桶狭間(おけはざま)の合戦で織田信長は今川義元を討ち、戦国時代の状況を一転させました。今川本陣は山の上にあり、今川軍二万五千に対し、織田軍はわずか四千。兵力も少なく地形も不利な条件で、信長はいかに勝利できたのか。今まで捨て身の奇襲攻撃で運良く勝ったとされていましたが、実は信長は十分な勝算を持って決戦に臨んでいたのです。徹底した情報収集で決定的瞬間に機敏な作戦に出て勝利した信長の突撃の時を描きます。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック