣行する。
▽ ボートでスタートしたものの、激しい雨で堰が開いて減水状態になってしまう。
▽ ボートが上げられなくなってはいけないと、急きょ陸っぱりに変更という予期せぬ事態。
▽ 大変だったけど頑張った菊元プロに拍手!

詳細

第1044回 超うれしい!燃えて70センチシーバス!小沼正弥

108ポイント 購入する

第1044回 超うれしい!燃えて70センチシーバス!小沼正弥

108ポイント 3日間 16:37

▽ 今週は、リポーターのAISAが小沼正弥さんと、福井・北潟湖(きたがたこ)と石川・大聖寺川(だいしょうじがわ)でシーバスを狙う。
▽ 早朝に期待していたポイントで思わぬ苦戦を強いられ、小沼さんの闘志に火が付いた。
▽ 経験・知識・知恵の全てを出し切り、「超嬉しい!」意地の70センチシーバスを釣り上げる。

詳細

第1043回 昼間でも連発&満喫!タチウオゲーム!楠本直樹

108ポイント 購入する

第1043回 昼間でも連発&満喫!タチウオゲーム!楠本直樹

108ポイント 3日間 16:21

▽ 今週は、リポーターの和多田藍が馬淵利治プロと、愛媛・金砂湖でビッグバスを狙う。
▽ 「知れば知るほど釣れなくなる」という馬淵プロと雨女疑惑が急浮上したアイ。
▽そんな2人が大雨&クリアウォーターの中、トップとディープで着実にヒットを重ねていく。

詳細

第1042回 悟りを開いてビッグバス! アイは雨女? 馬淵利治

108ポイント 購入する

第1042回 悟りを開いてビッグバス! アイは雨女? 馬淵利治

108ポイント 3日間 16:39

▽ 今週は、リポーターの和多田藍が馬淵利治プロと、愛媛・金砂湖でビッグバスを狙う。
▽ 「知れば知るほど釣れなくなる」という馬淵プロと雨女疑惑が急浮上したアイ。
▽そんな2人が大雨&クリアウォーターの中、トップとディープで着実にヒットを重ねていく。

詳細

第1041回 久々登場上笹慎哉! 池原ビッグバスを連発ヒット

108ポイント 購入する

第1041回 久々登場上笹慎哉! 池原ビッグバスを連発ヒット

108ポイント 3日間 16:22

▽ 今週は、リポーターの和多田藍が久しぶりの登場となる上笹慎哉さんと、奈良・池原ダムを釣行する。
▽ トップからボトムを探っていく中で、捕食エリアを発見。ボトムにネコリグを落とし、超スローに誘ってヒットを連発する。
▽上笹さん曰く「出来過ぎでしょ!」の巻。

詳細

第1040回 夏っぽいって楽しいなで自己記録更新!本堂靖尚

108ポイント 購入する

第1040回 夏っぽいって楽しいなで自己記録更新!本堂靖尚

108ポイント 3日間 16:31

▽ 今週は、リポーターのAISA(アイサ)が本堂靖尚プロと、高知・さめうら湖で夏のバスフィッシングを満喫する。
▽ 何をしても聞いても“楽しいお年頃”のアイサは、「夏っぽい」という本堂プロの言葉だけでウキウキワクワク。
▽ その気持ちが通じたのか、ヒット連発で自己記録更新のオマケ付き。アイサの動向から目が離せない!

詳細

第1039回 しゃく熱七川にデカバス奉納エエ感じ!菊元俊文

108ポイント 購入する

第1039回 しゃく熱七川にデカバス奉納エエ感じ!菊元俊文

108ポイント 3日間 16:51

▽ 今週は、菊元俊文プロが和歌山・七川ダムを単独釣行する。
▽ 28度以上あった水温が、古座川上流では22.5度に。ここから菊元プロは、サイトで本領を発揮する。
▽ エレキを止め、ボートを固定。プレッシャーを消して天才バスとの知恵比べ。あの手この手で暑さも吹き飛ぶビッグバスを連発する。

詳細

第1038回 数もサイズも大満足!伝説のアレ登場?前山智孝

108ポイント 購入する

第1038回 数もサイズも大満足!伝説のアレ登場?前山智孝

108ポイント 3日間 16:11

▽ 今週は、リポーターの阪口なつが前山智孝プロと、和歌山・合川ダムを釣行する。
▽ 「今釣れている!」という情報通り、ポイントごとに順調にヒットを連発。ノーシンカーを沈めて動かさないパターンで、夏のバスフィッシングを満喫する。
▽ 前山プロの“伝説のアレ”は、今回もさく裂するのか?

詳細

第1037回 夏の夕方はバズベイトで50センチUP!清水盛三

108ポイント 購入する

第1037回 夏の夕方はバズベイトで50センチUP!清水盛三

108ポイント 3日間 16:36

▽ 今週は、アメリカから一時帰国した清水盛三プロが、徳島・旧吉野川を単独釣行する。
▽ 前半は反応なく苦戦が予想されたが、後半は徐々に回復。特に「夏の夕方はバズベイト」と言う盛三プロの言葉通り、夕方からはビッグヒットを連発。
▽ 厳しかった旧吉で50センチUPを釣り上げる。

詳細

第1036回 若狭湾で根魚&マイカ! 食べて超美味!久保浩一

108ポイント 購入する

第1036回 若狭湾で根魚&マイカ! 食べて超美味!久保浩一

108ポイント 3日間 16:46

▽ 今週は、リポーターの和多田藍が久保浩一さんと、福井・若狭湾で根魚とマイカをダブルで狙う。
▽ まずは根魚から。ポイントに着くなりガシラ、アコウ、アオハタなどヒット連発。
▽ 日が暮れてからはエギングに変更。船に照明を入れるとマイカが面白いようにヒットする。
▽ 釣って楽しい、食べて美味しい若狭の根魚&マイカをご堪能あれ!

詳細

第1035回 デカバス連発で楽し過ぎ!前田も便乗?松本猛司

108ポイント 購入する

第1035回 デカバス連発で楽し過ぎ!前田も便乗?松本猛司

108ポイント 3日間 16:29

▽ 今週は、番組アシスタントの前田由紀子が松本猛司さんと、徳島県の正木ダムを釣行する。
▽ 台風前の減水状態だが、バスフィッシングのベストシーズン。ビッグベイト、ジグヘッドワッキー、中空ワームなど、様々なルアーでデカバスを連発。「楽し過ぎやでバス釣り」と松本さん。
▽一方、久々のバス釣りとなる前田もこれに便乗?して自己記録のビッグバスをヒットする。

詳細

第1034回 チャンスは一瞬!プロ技でビッグバス!馬淵利治

108ポイント 購入する

第1034回 チャンスは一瞬!プロ技でビッグバス!馬淵利治

108ポイント 3日間 16:21

▽ 今週は、リポーターのミシェル未来(みき)が馬淵利治プロと、高知・大渡ダムでビッグバスを狙う。
▽ ココ!という一瞬のチャンスを、プロの技術と集中力をもって、会心のヒットで仕留める馬淵プロ。加えてしゃべりも絶好調!
▽ 一方のミシェルは、遅すぎる今年の初バスをヒットし大喜びする。

詳細

第1033回 有言実行!出た淀川50センチオーバー!清水盛三

108ポイント 購入する

第1033回 有言実行!出た淀川50センチオーバー!清水盛三

108ポイント 3日間 16:33

▽ 今週は、アメリカから一時帰国した清水盛三プロが、大阪・淀川でデカバスを狙う。
▽ 「俺がアワセたら間違いなく大きい!」という盛三プロ。人が立ち入っていないであろうポイントをかぎ分け、公約通りのデカバスを見事にヒット。
▽アタリは少ないが釣れればデカイ!それが淀川の魅力。

詳細

第1032回 初エギングは珍道中? 出雲のデカイカ!重見典宏

108ポイント 購入する

第1032回 初エギングは珍道中? 出雲のデカイカ!重見典宏

108ポイント 3日間 16:46

▽ 今週は、リポーターのAISA(アイサ)が重見典宏さんと、島根・出雲の磯でアオリイカを狙う。
▽ 初エギングのアイサに、重見さんの容赦ないスパルタ指導とギャグ満載の珍釣行。潮の流れに苦戦するが、アイサにデカイカを釣らせた重見さんはさすが。
▽ 今後もこのコンビから目が離せない!

詳細

第1031回 津風呂湖カップ出場! 小バスで初検量?松本猛司

108ポイント 購入する

第1031回 津風呂湖カップ出場! 小バスで初検量?松本猛司

108ポイント 3日間 16:19

▽ 今週は、リポーターの阪口なつが松本猛司さんと、「津風呂湖カップ」に出場する。
▽ トーナメントシャツ着用の松本さんは気合十分。ナツも初ウェイイン目指して奮闘する。
▽ 参加者らがグッドコンディションのビッグバスを次々ウェイインする中、松本・ナツペアの結果は?

詳細

第1030回 雨と濁りとペアルック? 数釣りで勝負!大西健太

108ポイント 購入する

第1030回 雨と濁りとペアルック? 数釣りで勝負!大西健太

108ポイント 3日間 16:26

▽ 今週は、リポーターの阪口なつが大西健太プロと、奈良・風屋ダムを釣行する。
▽ トップでビッグバスを仕留めたい大西プロだが、数は釣れるがサイズが出ない。一方のナツは、数釣りを満喫し笑いが止まらない。
▽ 初心者や親子連れなどにもオススメの風屋ダムを要チェック!

詳細

第1029回 ア然 前山智孝流?長~いワームで50センチバス!

108ポイント 購入する

第1029回 ア然 前山智孝流?長~いワームで50センチバス!

108ポイント 3日間 15:43

▽ 今週は、リポーターの和多田藍が前山智孝プロと、和歌山・七川ダムを釣行する。
▽ ライトリグで数釣りを満喫するアイに対し、前山プロは、前代未聞?の自作20インチの長~いワームで一発勝負に。
▽ こんな釣り方見た事無いけど、50センチのビッグバスを見事にヒット!周囲をア然とさせる。

詳細

第1028回 トップ連発!松本猛司&新人アイサ奇跡の初バス

108ポイント 購入する

第1028回 トップ連発!松本猛司&新人アイサ奇跡の初バス

108ポイント 3日間 16:33

▽ 今週は、2回目のリポートとなる新人アイサが松本猛司さんと、奈良県の布目ダムを釣行する。
▽ 松本さんは表層でビッグバスを連発しバスフィッシング最高のシーズンを満喫する。
▽ 一方アイサは、新人らしからぬサイドキャストの腕前を披露、釣った感ゼロではあるが、何とか初バスを釣り上げる。

詳細

第1027回 厳しい中出た!2キロオーバーデカイカ!吉崎俊

108ポイント 購入する

第1027回 厳しい中出た!2キロオーバーデカイカ!吉崎俊

108ポイント 3日間 16:45

▽ 今週はリポーターの阪口なつが吉崎俊さんと、和歌山・田辺湾で大型のアオリイカ1本勝負に挑む。
▽ 4号ディープタイプのエギを使用。底をとり、大きくシャクってきっちり止める。秋イカ程甘くはない春イカだけに、出ればデカイが出なけりゃボウズ。そのロマンがたまらない!

詳細

第1026回 会心のデカバス連発どないでおますか?菊元俊文

108ポイント 購入する

第1026回 会心のデカバス連発どないでおますか?菊元俊文

108ポイント 3日間 15:16

▽ 今週は菊元俊文プロ和歌山・合川ダム釣行の後編をお送りする。
▽ 先週放送した55センチのビッグバスをヒットしてからしばらく沈黙があるものの、水温が15度代まで上昇し水位が安定すると、トップで会心のヒットを連発。これぞ菊元スタイルの魅せるバスフィッシング"をとくとご覧あれ!

詳細

第1025回 急に来た!超ビッグ55センチおったな!菊元俊文

108ポイント 購入する

第1025回 急に来た!超ビッグ55センチおったな!菊元俊文

108ポイント 3日間 14:49

▽ 今週は、菊元俊文プロが和歌山・合川ダムを単独釣行し、スポーニング絡みの捕食系バスを狙う。
▽ 合川ダムは、2日前の豪雨で水位が急上昇。濁りに加え減水傾向というダメな状態の中、急に飛び出してきたビッグバスをヒットする。55センチのサイズに菊元プロの高笑いが止まらない。

詳細

第1024回 期待の新人リポーター初バスに感激!長谷川耕司

108ポイント 購入する

第1024回 期待の新人リポーター初バスに感激!長谷川耕司

108ポイント 3日間 16:27

▽ 今週は、新人リポーターのAISA(アイサ)が長谷川耕司プロと、徳島県の旧吉野川を釣行する。
▽ 19歳で釣り経験はゲームだけというアイサ。しかし初めてにしては見事なキャスティングを披露し、長谷川プロを驚かせる。
▽ 産卵期に入った旧吉は、雨でニゴリが入っている。この良くない状態"の中、長谷川プロはアイサに初めてのブラックバスを見せることはできるのか・・・

詳細

第1023回 ナーバスなタイミングはスローに誘え!本堂靖尚

108ポイント 購入する

第1023回 ナーバスなタイミングはスローに誘え!本堂靖尚

108ポイント 3日間 16:24

▽ 今週は、リポーターの和多田藍が本堂靖尚プロと、高知県のさめうら湖を釣行する。取材したのは4月中旬。産卵を前に魚がナーバスになっていることが予想される。
▽ それを考慮して、ノーシンカーリグ、テキサスリグ、ダウンショットリグのそれぞれで、少し沈めてゆっくり巻く動作を繰り返す。
▽その結果、ブリブリのグッドコンディションを連発する本堂プロとアイ。ナーバスな時期はスローな釣りで春のバスフィッシングを満喫する。

詳細

第1022回 雨が止んで状況変化! スローで喰わせ!小林知寛

108ポイント 購入する

第1022回 雨が止んで状況変化! スローで喰わせ!小林知寛

108ポイント 3日間 16:41

▽ 今週はリポーターのミシェル未来(みき)が小林知寛プロと、七色ダムを釣行する。取材時の4月中旬、七色のバスはスポーニング直前。この日は雨でローライトのため、トップウォーターで表層に浮いているバスを探る。
▽ しかし、恵の雨のはずが苦戦を強いられる。見えバスの数が圧倒的に少なく、雰囲気的にヤバイと察知する小林プロ。午前中は無反応のまま終わる。
▽ 午後になり雨が止むと、ビッグバスのチェイスなどこれまでとは違う動きを感じ始める。「七色らしくなってきた!」とテンションが上がる小林プロ。この後、技ありの1本を見せてくれる。

詳細

第1021回 スイムベイト攻めで滝ツボの主53cm!松本猛司

108ポイント 購入する

第1021回 スイムベイト攻めで滝ツボの主53cm!松本猛司

108ポイント 3日間 16:40

▽ 今週はリポーターの阪口なつが松本猛司さんと、高知県の大渡ダムを釣行する。爆釣を予感させる春の雨の中、スイムベイト1本攻めを誓ってスタートする。
▽ 水温は前日より低下していると思われるが、13度前後あるので問題はないと松本さん。その通り、スタート後間もなくビッグバスを2匹連発する。
▽ その後も春のビッグバスを順調にヒットし、滝ツボでは53センチを釣り上げる。こんなチャンスは滅多にないと、ナツも期待に胸を膨らませるのだが、なかなか思うように仕留めることができない。

詳細

第1020回 開始30分で50センチUPのワナに反省?菊元俊文

108ポイント 購入する

第1020回 開始30分で50センチUPのワナに反省?菊元俊文

108ポイント 3日間 16:42

▽ 今週は菊元俊文プロが、山口県宇部市にある小野湖まで遠征し、解禁日(4月1日)のビッグバスを狙う。
▽ 湖はフル満水状態で水温は14度を超えている。出来ることなら浅いレンジでやりたい菊元プロは、ショアラインを撃ちながらシャローかディープを探っていく。
▽ クランクベイト、ウェイクベイト、ノーリーダーダウンショットリグ、スピナーベイトをテンポ良く投入し再びクランクベイトに変更したその時、ビッグバスがヒットする。
▽ 何と菊元プロは、スタート30分で見事な50センチアップを仕留めた。早々のビッグバスヒットに、この後の釣果に期待が膨らむのだが・・・そこには甘いワナが仕掛けられていた。

詳細

第1019回 特大から超特大まで根魚ジギング満喫!久保浩一

108ポイント 購入する

第1019回 特大から超特大まで根魚ジギング満喫!久保浩一

108ポイント 3日間 16:37

▽ 今週はリポーターの阪口なつが久保浩一さんと、福井・小浜から出船し、ジギングで根魚を狙う。
▽ 到着したポイントは、出船から1時間以上かかった沖合。久保さんは、4オンスのロッドに、ラインはPE2号、リーダーはフロロ7号を使用。180グラムのメタルジグを底まで落とし、底をキープしたまま浮かして落とすを繰り返す。
▽ スタート直後は、久保さんがポツポツヒットする程度だったが、その後はラッシュに突入。型の良いウッカリカサゴが次々ヒットする。ナツが特大をヒットすれば、久保さんは驚きの超!特大をヒット。大満足の釣行となる。

詳細

第1018回 追った黒い影…春のビッグバスヒット!前山智孝

108ポイント 購入する

第1018回 追った黒い影…春のビッグバスヒット!前山智孝

108ポイント 3日間 16:06

▽ 今週はリポーターの和多田藍が前山智孝プロと、和歌山県の七川ダムで春のビッグバスを狙う。
▽ 朝の時点で水温は12度。この日の予報では気温20度になるという。しかし気がかりなのは、この3~4日で水位が3~4メートル減水していること。スピードを付けてルアーを落とし、浮いているバスのリアクションで喰わすイメージ"で、前山プロはラバージグ、アイはテキサスリグでスタートする。
▽ 水深6メートルまでに喰わせたい前山プロだが、1匹目のヒットは水深10メートル付近。「3日前の下見の時とは様子が違う」と嫌な予感がする前山プロ。
▽ そしてその感通り、何をやっても反応がない状況に陥ってしまう。急激な気温の上昇に、バスがついてきていないのか・・・バスを求めポイントを転々とすることに。
▽ 本流の上流に移動すると、バスらしき黒い影のかたまりを発見する。この黒い影を追う前山プロ。果たしてこの中にビッグバスはいるのか・・・

詳細

第1017回 プリーズあと1匹!でデカバスヒット!松本猛司

108ポイント 購入する

第1017回 プリーズあと1匹!でデカバスヒット!松本猛司

108ポイント 3日間 16:41

▽ 今週はリポーターのミシェル未来が松本猛司さんと、和歌山県の合川ダムで春のビッグバスを狙う。前日は、水温10度あった合川ダムだが、この日は外気温-1度で冬に逆戻りしたかのような寒さ。水温も9.1度に下がっている。
▽ 松本さんはスイムベイト、ミシェルはペラ付きのソフトベイトでスタート。まずは前の川で松本さんが1匹目のグッドサイズをヒットする。これでテンションが上がってきた2人。
▽ しかし、その後は迷走してしまう。「これまでの合川ダムで最も危険な予感がする」と松本さん。ミシェルの「プリーズ ジャスト ワンフィッシュ(あと1匹でいいからきて)」の声がこだまする。
▽ すると!その思いが届いたのか、松本さんが見事なビッグバスを披露してくれる。

詳細

第1014回 日の岬沖スミイカ! 酢味噌は誰の味噌?久保浩一

108ポイント 購入する

第1014回 日の岬沖スミイカ! 酢味噌は誰の味噌?久保浩一

108ポイント 3日間 16:39

▽ 今週はリポーターの阪口なつが久保浩一さんと、和歌山の日の岬沖でスミイカ(コウイカ)とモンゴウイカをエギングで狙う。
▽ スミイカが好むという派手なカラーのエギに2オンスのタングステンシンカーを2個付け、真下に底まで沈めて引きずりながら、アタリがきたら合わせるだけ。釣り方としてはとてもシンプル。
▽ 釣って簡単、食べて美味しい、今がベストシーズンのスミイカ(コウイカ)釣り。この日の食卓はイカづくしで決まり!

詳細

第1013回 大阪湾のメバル&ガシラ大爆釣で竿頭?楠本直樹

108ポイント 購入する

第1013回 大阪湾のメバル&ガシラ大爆釣で竿頭?楠本直樹

108ポイント 3日間 16:46

▽ 今週はリポーターの和多田藍が楠本直樹さん松本猛司さんの二人と、大阪湾でメバルとガシラを狙う。夕まづめの時間帯からスタート。ジグヘッドリグを使ったライトタックルで表層からボトムまでを探っていく。
▽ 繊細さが要求されることから、楠本さんは0.6~5gまでのジグヘッドを準備し、メインのラインはPE0.3号を使用。テトラに落としてカーブフォール&トゥイッチを繰り返す。
▽ 四国を本拠地とする楠本さんにとって完全アウェイのフィールドだが、そんな心配は全く無用。果たして何匹釣れたのか?3人の楽しい爆釣祭りが幕を開ける。

詳細

第1012回 真冬陸っぱりで初めて尽くし? 来て~!本堂靖尚

108ポイント 購入する

第1012回 真冬陸っぱりで初めて尽くし? 来て~!本堂靖尚

108ポイント 3日間 16:48

▽ 今週は、リポーターのミシェル未来(みき)が本堂靖尚プロと、香川県の木こく池と府中湖で陸っぱりを初体験する。
▽ まずは木こく池で、ダウンショットリグでニジマスを狙うことに。水質がキレイな木こく池では、冬にニジマスが放流され、キャッチ&リリースを条件に釣りが楽しめる。本堂さんがヒットしたニジマスを初めて見たミシェルは、その美しさに感慨深げな様子。
▽ 午後からは場所を府中湖に移し、シャッドでシャローのデカバスを狙うことにする。今年初ヒットを目指し気合十分なミシェルと、何とか釣らせてあげようとする本堂プロ。果たしてその思いは届いたのか・・・

詳細

第1011回 最新釣具が目白押し! 超お宝プレゼントもGet

108ポイント 購入する

第1011回 最新釣具が目白押し! 超お宝プレゼントもGet

108ポイント 3日間 14:42

▽ 今週は、2月7日(土)・8日(日)にインテックス大阪で開催された年に一度の釣具の祭典「フィッシングショーOSAKA2015」の模様をお送りする。
▽ ナツとミシェルの2人が各ブースを回り、最新のルアーやロッドを紹介。また菊元俊文、今江克隆といったトッププロが登場し、今年のお勧め最新釣具を紹介してくれる。視聴者の皆さんには、プロ自らが厳選した超お宝釣り具をドド~ンとプレゼント。お楽しみに!

詳細

第1010回 海のトップゲーム誘い出しでメジロ! 佐野ヒロム

108ポイント 購入する

第1010回 海のトップゲーム誘い出しでメジロ! 佐野ヒロム

108ポイント 3日間 16:44

▽ 今週は、リポーターの阪口なつが、実釣では番組初出演になる佐野ヒロムさんと、和歌山県の田辺沖を釣行する。
▽ 海のトップウオーターゲーム"誘い出し"で狙うのはメジロ。雪が舞い、海にはウネリが入っている中スタートする。
▽ ベイトサイズが20センチということで、10~20センチのトップウオーターを使用。通常トリプルフックだがシングルフックをツインにして号数を上げるのも良い。リーダーは、キャスティングに向いているナイロン製を使うのがオススメ。
▽ 釣り方は、キャストしてから引いてスラッグを取るを繰り返す。さあ、真冬の海でメジロはヒットするのか。

詳細

第1009回 世界一目指していざ出陣! 清水盛三が秘策を熱弁

108ポイント 購入する

第1009回 世界一目指していざ出陣! 清水盛三が秘策を熱弁

108ポイント 3日間 09:31

▽ 今週は、清水盛三プロをゲストにお迎えし、2月にアメリカで開催されるバスマスタークラシック出場に向けての思いを語ってもらう。
▽ バスマスタークラシックと言えば、バスアングラーが夢にまで見る世界最高峰の大会。盛三プロは、2011年(結果23位)、2013年(結果15位)に続き今回で3回目の出場になる。
▽ 既に、会場となるサウスキャロライナ州レイク・ハートウェルで事前練習も行っている盛三プロ。その時の手応えや、過去2回の出場から学んだことなどを踏まえ、秘策はあるのか?
▽ 番組では大会の模様を取材し3月に放送予定。お楽しみに!

詳細

第1008回 冬バス攻略も修業が足りん 馬淵利治が弱音発言?

108ポイント 購入する

第1008回 冬バス攻略も修業が足りん 馬淵利治が弱音発言?

108ポイント 3日間 16:12

▽ 今週は、リポーターの和多田藍が馬淵利治プロと、高知県のさめうら湖を釣行する。冬の釣りが一番好きだという馬淵プロ。気温1度という極寒の中、馬淵プロはビッグベイト、アイはシャッドでスタートする。
▽ 冬の釣りは、数少ないチャンスを生かすため、特にアプローチの仕方を慎重に考える。馬淵プロは、スローに、そしてより丁寧に攻めていく。
▽ ラバージグ、メタルバイブレーションと変更するが反応はイマイチ。一方のアイは、ダウンショットに変更する。すると、1匹目2匹目と立て続けにヒットする。これには馬淵プロも唖然。
午後になり以前アタリのない馬淵プロ。遂には「手も足も出ません」の弱気発言まで飛び出してしまう。ビッグマウス馬淵、果たしてこのまま終わってしまうのか?

詳細

第1007回 デカバスは冬でもシャロー JBチャンプ小林知寛

108ポイント 購入する

第1007回 デカバスは冬でもシャロー JBチャンプ小林知寛

108ポイント 3日間 16:25

▽ 今週は、リポーターの阪口なつが、去年のJBチャンプ小林知寛プロと、岡山県の柳井原貯水池を釣行する。冬でも残っているウィードを中心に、小林プロはクランクベイト、ナツはメタルバイブレーションでチェックしていく。
▽ 水温は10.3度。真冬の冷たい雨が降っている。魚探でミドルレンジを探ってみるが魚の反応はない。ディープに魚が移動しているという判断から、3/8ozのラバージグでディープ狙いに切り換える。
▽ すると小林プロが35センチ程度のバスを連発。ワームのボリュームを上げてサイズアップを狙うと、グッドサイズを見事にヒットする。真冬の貴重なアタリを逃さず仕留めていく小林プロ。この後更なるサイズアップを図るのだが・・・

詳細

第1006回 新年早々の洗礼か? 極寒冷雨で幕開け!菊元俊文

108ポイント 購入する

第1006回 新年早々の洗礼か? 極寒冷雨で幕開け!菊元俊文

108ポイント 3日間 15:18

▽ 2015年最初は、菊元俊文プロが山口県の宇部丸山ダムに遠征する。気温5度に加え冷たい雨が降りしきる中、貴重な1匹を目標にスタートする。
▽ 気温は寒いが水温は14.5度と意外に温かい。何の情報も持たずに来た菊元プロは、午前中に攻め方の方向性だけでも決めようと、クランクベイト、メタルバイブレーション、ジャークベイト、スピンナーベイトと色んなルアーを試してみる。
▽ すると案外早い段階で1匹目をジャークベイトでヒットする。40UPのグッドサイズ。このヒットで心が温まったと菊元プロ。ここからサイズアップを目指したいところだが、厳しい現実と直面することになる。

詳細

第1005回 見せます!2014年の名場面 デカバス連発に絶句!

108ポイント 購入する

第1005回 見せます!2014年の名場面 デカバス連発に絶句!

108ポイント 3日間 14:32

▽ 今週は、磯部・福本・前田の3名とリポーター4名の全員が集合して、2014年の名場面をお送りする。今年もバスフィッシングをメインに、シーバスやイカ、青物、ガシラなどソルト系まで、ルアーフィッシングの魅力を発信してきた当番組。その中から選りすぐりの映像を凝縮し今年1年を振り返る。

詳細

第1004回 冬の定番メタルバイブ! 岩盤で前山智孝一発狙い

108ポイント 購入する

第1004回 冬の定番メタルバイブ! 岩盤で前山智孝一発狙い

108ポイント 3日間 16:35

▽ 今週は、リポーターの和多田藍が、先月の2014ジャパンスーパークラシック(11/1・2 河口湖)で優勝した前山智孝プロと、和歌山県の合川ダムを釣行する。
▽ 前日の雨で水位が上昇しニゴリが入っている合川ダム。まずは前の川のシャローをクランクで流していく。将軍川に移動するとニゴリは無くなっている。同じくクランクでシャローを見るが反応はない。
▽ ここで冬の定番メタルバイブレーションにチェンジする。ボトムまで落とし、大きく2~3回しゃくって再び落とす。すると1投目でアイが35センチ程のバスをヒット。小バスながら2匹目もヒットする。一方の前山プロは、ウグイに悩まされながら思うような反応が得られない様子。
▽ 果たして前山プロは、優勝した勢いを番組でも見せつけてくれるのか。

詳細

第1003回 年に一度の珍釣行? 中空ルアーさく裂!深江真一

108ポイント 購入する

第1003回 年に一度の珍釣行? 中空ルアーさく裂!深江真一

108ポイント 3日間 15:14

▽ 今週は、年に一度の恒例となっている珍?釣行、松本猛司さんと深江真一プロが愛媛・野村ダムでビッグバスを狙う。この時期はパターンが成立しにくいため、要所ごとにパターンを変えながら進めていく。
▽ まずは、テールでアピールできる中空ルアーで、トップからスタートする。ポイントをランガンしながら、深江プロが小バスをヒットする。
▽ 魚探の反応から、今度は水深5.4メートル付近を狙ってディープの釣りに変更。相反する釣り方に戸惑いながらも、2人とも小バスをヒットする。
下流に移動後は、中空ルアーが威力を発揮する。この時期にも関わらずトップで連発。深江プロも驚きの結果となる。

詳細

第1002回 有言実行でごっついバス! これぞ淀川!清水盛三

108ポイント 購入する

第1002回 有言実行でごっついバス! これぞ淀川!清水盛三

108ポイント 3日間 15:04

▽ 今週は、清水盛三プロが大阪・淀川でビッグバスを狙う。淀川は、バリエーションに富んだフィールド。盛三プロも、リバーフィッシングの全てが詰まっているので好きだと言う。まずは、鳥飼大橋を超えたあたりからスタートする。
▽ 水温は16度。クランクベイト、ラバージグ、リップレスクランク、スピナーベイト、テキサスリグ、スイミングジグと、テンポ良く切り替えながらキャストしていく。しかしまだアタリはない。
「今日は、合わせたら50オーバーやと思って下さい」と言う盛三プロ。その言葉を胸に、午後には枚方あたりまで上流に移動する。するとその言葉通り、これぞ淀川バスというビッグバスを連発し、盛三プロの高笑いが淀川にこだまする。

詳細

第1001回 祝!1000回放送記念 バスフィッシング大会開催!

108ポイント 購入する

第1001回 祝!1000回放送記念 バスフィッシング大会開催!

108ポイント 3日間 14:59

▽ 今週は、津風呂湖(奈良県・吉野町)で開催された、「The Hit1000回放送記念バスフィッシング大会」の模様をお送りする。番組が主催する初めてのバスフィッシング大会に、ペア230組460名の応募数。その中から抽選で選ばれたペア60組120名が参加した。
▽ 順位は、ペアで2匹の総重量で決まる。番組出演者もペアを組んで大会に参加。当日は好天に恵まれ、参加者らは出演者との楽しい時間を共有した。そして大会は、意外な結果に・・・・

詳細

第1000回 祝!1000回放送! 見せます名珍場面19年の軌跡!

108ポイント 購入する

第1000回 祝!1000回放送! 見せます名珍場面19年の軌跡!

108ポイント 3日間 12:04

▽ 今週は、番組放送1000回を記念して、過去19年間の映像の中から、出演者が選ぶ名珍場面集をお送りする。1995年10月4日、日本初のゲームフィッシング専門番組としてスタートした「The Hit」。常にトッププロの高度なテクニックや戦術を送り続け、バスフィッシング業界と共に歩んできた。
▽ スタジオには、番組スタート当初から出演している菊元プロと清水プロをゲストにお招きし、昔懐かしい映像と共に楽しいトークを展開。今江プロからは、お祝いのメッセージVTRが届く。スタート当初からリポーターを務めている福本沙紀のビッグヒットも必見!またスタジオセットも一新し、心機一転で1000回放送を祝う。

詳細

第999回 ダート釣法でシーバス連発 キビレ好調!楠本直樹

108ポイント 購入する

第999回 ダート釣法でシーバス連発 キビレ好調!楠本直樹

108ポイント 3日間 16:26

▽ 今週は、リポーターの阪口なつが楠本直樹さんと、徳島県の吉野川でリバーシーバスを狙う。特に今年は、動く魚が多くてポイントが絞りにくいため、橋脚周りを丁寧に探りながら、尚且つテンポ良くランガンで攻めていく。
▽ 釣り方は、ワームをジグヘッドに取り付け、しゃくりながら動かすダート釣法。スタートして間もなく、順調にバイトを繰り返す楠本さんに対して、ダート釣法初体験のナツは、フグの猛攻で苦戦する。
▽ シーバス以外にキビレも好調という吉野川。果たして釣果はどうだったのか。

詳細

第998回 得意フロッグでビッグバス 超サイコー!内山幸也

108ポイント 購入する

第998回 得意フロッグでビッグバス 超サイコー!内山幸也

108ポイント 3日間 16:30

▽ 今週は、リポーターの和多田藍が番組初登場の内山幸也プロと、徳島県の旧吉野川を釣行する。普段は琵琶湖での活動が中心の内山プロ。得意とするのは、クランクベイトやフロッグでのパワーフィッシング。まずは大型のクランクベイトで、アイは小さめのシャッドでスタートする。
▽ 様子を伺いながら、内山プロはフロッグに変更。フロッグは夏のイメージだが、4月中旬から10月末、天候によっては11月10日頃まで使えると内山プロ。
▽ その言葉通り、落ちパクでこの日1匹目をヒットする。続いてアイが、内山カラーのクランクベイトで、同じく落ちパクでヒットする。
勢いにのってきた内山プロは、ビッグサイズのフロッグに変更し、自信大満足のヒットを見せてくれる。

詳細

第997回 頼まいねで50センチUP2キロ超え!本堂靖尚

108ポイント 購入する

第997回 頼まいねで50センチUP2キロ超え!本堂靖尚

108ポイント 3日間 16:45

▽ 今週は、リポーターの和多田藍が本堂靖尚プロと、愛媛県の玉川ダムを釣行する。魚はシャローからディープまで散った状態だと本堂プロ。加えて少し前の台風で水に濁りが入っている。
▽ 本堂プロは、プロトのジグで、アイはダウンショットでスタートする。水温は18度で、この時期としては平均的な水温。カラーチェンジしながら、真冬のようなスローな釣りでバスに近寄っていく。
▽ 後半は、テキサスリグでカバー撃ちに変更する。シャローのフローティングカバーで2キロのビッグバスを狙う本堂プロ。アイも本堂プロから指導を受け、初カバー撃ちに挑戦。そしてこれが現実となる!!

詳細

第996回 七色ダム巻き攻め清水盛三 フッキングの磯部です

108ポイント 購入する

第996回 七色ダム巻き攻め清水盛三 フッキングの磯部です

108ポイント 3日間 16:45

▽ 今週は、番組メイン司会の磯部公彦が、アメリカから帰国した清水盛三プロと、奈良県の七色ダムでビッグバスを狙う。七色ダムは、盛三プロが子供のころ腕を磨いた懐かしのフィールド。約20年ぶりの釣行となる。
▽ どんどん巻いて要所はジグ撃ちという考えの元、台風後でニゴリのある七色ダムを盛三プロはスイミングジグ、磯部はスピナーベイトで攻めていく。
途中、磯部の迷ガイド(迷える案内)があるものの、テンポ良く巻き物を投入する盛三プロ。連携プレーで見事なフッキングを決める磯部。2人の珍道中やいかに。

詳細

第995回 秋のライトソルトゲーム! 興奮&大漁!久保浩一

108ポイント 購入する

第995回 秋のライトソルトゲーム! 興奮&大漁!久保浩一

108ポイント 3日間 16:39

▽ 今週は、番組解説の福本文幸が久保浩一さんと、大阪から神戸沖にかけてのエリアで秋のライトソルトゲームを満喫する。
▽ 午前2時、夢洲沖でガシラ狙いからスタート。ジグヘッドリグで底をコツコツ探っていく。特に福本は、冬のガシラとは違う強い引きに驚きを隠せない様子。神戸のポートアイランド沖に移動後も順調にヒットを重ねていく。
夜が明け、次は神戸・須磨沖でアジを狙うことに。ここでも福本の驚きは続く。30センチ近い大きなアジの引きに大興奮。釣りおじさん2人旅は、大興奮&大満足の結果となる。

詳細

第994回 久々登場で合川ダムの洗礼 状況激変に…大西健太

108ポイント 購入する

第994回 久々登場で合川ダムの洗礼 状況激変に…大西健太

108ポイント 3日間 16:41

▽ 今週はリポーターの阪口なつが、番組に久々の登場となる大西健太プロと、和歌山県の合川ダムを釣行する。ここ数年は琵琶湖のみに関わってきた大西プロにとって、手探り状態でのスタートとなる。
▽ まずは将軍川から、表層系ルアーで様子を見ていくが反応はイマイチ。前の川に移動するが、前日に通過した台風の影響で水が激濁り状態に。しかし、ここでナツがネコリグでヒットする。一方大西プロは、ヒットするがバラシてしまう。
▽ そして昼休憩を境に、午前とは状況が激変してしまう。気温、雨、濁り、水温、水位と、あらゆる状況に悩まされた大西プロ。合川ダムの洗礼に潰されてしまうのか?それともビッグバスを見せてくれるのか?

詳細

第993回 入門に最適秋イカエギング お土産たっぷり吉崎俊

108ポイント 購入する

第993回 入門に最適秋イカエギング お土産たっぷり吉崎俊

108ポイント 3日間 16:43

▽ 今週は番組アシスタントの前田由紀子が吉崎俊さんと、和歌山県の田辺湾で秋イカエギングを満喫する。使用するエギは、前田が3号、吉崎さんが3.5号。
▽ キャストして30秒程フォールさせてから、3回ほどしゃくり、ラインを張った状態で止めておくとヒットするという。春イカは大きくしゃくるが、秋イカは細かくしゃくること。
▽ すると、スタート早々吉崎さんよりも先に前田がヒットする。まさかのファーストヒットに前田のテンションも上がる。
秋イカエギングの数釣りの幕開け。最後には吉崎さんが4号のエギでヒットし、前田も大満足のお土産たっぷりの釣行となる。

詳細

第992回 ゼンマイでテンションUP 松本猛司のルアー愛!

108ポイント 購入する

第992回 ゼンマイでテンションUP 松本猛司のルアー愛!

108ポイント 3日間 16:08

▽ 今週はリポーターの和多田藍が松本猛司さんと、徳島県の正木ダムを釣行する。まずは最下流からハドルテールのきくギル型のスイムベイトでスタートする。水温は23度、気候も良く最高の釣り日和。
▽ BWに移動し落ちアユを狙って集まってくるバスをチェックする。しかしチェイスとバイトを何度か繰り返すが喰わない。見えバスに誘いをかけても喰わない。
▽ スイムベイトでの釣り方が合っていないと判断した松本さんは、ペラ付きのジグヘッドに変更。するといきなりヒットする。これでパターンを見つけた2人は、岩盤沿いにペラ付きジグヘッドをフォールさせる釣り方でヒットを連発する。
▽ 後半松本さんは、パターンを無視した釣り方に挑戦する。それは"ゼンマイルアー"。その実力は一体どうなのか・・・

詳細

第991回 激濁りでピンチ!馬淵利治 スイッチオン!で一撃

108ポイント 購入する

第991回 激濁りでピンチ!馬淵利治 スイッチオン!で一撃

108ポイント 3日間 16:24

▽ 今週はリポーターの阪口なつが馬淵利治プロと、激濁りの徳島・旧吉野川を釣行する。スタートは中流域から、馬淵プロはクローラーベイト、ナツはトップウオーターを使う。▽ 濁り時の基本は、濁っていないエリアを探すこと。わずかなインレットのクリアなエリアにもバスが集まっている可能性が高い。合わせて、フロッグやテキサスリグでカバーもチェックしていく。▽ さらに上流へ移動し、クリアな水の流れ込みで様子を見るが反応はない。ここで馬淵プロは、本当にヤバイと思った時に使う一番得意なネコリグを投入することに。ここから状況が動き出す。トップトーナメンターの切り替えと集中力は流石の一言に尽きる。

詳細

第990回 須磨垂水沖ジギングでタチウオ&青物! 久保浩一

108ポイント 購入する

第990回 須磨垂水沖ジギングでタチウオ&青物! 久保浩一

108ポイント 3日間 16:46

▽ 今週はリポーターの阪口なつが久保浩一さんと、神戸の須磨垂水沖でタチウオをメインにジギングで狙う。まずはタチウオのポイント須磨沖からスタート。久保さんは180グラム、ナツは130グラムのメタルジグを使う。▽ 朝イチは大きいジグを使って目立たせるため、180グラムのジグを使う久保さん。底から20回巻きあたりで1匹目のタチウオをヒットする。順調に釣果を得た後は、垂水沖に移動し青物を狙う。▽ 釣って楽しい、食べて美味しいタチウオと青物ジギング。お土産いっぱいの釣行となる。

詳細

第989回 難敵天才君vs 菊元俊文! 放置でヒット七川ダム

108ポイント 購入する

第989回 難敵天才君vs 菊元俊文! 放置でヒット七川ダム

108ポイント 3日間 16:10

▽ 今週は菊元俊文プロが、秋の気配漂う和歌山県の七川ダムを単独釣行する。バイトが見えるような釣りをしたい菊元プロは、添野川からトップでスタート。早々にバイトを連発したため、今日は面白い釣りが出来そうと思ったのも束の間だった。▽ その後、添野川最上流、平井川と移動するがバスの気配はない。本流の古座川でも小バスの姿しか見えない。苦戦を予想した菊元プロは、考えを切り替えてダウンショットを投入する。しかしヒットするのは小バスのみ。空中に飛んでいるルアーを見切り、逃げられてしまう始末。天才バスvs菊元プロの真剣勝負が始まった。苦節12時間の末、結果は・・・

詳細

第988回 初の柳井原でウィード&シェード撃ち! 前山智孝

108ポイント 購入する

第988回 初の柳井原でウィード&シェード撃ち! 前山智孝

108ポイント 3日間 16:47

▽ 今週はリポーターの和多田藍が前山智孝プロと、岡山県の柳井原貯水池を釣行する。前山プロにとっては初めて訪れた柳井原。トップウオーターでスタートする。▽ 水温は29.4度と高め。水温が25度を超えるとバスは縦の動き、落ちてくる物に反応すると前山プロ。テキサスリグに変更する。▽ 見えバスは小さいサイズばかり。シンカーを14グラムから5グラムに落とすことにする。これをきっかけに、30センチに満たない小バスラッシュに見舞われる。ヘビーカバーの最奥でもシェードでも、同じサイズばかりヒットする2人。数は出た!後はサイズアップを狙うのみなのだが・・・

詳細

第987回 ビッグベイトで51センチ! 数釣りもOK松本猛司

108ポイント 購入する

第987回 ビッグベイトで51センチ! 数釣りもOK松本猛司

108ポイント 3日間 15:21

▽ 今週はリポーターの阪口なつが松本猛司さんと、和歌山県の合川ダムでビッグバスを狙う。前日までの雨でニゴリが入っているが、久しぶりの雨だっただけに状況が良くなっているのではと予想する松本さん。▽ 使うルアーはビッグベイト。バックウオーターエリアを丁寧に攻めていく。何度かチェイスとバイトを繰り返しながらビッグバスを仕留めていく松本さんに対し、ナツは小バスメインだが、40センチアップも交えた数釣りを満喫する。雨の翌日で予想通り活性の高い合川ダム。最後に松本さんがヒットしたのは、この日一番のビッグバスだった。

詳細

第986回 総航行距離80キロで感動のドラマ魚! 長谷川耕司

108ポイント 購入する

第986回 総航行距離80キロで感動のドラマ魚! 長谷川耕司

108ポイント 3日間 16:56

▽ 今週はリポーターの阪口なつが長谷川耕司さんと、岐阜県の長良川を釣行する。まずは下流域のテトラ帯からダウンショットリグのリアクションで狙う。水温は26.7度。ここで小バスをヒットする長谷川さん。▽ 少し上流に移動しテキサスリグを投入すると、この日2匹目を釣り上げる。さらに上流へ移動したところでペンシルベイトに変更しトップで狙うことに。▽ ここから、この日のドラマが始まる。総航行距離80キロ、迫る日没・・・待っていたのは・・・感動のドラマ魚だった。

詳細

第985回 待って喰わす虫パターン! 前山智孝スモール格闘

108ポイント 購入する

第985回 待って喰わす虫パターン! 前山智孝スモール格闘

108ポイント 3日間 16:50

▽ 今週はリポーターの阪口なつが前山智孝プロと、長野県の野尻湖を釣行する。番組で野尻湖を訪れるのは2年ぶり。名物のスモールマウスバスをトップウオーター系虫パターンで狙う。▽ 風裏側にまわりこみスタート。岸に向かってキャストし、30秒から長くて1~2分置いたままにする。スモールを狙う時の基本は動きをつけないこと。そのため、タックルはラージマウスバスを狙う時よりかなり細かいセッティングにしてある。スモールバスを得意とし、しかも直前に行われたJB TOP50で好成績を収めた前山プロ。さて、この日の結果は・・・

詳細

第984回 トップで50UP3連発! ゴイスゴイス?菊元俊文

108ポイント 購入する

第984回 トップで50UP3連発! ゴイスゴイス?菊元俊文

108ポイント 3日間 16:54

▽ 今週は菊元俊文プロが、奈良県の池原ダムを単独釣行する。1週間ほど前の台風で水位が約10メートル増え、この日は減水傾向にある池原ダム。見て面白い釣りを目指してスタートする。▽ 朝イチはメインレイクから、プロップベイト、ジャークベイトを投入するが食いが悪い。テキサスリグやライトリグを沈めていく方が釣れると分かっているが、面白い釣りを見せたい菊元プロ。1匹ヒットしたものの、納得できるサイズには程遠い。ポイントを白川筋の一番奥に移動。クリアな水の中に50アップのビッグバスが見える。しかし反応が悪い。ピーカン&無風はキツイのか・・・そう思った矢先、ボイルを発見!ここから何と、トップで50アップ3連発というダイナミックな釣りを披露してくれる。

詳細

第983回 バラシ連発でくじけそう… 松本猛司ギリギリセーフ!!

108ポイント 購入する

第983回 バラシ連発でくじけそう… 松本猛司ギリギリセーフ!!

108ポイント 3日間 15:52

▽ 今週はリポーターの和多田藍が松本猛司さんと、徳島県の吉野川を釣行する。この日は雨に加え、午後から荒れ模様になる予報。バスと天候の両方を気にかけながらスタートする。▽ 使うルアーはスイムベイト1本勝負。スタートして間もなく、橋脚周りで松本さんがデカバスをヒットするが痛恨のバラシをしてしまう。すると今度はアイがヒット。見事に51センチのバスを釣り上げる。▽ この連続ヒットに、"今日はいける!"と思えたのもつかの間、そこからアタリがピタリと止まってしまう。ヒットしたと思えばバス以外の魚種が釣れる始末。天気が荒れる前に何とかケリをつけたい松本さんだが、自分の不甲斐無さからくじけそうに・・・ガンバレ!松本!

詳細

第982回 興奮のデカバスWヒット! 本堂靖尚さめうら後編

108ポイント 購入する

第982回 興奮のデカバスWヒット! 本堂靖尚さめうら後編

108ポイント 3日間 15:32

▽ 今週も先週に引き続き、リポーターの阪口なつと本堂靖尚プロの高知・さめうら湖釣行後編をお送りする。先週放送では、夏のパラダイス状態となったさめうら湖だが、その勢いは更に加速する。▽ ローライトになり、巻き物で食わすには良い水の色になってきたと本堂プロ。そこで、前回食いが悪かったスティックベイトを投入すると、ナツにいきなりビッグバイトの手応えが。興奮状態になるナツだが、これが現実となる。2人でビッグサイズを連発。最後は、本堂プロもデカイ!と興奮したデカバスWヒットで夏のさめうら湖を攻略する。

詳細

第981回 夏の入れ食いパラダイス! 本堂靖尚さめうら前編

108ポイント 購入する

第981回 夏の入れ食いパラダイス! 本堂靖尚さめうら前編

108ポイント 3日間 15:32

▽ 今週はリポーターの阪口なつが本堂靖尚プロと、高知・さめうら湖を釣行する。約2カ月前にもさめうら湖を訪れた2人だが、その時よりも水位が5~6メートル減水している。トップで狙いたいところだが、天気が良すぎることを考えると、レンジを徐々に下げながら探っていくことにする。▽ ルアーは、巻いて良しフォール良しのスティックベイト。しかし、チェイスはあるものの狙いたいサイズの姿が見えない。巻き物に反応が無いため、ナツにワッキーリグでフォローするようすすめる本堂プロ。するとナツがヒット。これを見た本堂プロは、バスはスローと判断する。ここから、さめうら湖夏の入れ食いパラダイスが幕を開ける。

詳細

第980回 見事デカバス3連発! トップで52センチ! 小林知寛

108ポイント 購入する

第980回 見事デカバス3連発! トップで52センチ! 小林知寛

108ポイント 3日間 16:03

▽ 今週はリポーターの和多田藍が小林知寛プロと、岡山県の高梁川を釣行する。水温は19.2度と予想以上に低い。ボートを下したスロープを出たところからスタートする。▽ いつも通り表層から探っていくという小林プロは、トップウォータープラグを使用。すると、この日のまさに1投目でいきなりヒット!ビッグサイズを釣り上げる。あまりにも急なヒットとあって、バスに思わず「おはよう」の挨拶をする2人。幸先の良いスタートをきる。高梁川は、水深が浅く、川の中心部にウィードが点在している。このウィードのエッジがバスの移動ルートとなっているため、それを上手く利用することが肝になると小林プロ。そしてこの後もトップでデカバスを仕留めていく。

詳細

第979回 ウエーディングシーバス! 小沼正弥サイズUP技

108ポイント 購入する

第979回 ウエーディングシーバス! 小沼正弥サイズUP技

108ポイント 3日間 16:36

▽ 今週はリポーターの阪口なつが小沼正弥さんと、三重県の揖斐川でウエーディングでリバーシーバスを狙う。ナツにとっては初ウエーディング。水位変化、ベイトの動き、波の立ち方など、陸っぱりでは分からない自然変化を意識するようアドバイスを受ける。▽ ラインは、PE0.8号にリーダーはフロロ12lb。ルアーはメタルバイブレーションを使用。投げて着水したらロッドを立てて巻き取るだけ。グリップを脇の下に挟み込み、ティップを固定して巻くのがバイブレーションの釣り方の王道と小沼さん。▽ そして意外?にもナツにヒットが連発する。それを見た小沼さんは、素早くリールやルアーのカラーを変更。見事にヒットサイズを上げていく技も披露してくれる。

詳細

第978回 バス釣り大会で腕試し! 優勝は2820g!松本猛司

108ポイント 購入する

第978回 バス釣り大会で腕試し! 優勝は2820g!松本猛司

108ポイント 3日間 15:42

▽ 今週はリポーターの和多田藍と松本猛司さんが、奈良県の津風呂湖で開催されたバスフィッシング大会の様子をお伝えする。今回で4回目の開催となる大会には、過去最高の200人以上が参加。2人は去年に続いてペアで参加する。▽ 松本さんはペラ付きのジグヘッドリグ、アイはダウンショットリグでスタート。スポーニングを終えたこの時期は、回復したバスと回復前のバスが混在して難しい。水温は24度、日差しもキツいとあってスローな釣りが予想される。楽しむモードの松本さんとは対照的に、上位を狙って戦闘モードに入るアイ。結果はいかに…。

詳細

第977回 日本海で青物から底物まで 久保浩一ジギング満喫

108ポイント 購入する

第977回 日本海で青物から底物まで 久保浩一ジギング満喫

108ポイント 3日間 16:56

▽ 今週はリポーターの和多田藍が久保浩一さんと、福井・小浜沖でジギングをする。前半は青物、後半は高級底物を狙い出船。ハマチ・ヒラマサ・アコウ・ウッカリカサゴ・ガシラ・クロソイなど、初夏の日本海で、釣って楽しい食べて美味しい五目ジギングを満喫する。

詳細

第976回 マブノーマル?で55センチ 馬淵利治流サイト攻略

108ポイント 購入する

第976回 マブノーマル?で55センチ 馬淵利治流サイト攻略

108ポイント 3日間 16:35

▽ 今週はリポーターの阪口なつが馬淵利治プロと、高知県の大渡ダムを釣行する。馬淵プロが大渡ダムを訪れるのは、1年前に番組で取材して以来。スポーニングを終えてエサを喰いだしているバスを狙う
▽ まずは最上流から、馬淵プロはビッグベイト、ナツはトップウォーターでスタートする。するといきなり馬淵プロにバイトするデカバスを発見。すぐに10インチワッキーでフォローするが喰わない。
▽ 続いて45アップを4本見つけるが、こちらも喰わない。予想とは違うバスの動きに戸惑いを見せるが、釣れない魚は深追いせず見切りをつける決断力が大事と馬淵プロ。最下流エリアへ移動することに。この決断力とマブノーマル?な釣り方で、この後デカバスだけを確実に仕留めていく。

※マブノーマル:馬淵プロ流スタイル

詳細

第975回 トップさく裂高山ダム!これぞ大爆釣!松本猛司

108ポイント 購入する

第975回 トップさく裂高山ダム!これぞ大爆釣!松本猛司

108ポイント 3日間 16:42

▽ 今週はリポーターのミシェル未来が松本猛司さんと、奈良と京都にまたがる高山ダムを釣行する。今回はバスフィッシングの醍醐味、トップウォーターで狙う。
▽ ルアーは中空のワームにシリコンスカートが付いたタイプを使用。着水音がこれまでになく軽く、オフセットフックでカバー回避能力が高い。これを1.5号のPEラインに直結させる。ルアーをトップで動かすためにリーダーは組まない。
そしてこの日の釣り祭りの幕が開ける。面白いようにトップが炸裂。「これを爆釣と言わずして何を爆釣と言うのか…」と松本さん。ミシェルの叫び声が止むことはない。

詳細

第974回 ジグ撃ち通して苦戦克服! 菊元俊文デカバス連発!

108ポイント 購入する

第974回 ジグ撃ち通して苦戦克服! 菊元俊文デカバス連発!

108ポイント 3日間 17:29

▽ 今週は菊元俊文プロが、和歌山・合川ダムを単独釣行する。ゴールデンウイーク明けでプレッシャーがかかっていたことや、スポーニングがらみで苦戦が予想される。
▽ まずはバスのレンジを見極めるためトップから探っていく。水温は16.8度。ベイトは沢山いるのだが、挨拶代わりの軽いチェイスのみで反応は悪い。しかも、見えバスの進行方向に投入したスモラバをスルーされてしまう。予想通りの厳しい状況。
▽ BW付近へ移動すると水温が13度に急低下している。あくまでもトップで狙いたい菊元プロは、自信のあるエリアをしつこく攻める。しかし反応はない。
▽ この状況を見極めラバージグを投入することに。ここから地道にジグを撃ち続け、菊元プロは絞り出すようにデカバスを仕留めていく。

詳細

第973回 春バス爆釣さめうら湖! Wヒット可能?本堂靖尚

108ポイント 購入する

第973回 春バス爆釣さめうら湖! Wヒット可能?本堂靖尚

108ポイント 3日間 16:34

▽ 今週はリポーターの阪口なつが本堂靖尚プロと、高知県のさめうら湖を釣行する。春真っ盛りとあって、ナーバスになっているバスをいかにヒットさせるかが課題。本堂プロはシンカー付きのスイミングルアー、ナツはワッキーリグでスタートする。
▽ まずは、最下流にあるブイ周りに浮いてくるバスを狙う。フェンスに沿ってキャストし、ルアーを沈めるまで少し待ってからゆっくり巻いていく。すると開始5分で本堂プロが1匹目をヒットする。
ここからはもう止まらない。48センチ・1600グラムを筆頭に、大爆釣のさめうら湖。ナツのカッコイイランディングに挑戦!のおまけ付き。

詳細

第972回 虫パターンでトップ狙い! 松本猛司40UP連発!

108ポイント 購入する

第972回 虫パターンでトップ狙い! 松本猛司40UP連発!

108ポイント 3日間 15:44

▽ 今週も先週に引き続き、松本猛司さんの和歌山・椿山ダム単独釣行の模様をお伝えする。先週は、スイム&ビッグベイトで見事なビッグバスを連発した松本さんだが、今週は、ルアーを中空の虫系パターンに変更する。
その結果、トップで40UPを連発。ビッグバスの数釣りという大満足の釣行となった。

詳細

第971回 スイム&元祖ビッグベイトで春爆連呼!松本猛司

108ポイント 購入する

第971回 スイム&元祖ビッグベイトで春爆連呼!松本猛司

108ポイント 3日間 15:25

▽ 今週は、松本猛司さんが和歌山県の椿山ダムを単独釣行し、春のビッグバスを狙う。朝イチはスイムベイトでスタート。水温は14.3度とやや高め。すると、ボイルエリアでいきなりヒットし、スポーニング前のビッグバスを釣り上げる。幸先の良いスタートだが、"朝イチ釣れるとアカン"ジンクスを思い出してしまう松本さん。
しかし、今回はそんなジンクスなど全く関係ない。その後もスイムベイトとウッドの元祖ビッグベイトで春の爆釣状態に。松本さんの春爆連呼が止まらない。

詳細

第970回 世界最高峰トーナメントを終えて・・・清水盛三が語る

108ポイント 購入する

第970回 世界最高峰トーナメントを終えて・・・清水盛三が語る

108ポイント 3日間 16:08

▽ 今週は、今年2月にアメリカ・アラバマ州のレイクガンターズビルで開催された世界最高峰バストーナメント「2014バスマスタークラシック」に出場した清水盛三プロをゲストに迎え、戦いについて振り返る。
一時は優勝を掴めそうな好位置につけた盛三プロだったが最終結果は15位。この結果を自身はどう受け止めているのか。戦いのポイントは何だったのか。そして得たものとは一体・・・

詳細

第969回 伊勢志摩沖で五目ジギング 10魚種確保!久保浩一

108ポイント 購入する

第969回 伊勢志摩沖で五目ジギング 10魚種確保!久保浩一

108ポイント 3日間 16:32

▽ 今週は、リポーターのミシェル未来(みき)が久保浩一さんと、三重県の伊勢志摩沖でジギングを満喫する。久保さんが使用するのは、2オンス対応のジギングロッドに130グラムのメタルジグ。ラインはPE1.5号にリーダーはフロロ6号。
100メートル近い底まで落とし、ロッドが軽くしなる程度にシャクってゆっくり巻き上げるだけ。一応の狙いはオニカサゴだが、怒涛のヒット連発で、終わってみれば底物から青物まで10魚種を釣り上げる。

詳細

第968回 大増水の七川ダム! 苦節8時間の末に…菊元俊文

108ポイント 購入する

第968回 大増水の七川ダム! 苦節8時間の末に…菊元俊文

108ポイント 3日間 15:18

大増水の七川ダム! 苦節8時間の末に…菊元俊文

詳細

第967回 いそべっちひとりぼっち! 耐えて歓喜の春イカ!

108ポイント 購入する

第967回 いそべっちひとりぼっち! 耐えて歓喜の春イカ!

108ポイント 3日間 16:21

▽ 今週は、番組司会の磯部公彦が吉崎俊さんの案内で、和歌山・田辺湾で春のデカイカを狙う。エギは4号を使用。着底したらロッドを3段階に分けて大きくしゃくりエギを目立たせる。特に春イカの場合は、ロッドの根元からしゃくるイメージと吉崎さん。その後はテンションフォールでアタリを待つ。
▽ 春は数が出ないため忍耐が必要。いそべっちは吉崎さんの指導を受けながら、ひたすら投げ続ける。すると時間経過と共に、潮の動きを感じ取れるようになってきた。ロッドワークも良い感じ。水温は18度と条件は揃った。4回連続のボウズだけは避けたいいそべっち。
日没までに何とか・・・その願いは通じたのか?

詳細

第966回 絶対獲りたいデカバス発見 馬淵利治スロー攻め!

108ポイント 購入する

第966回 絶対獲りたいデカバス発見 馬淵利治スロー攻め!

108ポイント 3日間 19:14

▽ 今週はリポーターの和多田藍が馬淵利治プロと、高知県のさめうら湖を釣行する。馬淵プロはジグヘッドリグ、アイはラバージグでスタートする。
▽ この時期、スポーニングを意識したバスは、少しでも水温が高いエリアに集まってくる。この日の予想気温は20度と高く、馬淵プロは良い条件と判断していた。
▽ しかし、そう甘くないのがバスフィッシング。絶対獲りたいデカバスのバイトを逃してしまう。悔しがる馬淵プロ。小バスは簡単にヒットするが、それで納得するわけがない。
ポイントをしばらく休め、再度デカバスに挑むことに。その結果はいかに・・・

詳細

第965回狙え早春第一陣バス! 雨の合川で連発! 松本猛司

108ポイント 購入する

第965回狙え早春第一陣バス! 雨の合川で連発! 松本猛司

108ポイント 3日間 16:39

▽ 今週はリポーターの和多田藍が松本猛司さんと、和歌山県の合川ダムで早春のビッグバスを狙う。取材日は雨。春は一雨ごとに水温が上がっていくため重要なファクターになる。
▽ 前の川からスイムベイトでスタートする。岸際ギリギリにキャストして巻きとるだけ。すると開始5分で松本さんが48センチのビッグバスをヒットする。何やら爆釣の予感。
水温は10.6度。10度を超えると魚の活性が上がってくる。しかしその後、シャローに見えバスはいるが意外と喰わない。そんな場合はロングキャストが効果的と松本さん。冬から第一陣でシャローに上がってくるバスはデカイだけに期待が膨らむ。

詳細

第962回小浜沖で海の幸大漁ヒット 久保浩一五目釣り達成

108ポイント 購入する

第962回小浜沖で海の幸大漁ヒット 久保浩一五目釣り達成

108ポイント 3日間 16:51

▽ 今週は、リポーターの和多田藍が久保浩一さんと、福井県の小浜沖でジギングで色んな魚を狙う。仕掛けは、メタルジグを付けた久保さんの枝バリシステム。
出船して20分程のポイントでスタートすると、いきなり久保さんがハマチをヒットする。ここから、ヤリイカ、アコウ、ガシラ、アオリイカなど、色んな魚が次々ヒット。日本海のお土産を大漁GETすることになる。

詳細

第961回ドキドキヒットに震えが… 雨の8時間!本堂靖尚

108ポイント 購入する

第961回ドキドキヒットに震えが… 雨の8時間!本堂靖尚

108ポイント 3日間 16:28

▽ 今週は、リポーターの阪口なつが本堂靖尚プロと、愛媛県の玉川ダムを釣行する。あいにくの冬の雨だが、水温が上がって活性も上がることを期待しつつスタートする。
▽ まずは派手なカラーのメタルジグで水深15メートル付近を狙う。ラインテンションはある程度張ったまま、落ちるルアーについていきながらアタリを待つ。
▽ 続いてダウンショットに変更し、バスがいるか確認することに。さらに本堂プロは、右手にダウンショット、左手にラバージグを持って二刀流を披露。しかしアタリは全くない。
スタートから8時間、ノーバイトノーフィッシュ。冬の雨に打たれながら、このまま砕け散ってしまうのか?

詳細

第960回最新釣り具情報満載! プロ厳選お宝プレゼント!

108ポイント 購入する

第960回最新釣り具情報満載! プロ厳選お宝プレゼント!

108ポイント 3日間 18:29

▽ 今週は、2月8日(土)・9日(日)にインテックス大阪で開催された年に一度の釣り具の祭典「フィッシングショーOSAKA2014」の模様をお届けする。
アイとナツの2人が各ブースを回り、最新のルアーやロッドを紹介。そして日頃からお世話になっている菊元俊文、今江克隆といったトッププロが登場し、今年のお勧め最新釣り具を紹介してくれる。また視聴者の皆さんには、プロ自らが厳選したお宝商品をドド~ンとプレゼント。お楽しみに!

詳細

第959回真冬のシャローで絞り出せ 松本猛司30年で初体験

108ポイント 購入する

第959回真冬のシャローで絞り出せ 松本猛司30年で初体験

108ポイント 3日間 16:38

▽ 今週は、リポーターのミシェル未来(みき)が松本猛司さんと、徳島県の正木ダムを釣行する。真冬は1匹をどう絞り出すかが課題。松本さんも正木ダムに3回来て2回ノーフィッシュに終わっているだけに苦戦が予想される。
▽ まずは食い気のあるバスを探してシャローを狙うことに。ウエイトを軽めにしたダウンショットをフォールさせる。この日の水温は6.8度。ほぼ真冬の最低水温とあって厳しい。
そんな状況にも関わらず、何とミシェルが1投目でヒットする。これには松本さんも驚きを隠せない。もってるミシェル!このまま真冬の釣り祭りスタート!となるはずだったのだが・・・

詳細

第958回初コラボ!久保浩一&清水盛三 ジギングシーバス

108ポイント 購入する

第958回初コラボ!久保浩一&清水盛三 ジギングシーバス

108ポイント 3日間 14:23

▽ 今週は、久保浩一さんと清水盛三プロが、三重県の石鏡沖でシーバスを狙う。古くから知り合いの二人だが、一緒に釣りをするのは初めてだという。加えて盛三プロがジギングでシーバスを狙うのも初体験になる。
▽ 久保さんは金緑、盛三プロは赤金のメタルジグを使い、フォール時のアタリを見逃さないよう注意する。順調にヒットを繰り返す久保さんを見て盛三プロは「面白いだけのオジさんではなかった。上手い人でした!」と感心しきり。気が付けば同船者で釣れていないのは盛三プロだけになってしまう。
▽ そして「ガッガッとなってガッキーンと合わせたら・・・」どうなったのか?

詳細

第957回極寒吉野川で五目釣り! 狙いはポン級?楠本直樹

108ポイント 購入する

第957回極寒吉野川で五目釣り! 狙いはポン級?楠本直樹

108ポイント 3日間 16:47

▽ 今週は、リポーターの阪口なつが楠本直樹さんと、徳島県の吉野川で五目釣りをする。バスフィッシングのタックルを流用してアイナメ、シーバス、マゴチ、カサゴなどを狙う。
▽ まずはテキサスリグでスタート。テトラの際にキャストし、ボトム着底後はリフト&フォールを繰り返す。アタリがあっても急がず、糸ふけを取ってから合わすくらいで十分だと楠本さん。
▽ 途中風雨に悩まされるが、グッド&ビッグサイズをヒットすることに。何が釣れたかは・・・放送を見てのお楽しみ!

詳細

第956回うどん県でニジマス放流! 太郎ヒット?本堂靖尚

108ポイント 購入する

第956回うどん県でニジマス放流! 太郎ヒット?本堂靖尚

108ポイント 3日間 16:53

▽ 今週は、リポーターの和多田藍が四国の名ガイド本堂靖尚プロと、香川県の木槲池(もっこくいけ)でニジマス(レインボートラウト)を釣る。木槲池では、水と森林環境の大切さを学んでもらうため12月初旬にニジマスを放流し大会を開催。その後は自由にニジマス釣りが楽しめる。
▽ タックルはバスフィッシングのものを流用し、ダウンショットで狙う。キャストでは飛距離を出し、フリーで落としてからシェイクする。ルアーを浮かしておくためラインは常に張った状態にしておく。
特に今回はリポーターのアイが絶好調。2人で二ケタヒットのニジマス祭り。ルールを守って冬のニジマス釣りを楽しもう!

詳細

第955回真冬のシャローでスイムベイト絶好調! 松本猛司

108ポイント 購入する

第955回真冬のシャローでスイムベイト絶好調! 松本猛司

108ポイント 3日間 15:13

▽ 今週は、リポーターの阪口なつが松本猛司さんと、和歌山県の椿山(つばやま)ダムを釣行する。朝の気温は2度という寒さの中、スイムベイトでシャローのデカバスに狙いを絞る。
▽ 10年ほど前に流行ったスイムベイトだが、久々に使ってみると反応が良かったと言う松本さん。その魅力は何といっても集魚能力とアピール力。また、キャストして巻くというテンポのある釣りになるため、真冬に広いエリアを探れるのも利点の一つ。
そして松本さんの2014年は、デカバス連発で幕を開けることになる。

詳細

第954回今日イチ釣って墨バーン! 久保浩一狙えコウイカ

108ポイント 購入する

第954回今日イチ釣って墨バーン! 久保浩一狙えコウイカ

108ポイント 3日間 16:40

▽ 今週は、番組アシスタントの前田由紀子が久保浩一さんと、和歌山・日の岬でコウイカを狙う。ポイントは、出船してすぐの三尾漁港沖。
▽ コウイカ類は底にしかいないということで、3.5号のエギにタングステンを付け、船を流しながら底をズルズル引きずる。たまにロッドを大きくあおったり、底をたたいて砂煙を出したりして誘いをかける。
▽ 順調にモンゴウイカをヒットする久保さん。一方の前田もスミイカをヒットする。1パイだけでは帰りたくない・・・その後、船上がパニックになるとは・・・

詳細

第953回祝! 新春ヒット!菊元俊文 ゴンザレスおったな!

108ポイント 購入する

第953回祝! 新春ヒット!菊元俊文 ゴンザレスおったな!

108ポイント 3日間 15:25

▽ 新年最初は、菊元俊文プロが高知県の波介(はげ)川を単独釣行する。今年も狙うのは50UPのみ!新春の祝いバス目指してスタートする。
▽ 水温は12度と思ったほど低くない。朝イチはローライトでバスが動いていないものの、クランクベイトで中層を流すと、幸先よくナイスサイズの1匹目をゲットする。
▽ その後、あるエリアに到達する。そこではショートバイトを繰り返すがヒットするまでには至らない。バスは間違いなくいる。菊元プロは一旦そのエリアを休ませることに。
▽ 再び戻って来た時には、風と流れが出てきた様子。そして、菊元プロが本気モードに突入したその時だった・・・

注)「ゴンザレス」菊元プロが50cm以上のサイズをそう呼ぶ。

詳細

第952回あのヒットシーンよ再び! 2013総集編で爆釣祭!

108ポイント 購入する

第952回あのヒットシーンよ再び! 2013総集編で爆釣祭!

108ポイント 3日間 10:59

▽ 今週は、2013年の総集編をお送りする。4名のリポーターがスタジオに勢揃いし、今年あった名場面・珍場面をまとめて一挙に放送。もう一度見たかったヒットの瞬間を存分に味わえる。これを見なきゃ2013年は終われない!

詳細

第951回冬の旧吉 ビッグベイトでデカバス連発! 馬淵利治

108ポイント 購入する

第951回冬の旧吉 ビッグベイトでデカバス連発! 馬淵利治

108ポイント 3日間 16:32

▽ 今週は、リポーターの和多田藍が馬淵利治プロと、徳島県の旧吉野川を釣行する。冬の旧吉は難しいと言われているがヒットすればデカイ。いつもよりは遅めの午前10時30分頃から少し上流に上ったエリアでスタートする。
▽ 馬淵プロはノーシンカー、アイはスモラバを使用。ポイントはルアーを動かさずに待つこと。ルアーをフォールさせスローな動きでバスに長い時間見せるようにする。
▽ 次に馬淵プロはビッグベイトに変更。馬淵理論によると、ラインが真下に落ちるようにすればルアーのアクションが生きるため、出来るだけボートを近づけて釣るのが良いのだという。常識を覆すような馬淵発言。しかし、この日の結果を見れば納得してしまうこと間違いない。

詳細

第950回心からありがとう! シーバス求め小沼正弥13時間

108ポイント 購入する

第950回心からありがとう! シーバス求め小沼正弥13時間

108ポイント 3日間 16:32

▽ 今週は、リポーターの和多田藍が小沼正弥さんと、岐阜県の揖斐川で陸っぱりでシーバスを狙う。落ちアユを意識したシーバスを狙うため、河口から20~30キロ上流のポイントを動き回って探す。
▽ 夜明け前からスタートするが、シーバスは神経質なのでライトはなし。特に水が澄んでいるので、人の気配を感じてしまうと口を使ってくれなくなるという。
▽ 時合は朝まずめと夕まずめ。しかし、アイに1バイトあっただけで反応は全くない。ボイルの状況から、どうやらルアーが届かない対岸側に魚が集まってしまったと小沼さん。ただ時間だけが過ぎてゆく。
▽ スタートから9時間が経過し、いよいよ期待の夕まずめになる。「清流のシーバスをお見せしたい!」この一心でキャストを続ける小沼さんだが一向にアタリはない。最悪の事態が脳裏をよぎる・・・

詳細

第949回集中力はトーナメンター? 本堂靖尚ディープ攻め

108ポイント 購入する

第949回集中力はトーナメンター? 本堂靖尚ディープ攻め

108ポイント 3日間 16:35

▽ 今週はリポーターのミシェル未来(みき)が本堂靖尚プロと、愛媛県の野村ダムを釣行する。今年一番の冷え込みの中、まずはラバージグでカバー打ちをする2人。しかしアタリが無いことから、早々ディープ狙いにチェンジする。
▽ 水深8~12メートルをダウンショットで狙う。着底したら糸ふけを取り除き、重みを感じるところまで巻き上げ、底をゆっくりトレースする。この釣り方で驚くほどの集中力を見せるミシェル。本堂プロに「トーナメンター並みの集中力」と言わせてしまう程、竿先とアタリに神経を研ぎ澄ます。
▽ これでディープを完全に攻略したミシェル。この時期のお手本にはもってこい!それにしても、ミシェルの集中力と丁寧さに本堂プロも脱帽!!

詳細

第948回見せます本場アメリカン! 深江真一デカクランク

108ポイント 購入する

第948回見せます本場アメリカン! 深江真一デカクランク

108ポイント 3日間 16:53

▽ 今週は、松本猛司さんと深江真一プロの年末恒例となっている年に一度の釣行の模様をお送りする。今回2人が選んだのは高知県のさめうら湖。深江プロにとっては15~16年ぶりに訪れるポイントになる。
▽ 深江プロが使うのは、本場アメリカで話題になっているデカクランク。最深で7.5メートル潜ってくれる。バスがシャローからディープまで散っているため、このデカクランクで幅広く狙っていく。特にこの日は、岸際にロングキャストしてバスを引っ張り出す釣り方が有効だと判断する。
▽ デカクランク、スイムベイト、ラバージグで確実にヒットを重ねる深江プロ。松本さんはミドストで反則技に?さて、2人の珍道中はいかに。

詳細

第947回激喰い! 清水盛三1キャスト1ヒットで高笑い!

108ポイント 購入する

第947回激喰い! 清水盛三1キャスト1ヒットで高笑い!

108ポイント 3日間 16:13

▽ 今週も先週に引き続き、清水盛三プロの岡山・柳井原貯水池の単独釣行第2弾をお送りする。使うのは新作ルアーのリップレスクランクベイト。低速でも高速でもしっかり泳ぐという、基本中の基本が全部詰まったルアーだと盛三プロ。
▽すると、これが大当たりする。1キャスト1ヒットという入れ喰い状態になる。「楽しすぎる!」「こんなに釣れて良いの?」など盛三プロの高笑いが止まらない。久々に遭遇したという秋の荒食い。
▽ グラスロッドでリップレスクランクベイトをロングキャスト。バスに吸わせてからの盛三プロのフッキングシーンは見ごたえ十分。果たして何匹ゲットしたのか。

詳細

第946回マジで入れ喰い!清水盛三 超ヘビーカバー攻略!

108ポイント 購入する

第946回マジで入れ喰い!清水盛三 超ヘビーカバー攻略!

108ポイント 3日間 14:51

▽ 今週は、清水盛三プロが岡山県の柳井原貯水池を単独釣行する。10.5グラムシンカーのテキサスリグで超ヘビーなカバーを狙っていく。
▽ 特に藻のエッジやエッジポケット、または濃いポイントを狙うためライトタックルでは対応できない。ラインは最低でもフロロ20~25ポンド、エクストラヘビータックルでギア比はスーパーハイギアが必須となる。ヒットしたら一気にカバーから引きずり出さなければ藻に巻きつかれてしまう。この釣りは盛三プロが好きな釣り方の一つで、アメリカではよくやる釣り方だという。
スタートしてすぐ1匹目をゲットすると入れ喰い状態に。見事なヒットシーンを連発する。「ここでこんな数釣ったことない、楽しい!おかげでストレス発散になった」と言う盛三プロ。一体何のストレスなんです?

詳細

第945回信じて巻いてビッグバス! 福島健の水深攻略術!

108ポイント 購入する

第945回信じて巻いてビッグバス! 福島健の水深攻略術!

108ポイント 3日間 16:39

▽ 今週はリポーターの阪口なつが福島健プロと、岡山県倉敷市の高梁川を釣行する。この日はあいにくの雨模様だが、釣れそうな雰囲気はある。2人ともクランクベイトでスタートする。
▽ 基本はどこでもシャローから始めるという福島プロ。巻き方に変化をつけながら様子を見る。すると巻いて止めた瞬間にヒット。朝イチから51センチのビッグバスをゲットする。今日は巻き物に反応するのか。
しかし、2匹目小バス・3匹目マメバスとサイズが徐々に落ちていく。もしかしてこのままサイズが出ないのでは?一瞬福島プロの脳裏に不安がよぎる。その後も自分を信じて巻き続ける2人。その結果は・・・

詳細

第944回高度なプロ技で番組記録? 釣り人生で…菊元俊文

108ポイント 購入する

第944回高度なプロ技で番組記録? 釣り人生で…菊元俊文

108ポイント 3日間 16:44

▽ 今週は菊元俊文プロが、兵庫県三田市の青野ダムを単独釣行する。青野ダムは、春はロクマルに近いバスが釣れるが、夏から秋以降にデカバスを釣るのは極めて難しいとされている。朝のローライトの内はクランクで巻いていくことにする。
▽ 秋は水温がバスの適水温で混ざり合い、シャローとディープの両方にバスが散らばっている。そのためエリアやレンジが絞りにくい。水温は21~22度で満水状態。下流エリアから上流へ向けてスタートし、クランクの潜行を徐々に落としていく。
しかし思ったようなアタリは無く迷走する菊元プロ。「まさかディープをするとは・・・」と、ルアーをボトムでトレースさせてライズアップさせるというテクニカルなプロ技でバスを誘う。その結果、菊元プロの釣り人生の記録を更新???するような結果が待っていた。

詳細

第943回秋は適水温! トップ&カバーで二ケタ! 松本猛司

108ポイント 購入する

第943回秋は適水温! トップ&カバーで二ケタ! 松本猛司

108ポイント 3日間 15:23

▽ 今週はリポーターの阪口なつが松本猛司さんと、徳島県の正木ダムを釣行する。秋は適水温になりバスは広範囲で釣れる。広範囲に散りすぎて釣れにくい場合もあるが、バスの居場所が絞れると簡単に釣れることもあると松本さんは言う。
▽ 朝イチは中空の表層系ソフトベイトでスタートする。ラインはPEの0.6号を使用。フロロやナイロンラインに比べて飛距離がだせることと、ラインが水に浮くので特に浮くルアーの時には良いという。しかしこの日はトップの反応は今ひとつ・・・
次にルアーをワームに変更しバックスライドで少し沈める作戦に出る。すると47センチのビッグバスをゲットする。朝イチから幸先の良いスタート。ここからグッドコンディションの秋バスを連発し、終わってみれば二ケタヒットを達成することになる。

詳細

第942回タチウオ・サワラ絶好調! 久保浩一!色は赤金?

108ポイント 購入する

第942回タチウオ・サワラ絶好調! 久保浩一!色は赤金?

108ポイント 3日間 16:39

▽ 今週はリポーターの福本沙紀が久保浩一さんと、明石・須磨沖でジギングをする。朝イチの潮でまずはサワラと青物に狙いを絞るが、台風後の水潮でニゴリが入ってきたため早々にタチウオ狙いに変更。ワンピッチで糸フケを出さないように注意しながら、すぐにアタリがとれる状態にしておく。
▽ すると久保さんが小さいながらも1匹目のタチウオを釣り上げるする。続いてサキも水深70メートルでタチウオをヒットする。さらに2匹目3匹目のタチウオを立て続けにヒットした久保さんが使っているのは赤金のメタルジグ。この日の色はコレなのか・・・
▽ ポイントを移動して再びサワラと青物を狙う。周りでサワラがヒットし始めたのを見て羨ましがる久保さん。しかしこの後、短い時合いを逃さなかった久保さんがビッグサイズのサワラと対面、タチウオも絶好調の結果が待っていた。

詳細

第941回ナゾのヒットに衝撃! 合川ダム初体験!馬淵利治

108ポイント 購入する

第941回ナゾのヒットに衝撃! 合川ダム初体験!馬淵利治

108ポイント 3日間 16:23

▽ 今週はリポーターの阪口なつが馬淵利治プロと、和歌山県の合川ダムを釣行する。馬淵プロにとってここは初めてのフィールド。直感で釣れそうなエリアをどんどん周っていく。
▽ 馬淵プロは「どのフィールドでもバスはバス。いそうな場所にはバスがいる。信じるのは自分のみ」と言い切る。また「午後4時30分が勝負の時」と、この日の釣りを予想する。まずは1/2ozラバージグを立ち木に沿って落とすとフォールでヒット。その後グッドコンディションのバスを着実にゲットし、2人合わせて二ケタのバスを釣り上げる。
▽ 午後4時をまわり、予想した勝負の時間帯が近づいてくる。そして、天才馬淵プロを待ち受けていたのは今年一番の衝撃を受ける謎のヒットだった。

詳細

第940回秋のエギング&ジギング 田辺湾で満喫!吉崎俊

108ポイント 購入する

第940回秋のエギング&ジギング 田辺湾で満喫!吉崎俊

108ポイント 3日間 17:06

▽ 今週は新人リポーターの和多田藍が吉崎俊さんと、和歌山の田辺湾で秋のエギングとライトジギングをダブルで楽しむ。
▽ 使うのは3.5グラムの新作のエギ。秋イカはエギをキビキビ動かすのがポイントになる。足元までイカのチェイスをしっかりと確認しながら、テンポ良く決して粘らないこと。この日の吉崎さんの答えは「底」。エギをボトムまでしっかり落としてアタリを待つと、手のひらサイズのアオリイカが順調にヒットする。
日が昇ってからは、タックルはそのままでエギをメタルジグに変更しライトジギングを楽しむことに。ガシラ、カンパチ、ハタなどが面白いようにヒットする。2人は秋の田辺湾を満喫する。

詳細

第939回高山ダムで二ケタHit! 松本猛司の秋釣り祭り

108ポイント 購入する

第939回高山ダムで二ケタHit! 松本猛司の秋釣り祭り

108ポイント 3日間 16:34

▽ 今週は、新人リポーターのミシェル未来が松本猛司さんと、京都と奈良にまたがっている高山ダムを釣行する。
▽ まずは上流からスタートするが、前日までの大雨で流れが強い。水温は21.8度と低下している。松本さんはメタルバイブ、ミシェルはスピナータイプのジグで中層のバスを狙う。
▽ 流れが強すぎ、さらに上流へは行けないため中流域に移動。ここで松本さんはチャター系で1匹目のバスをヒットする。しかしその後1時間ノーバイト。
下流へ大移動し松本さんはノーシンカー、ミシェルはダウンショットに変更する。ポイントは、ラインをフリーにしてルアーを落とし、アタリがあれば少し待ってから合わせること。結果、この作戦で怒涛の二ケタヒットを達成することになる。

詳細

第938回打つ手無しから57センチ! プロの直感!菊元俊文

108ポイント 購入する

第938回打つ手無しから57センチ! プロの直感!菊元俊文

108ポイント 3日間 16:42

▽ 今週は菊元俊文プロが、岡山県の高梁川を単独釣行する。取材の2日前までの豪雨でボートが降ろせない程増水していた高梁川。これがどう影響するか・・・
▽ いきなり、川中に見たこともない大木が流れ着いている。挨拶代わりにバズベイト、ラバージグを投入するが反応は無い。少しずつ上流へ移動しながらペンシルベイト、クランクベイトで様子を見るが、全く反応無し。
▽ 水温を見ると、これまで30度あった水温が24度に急低下している。攻め方が決まらない菊元プロ。本命と踏んでいたポイントでさえ不発に終わってしまう。打つ手無しの大ピンチ。
しかし一流プロはこのまま終わらない。菊元プロの直感が起死回生のスーパードラマを呼び込むことになる。

詳細

第937回本堂靖尚プロ陸っぱり講座 朝一からビッグバス!

108ポイント 購入する

第937回本堂靖尚プロ陸っぱり講座 朝一からビッグバス!

108ポイント 3日間 16:23

▽ 今週はリポーターの和多田藍が四国の名ガイド本堂靖尚プロと、香川県の府中湖で陸っぱりでビッグバスを狙う。湖は減水で青粉が入っているため簡単ではなさそうと本堂プロ。モーニングバイトを狙って今年の新作ルアー(トップウォーター)でスタートする。巻き始めに喰いつかせるには、キャストして波紋が無くなるまで待つのがポイントになる。
▽ ポイントを移動してルアーをチャター系に変更する。ここは2年前にアイが自己ベストの50センチUPを釣り上げた所。すると今回も期待通りのモーニングバイトで45センチのビッグバスをゲットする。アイにとって相性抜群のポイント。
途中、カメの反応に悩まされながらも数を釣り上げていく2人。今回も本堂プロが名ガイドぶりを発揮する。

詳細

第936回旭川年間チャンプ小林知寛 狙ったデカバス確実に

108ポイント 購入する

第936回旭川年間チャンプ小林知寛 狙ったデカバス確実に

108ポイント 3日間 16:45

▽ 今週はリポーターの阪口なつがJB旭川戦の年間チャンピオンを獲得した小林知寛プロと、お膝元の岡山・旭川ダムを釣行する。数日前のゲリラ豪雨の影響で見覚えのない石などが入り込み、小林プロが知り尽くした旭川ダムとは状況が違っている。
▽ まずは上流からトップ狙いで、小林プロはペンシルべイト、ナツはポッパーでスタートする。さらに上流へ移動すると見えバスを発見するが全くの無反応。最上流に移動し中層をスピナーベイトで探る。しかし期待していた上流が不発に終わってしまう。
▽ 猛暑の中の長い長い一日・・・完全に口に入ったと思ったバスがヒットしないという超スローな状態・・・しかし小林プロは地元の意地を見せる。トップ狙いから切り替えると狙ったビッグバスを確実に仕留める。

詳細

第935回満点ロケに松本猛司ご満悦 中空ルアー喰いまくり

108ポイント 購入する

第935回満点ロケに松本猛司ご満悦 中空ルアー喰いまくり

108ポイント 3日間 15:36

▽ 今週は、松本猛司さんが徳島県の旧吉野川を単独で釣行する。前日の雨でニゴリが入っているため、まずはスイムベイトを使って強めの釣りからスタートする。旧吉は減水傾向。「水位が下がっていくタイミングは釣りやすい。上流は流れがあるので水位変動はそんなに気にしない」と松本さんは言う。
▽ スタートしてから約2時間反応はない。しかし、ルアーを中空の虫系ワームに変更してから様子が一変する。水面に浮かせて軽くアクションを付けるだけで、バスのチェイスが始まった。終わってみれば「100点満点のロケ」と松本さんは自賛する。バスがルアーに喰い付く様子をとくとご覧あれ!

詳細

第934回ホットスポットで爆釣! 秘密のルアー!?菊元俊文

108ポイント 購入する

第934回ホットスポットで爆釣! 秘密のルアー!?菊元俊文

108ポイント 3日間 16:52

▽ 今週は、菊元俊文プロが愛媛県の野村ダムを単独釣行する。菊元プロが野村ダムを訪れるのは去年の9月以来となる。シェードや水が動いているエリアを中心に、小バスの数釣りの快楽に溺れることなく、ストイックにビッグバスを狙う。
▽ 朝イチは下流からビッグベイトでスタートする。続いてペンシルベイトに変更し、あっさりと1匹目をゲットする。ウェイクベイトで2匹目、クランキングミノーで3匹目と確実にビッグバスを仕留めていく。
▽ 特に菊元プロを驚かせたのは引きの強さ。野村ダムのバスは40センチバスでもまるで50センチバスを連想させる強い引きがあるという。そんなグッドコンディションのバスを連発する菊元プロ。果たして何匹釣れるのか?また秘密のルアーをこっそり?紹介してくれる。

詳細

第933回バスに愛され奇跡のヒット 馬淵利治トップで爆釣

108ポイント 購入する

第933回バスに愛され奇跡のヒット 馬淵利治トップで爆釣

108ポイント 3日間 16:27

▽ 今週は、リポーターの和多田藍が馬淵利治プロと、高知県のさめうら湖を釣行する。狙いはシェードとインレッド。"夏のリザーバーは上流から始めろ!"と言われるように、上流から下りながら探っていく。
▽ 使うルアーは、フロッグの形をした新製品のトップウォーター。岸に向かってキャストし、ゆっくりただ巻きするだけ。「ルアーの後ろにバスが好む波紋が広がるのが良い」と馬淵プロは言う。すると早速4匹のバスがチェイス。期待が膨らむ。
さめうら湖はここ数日減水傾向なのが気になるところ。しかし馬淵プロが見えバスを一撃で仕留めると、ここからトップが爆発する。最後には「バスがボクを求めている」という明言まで飛び出すミラクルヒットが待ち受けていた。

詳細

第932回 ミニマムからビッグまで! 清水盛三!釣れまくり

108ポイント 購入する

第932回 ミニマムからビッグまで! 清水盛三!釣れまくり

108ポイント 3日間 15:44

▽ 今週は、アメリカから一旦帰国した清水盛三プロが時差ぼけの残る中、奈良県の風屋ダムを単独釣行する。清水プロがここを訪れるのは5年ぶり2度目で夏場は初めて。なので本人も楽しみにやって来たと言う。
▽ 最下流のフェンス際からペンシルベイトでスタートする。上流の支流に移動後、ワイヤーベイトで1匹目を、ポッパーで2匹目をヒットするがいずれも小バス。「50センチの雰囲気がある」と感じるエリアでヒットしたのは、手のひらサイズの超ミニマムサイズ。これには清水プロも思わず笑ってしまう。
▽ この後もハードベイトを投げ続けるが、ヒットするのはルアーと同じサイズ位のバスばかり。小バスの数釣りのまま終わってしまうのか?

詳細

第931回 夏のジギングでマダイ狙い 獲ったで~!久保浩一

108ポイント 購入する

第931回 夏のジギングでマダイ狙い 獲ったで~!久保浩一

108ポイント 3日間 16:42

▽ 今週は新人リポーターのミシェル未来(みき)が久保浩一さんと、香川県の高松港から出船してジギングでマダイを狙う。小豆島沖の底が砂地で根掛かりの心配がないエリアからスタートする。使うルアーは75グラムのメタルジグ。
▽ 「ジギングは突然ヒットするのが面白い」と言う久保さん。その言葉通り、スタートから1時間で久保さんがニベ(イシモチ)をヒットする。しかしその後潮止まりに・・・
その後ポイントを変え、最終的に瀬戸大橋まで移動するが潮は動かず終了の時間が迫ってくる。焦りを隠せない2人。しかし「マダイは夕方に時合いが来る」という久保さんの言葉を信じ最後のチャンスにかける。

詳細

第930回 驚異の新人に松本猛司ア然 ベンド刺しで釣り祭り

108ポイント 購入する

第930回 驚異の新人に松本猛司ア然 ベンド刺しで釣り祭り

108ポイント 3日間 16:28

▽ 今週は新人リポーターのミシェル未来(みき)が松本猛司さんと、奈良県の池原ダムを初釣行する。ミシェルはオーストラリア人の父と日本人の母を持ち、オーストラリアのゴールドコーストで育った活発な明るい女性。バスフィッシングの経験はない。
▽ まずは松本さんからキャストの仕方から指導を受ける。使うルアーはダウンショットリグ。そうこうしている内に、小さいながらもあっさりと初バスをヒットする。「獲ったデ~」と明るく関西弁で喜びを表現するミシェルに対し、覚えの早さに驚く松本さん。
▽ 一方の松本さんは、ソフトベイトをフックに横刺しにした"ベンド刺しノーシンカーリグ"を使う。トリッキーな動きが本物のベイトっぽいという松本さんのマイブーム。そしてこの後、池原ダムの釣り祭りが幕を開ける。

詳細

第929回 水位のある内にビッグバス 関和学!雨の中の苦悩

108ポイント 購入する

第929回 水位のある内にビッグバス 関和学!雨の中の苦悩

108ポイント 3日間 16:24

▽ 今週はリポーターの和多田藍が番組に久々の登場となる関和学プロと、雨の中、徳島県の旧吉野川でビッグバスを狙う。関和プロによると、前日・前々日と旧吉を釣行したが状況はなかなか厳しいという。
▽ スタートはボートで行ける最上流エリア。旧吉は朝10時から水門が開いて約2時間で水位が下がってしまう。そういう訳で、水深があり流れも若干緩やかな上流から始めることに。関和プロはトップで様子を見てから徐々にレンジを下げていく作戦を立てる。
▽ 流入エリアもチェックするが、トップの気配はゼロ。水にはかなりの濁りが入っていることからネコリグでボトムを探ることにする。水位がある内に何とかビッグバスをゲットしたい・・・関和プロは攻め方に試行錯誤を繰り返す。

詳細

第928回 雨でトップ爆発!野村ダム 新作ルアー!本堂靖尚

108ポイント 購入する

第928回 雨でトップ爆発!野村ダム 新作ルアー!本堂靖尚

108ポイント 3日間 16:33

▽ 今週はリポーターの阪口なつが本堂靖尚プロと、愛媛県の野村ダムを釣行する。この日はあいにくの雨模様。しかし雨がバスの活性を上げてくれると期待が膨らむ。
▽ まずは2人とも新作のトップウォーターでスタートする。千鳥ブレードの音が出るくらいのゆっくりとしたスピードで巻く。すると本堂プロが、40センチの朝イチバスと2匹目を立て続けにヒットする。一方ナツも新作ルアーで人生初のトップバスをヒットし喜びをかみしめる。
▽ 幸先の良いスタートをきった2人は中流域に移動し、本堂プロはチャター系、ナツはスピナーベイトに変更する。そしてこの後、51センチを含む数え切れない程のバスをヒットすることになる。

詳細

第927回 バイブ1本でシーバス狙い 技の伝道師!小沼正弥

108ポイント 購入する

第927回 バイブ1本でシーバス狙い 技の伝道師!小沼正弥

108ポイント 3日間 16:56

▽ 今週はリポーターの和多田藍が、番組に久々の登場となる小沼正弥さんと、岡山県の児島湖でビッグシーバスを狙う。小沼さんが児島湖を訪れるのは3回目。バイブレーション1本で勝負する。
▽ この日は台風接近中で魚は動き回っていることが予想される。そのため、どこのレンジでアタリがあるか分からない状況。ルアーをなるべく遠くにキャストし、着水してすぐ、着水して5秒後と巻き取るタイミングをずらしながら層を探っていく。
▽ ただ巻きでダメならロッドをあおってリフト&フォールさせ、上に上がる物に反応するというシーバスの特性を刺激する。「僕は今日、彼女に釣らせます!!」という小沼さんの力強い言葉は現実となるのか。

詳細

第926回 巻き物好調で釣れまくり!! 二ケタヒット菊元俊文

108ポイント 購入する

第926回 巻き物好調で釣れまくり!! 二ケタヒット菊元俊文

108ポイント 3日間 15:47

▽ 今週は菊元俊文プロが、和歌山県の七川ダムを釣行する。菊元プロは「数を釣りながらいかにビッグバスに喰わせるか」を課題に掲げる。
▽ 梅雨時だが雨量がなく湖は減水傾向。しかも全体にアオコが広がっていて状況は良くない。しかしバスはスポーニングから回復してアクティブになりたがっている。
▽ まずは添野川からポッパー、ペンシルベイトを投入する。続いてクランクベイトで水深約3メートルの中層域を探る。するとこの日1本目の40センチUPのバスをヒットする。
続いて、ワイヤーベイトで50センチバスを連続ヒット。この後も巻き物を中心にヒットを連発する菊元プロ。終わってみれば二ケタヒットを達成していた。

詳細

第925回 狙え入賞!バス釣り大会! 松本猛司居残りヒット

108ポイント 購入する

第925回 狙え入賞!バス釣り大会! 松本猛司居残りヒット

108ポイント 3日間 17:14

▽ 今週は、和多田藍と阪口なつが松本猛司さんと、奈良県の津風呂湖で開催されたバス釣り大会に参加して大会の模様をお伝えする。2人にとって大会参加は初めて。いつもの取材とは違った雰囲気にテンションが上がる。
▽ この大会は、エレキのみ使用可能なレンタルボートを使った大会で、1匹の重量で競われる。気軽に参加できるとあって女性や子どもも多く参加している。
▽ 朝7時30分、まずはナツが松本さんとスタートする。松本さんはノーシンカーを横引きに、ナツはネコリグをフォールさせ、サスペンドしているスポーニングからの回復バスを狙う。
▽ 午前10時、ヒットの無いままアイに交代する。松本さんはワイヤーベイトに変更し、アイはダウンショットリグでスタートする。ほかの参加者らがヒットしている様子が気になる松本さん。番組の看板を背負って入賞を目指す!

詳細

第924回 磯部公彦3度目の正直で50センチバス?清水盛三

108ポイント 購入する

第924回 磯部公彦3度目の正直で50センチバス?清水盛三

108ポイント 3日間 15:55

▽ 今週は、番組司会の磯部公彦が清水盛三プロと京都の日吉ダムを釣行する。磯部は今年、日吉ダムで2度のノーフィッシュを経験している。しかも前回は、清水盛三プロ共々ノーフィッシュという予想外の結果だっただけに、2人はリベンジに燃えている。
▽ まずはどちらの反応が良いか比べるために、カラーの違う同じトップウォーターでスタートする。水温は20.6度と低い。しかしかなり減水状態にあり水も動いていることから、この時期としては期待できる。
▽ スタートして15分、早くも焦り始める。「もう釣れていないといけない」と清水プロ。ルアーをスピナーベイト、クランクベイトと変更し、探る層を徐々に落としていく。
上流へ移動するが風が出てくる。これで表層が出にくくなるのか・・・なかなか一筋縄ではいかない。ルアーを次々チェンジしていく清水プロ。果たして3度目の正直でビッグバスを見ることができるのか。

詳細

第923回 極細PEで飛距離アップ! 馬淵利治ボイル撃ち!

108ポイント 購入する

第923回 極細PEで飛距離アップ! 馬淵利治ボイル撃ち!

108ポイント 3日間 16:34

▽ 今週は、リポーターの阪口なつが馬淵利治プロと、七色ダムでビッグバスを狙う。馬淵プロが七色ダムを訪れるのは、5~6年前に試合で訪れて以来2度目。まずは、ボート屋さんのスタッフにすすめられた最下流エリアからスタートする。
▽ 取材したのは5月中旬。七色ダムはこれからスポーニングに入るという。馬淵プロが持ち込んだタックルは4セットのみ。朝一はビッグベイトをカバーに撃ち込み、テキサスやラバージグのイメージでサスペンドさせる。
▽ また馬淵プロは、ライトリグにPEラインを使っている。その方がキャストした時の飛距離が出せ、また伸びが少ないためアクションがダイレクトに伝わり、ルアーにキビキビした動きが出せると言う。
▽ 前日の下見で、馬淵プロはビッグベイトで60センチを釣り上げている。また70センチ位のバスも目撃したといういから期待が膨らむ。目指すはロクマル!さぁどうなる。

詳細

第922回 トップ攻めで50センチバス フロッグ技!小林知寛

108ポイント 購入する

第922回 トップ攻めで50センチバス フロッグ技!小林知寛

108ポイント 3日間 16:19

▽ 今週はリポーターの和多田藍が小林知寛プロと、和歌山県の合川ダムを釣行する。スポーニングも終盤を迎えエサを追い始めるバスが出始めるが、まだそこまでやる気になっているバスはいない。トップウォーターをスロー目のアクションで狙う。
▽ 水温は17.8度、水量は通常よりは多い。水深のある所から岩盤の駆け上がりを探っていく。しかし、小バスがトップウォーターにチェイスするのを確認すると、小林プロはシャロー狙いに切り替える。
▽ 着水音やバスが下から見た時のボリュームなどを見極めながら、フロッグとペンシルを交互に投入する。その結果、小林プロはフロッグの方がバスが素直に出てきていると判断する。
▽ 気になるのはバスがラインを嫌っていること。ラインが見えた時点でバスは散らばってしまう。そこで小林プロは、フロッグの必殺技を披露し見事なヒットを連発させる。

詳細

第921回 プリメスはスローに狙え! 本堂靖尚さめうら攻略

108ポイント 購入する

第921回 プリメスはスローに狙え! 本堂靖尚さめうら攻略

108ポイント 3日間 16:38

▽ 今週はリポーターの福本沙紀が四国の名ガイド本堂靖尚プロと、高知県のさめうら湖でプリスポーンバスを狙う。サキにとってさめうら湖は初めて訪れるフィールド。自然にテンションが上がる。
▽ まずはスポーニングが始まる下流エリアから、本堂プロは軽めのスモラバ、サキはノーシンカーワッキーでスタートする。岸べったり又は岸に乗せるくらいにキャストしフォールさせる。沖にいるバスを岸に向かって喰わせるのが狙い。またプリメスは超スローにしないと喰わない。水がクリアなので、アバウトにキャストすればバスが見つけてくれると言う本堂プロ。
▽ まず1匹目は、本堂プロがグッドサイズをヒット。続いてサキが今年初バスをヒットし幸先の良いスタートをきる。果たして本命のブリブリプリスポーンバスをゲットできるのか。

詳細

第920回 春のビッグアオリ1本狙い アカデミックに吉崎俊

108ポイント 購入する

第920回 春のビッグアオリ1本狙い アカデミックに吉崎俊

108ポイント 3日間 15:53

▽ 今週は番組解説の福本さんが吉崎俊さんと、和歌山県の田辺湾で春のビッグアオリイカをエギングで狙う。数日前からの天候悪化でウネリがある中、良いエリアを探して出船する。
▽ 吉崎さんのこの日のタックルは、ロッド9.6ft、PE1.2号、リーダー14lbフロロ、エギ4号。春は長めのフォールと長めのステイでピッチは大きくとる。キャストしてしばらくするとエギが潮に入っていくので、サミングしながらラインを出していく。その時なるべくテンションをかけた状態を保つこと。最初は一気にしゃくり上げてとにかくエギを目立たせる。そして引っ張ったり緩んだりする潮の流れに同調するような感じでアタリを探っていく。
▽ 久しぶりにエギングをした福本さんから次々と質問が飛び出し、二人のちょっと高度?なトークが展開される。また完璧なヒットシーンを見せてくれる。目指せ3キロオーバー!

詳細

第919回 出た54センチのビッグママ 聞いて実行!松本猛司

108ポイント 購入する

第919回 出た54センチのビッグママ 聞いて実行!松本猛司

108ポイント 3日間 15:20

▽ 今週はリポーターの阪口なつが松本猛司さんと、広島県の八田原ダムに遠征する。バックウォーターを中心に、松本さんにとって番組初の陸っぱりロケに挑戦する。
▽ 朝一は表層からスタートする。ジグヘッドが交換できるコンパクトサイズのバズベイトに、シャッドテールワームを付ける。水深は2メートルくらいと浅い。早速、松本さんが朝一からビッグバスをヒットし幸先の良いスタートをきる。
▽ 続いてジグヘッドにソフトベイトの鼻先を掛け、ロッドを立ててシェイク。ボトムで小魚がエサをついばんでいるように見せかける。しかしアタリは無く、再び朝一のバックウォーターへ戻る。
▽ するとナツが、ワッキーリグでビッグバスをヒットする。しかしヒットしたのはここまでで、何のアタリも無い時間が過ぎていく。想定外の反応に焦る松本さん。
▽ しかし隣りでは一般アングラーがヒットを連発させている。たまらず松本さんは情報収集に走る。聞けば、ダウンショットリグを水の流れに乗せながらたまにシェイクさせる程度で、極力アクションを加えないとか。止めておくのがキモだという。
▽ この話を素直に聞き入れた松本さんは、この後ヒットを連発することになる。

詳細

第918回 粘りと根性のラスト30分! 菊元俊文おたけび連発

108ポイント 購入する

第918回 粘りと根性のラスト30分! 菊元俊文おたけび連発

108ポイント 3日間 16:50

▽ 今週は菊元俊文プロが山口県宇部市の小野湖まで遠征し、プリスポーンバスを狙って単独釣行する。小野湖は10日程前に通過した爆弾低気圧の影響で水位が急上昇し、今は減水傾向にある。産卵したいバスの対応が遅れているようで、状況は良くない。
▽ ワンドを中心に張り出したエリアやカバーを狙っていく。水温は15.9度あり、産卵してもおかしくはない。挨拶代わりのペンシルベイトからスタートし、クランクベイト、テキサスリグ、ミノーをシャローに投入する。
▽ そして中流域のワンド奥で1匹目となる40センチUPのバスをゲットする。しかしその後は反応が無い。菊元プロは、ディープへの疑いを持ちながらシャローを攻め続けているため自分のリズムがつかめていない様子。
夕方近くになり釣れそうな雰囲気が漂うものの、1匹目から6時間のノーバイト。菊元プロ大ピンチ!このまま終わってしまうのか。

詳細

第917回 枝バリシステムで五目釣り 目標10魚種!久保浩一

108ポイント 購入する

第917回 枝バリシステムで五目釣り 目標10魚種!久保浩一

108ポイント 3日間 16:44

▽ 今週はリポーターの和多田藍が久保浩一さんと、ジギングで五目釣りをする。和歌山県美浜町の三尾漁港から出船し、御坊沖のポイントまでは約20分。メタルジグを付けた枝バリシステムで10魚種の釣果を目指す。
▽ このポイントは水深40メートル。ジグで底をコツコツしながら5~6回巻き上げ、底から5メートル位までを探る。狙いは、枝バリに掛かったエソなどの小型魚に興奮した大型魚をジグに喰い付かせること。
▽ この日のシステムは、2オンスのライトゲームロッドにPE1.5号、リーダー6号、ジグはタングステンの130グラム。アタリの小さな魚が枝バリに掛かってもそのままにして、更なる大型魚のアタリを待つ。
▽ 果たして何魚種をヒットするのか。

詳細

第916回 出て来い浮かれてるバス?

108ポイント 購入する

第916回 出て来い浮かれてるバス?

108ポイント 3日間 15:46

▽ 今週は番組司会の磯部公彦が清水盛三プロと、京都府の日吉ダムを再度釣行する。振り返ることおよそ3ヶ月前、清水プロの指令?により1人で日吉ダムを訪れた磯部。真冬の寒さに凍えながら、バスの姿はもちろんのこと何のバイトも無くノーフィッシュに終わるという屈辱を味わっている。今回は、前回磯部に日吉ダムを勧めた張本人、清水プロを従えてのリベンジ釣行となる。
▽ 清水プロがジャークのお手本を示したり、テキサスリグとラバージグの使い分けを分かりやすく解説。15年前に比べ成長した清水プロのコメントに感心する磯部。「アメリカが清水プロを変えたのか?」
▽ そして、春定番のワンド入り口などバスがいそうなエリアを探っていく中、徐々に見えバスを確認し始める。中には推定60センチのビッグバスも。いよいよバスの多いエリアに入ってきた2人。さあ、どうなる。

詳細

第915回 ビッグベイトでビッグバス 探せ高水温!馬淵利治

108ポイント 購入する

第915回 ビッグベイトでビッグバス 探せ高水温!馬淵利治

108ポイント 3日間 16:27

▽ 今週はリポーターの阪口なつが馬淵利治プロと、高知県の大渡(おおど)ダムを釣行する。まずは、下流の朝一番に太陽が当たる水温が温まり易いエリアからスタートする。
▽ 使うルアーはビッグベイト。朝一からの強烈なインパクトに驚くナツに対して「朝一使わないでいつ使います?」と馬淵プロ。ストラクチャーやブッシュ周りにキャストし、そのまま何もせずにルアーを沈め、たまに軽くアクションを付ける。
▽ すると開始早々馬淵プロがヒット。春のブリブリ50センチアップのビッグバスを釣り上げる。幸先の良いスタート。しかも馬淵プロは、前日のプラで45センチアップを5本ゲットしているだけに期待が膨らむ。
▽ 春はとにかく水温が高いエリアを探すという馬淵プロ。ビッグベイトがカバーをすり抜ける見事なテクニックで更なるビッグバスを狙う。

詳細

第914回 春! 松本猛司見えバス攻略 七色ダムは・・・今でしょ

108ポイント 購入する

第914回 春! 松本猛司見えバス攻略 七色ダムは・・・今でしょ

108ポイント 3日間 16:28

▽ 今週はリポーターの和多田藍が松本猛司さんと、奈良・三重・和歌山の県境にある七色ダムを釣行する。まずは西の川の上流から、中空ワームにジグヘッドを付けミドスト狙いでスタートする。
▽ しばらくして松本さんはノーシンカーに変更し、バスを表層に浮かせにかかる。すると2匹のバスが表層でルアーを追う姿がハッキリ見える。しかし何度繰り返しても、追ってくるがなかなか口を使ってくれない。見えバスは何と20匹以上。そんな中、声をひそめて集中する松本さんを尻目に、アイがミドストでビッグバスをヒットする。
▽ アイに先を越された松本さんは、去年七色ダムを攻略した釣り方を再現することに。ノーシンカーを一旦陸に落とし、そこから水に引き落とす。すると興味を持っていなかったバスが喰い付いてくるという。釣果にして20匹対1匹というほど違ってくるらしい。
▽そしてここから、見えバスを表層で次々攻略し、春の七色ダムを満喫することになる。

詳細

キャスト

製作年 2014年 製作国   日本

これもチェック

 The Hitを見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001