慶長5年(1600)7月18日、秀吉をまつる京都・豊国社で、西軍が戦勝祈願式を行いました。この日、参詣に訪れるはずの秀吉の正妻・おねは姿を見せず、豊臣の名の下に戦を正統化し、おねを慕う大名たちを引き入れようとした西軍のもくろみは外れます。その行動が2か月後の関ヶ原の合戦に決定的な影響を与えた「その時」を描きます。この番組は著作権上の制約等から、一部放送とは異なる箇所があります。ご了承ください。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック