元亀元年(1570)、織田信長は、姉川の合戦で北近江の大名・浅井長政に逆転勝利します。信長が優勢に戦う長政の陣深くに攻め入った時に、大逆転劇の幕が切って落とされました。長政は信長の妹・市を妻としながら、なぜ義兄である信長を裏切ったのでしょうか。さらに、信長の形勢逆転にはどのような秘策があったのでしょうか。天下統一への足場を固めた姉川の合戦で、信長が形勢を逆転した一瞬に迫ります。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック