二代将軍徳川秀忠の嫡男・家光(幼名・竹千代)を深い愛情で育てた乳母・春日局。しかし、秀忠と母のお江(ごう)は次男の忠長をかわいがります。周囲も忠長を将軍後継者と見て、家光と春日局は冷遇されます。春日局は家康に、家光こそ三代将軍にすべきと直訴。春日局の遺品や手紙を紹介しながら、長期安定政権の礎となったその時を描きます。この番組は著作権上の制約等から、一部放送とは異なる箇所があります。ご了承ください。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック