江原 啓之の動画まとめ

名前:江原 啓之(えはら ひろゆき) | 生年月日:1964/12/22 | 性別:男性 | 出身:東京都

東京都出身。世界ヒーリング連盟元会員。和光大学人文学部芸術学科を経て國學院大学別科神道専修II類修了。吉備国際大学客員教授、九州保健福祉大学の客員教授。一般社団法人日本フィトセラピー協会顧問。1989年、イギリスで学んだスピリチュアリズムも取り入れ、カウンセリングを開始。2001年刊行の『幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック』がロングセラーとなる。その後、守護霊へのインタビューを記録した『スピリチュアルメッセージ』シリーズや『江原啓之のスピリチュアル子育て』『いのちが危ない!スピリチュアル・カウンセラーからの提言』『人間の絆 ソウルメイトをさがして』など意欲作を発表。著書の発行冊数は80冊を超える。また、テレビ・講演会等でも活躍し、その愛にあふれた暖かいメッセージは熱く支持されている。2003年6月、東京を皮切りに2004年5月まで全国で『江原啓之スピリチュアル・トーク』を開催。その後、美輪明宏氏の提言によって、今までの執筆・雑誌連載・講演活動などのスピリチュアル・カウンセラーとしての枠にとどまらない癒しの総合芸術家「スピリチュアル・アーティスト」としての活動を開始。2005年からは全国で公演を行い、さらなる飛躍を遂げた<癒しの総合エンタテインメント>として高く評価される。2006年、大晦日に大阪城ホールにて行われた『江原啓之スピリチュアル・ヴォイス・カウントダウンスペシャル』は、約1万人を動員し話題を集めた。この他に、オペラ歌手(バリトン)としても活躍。18歳より声楽を学び、武蔵野音楽大学パルナソスエミネンス特修科、声楽専攻を修了。菊池英美、吉池道子、ヴィットーリオ・テッラノーヴァの諸氏に師事。2000年、武蔵野音楽大学特修科修了演奏会では、ヴェルディ、ロッシーニを中心としたプログラムで優秀な成績を修めた。以後『日本歌曲の夕べ』『La strada~イタリアへの道』『江原啓之バリトンリサイタル』など、イタリア歌曲、オペラ、日本の歌曲まで幅広いジャンルを歌い上げ絶讃を博す。その他、指揮者やオーケストラ、数々の交響楽団と共演し、オペラ界においても大きな評判を呼ぶ。2008年、関西二期会『セヴィリアの理髪師』に出演しオペラデビューを果たす。その歌声はもちろんのこと、緩急自在な演技にも注目が集まる。歌手活動にとどまらず、2004年デビューアルバム『スピリチュアル ヴォイス』、2006年セカンドアルバム『スピリチュアル エナジー』では、クラシックを原曲にした歌に自ら作詞も担当。その後2007年には、シングルCD『小さな奇跡』、4月にはアルバム『愛の詩』をリリースしJ-POPデビューも果たす。音楽の分野でも人々に憩いと癒しを感じてもらうべく、活動を続ける。

出典:タレントデータバンク

こちらのキャスト・スタッフもチェック