文政4年、「大日本沿海輿地全図」が江戸幕府に提出されました。これは伊能忠敬が歩測で作った日本最初の地図です。忠敬は上総国で商売をしていましたが、50歳を過ぎると隠居して、天文学の勉強のために江戸に出ます。そして、幕府天文方・高橋至時に弟子入りし、ここで地図作りを始めます。第二の人生にかけた忠敬の執念に迫ります。この番組は著作権上の制約等から、一部放送とは異なる箇所があります。ご了承ください。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック