珍しいキノコ舞踊団の動画まとめ

名前:珍しいキノコ舞踊団(めずらしいきのこぶようだん)

1990年、日本大学芸術学部に在籍していた伊藤千枝、小山洋子、山下三味子によって結成されたダンスカンパニー。様々な角度から「ダンス」を捉え、その作品の発表を通してオリジナリティーの確立を目指す。発表する場も様々であり、劇場空間での作品上演のほか美術館の中庭、ギャラリー、カフェ、オフィス、倉庫、ビルのエントランスなど、大きさや形態も異なる特異な空間での公演も積極的に行っている。様々な空間で立ち上がるダンスを観客とともに体験し、それぞれの場所、それぞれの身体がもっているダンスを探り、楽しむことを主題とする。その常に現代社会にリンクした作品づくりは、ダンス界のみならずデザイン界や現代美術シーンなど、他ジャンルからも高い注目を集めている。代表作『フリル(ミニ)』は、日本舞踊批評家協会新人賞を受賞、アビニヨンほか海外数カ所で上演され、好評を博した。1996年には世界でも有数なフェスティバル、「神奈川芸術フェスティバル・コンテンポラリーアーツシリーズ」に日本人のカンパニーとしては勅使川原三郎、ダムタイプに続いて招かれ、その名を国内外に知らしめる。その独特なステージは観客を魅了し、幅広い層から支持を得ている。

出典:タレントデータバンク

こちらのキャスト・スタッフもチェック