幕末、鳥羽伏見の戦いで旧幕府軍の先鋒として戦った新選組・土方歳三は、薩長に怒りを覚える一方、旧幕府軍内部の矛盾にも苦しみました。意思決定のできない首脳部、相次ぐ味方の裏切り…。慶応4年(1868)1月6日、ついに撤退となります…。なぜ、兵力では勝る旧幕府軍が敗れたのか。土方歳三の目を通して、敗北のその時に迫ります。この番組は著作権上の制約等から、一部放送とは異なる箇所があります。ご了承ください。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック