織田信長の死後、豊臣秀吉と徳川家康は天正12年(1584)、尾張の小牧長久手で対決し、秀吉は家康に局地戦で完敗します。ところが、2年後に大坂城で会見した時、立場は逆転、秀吉は家康に臣下の礼をとらせました。負けたはずの秀吉がなぜ家康を臣下とし、天下人となったのか。新しく発掘された遺構や資料から、一度敗れた秀吉が巧みな外交戦略で家康を凌駕(りょうが)し、真の意味で天下統一を果たした瞬間を描きます。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック