ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り シリーズ一覧

X‐ファイル シーズン5

"X-ファイル"とは、FBIの緻密な科学捜査でさえ真相究明できない未解決事件のレポートのこと。女性捜査官スカリーはモルダー捜査官の補佐としてX-ファイル課に転属してくる。モルダーは現代科学では解明できない事件をまとめたX-ファイルを単独で調査し、仲間から変人扱いされていた。UFO、オカルト、未確認生物などが絡むスーパーナチュラルな怪現象に立ち向かう男女のFBI捜査官たちの活躍を描く。独創的な世界観や物語の面白さはもちろん、劇場映画と比べても遜色のない映像クオリティが絶賛され、多くの賞に輝いたシリーズ。

2016年06月06日 配信開始

お得なまとめ買い

第1話~第20話

2268ポイント 購入する
30%
OFF

第1話~第20話

3,240ポイント 2,268ポイント 30%OFF 30日間
  • 第1話 帰還 part1 Redux
  • 第2話 帰還 part2 Redux II
  • 第3話 アンユージュアル・サスペクツ Unusual Suspects
  • 第4話 迂回 Detour
  • 第5話 プロメテウス Post‐Modern Prometheus,The
  • 第6話 クリスマス・キャロル Christmas Carol
  • 第7話 エミリー Emily
  • 第8話 狐狩り Kitsunegari
  • 第9話 分裂 Schizogeny
  • 第10話 ドール Chinga
  • 第11話 キル・スイッチ Kill Switch
  • 第12話 吸血 Bad Blood
  • 第13話 ペイシェントX Patient X
  • 第14話 赤と黒 Red and the Black,The
  • 第15話 旅人 Travelers
  • 第16話 マインド・アイ Mind’s Eye
  • 第17話 万霊節 All Souls
  • 第18話 アンダーカバー Pine Bluff Variant,The
  • 第19話 幻妖 Folie a Deux
  • 第20話 ジ・エンド End,The

第1話~第10話

1296ポイント 購入する
20%
OFF

第1話~第10話

1,620ポイント 1,296ポイント 20%OFF 14日間
  • 第1話 帰還 part1 Redux
  • 第2話 帰還 part2 Redux II
  • 第3話 アンユージュアル・サスペクツ Unusual Suspects
  • 第4話 迂回 Detour
  • 第5話 プロメテウス Post‐Modern Prometheus,The
  • 第6話 クリスマス・キャロル Christmas Carol
  • 第7話 エミリー Emily
  • 第8話 狐狩り Kitsunegari
  • 第9話 分裂 Schizogeny
  • 第10話 ドール Chinga

第11話~第20話

1296ポイント 購入する
20%
OFF

第11話~第20話

1,620ポイント 1,296ポイント 20%OFF 14日間
  • 第11話 キル・スイッチ Kill Switch
  • 第12話 吸血 Bad Blood
  • 第13話 ペイシェントX Patient X
  • 第14話 赤と黒 Red and the Black,The
  • 第15話 旅人 Travelers
  • 第16話 マインド・アイ Mind’s Eye
  • 第17話 万霊節 All Souls
  • 第18話 アンダーカバー Pine Bluff Variant,The
  • 第19話 幻妖 Folie a Deux
  • 第20話 ジ・エンド End,The

各話一覧

並び順

第1話 帰還 part1 Redux

162ポイント 購入する

第1話 帰還 part1 Redux

162ポイント 7日間 44:54

モルダーは死んではいなかった。スカリーがモルダーの死体だと証言したのは別の男の死体だったのだ。モルダーは前の晩、自宅の隣室で自分を見張っていた男を発見し、銃撃戦の末に倒していた。彼はスカリーにFBI内部に裏切り者がいる可能性を示し、その人物に罠を張ろうと持ちかけた。翌朝、スカリーが偽りの報告をして時間を稼いでいる間、モルダーは殺した男の身分証を手に国防総省に乗り込む。そこで出会ったのはクリッチュガウだった。彼はモルダーの身分証を見て言う。これさえあれぱ、国防総省のどこにでも出入りできる。そしておそらくスカリーの治療法も手に入れられるだろう、と。

詳細

第2話 帰還 part2 Redux II

162ポイント 購入する

第2話 帰還 part2 Redux II

162ポイント 7日間 46:38

スカリーが倒れたと知りモルダーは病院に駆けつけた。スカリーの癌は悪化しており、このままでは助からない。FBIはモルダーに、なぜスカリーが嘘をついてまで君の生存を隠したのかと問いつめる。モルダーはFBI内部に密通者がいることを指摘したが、証拠を上げられなかった。スカリーの死期が迫る中、モルダーは自らの進退を賭けて真相を追求しようとする。そのモルダーに接触してきたのはシガレット・スモーキング・マンだった。彼はモルダーが国防総省で発見した力プセルにスカリーの生命を救う秘密があると打ち明ける。そしてモルダーの目の前に行方不明だった妹のサマンサの姿が…。

詳細

第3話 アンユージュアル・サスペクツ Unusual Suspects

162ポイント 購入する

第3話 アンユージュアル・サスペクツ Unusual Suspects

162ポイント 7日間 44:54

1989年5月。連邦通信委員会の職員J・F・バイヤースは、仕事でコンピューターの見本市に参加していた。そこで彼はホリーと名乗る謎めいた女性と出会う。彼女はさらわれた娘を探すため、あるネットワークの情報を欲しがっていた。ホリーに魅かれたバイヤースは彼女に協力する決意をする。それに天才ハッカーのフロヒキーとラングリーが加わった。ホリーの情報を追ううちに彼らは思いがけない事件に巻き込まれていく。米国政府は本当に秘密裏に生物兵器を開発し、国民を使って人体実験をしようとしているのか?そして3人はFBI捜査官フォックス・モルダーと運命的な出会いを果たす……。

詳細

第4話 迂回 Detour

162ポイント 購入する

第4話 迂回 Detour

162ポイント 7日間 44:38

州北部の森林地帯で森に入った男が次々と行方不明になり、地元警察は捜索隊を編成し森に向かおうとしていた。FBIの研修会に参加するため移動していたモルダーたちは偶然その場を通りかかる。事件に興昧を抱いたモルダーは捜索に協力することに。森には被害者が獣らしい何かに襲われた痕跡が残っていたが、被害者も獣も発見することができなかった。モルダーは疑問を抱く。被害者の一人は子供連れだった。もし彼らを襲ったのが普通の獣であれば、親よりも弱い存在である子供を狙うはずではないのか?その夜、森の近くの民家が襲われる。そこには森にあったのと同じ足跡が残されていた。

詳細

第5話 プロメテウス Post‐Modern Prometheus,The

162ポイント 購入する

第5話 プロメテウス Post‐Modern Prometheus,The

162ポイント 7日間 46:35

シャイナ・パーコウィッツはある夜、腫物だらけで口が2つある醜い怪物が家に侵入してくるのを目撃し、それきり意識を失った。3日後に目が覚めると彼女はなんと妊娠していた。だが彼女は2年前に不妊手術を受けており、常識的には妊娠は不可能なはずだった。実は彼女は18年前にも同じような体験を経て妊娠し、息子を出産したという。シャイナに手紙で相談を持ちかけられたモルダーとスカリーは彼女の家を訪ねる。父親のわからないシャイナの一人息子イジーは、怪物をグレート・ムタトと呼んでその実在を信じこんでいた。2人はシャイナの近所に屋敷を構える科学者ポリドリ博士に事情を聞く。

詳細

第6話 クリスマス・キャロル Christmas Carol

162ポイント 購入する

第6話 クリスマス・キャロル Christmas Carol

162ポイント 7日間 45:37

クリスマス休暇に母と共に兄夫妻の住むサンディエゴを訪れたスカリー。彼女の元に、突然「彼女を助けて」という電話がかかってきた。その声は死んだ姉のメリッサに似ていた。逆探知の末にたどり着いた住所では、その家の主婦ロバータ・シムが自殺していた。通信記録と死亡推定時刻を照らし合わせた結果、スカリーが電話を受けた時ロバータは既に死亡していたことがわかる。スカリーはロバータの家で見かけた少女になぜか強く魅かれた。彼女の名はエミリー、シム夫妻の養女だという。彼女が幼い頃の姉メリッサに瓜二つであることから、スカリーはエミリーが姉の残した子供ではないかと考える。

詳細

第7話 エミリー Emily

162ポイント 購入する

第7話 エミリー Emily

162ポイント 7日間 45:36

DNA検査の結果、エミリーは遺伝的にメリッサではなくスカリー自身の娘であることが判明した。エミリーは重度の遺伝病にかかっており、このままでは長く生きられない。彼女はある製薬会社の遺伝子治療を受けさせられていた。また彼女の実母のデータは存在せず、出生のいきさつも不明だった。エミリーの誕生はスカリーのアブダクト経験と関わりがある可能性が高い。モルダーはスカリーに協力し、事件の解明に力を注ぐ。一方スカリーはエミリーを養子として引き取り育てることを決意していた。そんな時、エミリーは容体が悪化し緊急入院する。彼女の体内からクローンと同じ有毒物質が見つかった。

詳細

第8話 狐狩り Kitsunegari

162ポイント 購入する

第8話 狐狩り Kitsunegari

162ポイント 7日間 45:33

ロートン刑務所病院棟に収容されていたロバート・モデールが脱走した。彼はかつて"プッシャー"と呼ばれ、他人を暗示にかけて自殺に追いやるという特殊な方法で、10人以上の人間を殺害した重犯罪人だった。FBIはモデール捜索の陣頭指揮を取ることを決定する。だがスカリーはモルダーに担当を降りるように忠告した。もしモデールが復讐を考えているならば、以前彼を逮捕したモルダーを狙う可能性が高い。果たしてモデールから電話がかかってきた。モデールの挑戦を受けるモルダー。やがてモデールの犯行と思われる殺入が起こり、現場には日本語で「狐狩り」の文字が残されていた。

詳細

第9話 分裂 Schizogeny

162ポイント 購入する

第9話 分裂 Schizogeny

162ポイント 7日間 45:06

果樹園を営む農夫のフィル・リッチが変死を遂げた。彼はある夜、義理の息子ボビーとの口論の末、ボビーを追って家を飛び出し、それきり生きて帰ってこなかった。彼の遺体は直立状態で地中に埋まり、胃の中からは5キロもの土が見つかった。死因は窒息死。ボビーは目の前でフィルが地中に吸い込まれるのを見たと言い、妻のパティは息子は夫を助けようとしたと証言する。しかしボビーはフィルに虐待を受けていた可能性があった。モルダーとスカリーは児童カウンセラーの力リンに話を聞く。彼女は子供を虐待する親を異常に敵視していた。やがて町では第2の事件が起きる。

詳細

第10話 ドール Chinga

162ポイント 購入する

第10話 ドール Chinga

162ポイント 7日間 44:18

週末に休暇を取って旅に出たスカリーは、偶然通りかかったスーパーから血だらけの老人が出てくるのを目撃した。スーパーの中では店員や客が錯乱して目分の身を傷つけており、店の奥では精肉係の男が肉切ナイフで死亡しているのが発見される。スカリーはやむを得ず地元の警官の捜査に協力することに。彼女は防犯力メラを見て、事件現場から無傷で立ち去った母子に注目する。母のメリッサは陰で魔女だと噂されている女性で、娘のポリーは大きな人形を抱えていた。その後も二人の周りで不審な事件が相次ぎ、スカリーはメリッサたちへの疑いを膨らませていく。メリッサは本当に魔女なのだろうか。

詳細

第11話 キル・スイッチ Kill Switch

162ポイント 購入する

第11話 キル・スイッチ Kill Switch

162ポイント 7日間 45:14

ワシントンD.C.のメトロ食堂で驚官と麻薬密売人の間で銃撃戦があった。警官も密売人も何者かによって電話でおびき出されたらしく、この事件は仕組まれたものである可能性が高い。現場を訪れたモルダーは、巻き込まれた犠牲者の中に意外な人物がいるのに気づいた。彼の名はドナルド・ゲルマン、天才的なコンピューター・プログラマーだったが79年から失踪中だった。現場に残った彼のコンピューターには、用途不明の膨大なデータの入ったディスクと住所が一つ残されていた。その住所にいたエスタという女性プログラマーは、ゲルマンはディスクを狙うある存在に殺されたのだと言う。

詳細

第12話 吸血 Bad Blood

162ポイント 購入する

第12話 吸血 Bad Blood

162ポイント 7日間 45:36

モルダーとスカリーは、とある小さな田舎町で起きた奇妙な事件を調査するためにテキサス州に向かう。そこでは牛や人間が体中の血液を何者かに吸い取られ死亡する事件が相次いでいた。モルダーは死体に残された噛み傷らしきものを吸血鬼の牙の痕だと主張するが、スカリーは真向からそれを否定。二人は異なる見解の元に捜査にあたることになった。ところが事件は思いもかけない方向に発展し、容疑者の死亡という最悪の結末を招いてしまう。モルダーとスカリーは本部に戻り、事件を検証することになった。しかしお互いの意見はことごとく食い違い、まるで同じ事件とは思えないほどだった……。

詳細

第13話 ペイシェントX Patient X

162ポイント 購入する

第13話 ペイシェントX Patient X

162ポイント 7日間 45:35

マサチューセッツ大学での地球外生命体の存在についての公開討論会に出席したモルダーは、今までの主張を翻しUFOや宇宙人の存在を全面否定した。彼の豹変ぶりをいぶかった医師ヴァーバーは、モルダーに自分の担当するある患者カサンドラに会うように勧める。彼女はアブダクト経験を持ち、異星人の存在を信じて疑わない女性だった。一方、国連代表としてロシア・力ザフスタンに派遣されていたマリタ・コバルービアスは、エルダーズに原因不明の大量焼死事件の調査報告を行なう。一部の死体からは埋め込まれていたチップが回収されていた。また事件の影にはクライチェックの姿が……。

詳細

第14話 赤と黒 Red and the Black,The

162ポイント 購入する

第14話 赤と黒 Red and the Black,The

162ポイント 7日間 45:36

スカイランド・マウンテンに続きラスキン・ダムでも放火による大量殺裁が起こった。現場に居合わせたカサンドラは行方不明、スカリーはかろうじて生還するが事件の記憶を失っていた。モルダーは、米国政府が国民を生体実験に使った事実を隠蔽するために虐殺を行なったのだと主張。しかしスカリーは記憶が戻るまではどのような推測も受け入れられないとそれを否定した。ヴァーバー医師の催眠療法によって、カサンドラのアブダクトの瞬間を思い出したスカリーはとまどう。一方、クライチェックがモルダーに接触、一連の事件は異星人の地球への入植計画に対する反乱であると告げる。

詳細

第15話 旅人 Travelers

162ポイント 購入する

第15話 旅人 Travelers

162ポイント 7日間 45:37

1990年。若きモルダーはある猟奇事件の犯人の情報を求め元FBI捜査官デールズの元を訪れていた。先週スカーという男が職務質問に訪れた警官を襲い、逆に射殺された。彼の家のバスルームに転がっていた死体はどこにも外傷がないにもかかわらず、内蔵を全て抜き取られ、異様に干からびていた。モルダーは過去のXファイルを調べ、38年前にデーンズが担当した事件にスカーの名前を発見したのだ。デールズは最初は渋っていたが、粘るモルダーに負けて重い口を開く。彼が過去に担当した事件は異様なものであった。そして意外にもデーンズの話には、亡き父ビル・モルダーが登場するのだった……。

詳細

第16話 マインド・アイ Mind’s Eye

162ポイント 購入する

第16話 マインド・アイ Mind’s Eye

162ポイント 7日間 45:24

あるモーテルの一室で惨殺死体が発見された。現場にはカーテンに隠れるようにして一人の女性が。彼女の手は血まみれだった。女性の名はマーテル・グレン、前科者で被害者から麻薬を買っていた疑いがある。現場の状況から彼女が犯人である可能性は高かったが、マーテルは先天的な盲目であり殺人は不可能だった。マーテルが誰かを庇うかのような不審な態度を見せたためにモルダーは疑問を抱く。検査の結果、マーテルの瞳孔は視覚機能を失っているにも関わらず不規則に拡大することがわかった。モルダーはマーテルが見えないはずの目で何かを見ており、それを隠しているのだと確信する。

詳細

第17話 万霊節 All Souls

162ポイント 購入する

第17話 万霊節 All Souls

162ポイント 7日間 45:37

復活祭前の日曜日、教会を訪れたスカリーは顔見知りの神父から相談を持ちかけられた。ある信者にプロの捜査官として会ってくれないかというのだ。カーノフ夫妻の16歳になる養女ダラは神父に洗礼を受けた夜、奇しくも変死した。ダラは脊椎に障害を持ち、歩くことはできなかった。だが彼女が死んだ夜、カーノフはダラが自分の足で歩いているのを見たという。彼女は両手を祈るように掲げたまま息絶え、その両目は落雷のためか焼け焦げていた。スカリーはダラが四肢の指が一本多い多指症であったこと、四つ子として生まれていたことを突き止める。やがて2人目の少女ポーラが変死して発見された。

詳細

第18話 アンダーカバー Pine Bluff Variant,The

162ポイント 購入する

第18話 アンダーカバー Pine Bluff Variant,The

162ポイント 7日間 45:37

FBIとCIAの合同チームは極右テロ集団の有力メンバー、ヘイリーを逮捕するために大がかりな作戦を決行したが、土壇場で失敗した。スカリーは逃走するヘイリーを追ったモルダーが、わざとヘイリーを逃がしたのではないかと疑う。実はモルダーは上層部の密命を受け、スカリーにさえ極秘でテロ集団に潜入しようとしていたのだ。テロ集団は人間を瞬間的に壊死させる生物兵器を有していた。彼らはFBIに銀行のスケジュールを要求、モルダーにも加担させて銀行強盗を行なう。生物兵器の正体を暴こうと奔走するスカリーは、テロ集団の真の目的が銀行から金を奪うことではないことに気づいた。

詳細

第19話 幻妖 Folie a Deux

162ポイント 購入する

第19話 幻妖 Folie a Deux

162ポイント 7日間 45:35

外装会社ビニールライトのシカゴ支社に奇妙なテープが送り付けられる。テープの声の主は社内に邪悪な怪物が潜んでいると告発していた。ビニールライト社を訪れたモルダーは、ゲーリーという社員が銃を持って社内にたてこもっている現場に遭遇する。FBIの介入によりゲーリーは射殺され、事件は最小限の犠牲で食い止められた。しかしモルダーはゲーリーの死の直前、彼が見たという怪物の姿を目撃してしまう。モルダーは過去のXファイルを探った。類似した事件は10年間で7件あり、事件の発生した場所と時期はゲーリーの上司ピンカスの転勤や異動のタイミングと奇妙な一致を見せていた。

詳細

第20話 ジ・エンド End,The

162ポイント 購入する

第20話 ジ・エンド End,The

162ポイント 7日間 46:21

カナダのバンクーバーで行なわれたチェスの世界トーナメント決勝でロシアのチェスプレイヤーが狙撃された。FBIは暗殺者の身柄を拘束し、事件の背景を探る。担当捜査官に抜擢されたのはジェフリー・スペンダーだった。モルダーは捜査から外され苛立ちながらも事件にのめり込んでいく。彼は暗殺の対象が対戦相手の少年プレイヤーだったことを見抜いた。検査を行なった結果、少年の脳の特殊な部分に活発な活動域が確認される。モルダーは少年の特別な能力を解明することで、Xファイルが含んでいる未知の要素が紐解かれると信じた。Xファイル課の存続を賭け、モルダーとスカリーは事件に挑む。

詳細

キャスト

製作年 1997年 製作国   アメリカ

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001