源頼朝の死後、鎌倉幕府を支え続けた妻・北条政子。承久3年(1221)、後鳥羽上皇は朝廷に実権を取り戻そうと鎌倉幕府討伐を宣言。政子は鎌倉武士たちを集めて演説を行い、朝廷に鎌倉幕府の優勢を示しました。豪族の娘として生まれ、妻や母としての立場に揺れながらも、東国と武士たちを守ろうと決断した尼将軍の姿を描きます。この番組は著作権上の制約等から、一部放送とは異なる箇所があります。ご了承ください。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック