おしんと竜三は二人きりで祝言を挙げました。田倉家に入ったおしんは、お目付役の源右衛門の厳しい目の中、実家へ送金するため髪結いを続けながら妻の役割もしっかり果たしました。佐賀から竜三の父が上京し、二人の事を許します。実は源右衛門の手紙が、竜三の父の心を動かしたのです。それも束の間、作造危篤の電報を見たおしんは、急いで山形に駆けつけます。作造は礼とわびを言い、結婚を祝福して息を引き取りました。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック