平安時代の末に、一人の若武者が天才的な戦術で平家を打ち倒しました。その若武者の名は源義経。しかし、源頼朝は弟・義経を冷遇したため、兄弟は争うようになります。頼朝は関東に武家政権を樹立しますが、平家を滅ぼして兄の政権樹立に貢献した弟・義経を、なぜ、討ったのでしょうか。非情な決断を下した「その時」を描きます。この番組は著作権上の制約等から、一部放送とは異なる箇所があります。ご了承ください。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック